北アメリカ アーカイブ

2013年03月28日

3/28(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


ニューヨーク、また月曜日に雪が降りましたが、
今日はやっと平年並みの気温になってきました。
最高気温は9度。

そして春を告げる行事も次々に!
今度の日曜日はイースター・サンデー、
そして月曜日からユダヤ教のパスオーバーというホリデーも始まっています。

NYC%20cherry.jpg

花の季節まではあと少し。。。ですが、
今日がフラワーズ、シェリーめぐみ最後のレポートになってしまいました。

なんと4年間! 毎週ニューヨークからお届けできたなんて光栄でした!
ずっと聞いてくださったみなさん、本当にありがとうございます。
この4年間、ホントにいろんなニューヨークをお伝えできたと思います。

コンサートやミュージカル、テレビ番組などエンタメ最新情報、
ファッションなどのトレンド、ライフスタイル情報、
ニューヨークで盛り上がってる日本の音楽や文化の話題もたくさんお届けしてきました。

過去の番組のブログを見ていたんですが、Chigusaさんとの初めてのレポートは、
あのスティーブ・ジョブスが亡くなった直後のレポートでした。

そして今日、最後のニューヨークレポートは、
しめくくりにふさわしく、ラッキーな話題で始めたいと思います。

宝くじ。

chi-powerball.jpg

アメリカではLOTTERYと呼ばれますが、

先週土曜日またものすごい金額が当たった人が話題になりました。
そのなんと$338 million. 日本円にすると319億円!!

これに当たったのはいったいどんな人なのか、
そして、なんでアメリカの宝くじはこんなに金額が大きいのか?

今日はラッキーな気分でUPBEATにスタートです。

アメリカにはたくさんの宝くじがありますが、
一番賞金額が大きいのはPOWERBALLとMEGA MILLION

今回のはPOWERBALLでした。

1枚$2 毎週水曜日と土曜日に抽選があります。
基本の賞金は$40†million ですが、当選者がいない場合、
売り上げ金の一部とともに次の抽選にもちこさされ、
どんどんふくれあがって行く仕掛けです。

賞金が100億円を超えたくらいから話題になり始め、
ますます多くの人が買い始めてすごいことになります。

powerball-jackpot-320.jpg


今回は319億円でWINNERが出ましたが、

POWERBALLのこれまでの賞金の最高金額は、$587.5MILLION=554億円
去年の11月でした。

でも実はこれが宝くじの過去最高ではありません。

もうひとつのMEGAMILLIONで
去年の3月出た過去最高の賞金額は、$640MILLION =604億円 
 
まさにアメリカンドリーム!!

いったいどんな人が当てるんだろう? と思いますよね!?

ちなみに今回の319億円が当たる確立、
なんと1億7千5百万分の1だったそうです!

当てたのは、
ニューヨークのすぐお隣、ニュージャージー州に住む男性、
名前は、ペドロ・ケザーダさん、45歳。
ドミニカ共和国からの移民です。

Lotterywinner.jpg

26年前、19歳で移民してきて、
ニュージャージーで小さな食料品店を経営していました。
でも2006年、借金がふくらみ、家族と住んでいた家を失ってしまいます。
さらに2009年にはお店が火事になるなどの不運にあいますが、
それでも1日15時間働いて家族を支えきたといいます。

そのペドロさんの楽しみが宝くじを買う事だったそうなんですね。

今回もまさか自分が当たるとは思わなかった。
でも、くじを買ったお店から当選ナンバーが出た!というニュースを聞いて、
だめもとでお店に行ってみたそうです。

ここで調べてみたらなんと自分だったんです!

スペイン語しか話せないペドロさんは記者会見で、
「とにかく本当にうれしい。」と満面笑顔でした。

そして最初に何を買いたいですか?と聞かれ、
「まずいい車がほしいね」と答えていました。

本当にアメリカンドリームですよね!

ペドロさんは明るくて面倒見がよくて、近所でも人気者だそうですが、
「これからはもう働かなくていいから、地域のために貢献したい」とも言っていたそうです。

ペドロさんこれからどんな人生になるんでしょうか? 

いやーうらやましいなー。

Timessquare.jpg

話は変わりますが、あなたは自分がラッキーだと思いますか?
もとい、
今ハッピーですか?

実はニューヨーカーの8割以上が、今の生活に満足、幸せに感じているという
調査結果があるんです。
アメリカいち物価が高く、失業率も全米平均以上、
5人に一人は貧困ライン以下で生活、
中流家庭の資産価値は90年代の前半並みに下がってしまっている中、
この数字はやはり高い印象があります。

さらに同じ調査で、8割以上が未来を楽観的に考えていました。

この理由は、
ニューヨークの経済が全米平均より、早いピッチで回復していること、と
分析されています。

確かに「幸せ」と感じる大きな要素は「未来への希望」で、
将来が不安だと、幸福度が下がってしまうのが人間ですよね。

でもそれだけでなく、
私は、ニューヨーカーってもともと楽観的な人の集まりだと思ってるんです。

楽観的な大きな理由は、
ニューヨーカーの多くが移民かその子供たちだから。

何せ市民の3割は外国生まれ。
新しい街に希望を求めてやってきたものの、
必ず当たるのは言葉やビザの壁、
これはもう苦労するために来ているようなものです。

こうなると、楽観的でないとやっていられないし、
逆に楽観的だからこそ
新たな地に希望を求めて移民するのでしょう。

だから些細な事にも幸せを感じる。
今日は何も問題がなくて幸せ
自分が好きで選んだ場所で生きられてラッキー

Summer%20in%20central%20park.jpg

レベルが低い幸せかもしれませんが、
「幸せの基準なんてその人自身が決めればいいのよ」というのもニューヨーカー。

さらにニューヨーカーの過半数は白人以外の黒人、ヒスパニック、アジア人など。
今はもちろん法の上では平等ですが、
差別の歴史のネガティブな要素をポジティブなものに変えるためには、
強いオプティミズムが必要です。

そして最後に、楽観的な気分は伝染します。
「大丈夫、きっとうまくいくから」、
「明日はいい日になる、いや絶対いい日にしようね!」
と言葉をかけあっていると、そこに希望が生まれ、元気が出てくる。

言葉の力は想像以上にずっと強いんです。

この街では楽観的でいるのは生きるため、幸せでいるための力。

よく日本人の友達に「ニューヨークに来ると元気が出る」と言われますが、
そんなポジティブなエネルギーが充満しているからでしょう。

Statue%20of%20liberty.jpg

この4年間、少しでもそんなニューヨークに行った気分に、
みなさんになってもらえるようなレポートを一生懸命やってきました。

そんな楽観的なシェリーめぐみのレポート、今日で最後ですが、
もし気が向いたら私のブログ、
megumiradio.comにも遊びに来てみてください。

これまで本当にありがとうございました。

そして、いつもレポートの最後にナイスにレシーブしてくれて、
いつもいつもポジティブでみんなの元気のもと、キラキラ輝いているChigusaさんにも
ありがとう!

またすぐに会えますように!
megumi_flowers.jpg


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年03月21日

3/21(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


アメリカでは春分の日を、First Day of Springと呼んでいます。
「春の最初の日」 ということなんですが、

一昨日はまた雪が降り、しぶとく冬が居座っています。

でも気分はそろそろ春!
この季節はブロードウェイの注目作が始まる季節でもあります。

映画のアカデミー賞にあたる、トニー賞が6月にあり、
これにぶつけて3月〜4月に話題作をスタートさせるんです。

そんな中から、新作を今週見て来ました。
「MOTOWN, THE MUSICAL」

Motown_5.jpg

モータウンと言われてピンとこなくても、
あのマイケル・ジャクソンやスティービー・ワンダーが所属していたレコード会社と言えばわかりますよね?

1959年に設立して以来、「モータウン・サウンド」と呼ばれるブラックミュージックは
アメリカだけでなく世界中で大ヒットしました。

ビヨンセとジェニファー・ハドソンが出た映画「ドリーム・ガールズ」、
あの中でジェイミー・フォックスが演じていた、レコード会社の社長、
あの役は、モータウンの創立者、ベリー・ゴーディをモデルにしたと言われています。
このベリー・ゴーディ、
マイケルやスティービー、ダイアナ・ロスを世に出したプロデューサーとして
アメリカでは伝説的な存在、
この人がいなかったら、
黒人の音楽はここまで世界に浸透しなかったとまで、言われています。

Motown_7.jpg

映画ではちょっと悪者な感じでしたが、
このミュージカルはこのベリー・ゴーディ自身が脚本にたずさわっているんです。

そしてミュージカルナンバーはアメリカ人ならみんな知っているモータウンヒッツ、
60曲以上も!!

ステージだけでなく客席も全編歌いっぱなし、踊りっぱなし
MOTOWN THE MUSICALを今日はレポートします!
3月11日にプレビュー公演が始まったばかり
「MOTOWN THE MUSICAL」
1週間でチケット売り上げ1億円を超え、早くもヒット中です。

Motown_6.jpg

そして8日目の今週月曜日、
マンハッタンは横なぐりの雪が降る寒—い夜でしたが、
ブロードウェイのラント・フォンテイン劇場の前には長—い行列ができていました。

Motown_1.jpg

「MOTOWN THE MUSICAL」の開演を待ちながら、
既にウキウキのお客さんたちに、声をかけてみました。

アイリスさんが見に来た理由は「モータウンが好きだから」
彼女が好きなのはシュープリームス

次の女性はスティービー・ワンダーの大ファン

そして最後のお母さんは、モータウン・アーティストの名前が止まりません。

Motown_3.jpg

テンプテーションズ、スモーキー・ロビンソン
マービン・ゲイ、
グラディス・ナイト&ピップス
フォートップス、
スティービーワンダー
マーヴェレッツ、

そして、子供時代のマイケル・ジャクソンがいたジャクソンファイブ

アメリカの60年代から80年代を代表するトップアーティストとヒットナンバーを
まるでマシーンのように送り出したモータウン・レコードですが、
最初はとても手作りなレーベルでした。

創始者のベリー・ゴーディは1929年デトロイト生まれ、
厳しい人種差別の時代に育ち、
最初はプロボクサーになります、
音楽に転向して、1959年、30歳でモータウンをたちあげます。

黒人のレコードレーベルとして初めてヒットを連発。
でも彼の最大の功績は、
それまでの黒人音楽だったジャズやブルースではなく、
もっとポップで
白人も黒人もみんなが歌って踊れる「モータウンサウンド」を作り出したこと。

そんなモータウン誕生のストーリーと共に、
ハッピーでエネルギッシュなモータウンヒッツを歌って踊る役者たちがすごい!
よくまあこれだけのキャスティングをした!と感心するくらい、みんなうまいし、
とにかく本物そっくり!

ダイアナ・ロスも、スモーキー・ロビンソンも、
まるで本人が乗りうつったかのようなんです。

そして1曲ごとに拍手喝采、
立ち上がって踊りながら、いっしょに歌っているお客さんもいっぱいいました。
まるで歴代のモータウンの
スーパースター総出演のコンサートを見ているかのようです。

そしてオーディエンスの目が釘付けになったのが、
子供時代のマイケル・ジャクソン役のJibreel Mawry(ジブリール・マウイー)くん11歳
声もルックスもダンスもマイケルそのもの!!というくらい素晴らしい!
彼はこれからもっと有名になると思います。

そして「MOTOWN THE MUSICAL」は
ただの成功物語ではありません。

アーティストとスタッフがまるでファミリーのようにいっしょにがんばって、
これだけのヒットを飛ばしても、
しょせんはインディーズレーベル。
メジャーに大物アーティストを、
巨額の契約金で引き抜かれてしまったり、
それでも何度も不死鳥のごとく蘇りますが、
結局はメジャーレーベルに身売りせざるを得なくなってしまうんです。

そんなモータウンストーリーの一方で、
人種差別と戦ったアメリカ公民権運動や
ケネディ大統領、そしてキング牧師の暗殺など、
激動の歴史が織り込まれています。

そして、こんなシーンも出てきます。
黒人を見下している白人のラジオDJが、
モータウンの黒人プロモーターを
「ウチはブラックミュージックはかけないよ、ポップステーションだからね」と追い返す。
でもやがて、モータウンの曲が大ヒットするようになると、
白人ステーションもかけないわけにはいかなくなっていった、
そんなエピソードが象徴的に描かれていました。

一方でこうした人種の軋轢だけでなく、
モータウンサウンドを愛する白人たちは、
音楽を通してブラックカルチャーへの理解を深め、
人々の気持ちが通い合うきかっけになっていったんです。

モータウンサウンドの今の音楽シーンへの影響は計り知れませんが、
それだけではありません。
オバマ大統領も、
モータウンがなかったらホワイトハウスには座っていなかっただろう、
という人もいます。

そのオバマ大統領自身もモータウンの大ファンのようで、
2年前にはホワイトハウスにスティービー・ワンダーとスモーキー・ロビンソンを招待してコンサートも行いました。

アメリカ人にとって、
「モータウン」はまさに、SOUNDTRACK OF OUR LIVES人生のサウンドトラック。

Motown_2.jpg

色々解説しましたが、
こういう歴史がわかると、ミュージカルはもちろん、
モータウンの曲を聞くときにもちょっと違って聞こえるのではないかと思います。

みなさんもぜひニューヨークに来る機会があったら、「MOTOWN THE MUSICAL」おすすめです。
そしてモータウンサウンド、聞いた事のない人がいたらぜひ聞いてみてください。
人種や国境を越えて、本当にハッピーにしてくれる音楽、
そして人と人とをつないでくれる音楽ですから。

Motown_4.jpg


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年03月14日

3/14(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

今日は新しいローマ法王が決まりましたね。フランチェスコ1世。
世界12億人のカトリック教徒のリーダー、
そして歴史始まって以来、中南米の枢機卿が選ばれました。
ニューヨーカーもラテン系多いので、大きな話題になっています。

そんな華やかな話題もある一方で、
ニューヨークも今週月曜日で東日本大震災から丸二年を迎えました。

このレポートでも、
ニューヨークでのさまざまなチャリティや募金運動などをお伝えしてきました。

私自身もFellowship for Japanという草の根グループの一員なのですが、
今年も去年に続き、ニューヨーク市内の教会で、
「Together for 311」という追悼式を行いました。
今年もニュースなどで見てくださった方もいると思います。

Church.jpg

2年目ということで、どれだけの方が集まってくださるのか、心配ではあったのですが、
私たち自身も気づかなかった、多くのニューヨーカーの思いを知ることができました。

今日はそんなニューヨーカーから、日本のみなさんのメッセージをお伝えしたいと思います。

ニューヨーク時間3月10日(日)夕方、日本の3月11日朝にあわせて開催した
「Together for 311」

去年は予想を大きく上回る、1000人以上の方が集まったのですが、
今年もどれだけの人が来てくれるかまったく見当がつきませんでした。

準備の合間をぬって、主催者代表、
ニューヨーク在住のシンガーソングライターAK(柿原朱美)さんに、
この追悼式を迎える今の思い、去年と今年でどう違うのかを聞いてみました。

AK-1.jpg

「このTogether for 311は、何のために私たちがスタートしたか、
そのもともとの意味に立ち返ると、ニューヨークからは遠い日本ですが、
被災地に住んでいる方々、そして犠牲となられた方々に祈りを贈ろう、
そのための場所を作ったので、そういう意味では気持ちはまったく同じ。
そして今被災地に住んでいる方々に、
“忘れてないからね、ニューヨークからみんなが気持ちを寄せて、いっしょに復興させて
行こう”というメッセージを贈るつもりなので、その気持ちは変わっていないです。」

AKさんの言葉に答えるように、
夕方4時の会場とともに続々とニューヨーカーが会場に入ってきました。
何人かにお話を聞きました。
この女性は、
「私は東京にいて、震災の経験をしまして、あっという間に時がすぎてしまったのですが、
まわりの人が過去の出来事として受け止めているのが気になって、
これを将来伝えていかなければならないなと、強く思っています。」
このアメリカ人の男性は、
「僕の妻は日本人で、これまでに13回日本に行きました。
2年前の津波と地震は本当に悲しいできごとで、一度も忘れたことはありません。
こうやって支援ができ、思いをはせることができるのは私たちにとてとても重要です。
このようなイベントが毎年あるといいですね。人は忘れやすいものだから。」
そして彼の奥様は、
「こちらの、アメリカの報道が全然ないのがちょっとショックですね。
ボランティアに(被災地に)一度うかがって、現地の人がよくおっしゃっていたのが、
“忘れられるのが一番怖い”とよくおっしゃっていたので、忘れてない人がいるって事を
伝えたいですね。」

それぞれの思いを胸に集まったニューヨーカーたち。

まずニューヨーク日本領事館総領事の広木大使からの英語の開会メッセージ
そして、黙祷が捧げられました。

Mokuto_1.JPG

会場の灯りが消え、
来場者にお渡ししたペンライト型のキャンドルが、
静かにゆれていました。

Mokuto_2.jpg

そして来場者の目が釘付けになったのは、
被災地のたった今を伝えるビデオメッセージです。

今年は、自らも被災しボランティア活動を続ける「遠野まごころネット」の臼沢良一さん、
Usuzawa.jpg

宮城県石巻市で被災、「こまっちゃぐれタオル」という
チャリティータオルを作っている女性たち、
obachan.jpg

そして、福島県郡山市で、子供たちのための屋内運動施設を運営している、
ペップ子育てネットワークの菊池信太郎医師などからのメッセージが寄せられました。

Pep.jpg

そのお話の中で
「なかなか外遊びができない子供たちの肥満が問題になってきている」
という一言に驚きました。

また、こまっちゃぐれタオルを作っている女性たちは、
震災当時の話をする時には曇っていた表情が、
「みんなでいっしょに作りながらおしゃべりするのが楽しくて」
とあふれるような笑顔になる、
その姿が本当にいとおしく感じました。

そして去年もメッセージをくれた
福島県相馬市、みなと保育園の子供たち、

Minato%20preschool.JPG

ここにはAKさんが何度も訪れ、
子供たちが書いた絵をラッピングペーパーにして販売、
その収益を寄付するなどして支援を続けています。

今年も元気な歌と共にメッセージをくれました。
「みなと保育園は元気です。がんばっています。一歩一歩前進しています。
ニューヨークのみなさんありがとう。」

観客の中には涙ぐむ人もいました。

Audience_1.JPG

Audience_2.jpg

この追悼式のために駆けつけてくれたゲストの一人が
911の遺族であり、
Peaceful tomorrows 平和のための911遺族会のメンバー、
グロリア・ウィリアムズさん。

Gloria.JPG
グロリアさんからのメッセージです。

「まずこうしてサポートできることは私たちにとってとても重要です。
なぜなら、私たちは遺族のみなさん、家を失ったみなさんの気持ちがわかるからです。
私たちのグループは、愛する人を失った痛みを
世界の平和のための活動に変えるために生まれました。
他の人のために何かすることで、この痛みをポジティブなものに変えることができるんです。
私が日本のみなさんにアドバイスできるとしたら、
同じように誰かのために良いことをすることで、
ネガティブな状況をポジティブに変え、
過去に生きるのではなく、希望をもって未来に進んでいくこと。
そして大切なのは、
子供たちにそれを教えていくことだと思います。」

グロリアさんの思い、
そしてニューヨークに住む人々の思いがひとつになった追悼式、

来場者は520人、去年の半分でしたが、
集まった寄付金$11000(およそ100万円)は、去年とほとんど変わらず、
みなさんの熱い支援の気持ちを感じることができました。
この寄付金は全額が被災地に贈られます。

「離れていても思いは届けられる。」
そして「決して忘れない」という私たちのメッセージが、
被災地に届いてくれることを心から願っています。

* 去年来場者に書いていただいたメッセージカードは、4つのアルバムに分けて被災地に贈られ、そのうち1つがみなと保育園の子供たちや親御さんからの返信メッセージと共に戻り、残りの3册はまだ被災地をまわっています。
今年もみなさんに書いていただいたカードをアルバムにして、被災地に贈る予定です。

Card.jpg

写真協力:
TOGETHER FOR 3.11 SECOND ANNIVERSARY MEMORIAL FOR JAPAN Official Photography
© Romi Uchikawa & Shino Yanagawa

もっと多くの写真、日本での新聞、ニュースへのリンクは公式フェースブックページからどうぞ。近日中にビデオメッセージもアップされますのでぜひチェックしてくださいね。
http://www.facebook.com/TOGETHERFOR311

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年03月07日

3/7(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

震災から間もなく2年
つい先日ニューヨークである映画が上映されました。

「311ここに生きる」

ニューヨーク在住の我謝京子監督が、東日本大震災の被災地で撮ったドキュメンタリー
ニューヨークでは初めての、一度だけの上映だったのですが
多くの日本人、そしてアメリカ人で会場はいっぱいになりました

震災をテーマにしたドキュメンタリー、これまでアメリカでも何本か公開されていますが、
女性が主役というのは初めてかもしれません。
彼女たちの姿、言葉から教えられることもたくさんありました。
今日は我謝京子さんのインタビューも交えてお伝えします

311_1.jpg


我謝京子さんはロイター通信のニューヨーク特派員でもあり、
みずからの911の被災体験を綴った「母の道、娘の選択」という作品で
2009年に監督デビューしています。

その映画の上映会のために沖縄にいたとき震災が起こり、
テロと震災は違うけれども、
次の日から人生ががらりと変わってしまうという意味では同じと感じた。
それがこの映画制作のきっかけになったということなのですが、
今回上映されたのは被災地で撮影された映画、第二弾。

ニューヨークでの初上映会は立ち見が出るほどの大盛況でした。
上映後の交流会でキャッチしたお客さんは、

「ニュースを見てもわからない、被災地の人々の本当の姿を見たかったんです。」
「あれから2年、みなさんどうしているのかがわかる映画だといいなと思って来ました。」

311_4.jpg

映画の中には、自宅も職場も失い、避難所や仮設住宅に住む女性
避難所生活しながら他の被災者のために、一生懸命働く女性
そんな彼らを自分ができることで支援しようとする女性。
たくさんの女性たちが登場します。

我謝さんは、そんな彼らの毎日に寄り添うようにカメラを向けて
その姿と言葉を映画に綴っています。

映画をとる前には50人もの人と会って話を聞いたそうですが、
その結果、ある決心をしたといいます。

「この映画は、編集がとても大変になるかもしれないけれど、
ナレーションを一切入れるのをやめよう、彼女たちの声を直接、観客に届けたいと思ったので。
本当に編集が大変だったんですが、みなさんの言葉でこの映画はつなぎました。」

ナレーションなし、
被災地の女性たちの言葉だけでつないだ映画、
そのおかげでまるで彼女たちと直接話しているような気持ちになって、
とても引き込まれました。

311_5.jpg

そして、女性ならではの問題にも気づかされます。
女だから、この年齢だからもう仕事がみつからないのではという不安だったり、

さらにはっとさせられるたのは、
ある女性が余震の恐怖の中で、お味噌汁を作るシーンです。

「味噌汁を作ることで、余震と戦う。すごいなと思ったんですよ。
そういう何気ない日常生活というのがどんなに大事かということが、
破壊されるときに人々は気づくんです。」

我謝さんはさらにこう続けます。

「人間の心って強いなって思いました。もちろん折れてしまうこともありますけれど。
人はもちろん落ち込むし、泣いてしまうし、大変な事もたくさんあるけれど、
心の持ちようによって、時間とともにマイナスなこともプラスに変えられるんだなって。
もうだめだ、と思うより、今日は疲れたかもしれないけれど、明日のために何ができるのかな、と考える。仮設住宅の方々は、ゴミが落ちていて嫌だから、じゃあボランティアで自分たちで
ゴミを拾って気分よくなろうとか、そういう小さいことで女性たちが前へ前へと
進んでいることは、素晴らしいことで、本当にそれを伝えたいなと思いました。」

映画を見たこのニューヨーカーの女性も、

「あんな境遇にありながらも彼女たちは本当に強く、前向きに生きている。
とても自分と比べることはできないけれど、今の自分のくらしへの感謝の気持ちが
あふれてくる。とても強いメッセージを感じました。」

本当に見ている私たちの方が勇気や元気をいただいてしまったほど。

でもこの映画はここでは終わりません。

我謝さんにこんな質問をぶつけてみました。
この映画を作る課程で、我謝さん自身が難しい、つらいと思ったことはありませんか? 

「今の方があるかもしれない。作っている時は必死で作っていたけれど、今みなさんに、
どうしていますか?とお声をかけたりしたら。。。震災復興は時間がかかるので、
2年目の方が大変かもしれない。1年目というのは本当に必死で日々の生活を立て直そうと
エネルギーも出て来るけれど、二年目になってふと彼女たちも考えたりするかもしれない。
私もこれからどうやっていけばいいのかな、という時にすごく不安になります。
これからどうやってみなさんといっしょに第3弾、第4弾と作っていけばいいのかを
すごく考えています。」

復興はこれからの方が大変かもしれない、
と被災地を思いやりながら、
今後も彼らを映画に撮り続けると決めた、
我謝さん自身の、揺れ動く気持ちも感じました。

そして私自身も、何かできることはないだろうか、と改めて自分に問いかけました。

実はこの映画には、被災地のみなさんが
タオルを使って手作りしたゾウさん
「負けないゾウ」が出てきます。

311_2.jpg

この負けないゾウ、上映後に販売されたのですが、
売り上げが被災地に送られるということで、
飛ぶように売れていました。

そしてもうひとつ、今回この会場では、
ニューヨークの被災地との交流もあったんです。
去年10月のハリケーン・サンディの被災地への
チャリティ募金も行われました。
この被災地の女性たちもかけつけ、
募金活動する日本人女性らと交流するなど、
被災地どうしを結ぶ上映会になりました。

311_3.jpg

これからも少しでも何かしたい、というみんなの思いがつながって、
少しでも早く復興が進むよう、心から願っています。

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年02月28日

2/28(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


2月も今日で終わり。

重いコートを脱いで、おしゃれの季節はすぐそこ、
ということで今日はファッションの話題です。

ファッションの基本は靴、あなたは靴を何足持っていますか?

アメリカの女性は、何足持っていると思いますか?

一人平均20足
実はこの数は10年間で2倍に!
靴は今いちばん注目のファッションアイテムなんです。

そこでニューヨークで最も有名なファッッションの大学、
FIT, Fashion Institute of Technology
ニューヨーク州立ファッション工科大学
(多くのデザイナーやファッションのプロが卒業している大学)
ここのミュージアムでは、靴の展覧会を開催中

FIT_1.jpg

今世界で一番ホットな靴がずらり!
SEX&THE CITYに出て来たあの靴も、
そして、日本人のシューデザイナーの靴も!

その展覧会のタイトルは
「SHOE OBSESSION 靴にとりつかれて」

そのプレスお披露目会を取材してきました!

フロアにずらりと並ぶ背の高いガラスケースに、
美しくディスプレイされた靴トータルで150足。

FIT_2.jpg

マノロ・ブラニック、クリスチャン・ルブタン、ジミー・チュー
フェラガモ、ピエール・ハーディ、ジバンシー。。。

マノロ・ブラニックとえばあのSEX&THE CITYで有名になりましたが
映画バージョンでキャリーが結婚式で履いた、あのブルーのハイヒール。
これもしっかり展示されていました。

FIT_5.jpg

なぜ今このタイミングで靴のこの展覧会を企画したのか?
副キュレーターのコリーン・ヒルさんに聞いてみました。


「21世紀に入ってからこれまで作られた、素晴らしい靴ばかりを集めて展示したいと思い、企画しました。
ここ10年間で女性が持つ靴の数は平均10足から20足に倍増。
それも超フェミニン&セクシーな、とても高いヒールで、
豪華な素材を使った、高価な靴が増えているんです。
女性たちはそういったハイエンドのデザイナーシューズに
取り憑かれたようになっています。
その理由としては、ファッションショーでも靴の存在感が高まったこと、
そして、ニューヨーク中のデパートがどこも靴売り場を大幅に拡大、
さまざまなブランドの靴を、豊富に取り揃えるようになったからだと思います。」


この展覧会では、これから期待の若いデザイナーの靴も展示されています。
例えば、舘鼻則孝(たてはな のりたか)さんがLady GaGaのためにデザインした、
Lady Pointe Shoes

FIT_3.jpg

そしてもう一人の日本人加賀美 敬(かがみ けい)さん、
既に、アメリカ、ヨーロッパで高い評価を得ています。

さらに新進気鋭のシューデザイナー、串野真也(くしの まさや)さん、
串野さんは特別に招待を受けて、このプレスお披露目会に参加しました。

彼の作品、靴というより美術品のよう。

さきほど登場してくれたキュレーターのコリーンさんは

「彼は本当に素晴らしい、
高いクリエイティビティとクラフツマンシップ
彼の靴が届いたとき、あまりの美しさにショックを受けたほどでした。
ミュージアムのスタッフの間でも大騒ぎになりました。」


その靴、私も見てショックを受けました。
見た事のないようなフォルム、素材を組み合わせています。
しかも、靴なのにブロンドの髪の毛が生えているんです。

Kushiho_1.jpg

どんなコンセプトでデザインしたのか串野さん自身に聞いていました。

「このブロンドの髪の毛がついた靴は、“ジンガロ”というオペラの中で馬がかけまわるシーンがあるのですが、その姿がすごく美しくて。髪が風になびいているような、そんな美しい馬からインスピレーションを得てデザインしました。
そして僕は日本に住んでいるので、日本の美術を無理に取り入れるのではなく、自然に使えればいいなと思って、この靴の木の部分は京都の仏師さん、仏を削っている人にお願いして、漆塗りだったというテクニックを使っています。」

ブロンドヘアに仏師さんが削っている木の組み合わせ!

しかもこのブロンドヘアは馬の尻尾だったんですね。
でもこれ実は人毛、靴は人が履くことで作品として完成するから
人毛を使った、ということなんです。

Kushino_3.jpg

串野さんの靴、他にも何点か展示されていますが、彼のまわりには常にファッション雑誌の記者やブロガーなどが集まり大人気でした。

ところで串野真也さんは、
ニューヨークという街の感想を、こんなふうに語ってくれています。

「僕はニューヨークの人って、きれいなものはきれいとか、みんな素直に言いやすい。例えば友人と歩いていて、友人の靴のヒールが変わってたら、パッと通った人が“その靴すごくクールだね”と言えるのってすごく素敵な街じゃないですか。もし日本でそれを言ったら引かれちゃうっていうか。。」

なるほどー、
そして、今回のように色々な機会に海外にいくことで、日本の伝統の技と素材を使った靴へのこだわりも再確認したといいます。

Kushino_2.jpg

「日本の靴の文化って歴史が浅いじゃないですか。そこに日本の要素を加えることで、新しい何かがうまれるという、アイデンティティにつながることだし、
僕たちに流れている血というか、それをもっと押し出したかったんです。」

そんな中でこれからどんな靴を作って行きたいのか、その思いを聞いてみました。

Kushino_4.jpg

「靴の本来の機能ははいて歩く事ですが、僕はそこを重要視していないというか、もちろん靴である以上足を入れる必要はあると思っていますが、それを生活の中で“使用する”という考え方だけでなくて、もっとそれ以上に何か可能性があればいいなと思っていて。やっぱりみなさんお仕事で履いて行く靴を履いたときに、“また今日も仕事か“みたいな気持ちになる事が多いと思うんですが、僕の靴を履いてくださった瞬間に、パっとこう、今日一日すごく素敵な事が始まるっていう、すごく高揚感があって、自分がファンタジーのヒロインになったような、そんな感動を持ってもらえるような靴を作ることができれば、すごくうれしいなと思っています。」

素敵な靴をはくと気持ちが高揚する。。。その気持ちわかりますよね!?

そして、そろそろ気持ちが高揚する春の靴がほしくなりませんか?

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年02月21日

2/21(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


2月も下旬ですが、アメリカはビッグなイベントマンスが続いています。

先々週のグラミーに引き続き、先週末はNBAバスケのオールスターゲーム。
ここにも豪華なゲストパフォーマー、
ALICIA KEYSとNEYOでした!

そして今週末はいよいよオスカー、アカデミー賞!!

Oscars.jpg

今週はオスカーウィークということで、
アメリカではテレビでもさまざまなプレオスカーの特番を組んで、
過去の授賞式の名場面を見せたりしています。

もちろん映画館では、主要なノミネート作品が勢揃いしていますし、
この時期オスカーパーティを開く人も多いんです。

私が毎年行く映画ライターの友達のパーティはバーにみんなで集まって、
主催者から投票リストを1枚5ドルで買います。
リストの自分の予想する映画や俳優にチェックして主催者に渡し、
主催者はオスカー当日にみんなのリストを採点、
一番多く予想があたった人に、集めたお金が全部プレゼントされる、という仕掛け。

今年は本当に力作揃いで、
どれが、そして誰が賞をとるのか楽しみにしている人も多いことでしょう。

今日はニューヨークから、アメリカのメディアの大予想をお届けしたいと思います。
みんなもいっしょにオスカーを楽しみましょう!

MovieTheater.jpg

さて、昼間マンハッタンでキャッチしたニューヨーカーたち。
それぞれがオスカーをとる!と予想する映画の名前をあげてもらったら、
色々名前が出てきました。
「リンカーン」「レ・ミゼラブル」「シルバーライニングス・プレイブック」「ジャンゴ・アンチェインド」「アルゴ」。。。
みんなの予想、けっこう割れています。
今年は例年以上に傑作揃いと言われているんです。

しかし、オスカー直前のここに来て、予想はかなり固まりつつあります。

SilverLinings.jpg

ここでアメリカの主要なメディアの、今年のオスカー予想をチェックしてみましょう。

まず人気エンタメテレビチャンネル、Eチャンネルの予想

ベスト男優、「リンカーン」のダニエル・デイ・ルイス

リンカーン大統領の生涯に新たなスポットライトをあてた映画、
ダニエル・デイ・ルイスはまるでリンカーンの生まれ変わりのようでしたね。

ベスト女優「Silver Linings Playbook世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンス

どんな苦境の中にも希望はある!という気持ちでいっぱいにしてくれる、何度も見たくなる素敵な作品でした。

続いてベスト監督「リンカーン」のスピルバーグ監督

そして、最優秀映画は、「ARGO」 

ベン・アフレック監督、主演、1979年イランで実際に起こったアメリカ大使館の人質事件をベースにした作品で、最初から最後までハラハラドキドキのエキサイティングな映画でした。

E.jpg

では次は人気ニュースウェブサイト、Huffington Postの予想

ベスト男優は、「リンカーン」のダニエル・デイ・ルイス
ベスト女優「シルバー・ライニングス・プレイブック 世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンス

ベスト監督「リンカーン」のスピルバーグ監督
そして、最優秀映画は、「ARGO」 
まったく同じですね!?

最後に今日出たばかり、
トップ・エンタメ雑誌、Entertainment Weeklyの最終予測も

ベスト男優とベスト女優は同じく、ダニエル・デイ・ルイスとジェニファー・ローレンス
しかしベスト監督には「LIFE OF PI」のアング・リー監督を選んでいます。
しかしベスト映画はやはり「ARGO」

Argo.jpg

なぜこんなにみんな「ARGO」なんでしょうか?

ゴールデングローブはじめ、これまで発表されている大きな映画賞で、軒並みARGOが選ばれているからです。

しかも「ARGO」を監督したベン・アフレックは、「監督賞」も軒並み受賞しているんです。

ところが実は!
ご存知かもしれませんが、アカデミー賞ではベン・アフレック、監督賞にノミネートされていません。
これがアカデミーの大失敗、俳優兼監督は認めないというスノッブな態度!
などと大批判の的に!

その汚名挽回のためにも、ここは「ARGO」に賞をあげたい、
だったら、監督賞はスピルバーグ、という予想にどこも落ち着いたわけです。

でも「ARGO」は最初から最後まで映画的な工夫がいっぱいで、もうこれは玄人ウケするのが大納得できてしまうんですよね。
監督ベン・アフレックが、
俳優としてはちょっと薄味なベン・アフレックをものすごく上手に生かしていて、
過度にドラマチックすぎず、すごくリアルなキャラになっているんです。

ドキュメンタリータッチでありながらエンタメの要素もたっぷり!
まだ見ていない人にはぜひおすすめ。

さて果たしてARGOは本当に受賞できるのか? 大逆転でリンカーン、いや世界にひとつのプレイブックという可能性もあります1

第85回アカデミー賞、アメリカ時間で今度の日曜日、楽しみですね!

TCM.jpg

ところで、私が毎年この時期もうひとつ楽しみにしているのは、
ターナー・クラシックという過去の名画ばかりを24時間、コマーシャル抜きで見せてくれるケーブルチャンネル。
ここで毎年2月は1ヶ月にわたり、過去のオスカー受賞作品をどんどん見せてくれるんです。

夕べはすごいのを見てしまいました。
アカデミー賞、今年は第85回ですが
その映画は、第1回目のアカデミー賞で、初めての最優秀作品賞に輝いた映画でした!

「WINGS 邦題つばさ」 
その名の通り飛行機が主役の1927年公開のサイレント映画です。
サイレントというと、チャップリン映画のような作品を思い浮かべると思いますが、
これは第一次大戦下のラブロマンスで、主役は戦闘機のパイロット。
この戦闘機の空中戦がびっくりするくらいうまく出来ていて驚きました。

調べてみたらこの映画、空中戦闘シーンのパイオニア的な映画だそうです。
パイロットは本当に第一次世界大戦で戦ったパイロットたち。
監督も元空軍で活躍した兵士だそうです。

今から85年前にこんな映画ができていたなんて、
ハリウッドはやっぱりすごいな、と感銘を受けました。

85年という伝統と 未来を切り開くイノベーション!!
オスカーウィーク、今年も映画に乾杯!!


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年02月14日

2/14(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


HAPPY VALENTINE’S DAY!!
今日はバレンタインデーですね!

昼間タイムズスクエアに行ったら、交差点のど真ん中に
大きなハートの形のオブジェがありました。

Heartwalk_2.jpg

直径8メートルくらいのハートは木の板を組み合わせて作られているのですが、
実はこの木材は、ハリケーン・サンディで大きな被害を受けた、
海岸のボードウォーク、木の舗道に使われていた木材。

Heartwalk_1.jpg

Heartwalk_3.jpg

「HEARTWALK」というタイトルで夜になると真っ赤なハート型ライトアップされています。

また今夜のエンパイアステートビルのライトアップも、赤とピンクと白
どちらも、もちろんバレンタインデーを祝っています。

こんなふうにアメリカでもバレンタインデーは盛んなわけですが、

もともとはキリスト教の聖人、聖バレンタインを祝う日で、
愛の日になったのは中世からだそうです。
そして18世紀頃から恋人同士で愛のメッセージカードを交換する日になり、
20世紀中頃からはカードだけでなく、チョコレートや花束などを贈るようになったそうです。

では2013年のバレンタインデー、ニューヨークではどんな事が行われているのか?

Valentine%20sign.jpg

たぶん日本とはかなり違います。
いったいどう違うのか、
そしてアメリカにも義理チョコってあるのか? 今日はそれをレポート!

ニューヨークはさっき14日があけたばかりで、これからが本番ですが、
タイムズスクエアのドラッグストアのカード売り場に行ったら。。。。
アメリカでは大手ドラッグストアに大きなカードコーナーがあるのですが。。。
もうバレンタインデーのカードは半分以上売り切れていました!!

Empty%20card%20shelf.jpg

マンハッタンの街角で出会った20代の男性に、
まずアメリカのバレンタインデーはどんな日なのかを聞きました。 その答えは、

「もし恋人がいる場合、レストランなどでデートして、
男性から女性にチョコレートや花をプレゼントする日。」

まず最初のポイントは、
もし恋人がいる場合。。。。そうバレンタインデーの主役は恋人たち。
日本のように、好きな人に告白する日ではありません。
そして二つ目のポイントは 男性から女性にプレゼント

日本と真逆です。

同じくマンハッタンの20代のカップルに
「日本ではアメリカと逆で、女性が男性にプレゼントするんですよ!」と伝えたら

「僕は別にそれでもいいけどね」
「私は嫌よ、彼からもらいたいわ」

Valentine%20candies2.jpg

さあそして男性から女性に、プレゼントするモノ。
日本ではほとんどがチョコレートだと思いますが、
チョコと同じくらい大事なのが、花束。

街のお花やさんはいつもより花束の種類や数を増やして、
バレンタインデー用に特別に、
ぬいぐるみやチョコレートなどもいっしょに販売中

Flowershop_1.jpg

また街角にも臨時の花売りが登場。
男性のお客さんが真剣にお花を選んでいました。

では次に、気になる義理チョコについて、この男性に聞いてみましょう。

「日本には何人もの同僚や友達にチョコレートをあげる習慣があるんですけど。。。」

「えー、それって最悪。そんなにたくさんにあげたら、特別な感じがしなくなるじゃないか」

最悪!という答えからおわかりになったと思いますが、
こちらでは義理チョコというものは存在しません。

プレゼントをあげるのはあくまで「特別な誰か」に限るんです。

義理チョコなし、
恋人同士がデートして、男性から女性にチョコレートやお花などの
プレゼントをあげる日がバレンタインデー。

さっき登場してくれたカップルは、バレンタイン当日は仕事なのでデートは週末、
でも彼女はもう彼からチョコレートとテディベアのぬいぐるみをもらったそうです。

Valentine%20candies.jpg

逆に恋人がいないと、やっぱりちょっと寂しい日なのはどこでも同じ?

独身男性からは、義理チョコについてはこんな意見もありました。

「僕みたいに寂しい独り者ももらえるなんて、公平でいいと思うけど。
いっそ日本に行きたいね!」

いつでもどうぞ!

でも実は、恋人どうしでなくてもバレンタイン祝っている人は
かなりたくさんいるんです。

ニューヨークのバレンタインデー、
プレゼントは恋人同士で男性から女性に。義理チョコはなし。

でもモノではなくカードの交換はずっと広く行われています。

Valentine%20card_1.jpg

恋人同士でもカードは、男女で交換する事が多いようです。
そして家族どうし
結婚している夫から妻へ、妻から夫へ、
息子からお母さんへ、お父さんから娘へ。。。

カード売り場にはそれぞれのパターンにあわせた、
さまざまなデザインやメッセージのカードが並んでいます。

この結果、アメリカで交換されるバレンタインカードの枚数は、
毎年平均1億9千万枚!!

Valentine%20card_2.jpg

カードだけでなく、お母さんが買って帰ったチョコレートをみんなで食べたり。。。。
家族どうしの愛を深める日でもあります。

1年に1度の愛の日、
恋人はもちろん、家族、友達、
あなたの大切な人に愛を伝えることができる日になりますように。

Happy%20.jpg


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年02月07日

2/7(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

1年で一番寒い季節は華やかな季節、
全米でエンタメとスポーツのイベントが毎週末のように行われています。

先週末はスーパーボウル
今週末はグラミー、
来週末はNBAオールスター
その次はオスカー

スーパーボウルに話を戻すと
先週日曜日、ニューオリンズ、スーパードームで行われた
第47回NFLスーパーボウルは、ただのスポーツの試合ではない、
アメリカの国民的イベントです。
2013年のフットボール全米チャンピオンに輝いたのは、ボルチモア・レイブンズ。

ところでフットボールにはほとんど興味のない一般人も思わず見てしまうのが、
ハーフタイムショー。
毎年スーパースターが登場してパフォーマンス、
去年はマドンナ、一昨年はブラックアイドピーズ、そして今年は、ビヨンセ!

superbowl_beyonce.jpg

ビヨンセといえば、大統領就任式での国歌口パク疑惑。

国歌で口パクはないんじゃないか、という批判を受けたものの、
気温マイナスの屋外で、しかもバンドとのリハーサルの時間もない中、
万が一を考えて収録しました、
I’m a perfectionist 私は完璧主義者だから、
と本人がキッパリ筋を通したため、みんな納得。

だからこそ今回のハーフタイムショーは、全編ライブで彼女の真価が問われる!
というところだったのです。

その結果は。。。いやーすごかったですねー、デスチャも登場して豪華、
というより、テレビではちょっと見た事のない、激しいパフォーマンスでした。

このハーフタイムショーというのは、マイケル・ジャクソンから
ストーンズからマドンナまで、歴代のスーパースターがパフォーマンスしてきた
ビッグステージ。
試合に付属したアトラクションというよりは、それ自体がニュースになるほどなんです。

大統領就任式でのビヨンセの口パクは、寒さを理由にできましたが、
暖かいニューオリンズでは言い訳ができない。
スタジアムを埋めた7万人と、テレビの前の1億人の視聴者が固唾をのんで?見守る中、
ステージにビヨンセ登場です!

まず衣装にびっくり!
女グラジエーターのようなブラックレザーとレースの、超セクシーな衣装で
あのまぶしい太腿と超ハイヒールのレザーブーツで
まるでステージを突き刺すように闊歩しながら登場、もう気合い入りまくりです!

beyonce.jpg

ビヨンセのバンドは全員女子ですが、
そのギタリストのギターから火が噴き出したり、
ステージ上にビヨンセが何人もいるかのような、ドラマチックなビジュアルエフェクト。
かと思えば今度は花火が炸裂、さらに、めくるめくライトショー

英語では Electrifying Performance 電撃的パフォーマンスという言い方をしますが、
その言葉通り!
その中で激しく跳ねまわるビヨンセ、私にはもうスーパーヒーローのように見えたんですが、
ニューヨークタイムスはそれをなんと 「まるで人間ドリルのよう」 と書いていました。

Times_beyonce.jpg

そのタイムスは
「ビヨンセは強烈なパフォーマンスで、口パク疑惑を見事に払拭した」と賛辞を送っていました。

そして、その電撃的なパフォーマンスの後、発生したのが「停電」
ゲーム後半が始まってすぐ、7万3千席のスタジアムのちょうど半分の電気が
消えてしまいました。
おかげで30分もの間ゲームが中断するという、ありえない事態が起こったんです。

さらに翌日のロサンゼルスタイムスには
「もしかして停電はビヨンセのせい?」という見出しの記事まで登場。

LAtimes_beyonce.jpg

さらにUSAトゥディによれば、ビヨンセの直後に、
なぜかプレスボックスの火災報知器が鳴り出した、なんていう報道もあったりして、
いよいよ怪しい。。。

しかしNFL関係者は、「原因は未だ究明されていませんが、
ビヨンセが理由ではないことだけは確かです。」と否定。まあそうだとは思いますが…

とにかく衝撃的なビヨンセのパフォーマンスと、
それ以上に衝撃的な停電のおかげで、

試合中のツイッターの数、2400万ツイッターと、
去年の2倍近くにはねあがったそうです。

ところでビヨンセショックですっかり影が薄くなりましたが、
この試合前にアメリカ国歌を歌ったのはアリシア・キーズでした。

そんな、音楽好きにはたまらない週末がまたやってきます。
8日(日)夜にはロサンゼルスでグラミー賞の授賞式、

またここでも豪華なパフォーマンスが見られる!
しかもグラミーといえば、アーティストどうしの意外なコラボが見物。

今日話題にになっていたのは、ブルーノ・マーズ、りアナ、
そしてスティングの3人がコラボする、というニュース。

ほとんどのコラボは直前に発表、または当日にならないとわからないものもあるんですね。

久々に歌の世界に戻って来たジャスティン・ティンバーレイク、アリシア・キーズ。
マルーン5、テイラー・スイフト、ケリー・クラークソン、
FUNなどのスーパースターが、誰とどうコラボするのか。
プレゼンターをつとめるビヨンセ、Jloがどんな衣装で出て来るのか、
そしてもちろん、誰がグラミーを受賞するのか?
みなさんもこの機会に、どんな曲がノミネートされているのか
チェックしてみてはいかがでしょう?


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年01月31日

1月31日(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

先週の今日、最高気温マイナス7度でした。
ところが今日、
雨っぽくて曇っていたのに、最高気温15度でした!
もう体がついていきません。

そんな中、インフルエンザも大流行です。
予防接種用のワクチンが不足するほどです。

そんな真冬のニューヨークで、
今週末、とても大事なお祝いがあります。

マンハッタンのターミナル駅、
グランドセントラルステーション。
日本の東京駅のような存在ですが

ここが今度の土曜日で、現在の駅舎がオープンしてから100年を迎えます。
1913年2月2日の午前0時にオープンしたんですね。

GrandCentral_1.jpg

記念の式典などが行われる予定ですが、
実はこのグランドセントラルステーション、
100年前の建物がそっくりそのまま残っています。

それがまるで美術館のようにロマンチックなムードをかもしだしています。
ニューヨーカーの自慢のひとつ、私のお気に入りの場所でもあります。

今日はみなさんをこのグランドセントラルターミナルにお連れしましょう。

1913年2月2日にオープンしたグランドセントラルステーション。
9ヘクタールに及ぶ敷地にホームの数44、1日の乗降客70万人というのは世界最大級。

GrandCentral_8.jpg

100年を迎えるグランドセントラルステーションは、
ニューヨーカーにとっては特別な駅でもあります。
中央コンコースでニューヨーカーに聞きました。

最初の若い女性、「ツーリストも通勤客もすべての人がここで出会う場所」、
そのお友達は、「美しい駅、特に天井を見上げただけて気分がよくなるわ」
そして次の男性は、「この駅が僕のお気に入りの場所さ」
最後のツーリストの男性は、「この駅が気に入った、とても美しいね」とコメントしてくれました。

本当に美しい駅なんです!!!

古典主義風のボザール様式という建物で、
特に中央にある巨大コンコース、
東西に84メートル、南北37メートルに及び
天井の高さは40メートル。

GrandCentral_2.jpg

さっきの女性が、天井が美しいと行っていましたが、
この天井にはまるでプラネタリウムのように、古代ギリシャの星座が描かれています。

GrandCentral_12.jpg

コンコースの両側には大理石のバルコニーがあり、
その上の、まるで神殿のような巨大な窓から差し込む光は、
天国からの光のよう。

GrandCentral_5.jpg

そしてコンコース中心にある円形の案内ブースも大理石。
その上には駅だから時計がついていますが、
この時計の文字盤は実はオパールでできていて、
時価10億円とも20億円とも言われています。

GrandCentral_4.jpg

駅ごと美術館のような、グランドセントラルステーション

こんなに素敵な場所だから、ただ電車に乗るだけではもったいない、ということで、
ハイエンドなレストランやフードマーケットも入って、小さな街のようになっています。

特に私のお気に入りは、西のバルコニーの上にあるマイケルジョーダン・ステーキハウスで、バルコニーからコンコースを見下ろしながらの食事は最高。

もうひとつ、これはまだ1年ちょっと前にできたばかりですが、
東のバルコニーの上には、なんと巨大なアップルストアがあります。

GrandCentral_6.jpg


いつ行っても楽しいグランドセントラルステーション。

実はこの駅にはいくつもの秘密があります。

例えば、ここには61番線という、今は使われていないシークレットプラットホームがあって、駅の地下奥深く、近くにあるウォルドロフ・アストリアというホテルの地下まで続いています。
実はこれは1930年代に作られた、ルーズベルト元大統領の専用ホームでした。

ホームからはエレベーターでホテルに続いていて、
専用列車でニューヨークにやってきたルーズベルト大統領が、そのままホテルに入れるようになっていたんですね。

GrandCentral_7.jpg


そして、秘密はまだまだあります。

前半にお伝えした、大天井に描かれたプラネタリウムのような星座、
この星座は鏡で写したように逆転して描かれています。
宇宙の外側にいる神様の視点で描いたからと言われています。

もうひとつ、東と西にある大理石のバルコニー、 東の階段の方が西の階段より1インチ狭いんです。
これは未来の歴史学者が見たときに、東のバルコニーの方が後に作られたことがわかるように、という配慮だそうです。

GrandCentral_3.jpg


そして最後に、巨大な中央コンコースの南側にはチケットブースがずらりとならび、
その上には発車時刻を知らせる電光掲示板がありますが、
その発車時刻はすべて、実際の発車時刻より1分早い時間になっています。

GrandCentral_9.jpg

つまり、1分早く表示しておくことで、
乗客が電車に乗り遅れないように、という配慮がされているんです。

GrandCentral_10.jpg

100年の時代を隔てて
さまざまな秘密が隠されているグランドセントラルステーション

いつ行っても、どんなに混んでいても、
この不思議な雰囲気が失われることはありません。

観光コースには入っていませんが、
ニューヨークに来たらぜひ訪れてみてくださいね。

GrandCentral_11.jpg

2013年01月24日

1/24(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

 
ついに!
ニューヨークに寒波到来、
今日はよく晴れていたのに最高気温マイナス7度! 今はマイナス9度!

そんな寒い今週、3日前の月曜日に、ニューヨークのちょっと南のワシントンDCで、
オバマ大統領の二期目の就任式が行われました。

4年前に「なんてわかりやすい英語!」と日本でも評判になった、
就任演説覚えていますか? 今回も素晴らしいスピーチでした。
そしてそれを聞くために今回は全米から80万人が集まりました。
1期目の時は160万人だったのでおよそ半数、
それでも2期目の大統領就任式の動員としては史上最高だったそうです。

OBAMA.jpg

私はニューヨークでテレビで見ていたのですが、
これを間近で取材した日本人ジャーナリストが津山恵子さんです。

ニューヨーク在住の素敵な女性ですが、
彼女をワシントンDCで電話でキャッチしました。

テレビでは見れない、そしてもちろん日本にはなかなか伝わらない、
就任式のもよう、
今回はどんなスピーチだったのか、
4年前とはどう違っていたのか、
どんなセレブが来て、聴衆はどんな反応を見せたのか、
2009年に引き続き取材を行った津山恵子さんに、
まず4年前とどう違ったのかを聞いてみました。

津山「熱狂ぶりとか興奮は、一期目と変わらないと思います。
むしろ一期目の時は零下8度と本当に寒かったので、
だんだん待っている間にもり下がっていったくらいなんですけれど、
今回はは0度前後で日も射しましたし、
明るい雰囲気でみんなおしゃべりをしていていい雰囲気でした。」

就任式と言えば4年前に日本人にも大変な感動を与えたスピーチがあったわけなんですけれど、4年前に比べてどうでしたか?

津山「4年前に比べると、ちょっと短かったかなというのと、
4年前は一期目なので、かなり具体的な政策をいましたけれど、
今回は個人の自由、平等を守ろう。それでアメリカは再び固く固く結びついて新しいアメリカになっていくんだという、かなり精神的な演説だったと思うんですね。それが時間にして半分以上を占めていたと思うんです。
前回同様に非常にわかりやすい英語で、頭にピっと入って来るような、名演説だったと思います。」

national%20mall1.jpg


人々の反応はどうでしたか?

津山「ナショナルモールにいた人たちは黒人、ヒスパニックが多数だったんですね。
白人は一割か2割くらいしかいないのではという具合でした。
黒人のおばさんたちに囲まれていたんですが、めぐみさんもよくご存知の
ハーレムでゴスペルとかを聞いていると、みんなが、ンフ、とか ウンとか、
そういう音が聞こえてきて、大統領に対してこういうふうに反応するんだ、と面白かったんですね。まるで息子の演説を見守っている感じで。
“今回ネクタイは民主党のブルーで、あれはちゃんとやってきたので、よかったわ、前回は赤でがっかりしたんだけど”なんて話も聞かれて面白かったです。」

恵子さんが一番おっと思った点は?

津山「私もちょっとこれは驚いたんですが、
同性愛者の権利を盛り上げて行こう、彼らの権利が認められるまでは私たちのジャーニーは終わらない、とまで行ったんですね。この部分では非常にびっくりしましたし、
私のまわりでは大きな歓声、拍手が起きていました。」

恵子さんが一番感動した事は?

津山「人はみんな平等に作られているんだという憲法の一説を3回繰り返して言ったんですね。これにはまわりのおばさんたちも、「ンフ」と強調して聞いていて、
そういう本当に基本的なことなんですが、それをみんなにもう一度思い出してもらいたい。それを改めてこういう場で口にすることは勇気がいることだと思うんです。
大統領ですから、内政や外交の問題をたくさん語ってもらいたいという人たちもたくさんいると思うんですが、そうではなくむしろメンタルな精神的な話をして惹き付けようとしたのは、やはり二期目の演説だからできたんだと思うんですね。」

私はお父さんか先生の言葉を聞いているような気がしたんですけれど。

津山「やはりアメリカ人にとっては、もちろん旅費、ホテル代をはらって集まって来て
歴史的瞬間に立ち会っているという感動を与えるだけでなく、アメリカ人であることを再認識する感動の場面だったのではないかと思います。涙を流している人もいました。」

人間は皆平等、当たり前に聞こえるけれど、実際には不平等がたくさんあるこの世の中で、それを何度も繰り返しながら、ゲイはもちろん人種、性別あらゆる違いを超えた平等な社会を作ると宣言したスピーチに、多くのアメリカ人が勇気や希望をもらったと思います。
そしてお話を聞いていると、大統領と聴衆の距離もかなり近いですね。

photo2.JPG

ところでこの就任式では、スピーチや宣誓式の間に、セレブがパフォーマンスしました。

ジェームス・テイラー、初代アメリカンアイドル、ケリー・クラークソン
そして締めのアメリカ国歌を歌ったのは、ビヨンセでした。
こんなスーパースターもいっしょに祝うというのは、まさにアメリカならでは。
ここでまた津山恵子さんの意見を聞いてみましょう。

「セレブや議員もに入ってくる時、みんなにこにこ顔で入って来るんですね。それを見て私は「大統領の就任式に出席するってこんなに皆さんうれしいんだな、誇りに思えるんだな」と思ってとても感動しました。
例えば日本の政治家がパーティするんですが、これに呼ばれる人というのは、企業がその人たちのパーティ費用を肩代わりして駆り集められた人たちで、それがホテルの宴会場に集まってもとても面白くないパーティだと思うんですね。それでも2〜3千人しか集められないのに、アメリカ大統領の就任式には数十万人の人が自腹を切って集まって来るというのは、すごい事だと私は思います。そして本当に色々な人に会いました。テネシー州、カリフォルニア州から来た人、ワシントンの地元の人、そして年取った人、家族連れ、そういう人たちが心を一つにしている。それも実は6割、7割の人が大スクリーンさえ見えない場所でただ立って聞いているというのは、すごくないですか。」

すごいです。

自分たちが選んだリーダーの次の、そしてオバマ大統領にとっては最後の4年間、
その入学式を国全体で祝っているような、そんな暖かい1日でもありました。

そして、れからやってくる大変な日々をみんなで乗り越えるために、
必要なことでもあるんだと思いました。

まさに市民の視線でレポートしてくれた津山恵子さん、このページの写真(USA TODAY以外)もすべて津山さん撮影です。改めてありがとうございました!

photo4.JPG

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年01月21日

1月21日(月)はアメリカ・ニューヨークから佐久間裕美子さんのレポートです

さぁ、大統領選挙も終わり、
オバマ大統領の就任演説にも注目が集まるアメリカですが…
大統領選の前に、アメリカ一周という企画で、アメリカを旅してまわった
ジャーナリストの方がいます。佐久間裕美子さんです。
今日は、その佐久間さんにお話を伺いました。


Qオバマ大統領の就任式ですが、例年だと1月20日に行われるんですよね?
 今年は、どんな様子でしょう?

                       
大統領就任の宣誓をする日は1月20日と憲法で定められているんですが、
今年は日曜日になってしまったので公式なイベントは明日21日に予定されています。


Qやはり就任式には、かなりの注目が集まるんでしょうか?
 

前回は初の黒人大統領が誕生したということで、盛り上がりお祝いムードが
強かったのですが、今回は予算の問題や長引く不景気などで
お祝いムードが薄まるのではという見方が強いですね。


Qオバマ大統領が選ばれたことについて、現在は、どんな評価となっていますか?


世論調査の結果を見ると、アメリカの半数以上の人たちが
オバマ大統領は過去の大統領より、多くの実績を残すのではと考えています。


Q佐久間さんは、選挙前、アメリカを一周したと伺いましたが、
 これは、どんな企画だったんでしょう?


2008年に雑誌の企画で、普段知り合うことのないアメリカ人が
何を考えているのか聞いて回りながらポートレートを撮るという企画をやったんですが
今回は4年後に人々の考えがどう変わったか知りたくて
フォトグラファーの女性と一緒にアメリカを回ったんですが
PRISCOPEで写真をリアルタイムでUPしていくという形でレポートしました。


Q実際にアメリカ一周してみて、いかがでした?
 

本当に行く先々で考え方が違いました。
大統領選挙や政治に期待することも、地域の農業や商業によって
考えや心配事も変わってくるのでそこが面白かったです。


特に南部では銃規制や中絶に反対だったりと宗教色が強くなったり
北部に行くと農業関係の問題が大きかったりとエリアによって様々です。


Q取材の際、苦労した点は、どんなところでしょう?


アメリカは車社会なので、北部だと割とフレンドリーに接してもらえるんですが
人口の少ない南部の小さな町に行くと話してくれる人を見つけるのが
大変になったりそこが一番難しいところですね。

普段生活するうえで感じることに始まり、最終的には政治の話なども訊きました。


Q今回の大統領選、これまでとの違いは、何か感じましたか?


2008年は「Change」という言葉がマントラとなりかなり盛り上がっていましたが
「連邦政府のことだから自分たちに関係ない」、
「どちらが大統領になっても自分達の暮らしは変わらない」という
政治に対する失望感や無関心な声も聞かれ
今のアメリカの問題を象徴しているように感じました。


Qそういう意味では、明日のスピーチは非常に大事になりますね。


これから具体的な政策の話も出てくると思うので、
実際どんな話を大統領がするのか注目しています。


明日は月曜日なのでアメリカの人たちは家のテレビで、
若い人たちはBarに集まってスピーチを見るイベントも
開催されるようなので楽しみです。

2013年01月17日

1/17(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


アメリカは賞のシーズンです。

音楽の最高賞グラミーは2月、アカデミー賞、オスカーは3月、
そのオスカーに大きな影響を与えると言われるゴールデングローブ賞が
日曜日にロサンゼルスでありました。

私もニューヨークからテレビで見ていたら、あらら、見た事ある人が?
なんとYoshikiがプレゼンターとして何気なく登場。(日本人としては初めてだとか)
去年からゴールデングローブ賞のテーマ曲は彼の作曲した曲になっているんです。

映画の話題はオスカーが近くなってからまたやりたいんですが、
今日はあまり日本には話題が入ってこない、アメリカのドラマの話。

ゴールデングローブ賞にはドラマ部門もあり、
テレビ王国アメリカではエミー賞と並んでかなりビッグな賞。

ここで今年期待通り賞をさらったドラマが「「GIRLS」ガールズ」です。

girls.jpg

ニューヨークが舞台をしたドラマで、
あの「SEX & THE CITY」を超えるのでは? という呼び声も高い?

実は、こういうかけ声で始まるドラマ、本当に多いんですが、
本当に「SEX & THE CITY」を超えたドラマはまだないですね。女性向けドラマとしては、未だに一つの指標となっている。

でこの「GIRLS」はかなりいい感じできていて、今週から2シーズン目に入ったところ。
4人のガールズが繰り広げるドラマという意味では「SEX & THE CITY]と同じ、

でも中身はかなり違います。まず一見おしゃれな感じがぜんぜんしない

何しろSEX&THE CITYは毎回ものすごくファッショナブルな服やシューズがどんどん登場、
ところがこのドラマの主人公、時々前にも見た事のがある同じ服を来て登場。
さらにその主人公はかなり、ぽっちゃりしてる、キャリーみたいなセレブな雰囲気ゼロ。

じゃあなぜこのドラマがこんなに人気があるのか?
今日はアメリカで今一番話題のドラマ、「GIRLS」を紹介します。

ドラマ、「GIRLS」
その名の通り4人のガールズ、
20代なかばの女性たちが主役です。

今週シーズン2が始まったばかりですが、
今年のゴールデングローブ賞で、ベスト・ドラマ部門
そして主役のレナ・ダナムが主演女優賞

このレナ・ダナム、26歳 
これまではほとんど無名だったのが、
その才能を見込まれて、
なんとGirlsの脚本、監督、さらに主演にも大抜擢されました。

Lena.jpg

今回の受賞でその実力を証明してみせたわけですが、
26歳が作り出す「生々しいほどの若さ」がこのドラマの最大の魅力なんです。

まず「GIRLS」の冒頭、
レナ・ダナム扮する主役のハンナが、
両親とレストランで食事をしているシーンから始まります。
ハンナはニューヨーク、ブルックリンのウィリアムズバーグ、
つまり、若者に今一番人気のヒップな街に、ルームメートといっしょに住んでいます。
でも、その家賃はこれまで両親が払っていた。

なぜかと言うと、ハンナは大学を卒業しても職につけず、
インターンとして無給で働いているからです。

そんなハンナに両親は
「もうこれ以上は援助はできません。私たちも大変なんだから、
今日からは自分の力でやってね」と宣告。

そこからハンナの奮闘のストーリーが始まるわけですが、
この設定が、たった今のアメリカの現状をリアルに反映しているんですね。

例えば25歳以下のアメリカの若者の失業率は16%もあります。

また、ハンナの彼氏、アダムはやはり大卒で、大工とアングラ劇の俳優をやっていますが、
学生時代に借りた授業料のための借金、スチューデント・ローンを払っています。

このスチューデントローン、大学生のおよそ6割が授業料を払うために、何
らかのローンを組んでいますが、
卒業した時点での借金は、一人当たり平均$26000 (200万円以上)

これが大きな重圧として、社会問題になっているんです。

とにかく、今のフツーのアメリカ人の若者はお金を持っていない。

親から独立はしていてもルームメートがいるのは当たり前。
時には二人も3人ものルームメートと住んでいる。
そのアパートはまったく豪華じゃない
デートもおしゃれなレストランではなく、相手の家だったり、
古い倉庫にDJを入れただけのパーティだったり。

girls2.jpg

そんな毎日を、それなりに思い切り楽しんでいる、
まさに、たった今の20代のライフスタイルを見る事ができるんです。

そしてきわめつけは、服。
SEX&THE CITYには、ものすごく高そうな服やブランドもののシューズがどんどん登場、
それが売り物でした。

でもGIRLSが着ている服は、スリフトショップで買った服だったり、
高くてもH&M

普通の若者が来ている服を来ているんです。

それだけではありません。
この「服」には、さらにある「工夫」がされているんです。

前に来た服をまた来て登場。。。これはアメリカのドラマではとても珍しいそうなんですが、

さらにもうひとつ、クリエーターたちが気を使っているポイントがあります。

サイズがぴったりの服は着せない。
なぜかといえば、サイズがぴったりしすぎていると、リアルな感じがしないから。

そういわれてみると、私たちの服だってちょっと袖が長過ぎたり、
スカートがゆるかったりすること、ありますよね。
ぴったりフィットする服の方が少ないくらい。

HBO-Girls-Hannah-clothes.jpg

ここまで気を使って、ドラマが見せようとしているのは、
もちろんたった今の若者たちのリアルな姿です。

なかなか仕事につけなかったり、
彼氏と喧嘩別れしてしまったり、
とにかくこの主人公たちは、色々な失敗を繰り返すんですね。

そういう中で、何とかして自分に正直に生きようとしている、
自分というものを必死で探している、
そして、友達や恋人にも優しくしよう、大切にしようとするんだけど、
これまた正直に言い過ぎちゃったりして、失敗。

そういう主人公がだんだん可愛くなって好きになってしまう。

ちなみに、若者だけでなく、
失敗から全然学ばない、
大人になれない大人も出て来るので、
私としてはそういう部分に共感できちゃったりしてます。

アメリカの若者のリアルな姿が見えて来る「GIRLS」
もし見る機会があったら、おすすめします。


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2013年01月10日

1/10(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


Happy New Year

アメリカの新年は日本とはかなり違います。
1/2からまったくの平日。
普通に会社が始まり学校もスタート。

日本の正月に慣れている日本人にはあまりにもあっけない新年。

でも仕方ないんです。
この番組のリスナーは覚えていると思いますが、
ニューヨークは去年の11月下旬からもうクリスマスムードに入って、
そのクリスマスが来たら年末までほとんどの人が仕事しない、

2013TImessquare.jpg

1ヶ月以上お祭り騒ぎを続けて来た後、
1月1日の午前0時
カウントダウンと共にHappy New Year!とやった瞬間に、
祭りの終わりの始まり。
朝までパーティし、1日は二日酔いを直す日でした。

そしてもう1週間がすぎ、
すでにトップスピードはいっています。

それを象徴するのが、
New Year’s Resolution
今年の抱負

カウントダウンの前後にパーティをしながらするニューヨーカーの会話
What’s your New Year’s resolution?

アメリカ人のNew Year’s Resolution、だいたい毎年いっしょ。
みなさんにも想像がつくような、普通の目標です。

でも今年の目標をきめて、即実行するのがニューヨークスタイルかも。
やる気満々で
つんのめるように始まったニューヨークの新年
今日はニューヨーカーの今年の目標、
そして、その目標達成のために何をしているのかをレポートします。


ニューヨーク、新年のカウントダウン
タイムズスクエアに集まった100万人をはじめ、
ニューヨーク中のレストランやクラブでパーティしながら開けた、
ニューヨーカーの2013年
その前後にみんなが心に決めるのが、New Year’s Resolution†今年の抱負

ここに2013年の今年の抱負トップ3があるので紹介すると、

3位: Improve Health

もっと健康になる! その中にはタバコをやめる、お酒をへらす、食事をちゃんとする。。。
全部含まれています。
アメリカ人にとって健康がシリアスな課題なのは、
国民の7割が太り過ぎという現実もあるし、
ものすごく高いアメリカの医療費。
そして健康保険料も高すぎて加入できない人がたくさんいる、
とにかく健康でなければサバイバルできない!体が資本!

Yoga_bryantpark.jpg
2位: Improve Financial Situation

家計を立て直す!
日本はデフレですが、アメリカはリーマンショック以来、不景気、高い失業率なのに、
インフレがすごい。
ガスや電気など公共料金はどんどん上がるし、ミルクなどの生活必需品もじりじりと上がって、私たちほとんどのニューヨーカーは、本当に長い間家計が厳しいと感じています。
その中で少し見え始めた景気回復の兆候に、
今年こそ家計を立て直す!というのも切実な今年の抱負。

1位 Get Fit

体を鍛える!
「もっと健康になる」と似たようなものですが、
特にフィットネスが全面に来るのは、
この時期のニューヨーカーは1年で一番太っているからです。

日本人もお正月太りするでしょう?
アメリカ人は1ヶ月もの長いホリデーの間、パーティ、ディナー、お酒。。。。

たるみきった体を何とかしたいニューヨーカーがおしよせるのは、
ジム。
今年も街のジムは大混雑。その混雑の中で、
「2月になればすくでしょう」と言いながらエクササイズに励んでいますが、
本当にその通りになるから不思議。

そしてその頃には自分も行かなくなっているから、あら不思議?
。。。というのが去年の私でした。

ほとんどの人が去年達成できなかった抱負に、こりもせず挑戦しています。

Blueprintjuice.jpg

でも仕事が忙しくて時間がなかったり、
新年早々がんばりすぎて、少々疲れ気味な時、
ニューヨーカーがかけこんでいるのが、オーガニックのジュースバーです。

ニューヨークの街には数年前からジュースバーがどんどん増えていますが、
最近注目なのは、ジュース・クレンズ。

もともとハリウッドセレブが短期間にやせるために、
ジュースだけのファスティング、断食をしたのがブームになりました。

どんなジュースかというと、
たとえばグリーンジュースと総称されるのは、ケール&スピナッチ、
ガーリック・オレガノジュース、アオコジュースなどのバラエティ。
ホールフーズなどのお店ではボトル入りが何種類も売られています。

ファスティングする人が増えているのはもちろん、
ただ疲れた時に、今まではコーヒーやカフェイン入りエナジードリンクを飲んでいたのを、
こうしたオーガーニックジュースに替える人が増えています。
体をクリーンにしてくれる効果はもちろん、
集中力やエネルギーをアップさせるドリンクとして飲まれているんですね。

私も疲れた時は、こういうオーガニックジュースに、
プロテイン・パウダーを入れてもらって飲んでます。
体も気分もシャキっとして、よし! という気分になれます。

始まったばかりの2013年、
みなさんも夢や目標いっぱい、あふれていることでしょう。
2013年もたくさんの夢をかなえてくださいね!
そして疲れちゃってもなかなか休めない時は、
ヘルシーなドリンクやフードでエネルギーアップしていきましょう。

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年12月27日

12/27(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


How was your Christmas?
国民の祝日、クリスマスが開けた翌日はこんな会話でスタート。

26日はイギリス、そしてカナダではBOXING DAY
もともと恵まれない人にプレゼントをあげる日らしいのですが、
今はビッグな買い物デーになっているみたいです。

そしてアメリカでは、「返品デー」
たくさんプレゼントもらったら、欲しくないもの、絶対使いそうにないもの、
そして、サイズに合わない服なども出て来る。
それを返品するのはアメリカでは当たり前。
プレゼント10個につき1つは返品されるそうです。

プレゼントする時にギフトレシートという、値段が書いてないレシートといっしょに
プレゼントしたり、お店によってはレシートがなくても返品に応じてくれたり、
ほしいものと交換してくれたりします。
合理的でしょう?

Macys_2012_hoiday.jpg

そしてお店にとっては、クリスマスが終わってもお客さんに来てもらえるのはありがたい!
今ますます安くなっていますから、この時期に自分の物を買う人も多い。
そう、ホリデーシーズンは、プレゼントだけでなく、
1年間ほしかったものを買い揃える時期でもあるんです。
(実は私もかなり買いました。。。テレビ、鍋、などなど)

そんなお客さんのために今日も多くのショップは朝7時からオープン、
実はここまでのホリデー商戦、実は期待したほどではなかった、というデータもあって、
お店も最後の追い込みです。

新聞にはニューヨーカーに大人気のデパートMacy’sのクーポン、
25ドル買うと10ドル割引というのがあり、思わず寄り道しそうになりましたが。。

Macys_coupon.jpg

実は昼も気温が0度しかなくて雪も降ってものすごく寒かったのでパス。
でもこのクーポンは今日も使える! 危険です!!

さあ、そんなこんなでアメリカ人はリテイル以外はもうほとんど仕事になってませんが、
1年をしめくくるにはやっぱりこれ。

今年の重大ニュースです。
今日はアメリカ人が選んだ2012年のニュースのトップ5をカウントダウン、

そして今年のアメリカを象徴する曲も紹介しましょう。

ではさっそくアメリカAP通信が発表した、アメリカ人が選んだ
2012年のニュース・ストーリー、トップ5のカウントダウン行きましょう!

Top 5 news stories of 2012
#5 LIBYA
リビア情勢が悪化する中、9月11日にアメリカ大使らがアルカイダのテロにより
亡くなりました。オサマ・ビン・ラディンがいなくなっても、テロとの戦いは
終わっていないことを象徴する事件。

#4 OBAMACARE
国民皆保険をめざす健康保険法、通称「オバマケア」が、最高裁で大筋で認められ、
実現に一歩近づきました。

アメリカは日本のような国民健康保険精度がない上、
医療費が非常に高いこの国では、保険料もとても高いため、加入できない人が
全米で4千9百万人、6人に一人もいます。
しかも低所得者向けには、メディケイドという保険が適応されるため、
保険がないのは中流層の下の方の人たち。

再選をきっかけに、国民皆保険は、今度こそ本当に現実味を帯びてきました。

APTOPIX%20Superstorm%20Sa_Carr%2815%29.jpg

#3 SUPERSTORM SANDY
アメリカだけで125人が亡くなったスーパーストーム、ハリケーン・サンディ。
ニューヨーク周辺でも何千何万という家が破壊され、今も家に戻れない人がたくさんいます。
被害総額は5兆円と言われています。

Obama2012nov.jpg

#2 US ELECTION
11月の大統領選で民主党のオバマ大統領が再選。
勝てたのは州によっては80%近い、記録的な高い投票率が理由と言われています。
実は増える一方の中南米からの移民、そして若者、女性がオバマ大統領に投票したからです。
いくら世論調査をしてもフタをあけてみるまでは、
この現象がまったく予測できなかったんですね。
アメリカという国が大きく変貌している事を、象徴する選挙になりました。
さあアメリカ人が選んだ今年のニューストップ5の1位は、
残念ながらこのニュースです。

#1 MASS SHOOTINGS
SHOOTINGSと複数になっているのは、今年は重大な銃撃事件が2回あったからです。
夏に12人が犠牲になったアリゾナの映画館での事件、
そしてクリスマス直前にコネチカットの小学校で子供20人を含む26人が亡くなった事件。
とくに幼い子供たちが犠牲になったコネチカットの事件を受けて、
アメリカでは銃規制問題が再び大きな論争になっています。
悲しいニュースで1年をしめくくる事になってしまいましたが、
変貌するアメリカが、こうした深刻な問題に新しい姿勢でタックルし、
みんなが安心して暮らせる世界に一歩近づくよう、
新しい年に向けて祈りたいと思います。

weapon%20ban%20petition.jpg

さて、ここで音楽の話題に移りましょう。
今年を象徴する1曲、といえばこの曲でしょう。
7月にYoutubeにアップされて世界中で大ヒット、
つい先日前人未踏の10億回プレイバックという記録を打ち立てました
この曲の話題は以前もお届けしましたが、
ラップではなく、ダンスチューンとして
ニューヨークでもダンス系のラジオステーションを中心にかかりまくり、
テレビにもどんどん登場、
ホワイトハウスのクリスマスパーティにも招待され、
オバマ大統領の前でパフォーマンスしました。

psy-gangnam-style.jpg

アメリカでは英語以外の曲がここまでヒットすることは10年に1回くらいしかありません。
でもこの曲の場合、ダンスビートがものすごくキャッチーだったのと、
ダンスがあまりにも面白かったので、
韓国語だということに気がつかなかった。。。と言っては言い過ぎだとしたら、
英語じゃなくてもまったく気にならなかった、ということでしょう。

この爆笑ソングやビデオをパロディにしたビデオも何万とYoutubeにアップされて
バイラル化したのも、ヒットに貢献しました。

とにかく江南スタイルがあまりに面白かったため、
一発屋、One Hit wonderに終わるのでは?という声もありますが、
以前コンサートレポートした、スーパースターのジャスティン・ビーバーのマネージャーが、PSYのマネージャーについた、ということで、こちらも期待!

移民がますます増えて、多人種多民族になっていく2012年のアメリカを象徴する、
ヒットだったと思います。

Gangnum_unionsquare2012.jpg

さあ2013年はいったいどんな年になるのか、
来年もニューヨーク、そしてアメリカのたった今が見える、
そして知ることでみなさんの力になり、元気が出てくる情報を、
毎週お届けしますので、来年も聞いてくださいね。

Have a Happy. Healthy and Prosperous New Year!


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年12月20日

12/20(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

ニューヨークのすぐお隣コネチカットで、
クリスマス前に痛ましい事件がありました。
多くの子供たちが犠牲になった銃撃事件、
今もニュースはこの事件と銃規制問題一色、
それでも少しずつクリスマスに向かって進み始めています。

radiocitychristmas2012.jpg

ちぐささんも覚えているかもしれませんが、
アメリカのクリスマスは、家族で過ごすクリスマス
日本のお正月とにています。
クリスマスの朝、家族でみんなでクリスマスツリーの前でプレゼントを開ける習慣。

今年はハリケーンサンディもあり、
いつものクリスマスを過ごせない家族もたくさんいます。
もともと恵まれない環境にいる子供達も少なくありません。

rockefellertree2012.jpg

そんな人々に少しでもクリスマスの希望を感じてほしいと、
数々のチャリティーが行われています。
先週ご紹介した121212コンサートもそのひとつ。
音楽界が結集したイベントでした。

そして規模こそ違いますが、ニューヨークのファッション業界が集まった
イベントもありました。
ファッション・ガールズ・フォー・ヒューマニティと
名付けられたサンプルセールです。

fashiongirls_10.jpg

以上の有名ブランドが大集合、総額およそ1億円の商品を寄付。
ドレス、ジャケットからコート、シューズ、アクセサリーまで、
50%から75%引で売って、それを被災地に寄付しようというもの
大きな話題になり、Elle, WWDなどの大手ファッションメディアで紹介。

実はこれを主催したのは日本人の女性です。

いったいなぜこのイベントを主催しようと思ったのか、
その理由に日本が大きく関係しています。

今日はそのサンプルセールをレポートします。

fashiongirls_6.jpg

イーストビレッジのおしゃれなホテルで行われた
ファッション・ガールズ・フォー・ヒューマニティ・サンプルセール
広い会場に、マーク・ジェイコブス、ニナ・リッチ、ベルサーチ、
ランバン、セオリー、ラグ&ボーン、シンシア・ローリーなどなど
120のデザイナーの服やアクセサリーがぎっしり。

fashiongirls2.jpg


会場でキャッチした二人のファッショニスタはイベントを共同主催した
ロサンゼルスのハッチというショールームのスタッフ。
[すばらしい主旨で、商品も最高だから自分でも買い物している。
セーターとバッグ、そしてシューズも買いたいわ」と言ってました。

fashiongirls_4.jpg

このイベントを主催したのは、ファッションブランドVPLの社長花沢菊香さん、
菊花さんにとって、実はこのチャリティサンプルセールは初めてではありません。

実はこれと同様のイベントを最初に始めたのは、東日本大震災の直後だったんです。
その時はファッション・ガールズ・フォー・ジャパンという名前でした。
きっかけは何だったんでしょうか?

「まず震災の規模が大きくて、普通であればVPL社として
サンプルセールで義援金を集めることを考えたんですが、
被害に比べて大した金額にならない。でもデザイナーが何人か集まれば
少しずつでも増やす事ができる。それがきっかけになって、
バーニーズのファッションディレクターの小倉さんと、
ジュリー・ギルハートさんに賛同していただいて、
4〜5人とは言わず50人集めようと。それが50人が100人になって、
総額でも小売価格でも100万ドル、1億円を超える商品をいただくことが
できました。」

震災から1年のタイミングでも同じサンプルセールを開催、
その結果は既に目に見える形で現れています。

「今年4月にもう一度義援金を集めるチャリティセールをやりまして、
総額で14万ドル(およそ1200万円)を集めることができ、
そのほとんどそのまま寄付する事ができました。それを建築家、
伊藤豊雄さんの帰心の会という団体に寄付をしまして、
陸前高田“みんなの家”という仮設住宅の集会場の建設費用に使われ、
11月18日陸前高田にオープンしました。」

fashiongirls_9.jpg

今回はサンディの義援金ということで、これはどう決断したのですか?

「ファッションガールズ・フォー・ジャパン」という団体に、
ノンプロフィットの団体として認可をいただきまして、
ではこんごどういった活動をしていくのか考えた時に、
ファッション業界でもプロフィットだけでなく、ノンプロフィットでできる、
ボランディアができる機会というのを日本に限らずできたら、という思いが
ありました。今回はファッションガールズ・フォー・ヒューマニティと
名前を変えて、サンディはニューヨークで起こりましたから、
これはやるしかないということで、1週間ほどで決断して立ち上げました。」

震災後のサンプルセールでかけつけてくれたニューヨーカーへの
恩返しという意味もあるし、前例があったからこそ、
今回のサンディでもあっと言う間に準備ができた、ということなんですね。

そして今回も2日間で12万ドル、1000万円近くが集まりました。 すごい!

fashiongirls_8.jpg

そして実はファッション業界がこんなふうに集まってチャリティというのは、
ありそうで意外にないものらしいんです。

ファッションジャーナリストで業界に詳しい杉本佳子さんによれば。
「100以上のブランドが集まって合同でやるというろところが、
業界全体をあげて被災地の支援をしようという姿勢をアピールしているところが
素晴らしいと思います。」

こういう動きってこれまであまりなかったのでしょうか?

「そうですね。震災のときにファッションガールズ・フォー・ジャパンとして
義援金を集めたのが初めてだったと思います。」

なかなかみんなでやろうという風にならなかった、
それを成し遂げたファッションガールズの功績は大きい!

そしてその中心に日本女性がいるというのは本当に誇らしいですよね!

クリスマスの本当のスピリットは、give
厳しい環境にあっても、
暖かい人の心が照らす、明るい未来が信じられるような、
そんなクリスマスを
みなさんも過ごせるようにお祈りしています。


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年12月13日

12/13(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


クリスマスパーティシーズン、
今日も知り合いのオフィスのクリスマスパーティに行ってきましたが、
まだ夕方だというのにDJがダンスミュージックをプレイしてて、
みんなワイン飲んで踊りまくっていました。
アメリカ人は本当に踊るの好きです。

もちろん歌うのも好きだから、カラオケレンタルして
カラオケパーティするところもけっこう多いみたい。

かと思えば、
今朝のニュースではハリケーンサンディの被災地で、
まだ暖房のない生活をしている人がいることを伝えていました。

華やかな時期だけに明暗分かれてしまう。。。
ニューヨークではそんなサンディの被災者のためのチャリティコンサートが、
つい先ほどまで開かれていました。

121212_1.jpg

会場は先週ジャスティン・ビーバーを見に行ったマジソンスクエアガーデンです
ただのコンサートではありません。
ラインアップは、ブルース・スプリングスティーン、ボンジョビ、
ローリングストーンズ、ビリージョエル、エリック・クラプトンなど
国宝級アーティストがずらり。

残念ながらチケットはあっという間にソールドアウトしてしまって
買えませんでしたが、でも大丈夫、全米のテレビ37局で生中継
ラジオは全米で800局以上でやはり生中継
outubeなど10以上のメジャーなウェブサイトでもネット中継
さらにアメリカ以外でも100以上のテレビ局で中継され、
世界で20億人が見たと言われている

121212_2.jpg

どんなコンサートだったのか、
なぜこんなすごい事ができたのか?
今日はそれをレポート。

この歴史的イベント121212コンサートのために大集合した
国宝級アーティスト、出て来た順番に
ブルース・スプリングスティーン、
ボンジョビ
ピンクフロイドのロジャー・ウォーターズとパールジャムのエディ・ヴェダー
エリック・クラプトン
ローリング・ストーンズ、
アリシア・キーズ
ザ・フー
カニエ・ウェスト
ビリー・ジョエル、
クリス・マーティン&マイケル・スタイプ飛び入り
デイブ・グロール
ポール・マッカートニー
ダイアナ・クラール

たっぷり6時間近くにわたってライブ!

大御所が揃っただけにお客さんは大人が中心。
チケットの値段も高め、$150-$2500(1万2千円〜20万円)
でもこのラインアップでチャリティだったら高くない?
12月3日のチケット発売日、あっという間にソールドウトしてしまいました。

121212_3.jpg

がしかし結局37のテレビ局ノンコマーシャルで生中継
さらに10以上のウェブサイトでライブストリーミング
どこで見ようか迷うほど。

そして夜7時半、
ステージにブルース・スプリングスティーンが登場して
この歴史的コンサートがスタート。

実は今回最も被害が大きかった場所の一つ、
ニュージャージーの海岸線Jersey Shoreは彼の地元です。
さびれてしまったホームタウンの再生を歌った「My City of Ruins」などを熱唱。

121212_live1.JPG

そしてスプリングスティーンがもう一人のニュージャージー出身アーティスト、
ジョン・ボンジョビを紹介して、Born to Runをデュエットしました。

一方音楽セットの間には被災地で生活を立て直そうと
がんばる人々のビデオが次々流れ、被災地への寄付を呼びかけ、
そう、テレソンも同時にやってるんです。
このオペレーターがまたすごい。
コールセンターにはスーザン・サランドンやウーピーゴールドバーグ
ベン・ステラーなんかがあなたの電話に出てくれるんです。すごい!

スプリングスティーンに続いてはピンクフロイドの
ロジャー・ウォーターズと、パールジャムのエディ・ヴェダーの共演セット

121212_live2.JPG


さらに今度はボンジョビがバンドで登場、
途中でブルースを呼び出してまたニュージャージー共演

そして前半のハイライトは、
ニュージャージーのワーキングクラスの街で、必死にサバイバルする男女を歌った
ボンジョビの名曲
「希望を失わず生きよう。」 Living on a Prayer.
この曲の大合唱になりました。


さらにかけつけたのは地元アメリカのアーティストだけではありません、
ブリティッシュロックの超大御所たち、
ERIC CLAPTON、Rolling Stones、The Who, そしてポール・マッカートニー。。。
インターナショナルなオーディエンス動員に一役買いました。

121212_live3.JPG

このスーパーストーム、ハリケーン・サンディでアメリカ国内で
亡くなった人125人
数百万世帯が数日から数週間にわたり停電
数万世帯が何らかのダメージをうけ、未だに家に戻れない人、
電気や暖房やお湯がない生活をしている人も少なくありません。

被害を金額に直すと6億円近くなります。
2005年のハリケーンカトリーナに続くアメリカ史上2番目だそうです。

そして、今回出演したセレブリティも大きな影響を受けたんですね。
例えば電話オペレーターの一人ベン・スティラーも
9日間電気がない生活だったと語っていましたし、
司会のビリー・クリスタルは最も大きな被害を受けたロングビーチの出身。
ビリー・ジョエルもロングアイランド出身。

121212_live4.JPG

それにしてもこれだけのオールスターを集められたのには理由があります。

今回のコンサートの収益金はすべて、
ロビン・フッドファウンデーションを通じて被災地の復興に使われますが、
このロビン・フッドファウンデーションは11年前の2001年、
911の後に行われた伝説のオールスターチャリティコンサート
CONCERT FOR NYCでおよそ50億円を集めたノンプロフィット団体です。

今回もロビン・フッドファウンデーションが母体になっていますが、
これだけスピーディにこれだけのコンサートが実現したのも、
この911コンサートがあったからと言っていいでしょう。

121212_live5.JPG

さらに今回コンサートをまとめたのは、
超メジャーな映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン、
マジソンスクエアガーデンのオーナー、ジム・ドーラン、
全米に880局のラジオ局を持つクリアチャンネルというメディア会社。

このプロジェクト、チケットの売り上げだけでもう30億円集めたというからすごい。
さらにテレソン、チャリティグッズ販売、
アーティストグッズのオークション、さらにはライブCD発売。。。
音楽ビジネスのお金儲けの天才が集まってチャリティをやったらこうなる!
というすごい例。

国のや赤十字からの救済がどうしても遅れがち、
物資や仮設住宅もなかなか行き渡っていない現状、
個人やノンプロフィットオーガニゼーションの力が本当に大きい。

そんな中音楽業界が結集したコンサートを、会場以外の
世界のファンに無料で惜しみなく見てもらい、
寄付をつのることで復興に一役買うという、太っ腹なプロジェクト
ロックな国アメリカならでは音楽チャリティ

アメリカも捨てたもんじゃないと思いませんか?

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年12月06日

12/6(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

アメリカ最大の音楽賞、グラミー賞のノミネーションがつい3時間前に発表!

今年は男性主導、FUN, JAY-Z, KANYE WEST, FRANK OCEANなどが6部門ずつ、
またグラミーが近づいたら、注目のアーティストなどをレポートしますね。

NYTIMES.jpg

さて2011年にベストニューアーティストにノミネートされた
アーティストといえば、

ジャスティン・ビーバー!

先日ジャスティン・ビーバーのコンサート見てきました
会場はマジソンスクエアガーデン
2万席が2日間ソールドアウト

デビューしたのは15歳、あの独特のヘアスタイルかわいかったですねー
今やっと18歳

その短いキャリアの間に全世界で売ったCDの数1500万枚
そしてyoutubeのプレイバックの数トータル24億回。
もちろん歴代ナンバーワン
何曲かまとめてのアクセスですが、1曲3分として、
世界の全人口が一人につき1分は見たことに!!!

コンサートでもビーバーフィーバーすごかった!
ニューヨークのビーバーファンって、どんなファンだと思います? 
(私もちょっと予想できなかったんですが。。。)

今日はそのコンサートの模様をレポート!

まずは、ジャスティン・ビーバー「ビリーブ・ツアー」ニューヨーク2日目、
会場のマジソンスクエアガーデンで、コンサート前のお客さんたちです。

justin_fans1.jpg

ニューヨークのお隣ニュージャージーから来たメリッサさんとアマンダさん、
とにかくジャスティン・ビーバーが大好き、私たちがナンバーワンファンよ!
なぜ彼が好きかって?
素晴らしいシンガーで、ダンサーで、とにかくキュートだから!]

いっしょに来ていたお母さんもビーバーファンで、
家では1日中曲がかかりっぱなしだそうです。
そしてアレックスさんは、昨日と今日二日連続で見に来ていた、
昨日は何十万円もするVIPチケットをゲットして、本人に直接会ったそうです!
憧れのジャスティンに会えて今の気持ちは?と聞いたら、
「オーマイガー、死ぬかと思った!」
そしてそのチケットを買ってあげたお母さんは一言。
「私たちは究極のビーバーファミリーなんです。」

インタビューの合間にもあちらこちらからキャーっという声、すごいでしょう?
まだコンサート始まってもいないのに。

そしてほとんどのファンは1女子とそのお母さんたち。
小さい子は4歳くらいから、上は18歳くらいまで。
やっぱりど真ん中はトゥイーンと言われる10歳前後、つまり小学生!
そして男はほとんど見当たらない、たまにお父さんがいるくらい。
これまで見た事のないファン層でした。

ほとんどがビーバーのツアーTシャツを着用。
そうじゃない子は、まるでパーティに行くようなドレス。
例えば3人組の仲良し女の子グループは、バレエのチュチュのようなスカート。
しかも透ける部分に電球がついていて、光るスカートなんです!

ビーバーガールズとファミリーでぎっしりの会場。
夜7時きっかりに前座のカーリー レエ ジャプセンが登場。
(彼女のヒットシングル「CALL ME MAYBE」はつい先ほどグラミーノミネート! 
なんて贅沢な前座!)

そして夜9時ちょっと前、ステージのスクリーンにデジタルのタイマーが現れ、
カウントダウンがはじまりました。
その段階で会場はもう既にクレージーになっています。
そして、タイマーがゼロになった瞬間、絶叫の中、
なんと、ジャスティンが空中から大きな天使の羽をつけて降臨しました。

Justin_fans2.jpg

そして、1時間40分のショーの間 ヒット曲たっぷり。
Never Say NeverやニューシングルのBeauty & the beatなどアップテンポナンバーでは、
ダンサーと踊りまくり
Be Alrightなどのスローナンバーでは歌のうまさをじっくりと聞かせ、
ギターやピアノ、もちろん得意のドラムも披露、これもものすごくうまくて、
いやー天才なんだなーと納得。
コンサート全体がバンドもステージセット、ライティングも、
すべてが世界最高のエンターテイメント、本当に見応えがありました。
NYタイムスなどの厳しいメディアも、絶賛だったんですね。

そしてちょっと驚いた事があります。

ステージにはバンドとDJもいるんですが、
ジャスティンがDJに「昨日の客の方が歓声が大きかったよね」というと、
DJが「みんな昨日のお客さんに負けないで叫んでみて、1.2.3」
この瞬間の歓声、絶叫、いや超音波?もう言葉にできない、
こんなすごいの聞いたことないです。
鼓膜がビリビリして痛かった。

実はこの歓声が全編ほとんど途切れずに続いていました。
耳栓持ってくればよかったと思ったくらいです。
それが、ついにピークに達した瞬間

18歳のジャスティンが来ていた服を半分脱ぎかけて、
上半身の生胸が見えた時です。

小学生から40代の女子までが絶叫。。。私も思わず叫んでいました。

Justin_fans3.jpg

そして、ステージのMCでこんなことを言っているのも気になりました。

「僕の新曲のyoutube見てくれた? ありがとう!」

CD買ってくれてありがとう、じゃないんです。
そう、ジャスティンはもともと最初に自分でyoutubeにアップしたビデオが
マネージャーの目にとまり、インターネット、そしてラジオから火がついて
スターになったんです。

デビューシングル「BABY」のyoutubeビデオのプレイバック回数は、
つい最近まで歴代ナンバーワンでした。
そしてYoutubeで見るからCDを買わないかというと、まったくそんなことはない。
これまで売ったCD1500万枚。
さらに、コンサート。チケットは50ドルとか100ドルで
子供を2~3人つれて家族で着ているからそれだけで400ドル。
しかも子供達はみなジャスティンのTシャツ 1枚30ドル
すごいお金を使っています。

そしてジャスティンはビジネスセンスもなかなか。
このお金を運用するのに、ジャスティンは株を買ったりするだけでなく、
インターネットなどの起業家に投資している、
つまりビーバー・ベンチャーキャピトル!
同時にチャリティにも多額のお金を寄付している!
今回のコンサートも売り上げの一部を1000万円近く
ハリケーン・サンディの被災者に寄付。

アーティストとしてもビジネスマンとしても、
この18歳の未来は無限大です!


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年11月29日

11/29(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

Thanksgiving感謝祭の長い連休が終わり、クリスマスモード早くも全開中!
ニューヨークのクリスマスのシンボル、
ロックフェラーセンターのクリスマスツリー、つい先ほど点灯しました!

そして、ショップではクリスマス商戦、
先週は多くのお店が感謝祭の夜中の12時からオープン、なんて話をしましたが、
その甲斐あって、今年の出足、売り上げ共に去年を上回る好調と伝えられています! 
がんばれアメリカ経済! という感じです。

そのアメリカの中でがんばっているキャラクターがハローキティ、
今や感謝祭パレードの顔の一つになっている、という話をしましたが、

まさに日本の文化を世界に伝えるメッセンジャー、
私たちの知らないところで、ものすごい活躍をしている人がいます。

ダニー・チューさん、

dannychoo_3.jpg

ロンドン生まれの育ちのアジア系イギリス人
日本文化にはまって、東京に移住、
今はCulture Japanというサイトを主宰
世界中にファンからの月間アクセス3000万
東京MX_TVでレギュラー番組も持っている。

いったいどんな人なのか
日本の何に魅せられたのか、

先日、このダニー・チューさんをニューヨークでキャッチしました。
番組でもレポートしたコミコンの会場です。
今日は日本文化の伝道師、ダニー・チューさんのインタビューをフィーチャーします。

ポップカルチャーファンを11万人集めて開催されたニューヨークコミコン、
その中にはもちろん、日本のアニメやゲームのファンもたくさんいます。
そんな彼らが行列を作ったのがダニー・チューさんのトークイベントです。

ダニー・チューさんが作るウェブサイト
Culture Japanカルチャージャパンは、
毎月3000万アクセスを誇る超人気サイト。
最新のアニメやフィギュアなどの情報はもちろん、
ダニーさんの東京での生活レポート、
また、外国人がどうやって職を得ればいいか、そんなアドバイスまでが満載。
アクセスしてくるのは、世界中のジャパニーズカルチャーファン。

イベントに行列していたファンたちに聞いてみました。

dannychoofans_1.jpg

「ダニー・チューはオタクの代表。
世界のオタクの憧れの生活を送っているから。」

「彼の日本文化の紹介がとても共感できる。
例えば、日本に行ったら観光地以外の場所にも行った方がいいというアドバイス。
地域によってさまざまな文化や方言があることなど、すごく勉強になる。」

「ダニー・チューはすごい!、どのくらいすごいかって、ものすごくスゴイ!」

dannychoofans_2.jpg

他にも、アニメでしか見た事のない日本の高校やクラブ活動の様子だったり、
実は世界のアニメファンは、こういうものに興味があるんだー、という
私たちが気づかない部分を、オタク目線でしっかりおさえてくれています。

ダニーさん自身、あってみると少年ぽい雰囲気のとても素敵な人。
今日は彼が独学で始めた日本語でインタビュー。

dannychoo_1.jpg

まず、ダニーさんが日本文化に夢中になったきっかけは?

「最初はセガのメガドライブというゲーム機があって、
それをロンドンで輸入したものをゲットして、日本のゲームすごいなと思って、
ゲーム機についてもっと情報が知りたくて、当時インターネットがなかったので
ジャパンセンターという本屋さんでメガドライブに関する雑誌を買い求めました。
それ以外にもアニメやアイドル、マンガ雑誌も読むようになり、
もっと深いところに入ったら日本文化すごい素敵だなと思うようになって、
日本語を独学ではじめたんです。」

日本文化の何がダニーさんの心をそんなにつかんでしまったんでしょう?

「そうですね、イギリス生まれ育ちなので、クールなものは
スターウォーズくらいでした。でも日本の文化はコンテンツが豊富なんですね。
アニメ、ゲーム、ドラマ、バラエティ番組、コマーシャル、
豊富で面白いと思ったんです。」

そしてついに日本に行く機会を得るのですが、
自分の日本語では不足だと痛感し、ロンドンに戻って大学で日本語を勉強し直し、
そして日本の駐在の仕事を得て、ついに東京に移住、
そこからマイクロソフト、アマゾンなどインターネット系の会社で
キャリアを重ねていきます。

そしてスタートしたのが、日本の文化満載のウェブサイトCulture Japan

culturejapan.jpg

「今オタク文化すごいホットで、
オタクのユーザー層に、お金目当てで色々なコンテンツを
やろうとしている企業もたくさんありますが、僕は単純に自分が好きな物、
シェアしたいものをやっています。一番最初によくシェアしたのは僕が
好きなガンダムで、自分で作ったガンプラの写真、
作っている時の写真などを上げて、それを共有することでたくさんの
海外のユーザーが集まって来ました。
ガンダムが好きだったら日本の事もすきなので、僕のまわりの日本のライフスタイル、日常生活をシェアすることで、海外のユーザーさんが増えてきたんです。」

本当にジャパンを愛するダニーさん、
私がダニーさん素晴らしいな、と思ったもう一つの理由は、
東日本大震災の直後に、ダニーさんが東京から発信してくれたレポートです。

「震災の時は香港にいたんですね。ニュースを聞いてすごいパニックで
泣いちゃいました。その時は外人さんが日本から逃げているんですね。
で、僕ができることはその現状を世界のみなさんに伝えることだな、
と思って震災の3〜4日後に日本に戻ってきました。
その時世界のメディアは暴走していたんですね。
東京はゴーストタウン、誰も残っていないとか、嘘の情報も多かったんです。
で僕は渋谷に行って写真とったりして、人がこんなにいっぱいいるよ、
東京は元気ですよ、と伝えることが、僕にできることだったんですね。」

dannychoo_2.jpg

そんな日本への思いがあふれるダニーさんに、日本の政府もラブコール、
経済産業省などのプロジェクトにも参加、
日本文化の伝道師といてこれからもっともっと活躍してくれると思います、
Dannychoo.comも要チェック、なんと6カ国語で読める豊富なコンテンツは圧巻!

http://www.dannychoo.com

dannychoo_figure.jpg

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年11月22日

11/22(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!


日本は明日が勤労感謝の日、
そして、アメリカは感謝祭です。
そして連休。ほとんどの人は木曜日から日曜まで4連休。

Thanksgivingはクリスマス、独立記念日と並ぶアメリカ三大ホリデーの一つ。
お盆と正月がいっしょに来たようなビッグイベントです。

今こちらはThanksgivingの早朝2時過ぎですが、
ついさっき国民の大異動が完了したばかり
なんと4300万人が移動。アメリカ全人口の15%が里帰り。

Pennstation.jpg

今日のマンハッタン夕方の地下鉄はガラガラ、
みんな3時くらいで仕事を終えて帰宅したから。
そのかわりアムトラックという長距離電車のターミナル駅、
ペンステーションは大混雑でした。

そして日本の正月といえばおせち、
アメリカもthanksgivingといえば、食べ物です。

日本にもお正月太りってありますが、
Thanksgiving の週末だけで2〜3キロは太ると言われているほど。
いったい何を食べているんでしょう?

さらにこの週末は、来年のアメリカ経済の鍵を握っているとも言われています。

そして
Thanksgiving dayの主役の一人は実は日本が産んだキャラ!!

ヒントは去年のレポートです。

今日はニューヨークのThanksgiving dayをレポート!

Thanksgiving Day感謝祭

アメリカの建国以前、イギリスから移民して来た清教徒たちが、
厳しい冬をインディアンたちに助けられ生き延びることができた、
その感謝の気持ちをこめて食事をふるまったのが起源と言われています。

だから今も主役は、「食事」

家族で食卓を囲んで食事をするというのが、何より重要なイベント。

Thanksgivingdinner.jpg

何を食べるか? メインはターキー、七面鳥、
日本では、クリスマス=七面鳥というイメージがあるかもしれませんが、
アメリカではターキーと言えばThanksgiving
Thanksgiving Dayの事を、別名Turkey dayと言うくらい。

どのくらい食べるのか、
なんとこの1日だけで4千6百万羽のターキーが食べられてしまう。
これ1年間の消費量の5分の1以上。

ターキーはオーブンで何時間もかけて丸焼き。
これに、グレービーと甘いクランベリーソースをかける。
つけあわせは、スタッフィングスと呼ばれる、
コーンブレッドや野菜を刻んでターキーのお腹につめて焼いたもの。
グリーンビーンズなど緑の野菜、マッシュポテト、
デザートはパンプキンパイ、アップルパイ、スイートポテトパイ

午後遅い時間から食べ始めて、延々食べ続ける。
結果この1日だけで一人当たりのカロリー摂取量 4500カロリー!!!

食べて飲んで、倒れるように寝てしまうThanksgiving dayの夜。。。
ところが、寝ないで出かけるニューヨーカーもたくさんいる。
どこに行くか? 「買い物」

macys2012.jpg

Thanksgivingが明けて深夜0時、多くのお店がオープン、
しかも、この夜限定の超目玉商品を用意して、お客さんを待ち構えているんです!

そう、Black Fridayです!

およそ1ヶ月に渡るクリスマス商戦の初日。
それまで赤字だった帳簿が黒字に替わる、というのでブラックフライデー

Thanksgiving dayは家族で過ごすために、
どんなお店も占めるのが伝統。
そして大型店などでは、ここ10年ほどは
ブラックフライデーの朝4時、5時からお店をオープンして、
目玉商品をぶつけるのが慣習になっていました。

blackfriday2012_1.jpg

しかし去年あたりから深夜12時二オープンするお店が出現、
今年は12時どころか、THANKGIVINGの夜8時から店を開けてしまう!
というデパートやモールも出現。

なぜそんなにがんばっているかというと、
このBlack Fridayにどれだけ人が出て、どれだけの買い物をするかが、
アメリカのホリデー商戦、さらに来年の景気、
さらには世界経済を占う非常に重要なバロメーターになるから!

そんなわけでこの日、この時間にしか買えない限定商品、
例えば、フラットスクリーンテレビ32インチが8000円とか。。。
食べ過ぎたアメリカ人は腹ごなしも兼ねて買い物にくり出す!

BLACK FRIDAY, いやBLACK THURSDAYがアメリカ経済を盛り上げるか?
どうやら、今年はアメリカ人のお財布のヒモ、かなり緩みそうという予測です!

toyrus.jpg

話は変わって、
THANKSGIVING DAYのもう一つの国民的大イベント
Macy’s Thanksgiving Day Parade

ニューヨーク最大のデパートが主催の大パレード
こちらはThanksgiving dayの午前中、全米中継されるので、
みんなディナーの準備をしながらテレビで見ている。

どんなパレードかというと、
「巨大なキャラクター・バルーンが大行進する、空中パレード」

macys-thanksgiving-day-parade.jpg


バルーンといっても、風船というよりは気球に近いイメージ。
例えば最大級のマペット、カーミットのカエルは
身長78フィート、(23メートル) 3階建ての建物くらいの大きさ!

他にもスヌーピー、スパイダーマン、スマーフ、スポンジボブ、
アメリカを代表するキャラの40体の巨大バルーンが、
1600人のチアリーダーやマーチングバンド、
そしてVIPゲストたち、ウーピー・ゴールドバーグや
CARLY RAE JAPSENたちを見下ろしながら、ぶかりぶかりと、
ブロードウェイをパレード。

その中にキラリと光るのが、ピカチュー、そしてハローキティ!

hellokitty2012.jpg

特にキティは今年新たなデザイン(飛行機に乗ったキティ)に生まれ変わって、
2012年パレードの主役!
つまり、ハローキティもピカチューもスパイダーマンやマペットと並ぶ
アメリカのVIPキャラだということです!

そしてパレードの一番最後にやってくるのは、
ソリに乗ったサンタクロース!
ニューヨークにクリスマスシーズンがやってきた!というわけです。

この名物パレード、
いつかみなさんもぜひ見に来てください。
世界中ここにしかない超おすすめイベントです!
では最後にニューヨークからTHANKSGIVINGのご挨拶

HAPPY THANKSGIVING!!

macys_paradewindow.jpg


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年11月15日

11/15(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

ハリケーン・サンディーが去り、
大統領選が終わり、
大雪が降り、

マンハッタンは既に平常に戻っていますが、
沿岸部の街ではまだ電気がつかないどころか、
家を失ったり、寒さの中お湯も暖房もない生活をしている人も
まだたくさんいるんです。

それでも季節は駆け足で過ぎ、今日はロックフェラーセンターに、
もうクリスマスツリーがやってきました。

そんな中、今年ニューヨークに来なかったものが2つあります。
ニューヨークシティマラソン、そして
ハロウィーン。

停電と交通マヒの中、
マラソンも
そしてハロウィーンパレードも中止となり、
パーティも多くがキャンセルになりました。

comicon_superhero.jpg

以前もちょっとお話しましたが、
アメリカ人のコスチューム文化はエスカレートする一方です。

それも、映画やゲーム、コミックブックやSF小説などに登場する、
スーパーヒーローやヴァンパイア、ゾンビなど、ポップカルチャーがアツイのと連動。

ハロウィーンに限らず、コスチューム・パーティも大流行。
ヴァンパイア・パーティ、ゾンビパーティ、70‘sファッション・パーティ

そんなポップカルチャーの東海岸最大の祭典が、
ニューヨーク・コミックコンベンション、通称コミコン

イメージとしては東京国際アニメフェアーとゲームショーと映画祭がいっしょになったようなノリ。

今年も11万5千枚のチケットがソールドアウト。
ポップカルチャーファンがおしよせるコミコンに、
今年も行ってきましたのでそれをレポートします!

comicon_entrance.jpg

どこまで行っても人人人のコミコン会場、ディーラールームと呼ばれるエリアは、
見渡す限りモノと人の洪水。ゲーム、SF本、フィギュア、武器、コスチューム。。。

comicon_game2.jpg

comicon_figure.jpg

comicon_books.JPG

comicon_weapons.jpg

あらら、バックパックをしょったスパイダーマンが歩いて来る!
写真とっていい?と聞いたら、あの定番のポーズをとってくれました。

comicon_spiderman2.JPG

それにしても軽く1000個はありそうなこのブースの数と種類、はんぱありません。

comicon_lego.jpg

巨大なコンベンションセンターの中心にはアメリカンコミックスのマーベル、
DCコミックス、レゴのブースも大きい!

レゴで作られたスーパーマンとワンダーウーマンも目立っていました。
ウォーキングデッドというゾンビのドラマの試写会には朝の5時から行列、
スパイダーマンを生んだ伝説のクリエーター、スタン・リーのトークイベントには
部屋に入りきれない人があふれ。。。
日本からのゲストも来ていました。
ファイナルファンタシーで知られる天野喜孝さん、
声優のYu Asakawaさんなどがトークショーやサイン会を開催。

そしてもちろん、コスチューム

ちなみに、コスプレというのは和製英語ですが、
アニメファンの間ではもうCOSPLAYは英語になっています。
さあここで、コスプレのニューヨーカーたちをキャッチ!

comicon_robin.jpg

「私はバットマンのロビン・ティム・ドレイク。
なぜこのコスチュームを選んだかというと、
子供の頃から読んでいるバットマンが大好きだから。

その中から、ポイズン・アイビーになるかキャットウーマンになるか迷って、
結局ロビンに決めたの。
コミコンの素晴らしいところは、この異常なほどの人の数。本当にすごい!」

バットマン、スーパーマン、キャプテンアメリカ、アヴェンジャーズ、
ワンダーウーマン、そしてスターウォーズのダース・ベイダー、

comicon_darthvader.jpg

comicon_game.jpg

comicon_ghostbusers.jpg

そして、中にはこんなコスプレ軍団も。。

comicon_devilmaycry.jpg

日本のゲーム、デビル・メイ・クライ4のダンテ、ネロ、トリッシュの
コスプレイヤーたち。
このコスプレにした理由は、世界最高のゲームだから。
今の僕たちがいるのもこのゲームのおかげ! とほめちぎっていました。

女の子が叫んでいたコバヤシーというのはDevil May Cryのプロデューサー、
小林裕幸さんのこと。リスペクトされています!

コスプレイヤーどうしでも、かっこいいコスプレを見つけると走って行って、
「写真とらせてください!」なんて感じで、
本当に楽しいイベントなんです。

comicon_bleach.jpg

comicon_bender.jpg

comicon_cosplay.jpg

11万5千人のギークとオタクで溢れ帰ったニューヨークコミコン
ちなみに、ゲームやコミックスなどのポップカルチャーの熱烈なファンはギーク。
日本のアニメファンは自分たちをオタクと呼んでいます。

comicon_geek.jpg

でも中にはこれまでのオタクやギークからは考えられなかったような、
こんなアスレチックな人たちもいます
クイディッチ・クラブの若者たち。

ハリーポッターたちがやるスポーツ、クイディッチは
ラグビーとドッジボールとバスケットがいっしょになったようなゲームで、
1チーム7人でプレー。3つのボールを使い、
そのうち1つを相手の輪の中に入れれば得点になります。

comicon_quidditch2.jpg

クイディッチのワークショップも開催中!

comicon_quidditch.jpg

「僕の名前はビクター、ニューヨーク大学NYUのクイディッチ・チームのキャプテンです。
チームを結成して3年目、
メンバーは今6〜70人。そしてトーナメントを組んでいるチームは21チームあります。
今やアメリカ中の100以上の大学、ハーバード、イエール、UCLAなどにもクイディッチのチームがあるんですよ。
インターナショナル・クイディッチ・アソシエーションにも加盟して、
オーストラリア、イギリス、フィンランド、アイスランド、カナダとなど外国チームとも対戦
これからはアジアや日本のチームとも対戦したいですね。」

comicon_quidditch3.jpg

もちろんハリーポッターのように空は飛べないのですが、
ちゃんとホウキを持ってコートを走り回る、かなりハードなスポーツなんです。
なんとオリンピックの競技にも立候補しているそうです。

スポーツ好きなオタクいうのも、けっこう新しいコンセプトだったりしませんか?

ナルトとバットマンとスターウォーズとハリー・ポッターのファンが、
ポップカルチャーの名のもとに集結するコミコン。

ポップカルチャーの世界は、難しいルールも国境もないワンダーランドなんです!


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年11月08日

11/8(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

WHAT A WEEK again!!

先週はハリケーン直後、
ニューヨーク停電と交通マヒの中でお送りしましたが

あれから1週間、
楽しみにしていたNYCマラソンは中止、
ものすごい勢いで大統領選がやってきて、

アメリカの新大統領が決定した翌日の今日は、ニューヨーク大雪、ブリザードです。
傘がこわれるんじゃないかという吹雪の中を、アップタウンスタジオにやってきました。
マンハッタン10センチの積雪。

Snow2012Nov.jpg

これはいったい!?
もうここまで来るといったいどう反応していいのかわからないくらい。。。
さすがのニューヨーカーも戸惑っています。

でも私なんかまだ電気があるし、暖かい部屋の中でラッキー

ハリケーンで被災した人たち、
まだ電気がない家が、市内だけで何万世帯もある!

しかも新たに今夜、また郊外で7万5千世帯が停電。
やっと昨日電気が戻ったのに、また今夜停電、という場所も少なくありません。

Snow2012nov_2.jpg

異常事態になっているニューヨークから、

まずは大統領選です!  オバマ大統領再選!!
日本でも大きなニュースですよね。

オバマ大統領は4年前に、チェンジをかかげて初当選しましたが、
今回は大統領選の結果以上に、
本当のチェンジが始まっている兆候がハッキリ見えました。

いったいどんなことなのか? そのキーは女性です!
今回の選挙は女性が決めてになった、と言ってもいいくらいなんです。

今日も緊急レポート!

Obama2012nov.jpg

けさ、通勤前に街でキャッチしたニューヨーカーの声、

「妥当な結果だと思うよ。彼が勝てたのは、大統領として正しいことをやってきたと認められたからだ。次の4年間にはもっと雇用を創出してほしいと思っている。」


大接戦の末、現職オバマ大統領が当選した2012年のアメリカ大統領選挙

私も昨日投票所前に取材に行ってきました。

昨日はお天気はよかったんですが、すごく寒かった。 
気温は4度くらいしかなかったと思います。
なのに朝の出勤時間前に、100人以上が寒空の下、
行列して静かに順番を待っていました。

Election_1.jpg

アメリカの大統領選挙は、日本とは大きく違って、
一人一人が自分の支持する候補者に対して投票するんです。

だからみんな真剣。
自分が選んだ大統領がこれから4年間、
自分たちのリーダーとして国を引っ張って行くわけですから。

たとえば日本の首相を、自分たちが直接選挙で投票できる、と思ってみてください。
そうなったらかなり違いますよね。

だからこそ
1年近い長く続く選挙戦の間、真剣に候補者を比べて、大統領を決定します。

今回は現職のオバマ大統領と、ミット・ロムニー候補の対決でした。
みなさんもご存知のように、選挙当日まで支持率が拮抗するという、
アメリカの歴史始まって以来の大接戦でした。

Election_2.jpg

さらに、
どちらがなっても同じ、とのんびりしているわけにはいかない事情があります。

両候補が所属する2大政党、
オバマの民主党、
ロムニーの共和党というのは、国の政治や外交への考え方が
まったく逆と言っていいくらい違うんです。

だから大統領選の夜は、テレビやネットの速報を見ながら、
どちらが当選するのかドキドキでした。

今年はタイムズスクエアに大手テレビ局が特設ステージを設けたりして、
出口調査や開票結果を速報。
たくさんのニューヨーカーが集まりました。

そしてニューヨーク時間の夜11時すぎに「オバマ当選確実」が一斉に発表されると、
歓声があがり大騒ぎになりました。

今回オバマ大統領が当選した大きな要因として、
激戦地と言われた州、浮動票が多い地域で票をのばしたこと、

そしてもう一つは、女性の票を獲得した事、と言われています。

実は今回の選挙、女性が主役だったと言ってもいいくらいなんです。
後半は、女性が果たした役割についてレポートします。

けさ、通勤前につかまえたニューヨークの二人の女性、
「ロムニーが当選しなくてよかった!」と言っていましたが、
たくさんの理由の中で、女性が一番気にしているポイントがいくつかあります。
ロムニーさんが所属する共和党は、基本的に妊娠中絶に反対の立場をとっていて、
州によっては妊娠中絶を禁止しようとしているところもあります。
これは女性の自由と権利を侵すもの、と女性には非常に評判が悪いんですが、
ロムニーさんはなぜかこの問題に、できるだけふれないようにしてきたんですね。
その結果、自分たちが軽視されていると感じたんです。

一方で以前から、オバマさんのあまり政治家らしくない、
ふつうっぽくて国民を思いやる誠実な人柄が、女性に絶大な人気がありました。

逆に、ロムニーは女性に嫌われてしまった、と言ってもいいくらいです。

結局アメリカ女性は、オバマ大統領を支持しました。

例えば出口調査によると、
女性の54%がオバマさんに投票、44%がロムニーさん、
さらに、独身女性に至っては68%がオバマさんに投票。

ロムニーさんは逆に、男性に多く支持されました。

さらに、オバマ大統領は今回も若者に圧倒的な支持を受けました。
18歳から29歳の若者の59%がオバマさんに投票、

逆にロムニーさんは65歳以上のお年寄りに支持されました。

女性パワーがオバマ大統領を再選させたアメリカですが、
それだけではありません。

実は今回の選挙は、大統領だけでなく上院、下院議員、州知事なども選ばれました。

当選した顔ぶれの中に女性がものすごく目立ったんです。

例えば女性の国会議員が歴史的な数になりました。
上院議員、100人のうち20人が女性。
また下院議員は、435人のうち81人、これはアメリカ史上最大の数です。

またすごいのは、ニューハンプシャー州
2013年から州知事、そして上院、下院議員のイス二つずつ、全部女性が座ることになります。
そしてハワイからは、初めてのアジア系女性上院議員が誕生。
Mazie Hironoさん、日系人です!

今回の選挙は、実は女性が主役、
アメリカの未来は女性、そして若者が握っていると言ってもいいかもしれません。


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年11月01日

11/1(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

たいへんな1週間になってしまいました。

先週の今頃の街は、
ハロウィーンですごく盛り上がっていて。。。
「週末にはハリケーンも来るみたいよ」、「ふーんそうなの?」
くらいの会話でした。

まさかこんな事になるとは誰も思わなかった。。。

巨大ハリケーン、サンディが月曜日にニューヨークを含むメトロエリアを直撃、
街始まって以来の大自然災害となってしまいました。

今は木曜日の早朝ですが、
3日たった今も
ニューヨーク市の人口の3分の1が今も電気のない生活。
地下鉄も日曜夜から止まっていて、
ようやく今日から部分的に開通すると発表されています。

でもそれでもマンハッタンは他に比べれば被害は少ない方。

yellowcab_sandy.jpg

カメラが入れなかった地域に報道が及ぶにつれて、
もう目を疑うような光景が次々と。。。

そして実はハリケーンはまだ終わったわけではありません。

たった今の時点で、いったい何が起きているのか?
そしてこの危機的状況に私たちニューヨーカーはどう対応しているのか?

緊急レポートです。

Superstorm%20Sandy_Carr%2848%29.jpg

まずアップタウンスタジオの近所でキャッチしたニューヨーカーの声から、
「ひどい状況ね。多くの人がダメージを受け家を失い、私たちも仕事に行けない状態が続いている。
1日も早く人々が再び自分の家に戻れて、電気が戻る事を祈っているわ。」

ハリケーンの雲の中に日本の本州がすっぱりはいってしまうほどの大きさ
ハリケーン・サンディがニューヨークを直撃、

ブルームバーグ市長は「ニューヨーク市始まって以来の最悪の嵐」とコメントしました。

ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカット州の沿岸部では、
高潮により広い範囲で浸水、特に被害がひどい場所では、全半壊した家々、
完全に流されたボードウォーク、打ち上げられた船、

APTOPIX%20Superstorm%20Sa_Carr%2815%29.jpg

海辺の遊園地が完全に破壊されてしまったところもあります。
最終的に被害がどのくらいになるかもわからない状況です。

また内陸部でも、強風で倒れた木で、電線が切断。
800万世帯が電気を失い、火災も発生しました。

breezy-point.jpg

ニューヨーク市だけでもなくなった方30人、この数はまだ増える恐れがあります。

一方マンハッタンも大きな被害を受けました。
入り組んだ湾の中、川と海に囲まれたマンハッタン島、
4メートルもの記録的な高潮で、一時は沿岸部のストリートが水につかりました。
でも最もダメージが大きかったのは、マンハッタンに入るためのトンネル。

Brooklyn_Battery_Tunnel_20121030112608_640_480.JPG

ブルックリン・バッテリートンネルは、
今も天井まで完全に水につかっています。
地下鉄のトンネルも、線路はもちろんホームまで水につかったところが多く、
天井まで冠水したところもあって、
108年の歴史、始まって以来最悪の事態になっています。

submerged_subway.jpg

さらに、地下にある電気などのインフラのケーブル。
マンハッタンには電柱や電線というものがありません。
重要なインフラはすべて地下。
マンハッタンは地下がライフラインなんです。

そして、どれもこんなハリケーンが来る事を想定して作られていません。
ハリケーン自体、緯度が高いからめったに来ない。

今、水をポンプでくみ出す作業が24時間態勢で行われていますが、
地下鉄がすべて開通するまで3日から5日、
電気も数日かかると伝えられています。

もうひとつ、洪水と停電でダメージを受けたのは病院です。

月曜日停電エリアにあったNYU大学病院の自家発電機が故障、
嵐のまっただ中で、患者の避難が行なわれました。
そして今日、2つめの病院、救急病院として知られる
ベルビュー・ホスピタルが、500人の患者を移送しました。

ハリケーン・サンディはまだ終わっていないんです。

ニューヨーカーの3分の1が今夜も暗闇の中で過ごしていますが、
今夜の最低気温5度、ガスや暖房、水が出ない家もあります。

LES%20by%20Risa.jpg

友達や親戚の家やホテル、シェルターなどに避難している人もたくさんいます。
この番組のアシスタントもしてくれている園田りささんもその一人、
さきほど電話でつないで、ハリケーンのまっただ中停電した時のもようを聞いてみました。

「停電した瞬間は、ここの隣のブロックまで既に避難勧告が出ていたので、
外にはあまり人はいませんでした。
消えた瞬間に女の子の叫ぶ声が聞こえて、
あ、来たなと思って、用意してあったキャンドルと懐中電灯をつけて、
しばらく呆然として、次に何を行動に移せばいいのか考えました。」

りささんは嵐が小康状態になってから、電気があるエリアの友人宅に移動、
そして昨日の夜、荷物を取りに家に一度戻りました。

「バスが夕方5時以降動き始めたので、118丁目からセカンド・アヴェニューを下って、40丁目を過ぎるともう真っ暗で、信号の電気もなく、歩いている人も懐中電灯を照らしながら歩いていて。Con Edison(電力会社)の車とNYPDのパトカーがストリートにあふれて復旧作業が始まっていました。私も懐中電灯を持っていたのですが、それなしでは歩けないほど真っ暗でした。私が住んでいるダウンタウンのロワーイーストサイドは若者があふれている場所なのですが、あそこまで真っ暗でシーンとしているのは初めてでした。」

現在1日木曜日の早朝3時すぎ、
眠らない街マンハッタンの南の3分の1は今も電気がついていません。
りささんのような生活をしている人が、今ニューヨークに何十万人といます。

この影響で学校は今週いっぱい休校
証券取引所も2日間休場と、自然災害では128年ぶりという異常事態になりました。

さらに移動しようとしても、
ほとんどの人が車を持っていないマンハッタンでは、
地下鉄が止まる、イコール、足を失うということです。
この3日間、仕事に行けなかった人もたくさんいます。

地下鉄もニューヨークのライフラインの一つ。

今日から一部でも地下鉄が開通するというのは、復旧の象徴。
とても大きな一歩で、
私たちもとても励まされています。

subwaymap_sandy.jpg

こうした中で多くの人が被災エリアへのボランティアを志願したり、
日本人も個人的に炊き出しをやって、停電エリアの人を招待したり。。。
ポジティブな話題もたくさんあります。

そんな中で来週は大統領選もやってきてしまいます!

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年10月25日

10/25(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

AMニューヨークという、いつも地下鉄で配っている、
みんなが呼んでいるフリー新聞があります。
これを開いた瞬間、ドキっとしました。

クリスマスセール、と書いてあったんです! 
うわー、もうクリスマス!!早いですね!

MERRY_CLINIQUE.jpg

でもこれが終わらないとアメリカは年が越せません。

大統領選まで2週間を切りました。
ただ先週もお伝えしたように、
ニューヨークは大多数がオバマ支持。
でもどちらが当選するかで、
アメリカの経済対策や福祉、そして外交などの方向性がまったく変わってしまう。
世界中に大きな影響が出ます。
しかも現在両方の支持率は依然拮抗。
本当に目が離せない!!

halloween_street.JPG

でも実は、ニューヨークでは大統領選以上に熱いのがハロウィーン
日本でも祝うんですか?

アメリカでは10人のうち7人がハロウィーンを祝う。
これがニューヨークになると、多分10人のうち9人以上では? という勢い。

今日もマンハッタン34丁目という大通りを歩いていたら、
ハロウィーンの衣装を売る店が新たに2件もオープンしていました!

季節限定でお店を出すんですが、
このショップがすごい! ここに入ったらあなたも絶対仮装したくなります。
どんなふうにすごいのか、今日はハロウィーン直前のニューヨークからレポート。

partycity.JPG


まずは街のニューヨーカーをキャッチ、
あなたはハロウィーンを祝いますか?

30代の男性二人、
「ハロウィーン? もちろん祝うよ。アメリカ人はハロウィーンが大好きなんだ。
みんなで仮装してうろうろするだけで楽しいからね。」
20代の女性は、「仮装してパレードに行くつもり。」
そして最後の男性は、「オフィスでのパーティに参加する」と言っていました。


今ニューヨークはほとんどのオフィスで、ハロウィーンの仮装パーティをします。
ハロウィーン当日には、仮装で通勤する人も少なくありません。
さらに夜はクラブやレストランでパーティ、
ビレッジには夜7時からハロウィーンパレード。
これにはなんと200万人の人出があります。

実はこのハロウィーンは年々盛り上がり続けています。

今年のハロウィン関連の売り上げ予測、全米で80億ドル(6500億円)
クリスマス商戦には遠く及びませんが、
衣装やカボチャ、キャンディーなどハロウィングッズにかける予算は
一人あたり$79.82(6500円)
これは去年に比べ10%増、2005年の$48.48(4000円)に比べ
1.5倍以上に増えています。

たとえばこの20代の女性は
なんとハロウィーンの衣装に$200もつぎこんだそうです。
実は彼女は、オフィスのパーティ用とクラブ用で3種類も買ったそうなんですね。

彼女をキャッチしたのは、パーティシティという
巨大なパーティグッズ専門ショップの前、
入り口のHalloween For Lessと書かれたスパイダーマンのポスターを横目で見ながら、
エスカレーターで地下に降りると。。。

CANDY.jpg

いきなり目の前にあらゆる種類のキャンディやチョコレートの山盛りセクション
子供たちのTrick or Treat用ですね。

でもここの主役は子供ではありません。大人。

ISLE_1.jpg

巨大な倉庫のようなショップスペース、
この通路もあの通路も、仮装の嵐。

WIGS.jpg

あらゆる種類のウィッグ、仮面、手錠、刀、聴診器、

HANDCUFFS.jpg

天井からはあらゆる種類のオバケ、ゾンビ、ガイコツがブラブラ

MASKS.jpg

もう目眩クラクラー。何を買えばいいのかもうわからなーい
という状態で一番奥にたどりつくと、
そこにお助けが待っています。

VERY_SERIOUS.jpg

壁一面に1000枚くらいの写真がずらーっと貼ってあって、
ひとつひとつがコスチュームを着たモデル。
例えば、セクシーな魔女だったら、
ドレス、帽子、ベルト、手袋、チョーカーがセットで、
$29.99

セクシーなナースだったら、白いナースドレスと帽子のセットで$19.99
女性は圧倒的にこういうセクシー系が人気。

お店の人に「この写真のこれ!」と注文すると、出して来てくれます。
値段はどれも2000円〜6000円くらい。

さっきのニューヨーカーに何に仮装するの?と聞いてみたんですが、

30代のビジネスマンはヴァンパイアに
その同僚の女性は、セクシーな教師かセクレタリー
ゲイのお兄さんは、ワンダーウーマンに
そのパートナーは、バットマンに、
そして20代の女性は、セクシーな婦人警官かナースどちらか考え中。

SEXYCOP.jpg

あらゆるニューヨーカーが仮装して楽しむハロウィーン。

それにしても何と言うか、
最近ハロウィーンの仮装と
コスプレの境界線がますますなくなりつつあるような気がしますね。

KIDSMARIO.jpg

ポップカルチャーの影響は本当に大きいのがわかります。
今年のハロウィーンも、
街はスパイダーマン、バットマン、スーパーマン、アヴェンジャーなど
スーパーヒーローであふれそう。

KIDS_SUPERHERO.jpg

時事モノも人気で、オバマとロムニーのゴムの顔マスク、
この番組でもレポートした、江南スタイルのPSYのそっくりさんも現れそう。
レディガガやマイケル・ジャクソンも根強い人気。

子供のコスチュームはディズニーのプリンセスやスーパーヒーローがやっぱり人気。
赤ちゃんの衣装も、ミツバチとかサヤエンドウとか、可愛いのがいっぱい。
もちろんペットもおまわりさんとかガイコツなどの衣装を着せてもらう。

BABY.jpg

さて、私実は今日は衣装買いませんでした。
実は迷っています。
セクシーな婦人警官になるか、それとも魔女になるか。。。。どうしよう!?

ISLE_2.jpg


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年10月22日

10月22日(月)カナダ モントリオールから関陽子さんのレポートです

今日は、カナダのモントリオールです。
カナダといえば、あの「シルク・ドゥ・ソレイユ」が生まれた場所。


11月9日からは、その「シルク・ドゥ・ソレイユ」の世界を
3D映像で楽しめる映画『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』が公開。
監督は、『ナルニア国物語』のアンドリュー・アダムソン監督、
製作総指揮は、「ジェームズ・キャメロン」というすごい映画です。
今から公開が楽しみですね。


今日は、そんなカナダから、シルク・ドゥ・ソレイユについて、
フリー・ジャーナリストの「關陽子(せき ようこ)」さんに
レポートを届けてもらいました。


Qこんにちは!關さんは、カナダのこの時期の気候はいかがでしょう?


まだ寒いというほどではないですが、夜になると冷え込みます。
ハロウィンを過ぎると急に寒くなります。


Q日本では、11月から公開となる『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』。
「東京国際映画祭」では、先週20日の土曜日に早くも上映となりましたが、
カナダでの反響は、いかがでしょう?


アメリカ、カナダでの公開は12月のクリスマス前になるため、
メディアもまだ話題にしていません。
Hollywood Reporter 紙が、東京からのレポートとして、
東京プレミアのレビューを載せていますが、一般的にはまだですね。


Qカナダやアメリカよりも先に、なぜ日本で先行公開となったんでしょう?

なぜ日本なのかという問いあわせには答えてもらえなかったので
創造にはなりますが、以前東京にあった常設劇場が出来た理由は
アメリカに次いでチケットの売り上げが高いのが日本だからと答えていました。
映画に関しても相当の動員を見込んでいることが考えられます。


もうひとつは昨年の震災以降、常設劇場の動員が激減し閉鎖してしまったことへの
フォローと考えられます。


Q製作総指揮を務める「ジェームス・キャメロン」が抜擢された理由は?

理由は分かりませんが、イマジネーションの世界で今一番活躍していること。
そして、彼もカナダ出身であり、今年3月単独でマリアナ海溝(10000メートル)に
潜った経験があり、
シルク・ドゥ・ソレイユのトップ、ギ・ラリベルテ氏は、
2009年、民間宇宙飛行士として宇宙ステーションに滞在していることなど。
宇宙と深海をそれぞれ経験したクリエイターによるイマジネーションの世界
といった言い方もできるかと思います。


Q「シルク・ドゥ・ソレイユ」のパフォーマーに関するドキュメンタリーも
テレビで放映されていたんですよね?


4ヶ月かけてトレーニングの模様を中心に追ったドキュメンタリーでした。
シルク・ドゥ・ソレイユには世界に1,300人のアーティストがいて
そのうち50人がオリンピック出場経験のある人なんです。
それ以外でも40%の人が世界大会レベルの体操、シンクロナイズドスイミング
ダイビングの元選手。

しかしオーディションは厳しく、技術以外にもダンスやユーモアのセンス
キャラクターの強さなどを総合的に判断されるのでかなり難しいと思いました。
チームワークなのであまりに個性が強すぎてもダメという部分もあるようです。

オリンピックの選手が引退した後の第2のキャリアとしてシルク・ドゥ・ソレイユは
大部分を占めてきているようです。


今回の映画で、シルク・ドゥ・ソレイユの魅力に触れる人が多いことでしょう。

2012年10月18日

10/18(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

アメリカ大統領選まであと20日を切りました。

昨夜は第二回の大統領選テレビ討論会
ものすごい白熱、緊迫!
ロムニーがオバマに食ってかかるんじゃないかと思うくらい。
結果は今回はオバマ大統領が勝利、と報道されています。

debate.JPG

さらにヤンキース!! 
アメリカンリーグ・チャンピオンシップシリーズ第4戦、
このゲーム負けると敗退!というゲームだったのですが、
敵地デトロイトは雨! じらしにじらした末明日に延期になりました。

もう緊迫した毎日でニューヨーカーも疲れ気味なんです。

今日は討論会の結果を受けてのニューヨーカーの声、

そして、
あるコンビニチェーンが行った面白い大統領選挙についてお届けします。

まず昨日のテレビ討論会を見たニューヨーカーのコメントから。

最初の60代の男性は
「両者が真正面から激突した、興味深いデベートだった。
オバマ勝利だったと思う。なぜなら彼の方が事実をのべていたし、
現実的で地に足がついていた。彼はホンモノだなと感じさせた。」

50代の女性はロシアからの移民。、
「私はロムニーファンだから、彼が勝ったと思う。
ロムニーの方が大統領にふさわしい。経済に強いしね。」

そして30代の女性
「ファンタスティックなディベートだったわ。
今回のオバマは一歩前に出て、アイデアや政策を明快に述べ、
ロムニーに対しては、彼の話の嘘の部分をはっきりと暴き出した。」

前回のディベートはロムニーが大胆な姿勢でオバマを圧倒したけれど、
今回はオバマもそれに負けないくらいの強い姿勢で、
しかも具体性があり説得力があったというのが
全体の反応。

それにしてもオバマ支持者とロムニー支持者は本当に考え方が対象的なんです!

オバマの4年間は失敗だったから交代すべきというのがロムニー支持者。
いや、彼はブッシュの負の遺産をかかえこんで、それでもよくやった、
彼には時間が必要。逆にロムニーが当選したらブッシュ時代に戻ってしまう、
というオバマ支持者。

景気対策も、健康保険に関しても、全部まったく逆の考え方。

そして、その真逆な意見が対立するのが民主主義なのかもしれませんが、
その結果二人の支持率は、どの世論調査でも拮抗しています。

そんな激しい選挙戦ですが、
実際の投票の一足前にユニークな大統領選挙が行われました。

Coffee%20election1.jpg

全国展開のコンビニチェーン「セブンイレブン」に行くと、

入り口すぐのところにコーヒーのセルフサービスセクションがあります。

そこにおいてあるのが、2種類の紙のコーヒーカップ

ブルー。。。民主党のシンボルカラーのカップには、オバマ

レッド。。。共和党のシンボルカラーのカップには、ロムニー

お店に来る人は、
自分が支持する候補のカップにコーヒーを入れて飲む事ができるんです。

そして選挙のちょうど1ヶ月前に、
この売り上げの結果が発表されました。

さて、オバマ、ロムニー、どちらの候補が勝ったのでしょうか?

結果は
オバマ 6割
ロムニー 4割

ニューヨークでは
9月末にフリー(無料)コーヒーデーを実施したところ、
出たカップの9割はオバマだったということです。

Coffee%20election2.jpg

ニューヨークはもともとリベラルが多く民主党の大票田、オバマ支持が圧倒的
南部や中部の州では、保守派が多く共和党支持。
その中間がスイングステートと呼ばれる地域で、浮動票が多く、
このスイングステートが選挙の結果を決めると言われています。

このスイングステートでも
オバマ 57%
ロムニー43%

やはりオバマ優勢です。

実はこのコーヒーカップ選挙は2000年から始まって、
前回2008年は、
実際の選挙結果にかなり近い数字だったという実績もあります。

面白いのは、
普通世論調査は1000人や2000人単位で行われますが、
数百万という数のカップがサンプル数にカウントされるんですね。
だからより正確なんじゃないか、とい声もある一方で、
一人が何度でも投票、いや何度でもコーヒーを飲むことができるため、
正確ではない、という見方もできます。

さて、11月6日の選挙では、この結果通りオバマが勝つのか?

それとも、ロムニー支持者はただコーヒーが嫌いなだけなのか?

最後のテレビ討論会はニューヨーク時間来週月曜日、 投票日は11月6日

目が話せません!


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年10月11日

10/11(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

アメリカも月曜日がホリデーでした、
SHORT WEEKがうれしいのはニューヨーカーも同じ!!

そして街はハロウィーンの飾りつけでちょっと怖くなっています。
ハロウィーンの話題はまた来週にでもお伝えしますが、

今週は先週に引き続き、
今ニューヨークで一番アツイ場所、ブルックリンの音楽シーンをレポートします。

マンハッタンのすぐお隣、新しい文化が育ち、
おしゃれなブティックやカフェができて、しかも多民族、異文化折衷エリア

その異文化折衷を代表するオーガニックなバンド、
Brown Rice Familyを先週は紹介しました。

そして今度は、超メジャーなアーティストの、
超メジャーなコンサートを見てきました。
JAY-Zです!

JAY-Z_9.png

JAY-Zと言えば、
17年のキャリアで、世界で売ったアルバム5千万枚
ヒップホップアーティストであり、起業家でもあり、
今やNBAチームのオーナーで、
ビヨンセのハズバンドと言った方がわかりやすい?

コンサートをやった場所はもちろんブルックリン!

それも先月28日にオープンしたばかり、
ブルックリンを大きく変える!と鳴りもの入りでオープンした、
2万人収容の大スポーツ&エンタメアリーナ!バークレー・センター!

そのこけら落としで、JAY-Zが連続8公演、それもすべてソールドアウト!!

この超メジャーなコンサートの裏には
苦労して成功したJAY-Zのブルックリン・サクセスストーリーがあります!
今日はそれをレポート!

JAY-Z_1.jpg

マンハッタン、タイムズスクエアから地下鉄2番線に乗っておよそ30分、
ブルックリン、アトランティック・アベニュー・バークレーセンター駅に到着

エスカレーターを上がると目の前にバークレーセンター、
まるで巨大なクジラのような流線型の建物がそそり立っています。
JAY-Zの8連続公演のこの日は4日目、
アリーナの前の広場は人でいっぱいです。

JAY-Z_2.jpg

ブルックリンに住んでいるタラさんとダナさん、
「歴史を目撃しに来たの! その一部になりたくて来たのよ!」

JAY-Z_3.jpg

やはり地元に住むシャーデーさん、
「バークレーセンターのこけら落としのJAY-Z公演という
歴史的なイベントに参加しない手はないわ。」

そしてグレッグさんは、
「もちろんJAY-Zを見に来たんだ彼は世界最高のラッパーだからね。」

彼らといっしょにアリーナの中に入るとものすごい行列になっていますが、
なんと空港のセキュリティのような金属探知機があって、一瞬緊張。
アメリカの最近のスポーツアリーナというのはこういう物のようです。

JAY-Z_5.jpg

無事通過すると廊下の両側はまるでスポーツバーのようになっています。
実はここは、JAY-Zがオーナーの一人でもある、
NBAチーム、ブルックリン・ネッツの本拠地なんですね。
新しいアリーナができたので、ネッツがお隣のニュージャージーから
引っ越して来たというわけなんです。
ブルックリンにメジャーなスポーツチームが戻ってくるのは、
およそ50年ぶりだそうです。

JAY-Z_6.jpg

さあステージエリアに入ると、
まるで屋内コロシアムのようなアリーナは、2万人の人でぎっしり。

そして9時10分すぎ、ステージにJAY-Zが登場です!
ものすごい重低音!と思ったらなんとドラムセットが二つ。
ずっしりと厚いバンドサウンドに乗ってラップするJAY-Z
私たちニューヨーカーは全部知っている曲ばかりだから、
お客さんはもう全編大合唱&踊りまくり。

JAY-Z_8.png

それにしてもバックコーラスもダンサーもなしで、
2時間、20曲以上をラップし続けたJAY-Z、
ものすごい体力と集中力、
こんなことできるヒップホップアーティストは、さすがのアメリカにもいません。

ここまで力が入る理由があります。

「JAY-Zはルックリンに生まれ育った、ブルックリンを代表するアーティスト、
彼の貢献のおかげで、ブルックリンにもっとお金が入ってくるようになったのは
とてもいいことだ。」
というニューヨーカーのコメントの通り、

JAY-Z_4.jpg

JAY-Z,本名ション・カーターが生まれ育ったのは、
このバークレーズセンターのすぐ近所。
ニューヨークでも最も危険と言われるほどのエリア、ベッドスタイにある、
マーシー・プロジェクトという低所得者団地です。
貧しさの中で若い頃は犯罪にも手を染め、刑務所に入った経験もある。
そんな中、26歳で自ら立ち上げたレコードレーベル、
ロッカフェラ・レコードからデビューし大成功。
これまで17年間スターとして君臨し続け、
今42歳、ビジネスマンとしても大成功、
人間的にも大きなレスペクトを受けています。

だからJAY-Zにとってこのコンサートは、故郷への凱旋だし、
ブルックリンの新しい歴史の幕開け、街起こしにも貢献できたという意味で、
本当に感慨深いものだったんですね。

ヒット曲YOUNG FOREVERがラストのナンバーでしたが、
それを歌う前にこんなふうに熱く語ってくれました。

「ここにいる全員が一人一人特別な才能を持っているんだよ。
なのに君が本当の自分になれないのは、
大人になると、不安に負けて、自分が信じられなくなってしまうからだ。
夢でいっぱいだった子供の頃の気持ちを忘れちゃいけない。
永遠に若くいることが大事なんだ。」

そんなメッセージを残してステージを降りたJAY-Z

ブルックリンという場所は、逆境にあっても自分を信じて夢をかなえた、
かなえ続ける人の街。
そういう人が世界中から集まる街。

まさにニューヨークスピリットをレペゼンする、
FOREVER YOUNG な街なんです!


JAY-Z_7.png


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年10月04日

10/4(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

Happy October!!

ニューヨークは引き続きてんこもり
大統領選がラストスパート
つい先ほど、第一回目のテレビ討論会が終わったところです。
挑戦者ロムニー候補が予想を覆すがんばりで、
今回はロムニー勝利と評価されています。

そして勝利と言えば、ヤンキースが今夜地区優勝しました!
ということは、
イチローがワールドシリーズ優勝に一歩近づいた!ということです。
応援しましょう!

そして10月のニューヨークレポート、
まず今週と来週2回にわたって、
今ニューヨークで一番アツイ場所、ブルックリンの音楽シーンをレポートします。

radiostation.jpg

ブルックリンはマンハッタンの南にある、ニューヨーク市の
「Boroughs = 区」の一つ、

マンハッタンほど高度に都市化、商業化されていない、郊外な雰囲気もあり、
しかも多民族、異文化折衷エリア
ここに新しい文化が育ち、おしゃれなブティックやカフェなんかができて、
日本の雑誌にも紹介されていますよね?

この新しい文化は、15年くらい前に、マンハッタンの家賃が高すぎて
住めなくなったアーティストやミュージシャンたちが、
ブルックリンに移り始めた頃から始まりました。

ニューヨークってアーティストについて行く街なんです。

そこで今日紹介するのも、そんなミュージシャンたち。
BROWN RICE FAMILYというバンドです。

ラジオステーション、WNYCのバンドコンテスト、BATTLE OF BOROUGHSで、
ブルックリン代表として出場、
見事ニューヨークのベストバンドに選ばれました!

実はリーダーは日本人です。

どんなバンドなのか、今日は彼らの声もいっしょにお届けします。
brownrice_3.jpg

ブルックリン代表、ニューヨークのトップバンドに選ばれたBROWN RICE FAMILYを、
ライブのバックステージでキャッチしました。

ハイチ出身のボーカルのオカイ、同じくボーカルのスティッキーライスは
ジャマイカ、ナイジェリア出身のベースのアムー、ドラムのタマさんはと
ギターのカズさんは日本人、サックスのソイルズは南アフリカ。。。
とにかくすごい多国籍、異文化折衷なんです。

brownrice_7.jpg

リーダーは飯田ゆういちさん。楽器はアフリカンドラムのJIMBEです。
バンドについて聞きました。

「伝えたかったメッセージが、いろんな違う国の出身で違う言葉しゃべる人たちでも、
音楽を通して一つになれる、僕たちがステージの上でそれをやっている自体で、
メッセージとして伝えたかった。もう一つは僕たちはもともと友達同志が、
少しずつつながって8人、9人になって行ったんです。
そういう自然な流れを大事にしながら、それぞれが持っているスタイルを生かしつつ、
それぞれの良さを生かしていく。それぞれクセが強いんですが、
それをスパイスにして料理のように出して行けたら、というのがコンセプトです。」

brownrice_yuichi.jpg

やってみてこれはすごい!と思ったことは?

「自分がまったく思いつかなかったようなアイデアをバーン!と
持って来てくれるからすごい。
バンドというのは普通は一人作曲者がいて、それをみんなでやる事が多いけど、
このバンドは例えば、ギターのカズが適当に弾き始めて、”ああいいじゃん”と
ドラムが入って来てベースラインが入って、パーカッションが入って。。。
いいトラックが出来たね、じゃあ歌乗っけようか。。。という感じで、
みんなで自然にジャムって出来ている音楽なので、全然予期しないものが
出来上がるのが楽しいですね。」

brownrice_4.jpg

異文化折衷、アーティスティックでオーガニック、
それはそのままブルックリンのライフスタイルでもあります。
ニューヨークのラジオ局、WNYCのバンドコンテストで優勝した
ブルックリンのバンド、BROWN RICE FAMILY

この日のライブは彼らの家族やお友達がファミリーでかけつけ
とてもアットホームで、めちゃめちゃ盛り上がりました。
brownrice_2.jpg

Brownrice_1.jpg

brownrice_6.jpg

brownrice_9.jpg

brownrice_5.jpg

さて後半は、
このバンドコンテストの司会者でもある、プロデューサー&パーソナリティ
テランス・マックナイトさんに、
BROWN RICE FAMILYはなぜ優勝したのか、どこがスペシャルなのか聞いてみました。

Brownrice_terrance.jpg

「ブラウンライス・ファミリーは素晴らしいミュージシャンたちだね、
スタジオ録音はよくても、ライブはいまいちというバンドも多い中、
パフォーマンスの素晴らしさ、オーディエンスを魅了する能力が際立っている。
そして、彼らは他のどのバンドとも違うオリジナルだ。
とにかくステージは楽しいし、音楽には深みがあるし、
本当に見ていて楽しくなるバンドだと思う。

もうひとつ大切なのは、
口コミやネット、テキストなどでファンをどうやって動員し、
バンドを盛り上げて行く能力、
そういったビジネスの面でも、彼らは素晴らしいと思う。」

テランスさん、ブラウンライス・ファミリー絶賛でしたが、
リーダーの飯田ゆういちさんについては、こんなふうにコメントしてくれました。

brownrice_11.jpg

「彼の未知の音楽に対するオープンなスピリットは素晴らしいね。
僕たちがこのコンテストで求めているのは、彼のようなミュージシャンなんだ。
このイベントを通して、もっと多くのミュージシャンがオープンな気持ちで
新しい音楽を発見し、お互いに交流しながら、チャンスを見つけて成長して
いってほしいと思っている。」

地球の隅々から集まった人が集まって、日本人が率いるバンドBROWN RICE FAMILY
彼らのスタイルと音楽は、今一番ブルックリン的、そしてニューヨーク的だし、
これぞ「未来の音楽」じゃないでしょうか!?


brownrice_10.jpg

↓BROWN RICE FAMILYのホームページもチェックしてみてね!
http://brownricefamily.com/


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年09月27日

9/27(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

あっと言う間に9月も最後の週!

先週はファッショントレンドをお届けしましたが、
ブーツ、チェックしました?

今週は、音楽のトレンド
毎週必ずヒットナンバーをかけているので、
アメリカの音楽の今をお伝えできていると思いますが、


今、ネット上で、
そして街でも、
ラジオでもテレビでも、
すごいことになっている曲があります。

Youtubeでは再生回数、3億回に迫る勢い

完全にバイラル化しています。

仕事でアメリカ人のオフィスに行ったら、
若い社員がiphone持って私のところに来て、

「ねえねえ知ってるこれ!?」と見せに来る。
私がアジア人だからですー

そう、アジア人なんです。

gangnamstyle11.jpg

コリアン・ラッパーのSPY(サイ)のGangnam Style(カンナム・スタイル)が、
今アメリカですごいことになっています。

(カナダやイギリス、デンマーク、オランダなどでも!)

K-POPは、例えばWonder Girlsとか、Girls Generation(少女時代)などが、
アジア人コミュニティやオタクの間で話題になったりしましたが、

このGangnam Styleはもうアジアの。。。とかそういう問題ではない!
ビルボードの全米シングルチャートでは今週2位、
ひょっとして1位になるかも!?という勢いなんです!

いったいどうなっちゃっているのか?
なんでこんなにウケてしまったのか?

今日はニューヨークからGangnam Style レポートします。

gangnam_style.jpg


Youtubeの再生回数2億8千7百8十万回、
Like(いいね)の数287万で既にギネス記録達成!
しかも、このビデオをYoutubeにアップしたのは2ヶ月とちょっと前の7月15日
なんと1日1千万再生ペースで増加中なんです!

やはりYoutubeでスターになったJustin Bieberのマネージャーが、
PSYのマネージャーとしてサイン。

そしてチャートアクションもすごい

itunesでは、トップシングルズチャート、ビデオチャート共に、
あのテイラー・スイフトを押さえて1位、
そして、
ビルボード全米チャートでも現在2位、

Gangnam Styleは完全に現象化しています。

とにかくダンスが面白い、とういうか珍妙な面白さ!!

psy-gangnam-style.jpg

ギャロップするような独特のダンススタイルで踊りまくるんですが、
SPY自体が、かっこいいというより面白い!
日本のタモリを若くしてぽっちゃりさせたようなルックス

このダンスをまねしたパロディビデオも大量にアップされ、
そちらの方も話題になっています。

ohio-marching-band-gangnam-style.jpg

若者の街、ユニオンスクエアでキャッチしたダンサーによると、
ついこの間、ここユニオンスクエアでGANGNAM STYLEを
みんなで踊ってビデオ撮影するイベントがあり、それに参加したそうです。

「いやー、このダンスはワークアウトだよ。1回で500カロリーは消費するね。
飛んだりキックしたりすごいんだよ。
乗馬スタイル、カウボーイスタイルやチキンヌードルスープ、タエボー、ズンバ、
色々なダンスの要素が入ってる。」

とにかくハードなダンスだから、踊る前にちゃんとストレッチが必要だそうです。

Gangnum_unionsquare2012.jpg

この馬に乗って手綱をさばいているようなギャロップダンスを
今みんなが真似しています。
そしてキャッチーでファンキーなダンスビートと、
何を言っているのかわからないけど、面白そうな歌詞、
(セクシーレイディーだけは英語だからアメリカ人にもわかる)

ぜひビデオを見てほしいです!

Youtubeリンクはこれ!
http://www.youtube.com/watch?v=9bZkp7q19f0
それにしても、
アメリカでは英語以外の歌がチャートに入る事は非常に珍しいんです。
ビルボードで1位になった外国語の曲は、これまでたったの6曲だけ。

その中には1963年の坂本九のSUKIYAKIも入っています。

最近では、1987年のLOS LOBOSのLA BAMBA
そして、1996年のLOS DEL RIOのマカレナなどが。。。。

マカレナのダンスもものすごくはやりましたが、
このGANGNAMもある意味マカレナ的。
マカレナのようにわかりやすくて面白いダンスですよね。

でも大きく違う点があります。
それはもちろん、
ものすごいスピードで誕生した
インターネット時代だからこそのメガヒット&スターだということ。

そしてもうひとつ、
このGANGNAM STYLEのアーティスト、PSY
実はアメリカの大学を出ているのです!

ボストン大学、そしてあの有名なバークレー音楽院に行ってたんですね。

流暢な英語、そしてタモリのような黒サングラスで、
コメディアンのような面白いパーソナリティ、
アメリカのメジャーなテレビ番組にもどんどん登場、
番組でブリットニー・スピアーズにダンスを教えたり、
MTV MUSIC AWARDSにも出演しました。

britney-spears-gangnam-style-ellen.jpg

何よりアメリカの音楽や文化が体でわかっている、
これは大きなアドバンテージです!

また、これはニュース番組で聞いたんですが、
このGANGNAM STYLEのGANGNAMという場所は、
ソウルでもお金持ちが多く住む地域
停滞する経済の中で、それを皮肉っているというんですね。
ほとんどのアメリカ人は歌の意味はまったくわかっていませんが、
メッセージはどこかでキャッチしているのかも。

まさにネットが生んだインターナショナルスター、
このままどこまで走ってくれるのか?
同じアジア人としてはものすごく応援したいです!

このGANGNAM STYLE
今ビルボードチャートで2位ですが、
PSYはある公約をしました。

「もし全米ナンバーワンになったら、トップレスになります!」

見たいですか???

M_PsyGangnamStyle_092112.jpg

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年09月20日

9/20(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポーター、シェリーめぐみさんからの報告です!

秋のニューヨーク、てんこ盛りです。

先週はマドンナ、ヤンキースタジアムのコンサートをレポートしましたが、

今週も週明けから大忙し、
昨日は、ユダヤ教のお正月、ロシャシャナ、
国連総会最終日と、
オバマ大統領のニューヨーク訪問が重なり、
しかも大荒れのお天気。

そのオバマ大統領の今回のニューヨークは、
JAYZとビヨンセ主催の資金集めパーティに参加するためでした。
会場はJAY-Zが持っているクラブ、40/40
そのファンドレージングディナー、お一人さま4万ドル、およそ350万円、
招待客は100名。つまり一晩で3億5千万円を集めました。

s-Obama_Beyonce.jpg


そんな華やかな話題であっという間にすぎていくニューヨークの季節。
気がつけば、今日の最高気温たったの22度、

夜は12度まで下がって、もうジャケットがほしい毎日、そして
秋物の服やブーツほしいなー、という季節。

そんな季節にタイミングよく毎年やってくるのが、ニューヨーク・ファッションウィーク。

これもすごいですよ!
期間中に500以上の2013年春夏ものファッションショーが街中で開催
世界中から参加するファッション関係者は10万人以上、
ニューヨークにもたらされる経済効果は400億円。
まさにファッションタウン、ニューヨークを支える世界的イベント。

s-FW_1.jpg


先週終わったばかりのファッションウィークの会場に、
私も行ってきました。

そこで待ち合わせしたのは、ファッション業界のプロ!!

ニューヨーク在住のファッションジャーナリスト、
黒部エリさんに、
ファッションウィークとはいったいどういうイベントなのか、
ファッションのトレンドも含めて、レポートします!

s-FW_2.jpg


ファッションウィークの会場はニューヨークの文化発信拠点、リンカーンセンターです。
いつもはオペラをやっている場所が、このシーズンファッションショーの会場に変貌。
土曜日だというのに朝の9時からファッションショーが30分刻みで開催されています。

どんどん会場入りするファッション関係者もおしゃれな人もいっぱい、
そして彼らを待ち構えているのは、スナップ写真を撮影するフォトグラファーたち。

s-FW_4.jpg

ファッションジャーナリストの黒部エリさんもおしゃれして登場、
今日は何を着て来たのかちょっと教えてもらいましょう。

黒部「上は、ゼロ・マリア・コルネホというデザイナー、
下はカルバン・クライン、ブーツがアレクサンダー・ワンです。」

s-FW_6.jpg

ニューヨーク・コレクションとはどんなイベントか教えてください。

黒部「デザイナーたちが次のシーズンの作品を見せるもので、
今行われているのは2013年春夏ものです。
デザイナーやブランドが自分の作品を見せて、メディアに評価してもらい、
世界から着ているバイヤーさんたちに買ってもらうための服のショーケースです。」

ニューヨークでやるファッションショーは他とどこが違うんですか?

黒部「世界のモードの頂点にあるのはやはりパリコレクションです。
それに比べてニューヨークコレクションは、リアルクローズという実際に
消費者が買って街で着れるような服が中心。皆さんがデパートで買ったり着たり、
街で流行ったりする服はニューヨークコレクションから出ていることがとても多いんです。
だから活気もあるしマーケティング的にもとても重要なものになっています。」

その服を見るために、エリさんと話している間にも人がどんどん会場に入って行きます。
その会場、「テント」と呼ばれていますが、入り口はとても立派でテントには見えません。

s-FW_3.jpg

黒部「この中にいくつか規模が違う会場があって、そこでショーが行われています。」

今年はこれまでにどんなショーを見たのか聞いてみました。(インタビューしたのは3日)

黒部「ラグ&ボーン、ジェイソン・ウー、BCBGマックスアザリア、ヘルムート・ラングを既に見ました。」

その中で見えているトレンドは?

黒部「来年はデジタルプリントの花柄、花柄がたくさん出て来ると思います。
そしてカットアウト。服の一部を切って肌を見せる、肌のチラ見せ、これがとても流行ると思います。」

s-FW_7.jpg


なるほどー!
春夏先取りもいいけど、
やっぱり今年の秋冬のトレンドが気になりますよね? どうなんでしょう?

黒部「この秋冬の取り入れやすい流行としてはレザー、革が今年の秋冬は
ものすごく重要な素材になるので、ぜひ取り入れてください。
例えば袖だけレザーになっているジャケットや、レザースカートでも
ギャザーのミニになっているような、変わった形になっているものが出て来ています。
そしてレザーパンツなどですね。
あとはレース、バロックモチーフ。ネオバロックと言われる装飾過多なものが多く出ています。
ニットだとテクスチャーのあるもの、そしてオーバーサイズのコート。
縦のラインが入っているスポーツテイストのパンツも流行です。

s-AcnepistolBoots.jpg


一つ足下でマストハブなのが、ショートブーツ、ライダーズブーツというのがすごくインなので、
まず足下をそれで固めてほしいんです。
アクネのピストルというショートブーツがものすごく流行っていて、このコピーもかなり出回っていて、
色々なお求めやすい価格で出ていると思います。

あとはジーンズ。スキニージーンズのメタリック加工されたもの、
コーティング加工やプリントのものなどがたくさんでています。
誰でも必ず買うジーンズで流行を取り入れてもいいのではないでしょうか?」

s-FW_8.jpg


エリさん、ありがとうございます!

黒部エリさんのくわしいファッションウィークレポートは、エリさんの公式ブログ、
ERIZO.EXBLOG.JPで!
またはこの後発売の「グラマラス」をチェック! 

さて最後に会場でキャッチしたファッショニスタの写真をどうぞ!

s-FW_9.jpg
s-FW_10.jpg
s-FW_11.jpg
s-FW_12.jpg


オマケ:シェリーめぐみが欲しいブーツはこれ!

s-stone-lace-up-wedge-ankle-boot.jpg


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年09月13日

9/13(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

Happy Birthday!! Chigusaさん!!

まるでChigusaさんのバースデーの前祝いのように?
ニューヨークで行われた
マドンナ・コンサート@ヤンキースタジアム

ヤンキースタジアムでライブをした事があるのは超大物だけ、
JAYZ &EMINEM、ピンクフロイドなど、数えるほどしかいません。
サイズも大きいし、ステータスが高い!
そして今回のマドンナ! 

Madonna%20%E7%B9%9D%EF%BD%A1%E7%B9%A7%EF%BD%A4%E7%B9%9D%EF%BD%B3%20official%20photo%20by%20Mert%26Marcus.jpg


でも、マドンナこの春夏のMDNAツアーはお騒がせツアーと言っていいくらい
フランスでナチスのスワスティカの映っているビデオクリップを流したり、
ものすごく短い時間で帰っちゃって非難を浴びたり、
胸がぽろり、なんてこともありました。

でもね、ニューヨークではスワスティカの方が罪が重いですよ。
ユダヤ人に対するヘイトクライム、犯罪の対象になります。

でもそれに比べて、
ニューヨークではトップレスは違法行為ではないのです。

男のトップレスはいいのに、なぜ女性はダメなの? ということで、
商業目的でなければ OKとなったらしいのです。

GO トップレスデーというのもあり、つい先日、パレードがあったばかり。
さすがマドンナを生んだニューヨーク?

脱線しましたが、

さて今回のマドンナは、トップレスにはなりませんでしたが、
コルセットをペロンと外したその下の素肌が。。
どうなっていたでしょうか?

Madonnafans_4.jpg


と煽ったところで、本題に戻ってヤンキースタジアム、
9月6日の午後8時。
いつもの野球ファンとはまったく違う大勢のクラウドが、
すごい勢いでスタジアムに吸い込まれて行きます。

Madonnafans_3.jpg


女性、しかも大人の女性のグループがやたらと多い!
ちょっと話かけてみたら、

「ヤンキースタジアムでのマドンナのコンサートは一生に一度のチャンス、絶対に見なきゃと思ってきました!」
「私たち高校の同窓生なんです。80年代に大好きだったマドンナを見に、同窓会ノリで来ました。」

Madonnafans_1.jpg


かと思えばこの3人組ゲイのお兄ちゃんもすごかった!

「マドンナはベストだよ、これで7回目のコンサートなんだ。」
「アイロニックでアイコニック、僕らの世代の最高のパフォーマーだよ。」

4万席がソールドアウトしたスタジアムでは、
前座のDJ Aviciが会場を盛り上げた後、
夜10時いよいよマドンナ登場

ゴシック教会をイメージさせるステージで、
罪深いマドンナが罰を受けるという、いかにもマドンナらしい演出で、
ドラマチックなスタートです。

かと思ったらいきなり場面が転換、
チアリーダーの衣装に着替えたマドンナが、
ダンサーをひきいて歌うのは新曲GIVE ME ALL YOUR LOVIN

Madonna_stadium2.jpg


新しい曲だけでなく、ヒット曲、
Papa don't preach
Like a virgin
Open your heart
後から後から。。。
それも全部原曲とは似ても似つかない新しいアレンジで、
それがまためちゃかっこいい、
これだけのヒット曲を持ち、どんなアレンジでもどの曲かちゃんとわかる、
まさに女王の貫禄としか言いようがありません。

そして激しく歌い踊る姿はめちゃかっこ良くて、54歳だなんて信じられません!

この夜はMCはかなり控え目でたっぷり歌って踊ってくれたんですが、

「ニューヨーカーとしてヤンキースタジアムで演奏できるなんて名誉なこと!」
そして、
「私はツアーで世界をまわってきたけれど、
悲惨な状況の場所もたくさんある。
私たちの国が自由を謳歌できるのは、
ミシェル オバマとそのハズバンドのおかげよ!」と
11月の大統領選でのオバマ支持表明。

実はちょうどその日は、民主党大会で、オバマ氏が演説した夜でもあったんです。

かとおもうと、
その後に演奏したexpress yourself
この大ヒット曲を、レデイガガがパクったと言われています。
そう、ガガのBorn this wayはexpress yourselfにそっくりなんですね。

マドンナはもちろんexpress yourselfを歌い始めたのですが、
途中でborn this wayに歌詞を変えて歌い始めました。

つまり、レディガガをディスってるんです!

みんな「マドンナがいたから今レディガガがいる」
とちゃんとわかっているのに、あえてそういう事をやる、
そういう大人げないところがまた可愛い!

そしてその後、ショーの中盤、
やっぱりというか、
マドンナ、いきなり脱ぎ始めました。

ステージに背を向けて、
バッと外したコルセットの下の素肌には、なんと、

大きなアルファベットで、
OBAMA オバマ

と書いてあったんです。

これにはお客さん、みんな一瞬唖然としました。

マドンナ面白すぎ!
いくらなんでもお肌に書かなくても、と
当の本人は大真面目、
オバマへの愛と、投票を訴えているわけですよ。
かっこいいのか悪いのかもうよくわかんない、
でもこんな事できるのはマドンナだけ! そういうところがまた好き、と思ってしまう

アンコールもいれてたっぷり2時間半、
終わったのはもう夜中の12時半過ぎ、

まさに一生モノ
日本のみなさんにもお見せしたかった、
とにかく気合いの入ったマドンナのコンサートでした!

見れる機会があったらぜひ!!

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com


2012年09月06日

9/6(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

連休明けでリフレッシュ、秋がスタートしたニューヨーク!

今週はイベントがすごいんです!

まず明日金曜日からニューヨーク・ファッションウィークが始まります!

2013年春夏ものコレクション
世界中から10万人以上のファッション関係者が集まり、
この10日間にニューヨークで行われるファッションショーの数、500!!
経済効果は400億円と言われています!


この番組でも毎年色々な形でファッションウィーク紹介していますが、
今年も行ってきます。しっかりレポートしますよ!

そして、
今日、ニューヨークあけて木曜日の夜、

マドンナのコンサート!! しかも場所は、ヤンキースタジアム!!
なんとなんと、イチローと黒田が留守の間に、
マドンナがスタジアム乗っ取りです!
こちらもしっかり見てレポートしますね!

でもその前に、今日どうしてもレポートしたい話題があります。

s-WTC2012_5.jpg

今度の火曜日は911です。
今年でまる11年を迎えました。

去年の10周年で一区切りにはなったものの、
ニューヨーカーにとって、大切なアニバーサリーである事は変わりありません

そして、ワールドトレードセンターは、11年たってもまだ建設現場です。

s-WTC2012_1.jpg

今日はニューヨークがどう今年の911を迎えるのか、
そして、
建設現場はいったいどうなっているのか?レポートします。


日本人を含む2977人が犠牲になった、
911同時多発テロから間もなく11年になります。

この間にアメリカはアフガニスタンとイラクという二つの戦争を経験、
経済的にも大きな打撃を受け、
日常がテロの危険と隣り合わせになり、
世界は大きく変わりました。
そしてリーマンショックが起こり、史上初の黒人大統領が誕生し、
そのオバマ大統領も間もなく再選をかけた大統領選と、
世界はめまぐるしく変貌しています。

そういう中で、今年の911のアニバーサリー自体は、
遺族の方々のための追悼式を中心に、
比較的静かなものになりそうです。

でもワールドトレードセンターの現場は
静かとは言いがたい喧噪に包まれています。

s-WTC2012_4.jpg

ここは未だに巨大な建設現場。
高いフェンスに囲まれた現場には時折大きな工事用車両が、
大きな音をたてながら出入りしています。

これまでに、7 WORLD TRADE CENTERは既に完成、
ガラス張りの高層ビルがキラキラとそそり立っています。

でも、そのお隣、
再開発の中心である105階建てのランドマークタワー、
1 WORLD TRADE CENTERは
11年後の今も、まだ完成していません。

s-WTC2012_2.jpg

でも11周年を目前に、先週31日金曜日、
ついに骨組みだけは105階まで出来上がった、と発表されました。

見上げると首が痛くなるような高さ。
既に80階くらいの高さまで?ガラスがはまっていて、
あと少し、という感じに見えます。

そしてこの建物、ニューヨークでは既に最も高いビルとなりました。
夜はライトアップされていて、かなり遠くからでも見ることができます。

実はまだ未完成にもかかわらず、ビルに入るテナントは55%決まっています。
一番大きなテナントは、ファッション紙のヴォーグなどで知られる
大手出版社コンデナスト、そして中国の不動産大手バントンなど。

1 WORLD TRADE CENTER完成予定は2013年末から14年の頭にかけてと
発表されています。

s-WTC2012_3.jpg

さて、実はこの喧噪は工事のせいだけではありません。

タワーを見上げている私は、ものすごい数の人に囲まれています。
世界中から集まったツーリストたちです。

実は彼らの態度が、実は今問題になっているんです。
どういうことなんでしょう?

ワールドトレードセンターの巨大な工事現場の中に、
メモリアルミュージアムがあります。
去年の9月、現地からレポートしましたので、
覚えている人もいるかもしれませんね。

1年前のブログリンク:http://www2.jfn.co.jp/blog/wfn/2011/09/post_359.html

音声リンク:http://www2.jfn.co.jp/blog/wfn/2011/09/web_237.html


今も毎日世界中からたくさんの観光客が、
観光バスをつらねてグラウンドゼロにやってきます。
その中の多くがこのメモリアルミュージアムを訪れています。
去年の911にオープンしておよそ1年、
既に400万人以上が訪れたと発表されました。

s-WTC2012_6.jpg

ツインタワーが立っていた周辺は広い公園として残されています。
そしてノースタワーとサウスタワーの土台部分はそのまま、
二つの大きな水盤になっています。
その周囲から滝のように水が流れ落ちている。
これが追悼碑なんですね。

高い水音が、周囲の喧噪を忘れされるほどです。

あれから1年、
問題になっているのは、実は観光客の態度です。
ほんの一部の人たちですが、
遺族たちが見たら驚くような行為をする観光客もいる、と報道されました。

彫り込まれた犠牲者の名前の上に腰をかける人がいる、
中にはプールにゴミを捨てて、退去を命じられた若者もいたそうです。
それを見て、遺族や関係者が胸を痛めている、という内容でした。

この話を聞いて、
11年経って、多くの人の心の中で少しずつ911は形を変えつつあるんだな、
と実感しました。

遺族にとっては、このメモリアルはお墓と同じ。
もし追悼に来てくださるなら、それを忘れずにいてほしいし、
そして、911に限らず世界で起きているどんな悲劇に関しても、
温度差と割り切ってしまわず、
ひとつひとつきちんと向き合って行かなければと思いました。

s-WTC2012_7.jpg

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年08月30日

8/30(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

先週お話してから、ニューヨークではびっくり!の事件が起こりました。
有名なランドマーク・ビルディング、102階建てのエンパイアステートビルの前で、
銃撃事件があったんです。
金曜日の朝9時ちょっと前、ちょうど通勤ラッシュの時間で、大騒ぎになりました。
私もちょうどその時間、歩いて10分の場所にいたので、ちょっとどきっとしました。

s-empire_shooting.jpg

亡くなった二人の男性、撃った犯人と撃たれた男性は、
もと上司と部下だったんですね。
犯人は1年ほど前に解雇された部下。この上司を恨んでいたと報道されています。
犯人も警官に撃たれて亡くなりましたが、巻き込まれた通行人も
数人が怪我をしました。

実はこの犯人の男性は、解雇された後も毎日スーツを着て出かけていたから、
近所の人はまったく異変に気がつかなかったと言うんです。

本当に胸が痛くなったし、
私たちは本当に大変なストレス社会に生きているんだな、と実感します。

そんな中で夏休みもそろそろ終わり、
アメリカもBack To School=新学期 という話を先週しましたが、

学生のように長くは休めない労働者にとっては、うれしい3連休が今週やってきます。
9月第一月曜日は、レイバーデー、 訳すと労働者の日ですが、
最後の夏を楽しんでから仕事に戻ろう!ということで、
ビーチに出かけたり、バーベキューしたり、

テニスを見に行く人もたくさん
現在ニューヨークのナショナルテニスセンターでは、
全米オープンテニスも開催中!
錦織くん!初戦突破しましたね! 
今日、この後ニューヨーク時間朝11時から2回戦です。

ところでChigusaさんこの夏何か本を読みました?

夏と言えば読書、
今年のはじめからずーっとベストセラー
アメリカでは2000万部売上たすごい本があります!

「Fifty Shades of Grey(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)」 3部作、
s-50shadesofgrey_1.jpg


こんなに売れているのに、意外と日本まで情報が伝わらないのは、
「私も読んでます!」と大きな声で言いにくい本だから。。。。
いったいどんな本なのか、今日はレポートします。

本の話をする前に、最近ニューヨークの通勤の地下鉄に乗っていると、
気づくことがあります。
キンドルなどで電子書籍を読んでいる人がすごく増えてきているんですね。
私も今年になってから買った本はほとんど全部ebook

s-ebook.jpg

近くで本が変えなくなってしまったのも大きな理由です。
もともと東京のようにどの駅前にも本屋がある国ではないのですが、
行きつけの大手ブックストアが、2件立て続けに閉店してしまいました。

不況のせいもありますが、
電子書籍の影響も小さくはありません。

聞きたい時すぐダウンロードできる音楽と同じように、読みたい時にすぐ読める。
しかもベストセラー本などはハードカバーで買うより安い。

そしてもうひとつ、誰にも知られずに買って読む事ができる!

実は今アメリカで空前のベストセラーになっているのは、
まさに「人に知られずこっそり読みたい本」なのです。

そのタイトルは、
「Fifty Shades of Grey(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)」

s-50shadesofgrey_3.jpg


この3部作はイギリスでは早々とハリー・ポッターシリーズを超えてしまいました。

アメリカではインディーズ発売から1年ちょっと、
メジャー発売からはたったの数ヶ月で驚きの2千万部を売り上げ!
ちなみに、その半分近くは電子書籍ということです。

そして今も、ニューヨークタイムスのベストセラーリストの
1位から3位を延々独占しています。
もう現象化していると言ってもいいでしょう。

私たち女子の間でも、この夏「ねえ、読んだ?」
「えっヤダー読まないわよ!」というような会話が繰り広げられました。

なぜ「ヤダー読まないわよ!」なのか? それをご説明しましょう。
ただし、ガールトークではなくラジオ番組なので、言葉を選んでお話します。

「Fifty Shades of Grey」は恋愛小説です。

主人公は大学を卒業したばかりの女性、
彼女が恋に堕ちる相手の名前が、クリスチャン・グレイ。問題のグレイさんです。

このグレイさまが、
想像を絶するお金持ち
ギリシャ神話の神のように超ハンサムでセクシーでミステリアス、
まさにロマンス小説、理想の主人公。

ところがなんと驚いたことに、グレイさまの正体は。。。。
(一回しか言いませんよ)
SMのS(エス)!

なんと「Fifty Shades of Grey」は官能小説だったんです。

それがニューヨークタイムスのベストセラーリストのトップって、
いったいアメリカ人もイギリス人も、どうしちゃたの?と驚かれた方、

このポイントだけに気を取られると本当の理由はわかりません。

というのは「Fifty Shades of Grey」には、
多くの女性を魅了する、もう一つの秘密があるからです。

s-50shadesofgrey_2.jpg

やはり現象化し映画も大ヒットした「トワイライト」を覚えていますか? 

ヴァンパイアが主役のティーン向けラブロマンス小説ですが、
「Fifty Shades of Grey」のオリジナルはトワイライトの
ファン・フィクションなんです。

ファン・フィクションというのは、原作のキャラクターや設定をもとに、
勝手に自分たちの好きな物語を作という楽しみ方で、
日本の同人誌と似ているかもしれません。

トワイライトのファン・フィクションはなんと、
20万ストーリーあると言われハリポタにいたっては60万!
人気のストーリーが読める専門サイトもあります。

「フィフティ・・・」はある女性グループが自分たちのストーリーを出版しようと、
オンライン小説の人気作家だったE. L. Jamesに執筆を依頼。
E. L. ジェームス、男性のように聞こえますが、女性です。

つまり、女性が読みたいものを徹底的に女性視点で書いた本なんです。

憧れや欲望、好奇心や冒険心を満たしてくれて、
しかも「プラダを着た悪魔」調の、フレッシュなタッチで読みやすくて、
なるほどー、ヒットするのも当然だよねと感心してしまうほど。

あるラジオ番組の女性パーソナリティが、
「私たち現代女性は仕事と子育てと夫の世話で疲れきってストレスがたまっている。
でもこのストーリーでは、女性にとことん尽くしサービスするのは男性の方。
そこがアピールするのではないか。」とコメントしていましたが、

現実にはありえないようなお話を読んで、何と言うかこう・・・
癒されていると言ってもいいかも?

そして、癒されているのは女性だけではありません。

振り上げ不振だった大手ブックストアチェーンも、
息を吹き返しているというニュースもあるくらいです。

そして、もちろん映画化の話も。すごい噂になっています。

とにかく「Fifty Shades of Grey」は、
ネット時代を象徴するベストセラーと言っていいでしょう。

s-bookstore.jpg

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com


2012年08月23日

8/23(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

ニューヨークはセミが泣き始め、もう夏の終わりの気配が。。。

そんな中で街は夏物セールが終わって、
新たなセールが大変な盛り上がり!

Back to School Sale!!

s-backtoschool_1.jpg


Back To Schoolは新学期。

日本も9月が新学期ですが、
アメリカの場合さらに、9月が新学年、入学シーズン

しかも長—い夏休みの後でもありますから(6月〜)Back to Schoolは大イベント

学用品から服、家具まで、
スーパーからドラッグストア、ファッションリテイルまで、
ありとあらゆるショップ、そしてオンラインショップがBack To School Sale

その規模はクリスマス商戦に続く規模と言われています。

さて、今日はニューヨーカーが子供たちのためにいったいどんなものを買っているのか?
いくらぐらい買っているのか?

2012年のBack To Schoolのトレンド…その中に実はクールジャパンなトレンドもあるんです。

ニューヨークの新学期を見ると、アメリカのたった今が見えてくる、
Back to Schoolレポートお届けします。

s-backtoschool_2.jpg


まずはマンハッタン、ミッドタウンで出会ったお母さんに、
アメリカ人にとってバック・トゥ・スクールとは何か聞いてみました。

「バック・トゥ・スクールはすべての始まりよ。
夏が終わって秋が始まり、新たなステップを踏み出す時ね。」

と答えてくれたお母さんと手をつないだ小学生の女の子にも聞いてみました。
「新学期楽しみ?」という質問に返ってきた答えは、

「ぜんぜん、だって宿題が多すぎるんだもん。もし宿題がなければ学校は楽しいわ。」

さてBack to School =新学期、
アメリカ小売り連盟の調べによれば、

このBack To Schoolセールの売り上げ予想は
小学生から大学生まで入れて過去最高の$83.8 Billion およそ8兆円!

そして小学校から高校生までの子供がいる家庭のBack to Schoolショッピングの予算は
一世帯あたり$688 およそ6万円!

この数字は去年から14%の伸びということです。
すごい! もしかして景気が回復? という見方もありますが
実はどちらかというと、物価の上昇と就学児童の数が増えたのが理由だそうです。
アメリカはここ数年ずっとベビーブームなんですね。
アメリカの家庭の3割に、就学児童がいるというデータもあります。

ではこの6万円で何を買っているのでしょう?

さきほどのお母さんにちょっと聞いてみました。

「買い物リストを作ったわ。
文房具が中心だけど、実はまだ何も買ってないの。
本、鉛筆、クレヨン、バックパック、学校指定のスカート、靴も入ってるわ」

けっこうお金がかかりますね?と聞いたら、そうなのよ、と答えてくれました。

今大手文房具チェーンやスーパーには、Back to schoolの広いコーナーが出来て、
学校指定のノートやバインダーなどが安く大量に売られています。

そして、
長い夏休みの後にすっかり成長した子供たちは、秋ものの服が必需品
ニューヨークはほとんどの公立は制服がないため、
通学用の服を揃えるのも大仕事。

もちろん、Back To Schoolファッションにもトレンドがあります。

- オレンジ、明るいブルー、ピンク、パープルなど、カラフルな服やアクセサリー
- スキニージーンズまたはデニム・レギンズ
- 対照的にオーバーサイズのボーイフレンド・ジーンズ、
- プリント! Tシャツからレインブーツまでプリントでおしゃれ!
- たっぷりしたセーター
- パジャマスタイルのらくちんな服
- ブーツ!とにかくブーツ!
- お花のついたカチューシャ、ニット帽、グリッター
- 大きなバングル、ブローチ


テレビには今、こういうファッションでおしゃれした子供たちが、
新学期に登校するイメージのコマーシャルがいっぱい。

s-backtoschool_3.jpg


次にバックパック

日本では小学生はランドセル、
アメリカはバックパック。

小学生のバックパックはアニメやスーパーヒーローの柄入り、
中学以上になると、スポーティなバックパックが主流。


実はもっとスケールが大きいのが大学生のBack To School
アメリカではこの秋、実に大学生の4人に一人が親元を離れ、
大学の寮などで生活する予定。

シーツから電子レンジ、コンピューター、新しい携帯。。。かなりのお金がかかります。


とはいえまだまだ厳しい経済状況、
ほとんどのアメリカ人がかなり考えてやりくりしています。
クーポンを使ったり、8月に入ってすぐスタートしたアーリーバードというセールで安く買ったり。

ショップもがんばっています。

リテイルチェーンのJCペニーでは、ストア内のヘアサロンで子供のヘアカット無料
アバクロではジーンズ50%オフ
マイクロソフトではコンピューターを買うと、Xboxを無料でプレゼント
買う方も売る方もWINWINになってアメリカの景気が少しでもよくなるよう、
アメリカ人は期待しています。

s-backtoschool_4.jpg


ここで気分を変えて、高校生のロナルド君に登場してもらいましょう。

「学校が始まって友達に会えるのは嬉しいけれど、勉強しなければいけないから
あまりうれしくないね。
新学期の準備?
まず今のうちに出来るだけ遊んで、寝られるうちによく寝て、後は買い物かな。
文房具とか服、あとは髪も切らなくちゃだね。」

日本の高校生とあまり変わらないですね!

さてさて、アメリカならではのBack To Schoolアイテムといえば、ランチボックス

日本でいうお弁当箱ですが、
アメリカンスタイルは持ち手がついたバッグの中に、
サンドイッチやフルーツを入れるのが普通。

s-lunchbox.jpg


かつてはブリキでできたものが主流でしたら、今はバラエティも豊富。

おしゃれな布製の保温ランチバッグ
そのまま電子レンジに入れてOKのランチボックス、
ミルクやフルーツが冷たいまま持ち運べるアイスボックス機能がついたもの。
ステンレスチール製のもの

こういうランチボックスが今街にあふれていますが、

一部で人気上昇中なのが、ジャパニーズスタイルのランチボックス
お弁当箱です。
アメリカではBENTO BOXと呼ばれています。

s-bentobox.jpg


実はアメリカのキッズのランチは、食パン2枚の間にハムとチーズや
ピーナツバター&ジェリーをはさんだサンドイッチ一個と、リンゴ1個、
みたいなシンプルなものが普通。
日本のように色々なおかずを入れる習慣はないから、
中が区分けされたランチボックスも売ってません。

でも日本のお弁当のように、彩り豊かで栄養のバランスもいい、
BENTO BOXランチを作ろう! という動きが少しずつ広がっています。

日本もそろそろ新学期、

アメリカと日本、事情は違っても、子供たちに元気に楽しく通学してほしいという親の気持ちは同じ。
そして、日本もアメリカも、世界の未来を作っていくのはこうした子供たちです!
HAPPY BACK TO SCHOOL!!


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

8/16(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

前から何度かお話していますが、ニューヨークのアップタウンスタジオというのは、
ハーレムというブラックコミュニティのど真ん中にあります。

スタジオ前に駐車した車のカーステレオからはヒップホップが流れて来る、
そんな環境なんですが、

そんなアップタウンスタジオからお送りるす話題は、
ヒップホップをテーマにした映画と映画監督。

しかもアメリカの映画ではなく、日本映画、
「SR サイタマのラッパー」と、入江悠監督です!

s-SR_saitama.jpg


SRサイタマのラッパー3部作は国際的な映画祭から招待されていますが、
今回は、ニューヨークの夏の日本映画祭、ジャパンソサエティの
ジャパンカッツで招待上映されました。

日本のラッパーが主役の映画が、ラップが生まれた街にやってきた!
ということで、ヒップホップ好きのシェリーめぐみとしてはぜひ見なきゃと!

さらに驚いたのは、この3部作実はすべて自主制作。入江監督の自費で作った映画!
なぜラッパーの映画を3本も、しかも自費で? 

ラップの聖地ニューヨーク、アップタウンスタジオから、
入江監督のインタビュー、発信です。

入江監督、ではまず自己紹介からお願いします!


入江「SR埼玉のラッパーというシリーズを監督している入江と申します。よろしくお願いします。」

*お願いします。入江監督、今ニューヨークですが、ニューヨークと言えば
ヒップホップ発祥の地なんですが、その場所にラッパーの映画を持ってきて
上映するというのはどんな気分ですか?

入江「2年前に埼玉のラッパーの一作目と二作目を両方同時に持って来て
上映してもらったんですが、その時は興奮しました。
お客さんでヒップホップが好きな人がいて、ニューヨークのヒップホップの聖地を
案内してもらって楽しかったですね。」

やっぱりかなりのヒップホップ好きできですね、入江監督。

「SRサイタマのラッパー」シリーズ3作目「ロードサイドの逃亡者」
舞台はニューヨークではなく栃木、
主役のラッパー、マイティーは、一生懸命やっているのに
どんどんやばい深みにはまってしまう、
笑いもあるけれど、ハラハラしどおし、真剣に見てしまいます。

s-Roadside_Fugitive-001.jpg


それにしても、ラッパーが主役の映画を3本も、しかも自費で作ってしまった、
その思い入れって何なのか? 聞いてみました。

「自分がヒップホップ好きだったのと、日本にラップをテーマにしたちゃんとした映画が
なかったんですね。インディペンデントで作ろうと思っていたので、
メジャーなところに持って行っても通らない企画をやろうと思ったのもあります。

自分が埼玉県の田舎出身なんですが、そこでラッパーを目指している若者の話を
やろうと思いました。ロックやジャズと違うラップの面白さって、町中とかで歌えたり、
ステージがなくてもできちゃうのがラップの面白さだと思っているんで。
ヒップホップって面白い発明だと思うんです、音楽のジャンルの中で。
色々なものをサンプリングして作ったり、人の曲でラップしたりするのが面白いな、と思って。
特にヒップホップの中でもラップの面白さってあるんですが、それがあまり伝わってないというか、
もっとラップでコミュニケーションする面白さってあるのにな、と思って作った部分もあるので。
日本だとヒップホップにまったく興味がない人や、ラップに抵抗がある年配の人が
見に来てくれるのがすごくうれしいですね。」

なるほどー、ラップは発明。

ちなみにアメリカのヒップホップ・レジェンド、ICE-Tいわく
「ラップは何もないところから生まれた芸術」

貧困や差別、偏見といった厳しい環境から這い上がってきた音楽だからこそ、
人に生きる力を与えてくれる。
だからサイタマのラッパーも、ものすごく元気をくれるのかもしれません。

s-Yu.Irie.jpg

さてここで話は戻って、SRサイタマのラッパーシリーズ第一作は2009年公開、
日本映画監督協会新人賞
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門でグランプリ
富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭で、最優秀アジア映画
そしてジャパンソサエティの夏の映画祭ジャパンカッツへの招待は今回で2回目。

入江監督は最初から海外を目指していたんでしょうか?

「いや、全然ないですよそれは。日本でも公開が決まるかわからないまま作っていたので。
日本でロングランしたのも当時は奇跡だと思っていましたから、
海外で上映してもらえるなんて思ってもいませんでした。
映画館で自主映画がかかるというのも、当時そんなになかったですからね。」

*何がそんなにウケたと思いますか?

「自分ではわからないんですが、埼玉のラッパーってまだ市民権も得られていないような
ローカルな場所で、ラッパーを目指す若者の話にしようと思っていたので、
あまり“成功”するような話じゃないんです。
すると予想以上に、一回挫折した人や夢が破れた人の方が応援してくれているんですよね。
みんながみんななりたいモノになれるわけじゃない、でも人生は続いていく。
それをどうするのか、というのが誰もが同じテーマだと思うんですよね。」


誰もが持っている同じテーマ。。。
サイタマのラッパーたちは夢の途中で、
しかも何かを背負ってしまっていて、
どちらかというとかっこ悪い生き方をしている。
そんな自分とどこか似ている主人公たちに、勇気をもらったり、時にはなぐさめてもらったり。

*では入江監督自身は、やはり夢の途中なんでしょうか?

「僕は世代的にハリウッド映画全盛期、バック・トゥー・ザ・フューチャーとか
ターミネーターとかで育ったので、ターミネータみたいな映画やSF映画をとるのが夢なんです。
そういう意味ではまだまだ夢の途中という感じです。
でも自分自身埼玉のラッパー3作目まで来れたんで、
またここでニューヨークに戻って来れたという事を考えると、
続けるのが意味があると思うんです。やめちゃったらそこで終わるんですけれど、
続けて行けば少しずつでも自分の夢の方に近づいて行けるんじゃないかと思いますけれど。」

*サイタマのラッパーはこれで一応終わりですか?

「そうですねこれで3部作として区切りにして、これから別の映画を
考えていきたいと思っていますが、機会があったらまたショーグンという
サイタマのラッパーにカメラを向けてみてみたいと思いますけれど。
自分の分身みたいなところがありますから。彼らの人生もまだ続くと思うので。」


あきらめずに続ければ少しずつでも夢に近づいていける。。。
それがサイタマのラッパーの生き方。私たちの生き方でもありますよね!?

長い人生この先どうなるのか、
入江監督、そしてサイタマのラッパーたちに、その生き様を見せてほしいですね!

s-Roadside_Fugitive-003.jpg


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年08月09日

8/9(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

今日現在サッカーも男女共にメダル圏内! 
アメリカ人は今度こそ絶対に負けない!と鼻息が荒い!!のですが、

s-soccer.jpg


私の仕事仲間、アメリカ人、ブラジル人、韓国人。。。
なでしこが優勝したら私がコーヒーを全員におごる、
男子が銅をとったら、スイーツを全員におごる、という約束をさせられました。

今週は陸上も盛り上がってますよね!
世界最速の男ウサイン・ボルトは、ジャマイカン!!
実はこのBOLTが100メートルでゴールドをとったその日は、
ジャマイカ独立50周年の記念日だったの、ご存知でしたか?

s-bolt.jpg


このボルトの勝利、そしてジャマイカ独立記念日で
ものすごく盛り上がった場所がニューヨーク市内にもあります。

ジャマイカ。

マンハッタンから1時間、ニューヨーク市内にジャマイカという場所があって、
ジャマイカ系アメリカ人がたくさん住んでいます。

ここで先月ジャマイカン・ジャーク・フェスティバルというイベントがありました。

5月にセントラルパークであったジャパンデーみたいな
エスニック・フェスティバル。
まさにジャマイカ、そしてカリブ系アメリカンの夏祭り。

日本のメディアではめったに取り上げられない珍しいエスニックイベント。
ジャマイカン・ジャークフェスティバルに遊びに行ってきたので
その模様をレポートします!

マンハッタンからサブウェイとバスを乗り継いで1時間半、
会場のロイ・ウィルキンス・パークはジャマイカ人でいっぱいでした。

s-Jerk_24_50.jpg
s-Jerk_27_hat.jpg
s-Jerk_22_kids.jpg
s-Jerk_23_familypicnic.jpg

ドレッドヘアにラスタカラーの帽子の若者、
イエローとグリーンのジャマイカ国旗カラーのポロシャツ、
建国50周年の50の5が右目、0が左目になった眼鏡をかけたおじさん
水鉄砲で水をかけあってはしゃいでいる子供たち。
ファミリーもいっぱいです。

s-Jerk_25_field.jpg


食べたり飲んだり、音楽を聞いたりして1日中過ごすんですね。
その食べ物ですが、主役は何といってもジャークチキン。

s-Jerk_7_Jameicangrill.jpg

s-Jerk_6_price.jpg


会場にずらりと並んでいるのが、そのチキンを焼いて売るフードベンダー、屋台。
もくもくと立ち上る煙と、香ばしい香り!
これがジャマイカ名物ジャークチキン!

s-Jerk_2_pitmaster.jpg

ジャマイカ特有のバーベキューで、
ジャークシーズニングという、スパイシーで
ものすごく辛い調味料をまぶし焼きますが、
このバーベキューグリルも普通のグリルではありません。
ドラム缶です。

s-Jerk_5_grill.jpg

真っ黒いドラム缶を縦にスパッと割ったものを寝かせて、グリルとして使っている。
いわゆるリサイクルですね。  
屋台の裏側にはこのドラムカングリルがずらりと並び、
その上には何十羽ものチキンがもくもくと煙をあげて焼けています。

s-Jerk_3_chicken.jpg

どのお店のチキンも美味しそうなのですが、
とにかく
一件のお店の人に声をかけてみました。

s-Jerk_13_vendorcrew.jpg


シビルズ・ベーカリーという地元レストランの出店です。

「売っているのはジャークチキン、カレー・ゴート、カレー・チキン、
オックステール、ローストポテト、そしてローメインというチャイニーズヌードル。
ジャークフェスティバルで最高なのはやっぱり食べもの!」


というお店の人の横で、今度は女性がいきなり、

「私たちジャパニーズフード大好き!」すると男性もつられて
「僕もおスシが大好物!」 と日本の食べ物の話で盛り上がってしまいました。

ともあれここでジャークチキンを一皿オーダー。
表面は真っ黒にこげていますが、
中は香ばしくてジューシーで、しかもめちゃめちゃ辛い!! 
ただでさえ暑いのに汗だらだら、手がべたべたになりながらチキンと格闘! 
でもこれがクセになる!

しかし辛い! 何か飲みたい! と思ったらタイミングよくすぐ前にいました。
ココナツおじさん!!

s-Jerk_11_coconuts.jpg


ココナッツに穴を開けてストローを入れて飲ませてくれる屋台です。

おじさん、飲み終わったココナツの実を、
今度は巨大なナイフで切ろうとしています。

「ジュースを飲み終わったココナツを半分に切って、
中の果肉を食べるんだよ。うまいよ。」

あっという間にココナツはまっぷたつ。それを受け取って食べているのは、
私と同じくこの会場ではとてもレアなアジア人でした。

s-Jerk_12_asian.jpg

「僕はベトナム人だけどジャマイカにバケーションに行って、
ジャマイカンフードが大好きになっちゃったんだ。
まずプランタンのフライを食べて、これからジャークチキンも食べるよ。
ジャマイカンフードのベストはやっぱりジャークチキン」
と強調していました。

さてジャークチキンをもっとおいしくしてくれるのは音楽!
特設ステージではローカルバンドがレゲエ、ソカなどの
カリビアンミュージックをプレイ。
s-jerk_26_stage.jpg


ところで話は変わりますが、このニューヨーク市、
クイーンズ区にあるジャマイカという街。
もともとアメリカの先住民のデラウェア・インディアンが住んでいた場所で、
イギリスが植民した時、そのインディアンの言葉でジャメコという名前をつけたのが
始まり。
だからカリブの島ジャマイカとはぜんぜん関係ありません。

でも偶然にもこのエリアは、ジャマイカ人の移民コミュニティとして
発展してきました。

ここで名物のジャークチキンをフィーチャーした夏祭り、
ジャマイカン・ジャークフェティバルのレポート、続けましょう。

たくさんの屋台はジャークチキンだけでなく、
カラフルなアクセサリーなどのファッションアイテムももりだくさん。

s-Jerk_20_jewery.jpg
s-Jerk_18_unbrellas.jpg

この女性はハンドメードのサングラスを売ってました。

s-Jerk_17_glasslady.jpg


「ブルックリンから来たキャロルです。
このフェスティバルがベストなのは、
フード、カルチャー、そして人
みんなが楽しんでいるこの雰囲気が最高。

そして私が作っているアイランディ・アイウェアというサングラスは、
ジャマイカの国旗の色をあしらったフレームで、
私たちの文化をrepresentしてるんです!

s-Jerk_14_mama%26boy.jpg


強い日差しを避けるための巨大な傘の下のママと小さな息子さん、
ミーシャさんとマシュウくん、

マシューくん、「まだ何にも食べてないから今から食べたい」と言ってました。
「チキン食べるの? 」と聞いたらYESと言ってましたね。

ミーシャさんは、
「今日はジャマイカのコミュニティをサポートするために来ました。
ジャマイカの食べ物、そしてスパイスをアピールする最高の機会だと思います。
ジャマイカの素晴らしいところは、
フード、文化、そして様々なエスニックの人々が混じっているところでし。」

そして、こんな言葉も。

「ジャマイカもいいけど、日本も素晴らしい国だと思いますよ。
私は日本人の友達もいて、彼女は素晴らしい女性ですから。」

ニューヨークではもちろんジャマイカンと
ジャパニーズのフレンドシップも育っています。
ちなみに来年は、日本とジャマイカの国交50周年にもあたるそうです。

真夏の太陽の下、レゲエやソカを聞きながら
ものすごく辛いジャークチキンを食べ、ココナッツジュースをがぶのみ

基本的に食べて踊るだけ。そのシンプルさが夏らしくて最高!
理屈抜きにワイルドなニューヨークのエスニック夏祭り、
ジャマイカン・ジャークフェスティバル。
ニューヨークの夏は奥が深いです

s-Jerk_8_watermelon.jpg

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年08月05日

8/2(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

GO JAPAN!!

先週のイチローに続いて、
ジャパンがアツい!
オリンピック盛り上がってます!
今日は日本の男子体操、内村航平ゴールド!
水泳も調子いい!

s-Uchimura.jpg


ローカルな話ですが、ニューヨーカーが朝時計がわりに見ているNY1という
24時間ニュースチャンネル、30分に一度スポーツニュースをやりますが、
そこでオリンピックのメダル総獲得数ランキングが出るんです。
ここんとこ毎日、1位中国、2位アメリカ、3位ジャパンです!
日本人はゴールドの数で見ていますが、ニューヨーカーはトータルのメダルで見ているから
ジャパンすごいぞ! とみんな思っている!!

それにしても驚いたことに、アメリカ人も今回かなり盛り上がっています。
というのも、アメリカはオリンピックには盛り上がらない国、と言われてきたんですね。

プロスポーツの国。
アマチュアスポーツは実際に競技する人しか興味がない、
しかも、外国の大会なんて、という人もいるくらい。

毎回メダルをこんなに持って行くせに。。と思ってしまいますが、
日本のように国をあげて盛り上がるような国ではない、はずだったんです。

ところが今回のロンドンオリンピック、おおかたの予想を裏切る現象が起こっています。

今日はニューヨークからオリンピック観戦レポート、
アメリカ人が注目する日本人選手の話題も含めてお送りします。

s-OLYMPICS1.jpg


まずはマンハッタンでランチタイムのニューヨーカーをキャッチ
オリンピック、どんな競技を見ているのか聞きました。

ベンチに座ってサンドイッチを食べていた二人の若い男性、

「開会式とバレーボールを見たよ」
「僕も開会式と水泳、体操も見た。」

次は女性4人組、全員ロシア系ニューヨーカーです。

「水泳と体操を見ています。実は私はニューヨークに住んでいますが、
もともとはロシア出身なんですよ。
ロシアは体操で有名ですが、今回女子はアメリカチームに負けてしまいました。」

「私は男子の体操をみたわよ。日本の男子は銀メダルをとったじゃない!
私はオリンピックの大ファンなのよ。
毎日テレビに釘付けになって全部の種目を見ているわ。
なぜってオリンピックはロシアの伝統だからよ。」

日本もそうなんですよ! といっしょに盛り上がってしまいました。

s-OLYMPICS3.jpg


一方、スポーツメディアはまた違うポイントを見ています。

タイム誌が選んだ世界50人の注目選手たちの中に、たった一人選ばれた日本人が、
内村航平さん。

「世界選手権を3連覇した、たった一人の男子選手、
中国やアメリカのライバル選手たちからも、史上最高の体操選手とレスペクトされている」
と書かれています。
その言葉通り、ゴールドに輝きました!!

もうひとつ、Yahoo Sportsが注目する選手、

馬術の法華津寛さん、
71歳、今回のオリンピックでは最年長の法華津さんは、なんと
1964年の東京オリンピックに出場したこと(40位) 
そして44年ぶりの五輪出場を果たした北京五輪では馬場馬術個人で34位、
団体では9位だった、と紹介。

近代5種の黒須成美さん、
東日本大震災で練習場を失い、オリンピック出場も危うい状況だったのが、
韓国のトレーナーが彼女を招待した事が印象的に伝えられています。


そしてもちろん、
サッカー澤 穂希さん
2011年のワールドカップでアメリカを破った日本の女子サッカー選手は
アメリカ人にも衝撃的だった、チームのリーダーとしてロンドンでも
他のエリートチームの中で大活躍するだろうと予想。

次は金曜日、準々決勝でブラジルと対戦!!

s-OLYMPICS2.jpg


さて、
今日ニューヨーカーと話していても感じたのですが、
今回のオリンピック、
アメリカでもかつてない盛り上がりを見せているんです。

例えばオリンピック中継の視聴率、
開会式の視聴率は、96年のアトランタオリンピックを抜いて、
史上最高。
これまで5日間の視聴率平均も、予想を大きく上回る高いレーティングになりました。
もともと北京に比べて20%落ちを予想していたのに、
逆に9パーセントアップ、
結果アトランタに続く高い視聴率になったんです。

s-LoloJones.jpg


みんななぜそんなに夢中で見ているのか?

ドラマがすごいから!

これまで最大のドラマは、アメリカの水泳選手、マイケル・フェルプス、
2000年のシドニーからスタート、アテネ、北京とゴールドを総なめにし、
ついに今回歴代獲得メダル数で、史上最高の19個をクリアできるか?
と、ものすごい煽りでした。

一方でオリンピック選考会から、フェルプス調子がいまいち、とか、
練習をちゃんとしていないのでは? とか言われまくり。

s-Phelps1.jpg
開幕してからも得意種目でなかなかメダルがとれない、
このままでは記録達成も危ういのでは?
と、アメリカ人はみんな、はらはらどきどきしながら毎晩テレビを見まくってしまいました。

そして昨日彼を含むアメリカチームが800メートル自由形リレーで優勝し、
19個目のメダルを獲得した時は、
私たちみんないっしょに、あーよかったーとため息をついちゃいました。

s-Phelps2.jpg

かと思えば、
私たちの地元ニューヨーク、ブロンクス出身、体操のジョン・ロスコー選手、
ブルーカラー地区出身で本人も両親も大変な苦労をしながら体操を続けて、
今回体操個人の決勝まで来ましたが、
本来の力を出し切れず、残念な結果に。

競技はもちろん、こういう一人一人のストーリーがテレビ中継の間に語られるから、
ますます興味深く見てしまうんですね。

このニューヨーカーはこんなふうにコメントしてくれました。

「もちろん私はアメリカ選手を応援しているけれど、
それだけじゃなく、世界中のアスリートを応援しているんです。
一人一人がそれぞれの目標をめざしているのが素晴らしいと思う。
時には負け犬がヒーローに勝つ事もあるしね。」

隣でサンドイッチを食べていた友達に
「大統領候補の演説みたい」と冷やかされていましたが、

確かにこういうドラマはアメリカや日本人だけじゃない、
世界中から集まっているアスリート一人一人にストーリーがあって
たとえば、ものすごく大きな犠牲をはらって子供をジムに通わせたお母さんの気持ちは
万国共通 、心から共感できてしまいます。
スポーツを通して、私たちの気持ちを本当につなげてくれているんだな、と感じます。

もともと国境を越え、政治や宗教の違いを超えて世界が出会うオリンピック。
特にネットで世界がつながった今では、
いっしょに応援している感ももっと強くなって楽しさ倍増!

そしてやっぱり勝った方が楽しいのも確か! GO USA!! GO JAPAN!!

s-Citibank.jpg


シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年07月19日

7/19(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

今日のマンハッタン最高気温36度
地下鉄のホームはまるでサウナ(はい、地下鉄ホームにエアコンありません)

それが午後3時頃から真っ暗になり、
集中豪雨、雷、雹、ふってふってふりまった後、
夕方6時の気温は23度!


この影響で市内でおよそ1500世帯が停電、
地下室が水につかった家もありました。

それにしてもとにかく夏です。
夏休みをとっている人も多いのですが、
ニューヨーカーが少し減ってもわからないくらい、
マンハッタンはツーリストでいっぱい。
日本人もいっぱい、
私の友達や知人も毎週のように遊びに来ています。

色々案内するわけですが、
観光ツアーと同じじゃつまらないし、ガイドブックにのっていないところにも行きたい、
しかも時間がないから1日でいろんなところに行きたい、
そしてあまりお金もかけないですませたい! とみんなワカママ放題。

でもチープにニューヨークを楽しめる方法いっぱいあります。

今日は移民ジャーナリストのシェリーめぐみが
大事な友達だけを案内するニューヨークツアーにみなさんをご案内。
しかもこの夏だけの限定スポット情報もお届けします。

まずはニューヨークの観光を楽しんでいるツーリストたちに、どこに行くか聞いてみました。

Statue_2.jpg


「自由の女神、エンパイアステートビル、ワールドトレードセンター、
今日は1日観光三昧だよ。」と張り切る家族連れ、
女の子たちのグループは「ショッピングの後コンサートを見にいくの」
小さな子供をつれたお母さんは、「セントラルパークとそこにある遊園地に行くつもり」
行きたいところがいっぱいの街ニューヨーク。

さあ私たちもマンハッタンの1日ツアーに出かけましょう。

マンハッタンの朝は早いんです。
特に日本から来ると時差ボケで朝5時とか6時に目が覚めちゃいます。
そうしたら朝ご飯はホテルの高いレストランで食べてはいけません。

ストリートに出ると、ほらほら、たくさんいますよ。朝食アイテム満載の屋台たち。
ビジネスマン、ウーマンが通勤前に買って食べる朝食は、
焼きたてのベーグルからドーナツ、クロワッサン、マフィンまで種類も色々。
1個1ドルから2ドル。
コーヒーも1ドル50セントから2ドルくらい。
つまり2〜300円くらいで軽い朝食ができちゃう。

私のおすすめは、クリームチーズをぬったセサミベーグルとコーヒー

朝ご飯を食べたら、さっそく最初のスポットはウォールストリート。
どこまで乗っても$2.25、200円の地下鉄で行きます。


s-George%20Washington.jpg

ウォール街の朝は早い。世界のマーケットと連動しているので、
若いブローカーたちは午前2時とか3時から通勤。朝早くから活気がいっぱい。
証券取引所の巨大な星条旗と、ジョージ・ワシントンの銅像の前で記念撮影してください。

wallstreet2.jpg

ウォールストリートはマンハッタン島の南のはしっこにあります。
古くて狭いくねくねした通りを抜けると、そこは海。ニューヨーク・ハーバーが開けています。

ニューヨーク港の沖には何があるかというと、
あの自由の女神が、リバティ島という小さな島の上に立っていらっしゃるんです。

でも今日はリバティ島には行きません。
なぜかというと、ここに行く観光船は17ドルもするし、激混みで時には2時間待ち。
時間がもったいない。

かわりに通勤フェリーに乗ります。

s-southferry.jpg

スタッテン島という、ウォールストリートで働く人もたくさん住んでいる大きな島まで、片道25分。

大きなターミナルに入って、切符売り場を探してもありません。
なんと、free! 無料なのです。

さあフェリーに乗り込みましょう。必ず進行方向右側のデッキに行ってくださいね。
その理由は出航したら解ります。

さあ船が出ますよ。
結構スピードが早くて、風が気持ちいいんです。

s-Lower_manhattan.jpg

すぐに右後方に見えて来るのは、
私たちが今までいたマンハッタン。
海に浮かぶ摩天楼の群れが、まるで絵はがきみたいに見えてきます。
建設中のワールドトレードセンターも見えます。
素晴らしい風景を写真にとりまくっているうちに、
今度は右前方に、見えてきました自由の女神! どんどん近づいてきます。

s-Statue_1.jpg

白いヨットや貨物船などの船の向こう、本当にすぐそこ
青空をバックに、すらりと長身の女神様が右手を上げて、まるで手をふってくれているみたい。

間もなくスタッテン島に到着です。
ほとんどの観光客は次のフェリーに乗って帰って来るんですが、
帰りは反対側に乗ってくださいね。
ベラザノブリッジという、これまた素晴らしいつり橋が見えます。

さあまたお腹がへってきました。
ランチはハンバーガーにしましょうか! どんなレストランでもハンバーガーははずしません。
ハンバーガーデラックスと言えば、だいたいサラダとフライドポテトがついてきます。
焼き方を聞かれるから、必ずミディアムかミディアムレアと答えてくださいね。
ふんわりジューシーで大きなハンバーガーでお腹いっぱいです!

とまだ半日までしか来てないのに、放送時間があとわずか!

まだこれからタイムズスクエアも5番街にも行きたいし、
最後はセントラルパークでフリーコンサートも見たい。

SOHOにも、時間があったらヤンキースタジアムも行きたい。
エンパイアステートビルの上から夜景も見たい。。と
これはやっぱり1日じゃ足りないことがわかりました。

というわけでツアー後半はまた次の機会にお届けしますが、
ここで一つこの夏だけの耳寄り情報。

5番街のルイ・ヴィトンが今大変なことになってます。
外壁が全部黒と白のシュールな水玉模様。

s-LV1.jpg

ショーウィンドーには赤やピンクの水玉のくねくねした不思議なオブジェ。
その真ん中にマネキンというにはあまりにリアルな
真っ赤なおかっぱ頭の日本人女性が佇んでいらっしゃいます。
この方こそ草間弥生さん。

s-LV5.jpg

ニューヨークの60年代コンテンポラリーアートの代表的なアーティストで、
ホイットニー美術館で、9月まで回顧展が開かれています。

ルイ・ヴィトンでも同じタイミングで、草間弥生とのコラボブランドを発売。
水玉模様のとても夏っぽくて可愛い、
そしてとても高いバッグやシューズ。

商品は買えなくても楽しめるのは
お店をすっぽり包み込んだ、草間弥生アート
まさに5番街にポップアップした、期間限定ストリートミュージアムです。

s-LV2.jpg

もしこの夏ニューヨークに来るチャンスがあったら、チェックしてくださいね!


s-LV4.jpg

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年07月12日

7/12(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

今日はニューヨークの食のトレンドです。
グルテンフリーって聞いたことありますか?

グルテンは小麦粉などに含まれるタンパク質の一種
このグルテンに対する免疫反応が引き金となって起こるのがセリアック病で、
腸が炎症を起こしたり、そのために栄養が吸収されず、
ちゃんと食べているのに栄養失調になってしまう。
このセリアック病にかかっている人は全米で133人に一人という数字があるほど。

Gluten%20free.jpg

普通パンやパスタなどに必ず含まれるだけでなく、
様々な加工食品にも含まれるから知らないで食べてしまう事もあるんです。

このセリアック病患者が15年間に2倍に増えたために、
グルテンが入っていない食品が注目されてきたわけですが、
このグルテンフリー今ニューヨークでは大ブレイク 中。

例えばホールフーズという大きなヘルシーフード スーパーマーケットに行くと、
パンからパスタ、クッキー、サプリメント、ビール、
ベビーフードまで、あらゆるセクションに グルテンフリーの表示。

Gluten%20free2.jpg

私が朝食べている大手メーカーのコーンフレークも
グルテンフリー表示がしてあるし、
週末にオーダーする全米大手のピザチェーンのピザにも、
グルテンフリーバージョンが登場。

さらにニューヨークでは、グルテンフリーのレストラン、ベーカリーなども誕生中。
今日はそのひとつ、 グルテンフリーのケーキ屋さんに取材に行ってきました。

(tulu_exterior.jpg)

Tulu's gluten free bakery(トゥールーズ・グルテンフリー・ベーカリー)はマンハッタンの若者の街、イーストビレッジにあります。

tulu_exterior.jpg

Tulu's gluten free bakery(トゥールーズ・グルテンフリー・ベーカリー)は
マンハッタンの若者の街、イーストビレッジにあります。

Tulu_door.jpg

ガラス張りの小さなショップのドアをあけると、
ちょうど近所のファミリーがガラスケースの中のカップケーキやクッキーを選んでいました。

応対していたのは若い女性オーナーのジェニファーさんです。
ちょっと話しかけてみました。


Tulu_Jen.jpg

「うちのケーキやクッキーはすべてグルテンフリー、
小麦粉の代わりにポテトの粉やタピオカなどのグルテンを含まない粉を使っています。 たとえば。。。 カップケーキ、パンやパニーニ、
特別注文のウェディンクケーキも焼きますし、コーヒーケーキ、
マフィンなどおいしいものをたくさん焼いています。」

Tulu_case1.jpg

ガラスケースの奥はすぐキッチンで、香ばしいいい匂いが漂ってきます。
数人の女性スタッフがカップケーキのクリームをトッピングしたり、
焼きたてのブラウニーを切り分けています。

Tulu_staff.jpg

ジェニファーさんに、お店をオープンしたきっかけを聞きました。


「2010年、ニューヨークにTulu’sを最初にオープンしたのは
パートナーのタリーです。
セリアック病にかかっていたタリーは、
患者でも安心しておいしいケーキやクッキーが食べられるお店が作りたかったんです。
私は最初はファイナンス系の仕事をしていましたが、
やはりセリアック病で、グルテンフリーのお菓子が作りたくて、
料理学校のクラスをとっていました、
そこの先生がタリーに紹介してくれて、
去年からいっしょに働くようになりました。」

Tulu_case2.jpg

でもグルテンフリーでおいしいケーキやクッキーを焼くのは、
実はそう簡単ではなかったそうです。

「グルテンというのはケーキやクッキーのやわらかな弾力を出すのに
重要な成分ですから、それを使わないでどうやってしっとりと美味しい商品を
作るかを、今でも常に研究しています。」

そんな努力のかいもあって、ニューヨークで初めての
グルテンフリーベーカリーは大ヒット。

Tulu_customers.jpg

どんなお客さんが買いに来るのか聞いてみました。

「ほんとうに様々な人たちです、
セリアック病の人もいれば、
そうではなくただウチの商品が気に入ってくれている人も。
またデイリー・フリーやヴィーガンの商品もありますから、
子供から大人までたくさんのファンが買いに来てくれます。」

とにかく今ニューヨークで注目されているグルテンフリー食品ですが、
その大ブレイクに一役買ったのは、実はアメリカのセレブたちでした。

メディアでグルテンフリーが話題になってきたのは2年ほど前、
エリザベス・ハッセルバックが、セリアック病にかかり、
グルテンフリー・ダイエットをして痩せたことから、真似するセレブが続々、
レディガガもグルテンフリーのファンだそうです。

でもグルテンフリー食品とやせる因果関係は証明されていないために、
批判されることもあります。

それだけでなく、グルテンフリー食品がもてはやされるのを、
ただの健康ブームと言う人も言います。

でもジェニファーさんはこう反論します。

「これは一時の流行とかそういう問題ではありません。
私は一つの食品を選ぶのに、パッケージの成分表を5回は読み直します。
お店の人に聞いたり、会社に電話して問い合わせる時もあります。
それでもわからない時は、絶対に冒険しない。症状が出てしまってからでは遅いんです。
私たちセリアック病患者は一生こういう食生活を送らなければならない。
私にとっては自分の体を大切にするとうライフスタイルなんです。
だからこういうアレルギーを持つ人にとって、
食べ物が限られるよりは、
より多くのグルテンフリー食品が出回って、
限りないチョイスがある方がずっといいと信じています。」

Tulu_case4.jpg

本当にアレルギーのある人にとっては深刻な問題。
アメリカでは実に子供の13人に一人は何らかの
食物アレルギーを持っているという数字もあるんです。

だから家族の中で一人、特別な食事しなければいけない人がいる場合も、
みんながいっしょにそれを食べられる、料理の素材から、レストランまで、
たくさんの中から選べる、それは本当に素晴らしいし必要な事ですよね、

Tulu_wall.jpg

ジェニファーさんは間もなく、グルテンフリーのアイスクリームコーンや
グルテンフリーのクッキーでアイスクリームサンドイッチも作って販売するそうです。
グルテンアレルギーでも、コーンにトッピングしたアイス、食べたいですものね。

そしてアレルギーがない人でも、それが美味しくてヘルシーと感じられるなら、
体も心も元気になれるのではないでしょうか?


ニューヨークのグルテンフリーは、
みんなでいっしょにもっとヘルシーに、
美味しく生活したいニューヨーカーにとって、
ライフスタイルの大切なキーワードになりつつあります。

Tulu_street.jpg

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年07月05日

7/5(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、シェリーめぐみさんからの報告です!

昨日7月4日、アメリカ独立記念日、インディペンデンスデーでした。
1776年7月4日に独立宣言がなされわけですが、
フツーのアメリカ人にとっては、夏のど真ん中のホリデー
家族で庭でバーベキュー、
ビーチに出かけたり、(気温33度で最高の海日和)

s-American%20flag2.jpg


独立心が強いアメリカ人だけになかなか皆で同じことはしませんが、
この日、みんなが必ず見るものがあります。

FIREWORKS!!
25分間に4万発の大花火大会。私もしっかり見ました。
(今年はテレビで。。。去年は6時間埠頭で場所取りしましたが。。。今年は暑すぎてギブアップ)


このアメリカという国、もともと外から入って来たヨーロッパ人が作ったものですが、
今に至るまで移民の流入が続いています。

その移民こそ、アメリカという国を元気に素晴らしくしている原動力なんです。

今日は独立記念日を記念して、
アメリカの移民パワーについて、
移民ジャーナリスト、シェリーめぐみのレポートです。

s-Happy%20July%204.jpg


独立記念日も全米、そして世界中からの人が大集合! の
世界の交差点タイムズスクエアでブラジル、ベルギー、デンマーク、メキシコ、
そしてもちろんアメリカ各国語で
「独立記念日おめでとう」メッセージを言ってもらいました。(ウェブラジオでチェックしてね!)

s-family.jpg


こんなふうに世界中の人が常に移民してきているアメリカ。

どんな人がやってきたのか。。。大雑把ですが、最初に入ってきたのはイギリス人、
そして奴隷として連れてこられたアフリカ系、
19世紀にはドイツ人、アイルランド人、イタリア人などのヨーロッパ系が流入、
20世紀以降は、メキシコ人などのラティーノ、
そして中国などのアジア系も入ってきました。

s-mexican%20guy.jpg


その結果、20世紀の100年間で、アメリカの人口は3倍にふくれあがりました。
現在はおよそ3億1千万人、

今は不況もあって人口増加はスローダウンしていますが、
それでも増加を続けているのは、移民のおかげ。
8秒に一人赤ちゃんが生まれるのに比べ、
14秒に一人が移民として入って来ているという数字も。
2010年の移民の数、違法、合法含め、およそ120万人とも言われています 。

そんな移民のおかげで、アメリカは100年前とは本当に変わりました。

特にニューヨーク、この間日本から来た知人といっしょに地下鉄に乗ったら、
「白人がほとんど乗ってないね」と驚かれてしまいました。
そういう事も珍しくありません。

特に1960年代以降大量に流入した、メキシコ人などの、いわゆるヒスパニックが
文化や政治的な面でパワーを持つようになったんです。

s-3%20girls.jpg


人口比を見てみましょう。
今、全米の人種比は白人64% ヒスパニック16%  黒人13%
アジア系5%

まだ白人が多数派ですが、
これが、 ニューヨークシティになると、
ヨーロッパ系白人が33%、ヒスパニック29%、ブラック26%
アジア系13%

メキシコからの移民が多い西海岸のロサンゼルスでは
ヨーロッパ系の白人30%、ヒスパニック系49%、ヒスパニックの方が多いんですね。
アジアとブラック10%ずつで、
ニューヨークもロスも白人はもう少数派。

ヨーロッパ系白人の比率が減っている理由は、移民だけではありません。
実は2011年の前半に出生した赤ちゃんのうち、
その過半数はヨーロッパ系の白人以外だったんです。

s-Couple%20with%20baby.jpg


アメリカ史上初めて、白人の出生数が過半数を割り込んだ、
歴史的な出来事でした。

そんな中で21世紀のパワーと言われているのが、アジア系です。

実はこの不況のせいで、過去25年間移民の主役だったメキシコ人の流入がスローダウン、変わって21世紀の主役になったのは、アジア系です。

2010年、アジア系移民が、初めてヒスパニック系移民の数を超えました。
1年間流入した移民のうち、36%がアジア系、31%がヒスパニック。

前半お伝えしたように、全米のアジア人はまだ5%しかいませんが、
その数は年々増えています。

アジア系の中でも多数派は中国系で23%、続いてフィリピン、インド、ベトナム、韓国、日本の順(7.5%)

人が入ってくれば、食べ物も充実。
ニューヨークで安くて美味しいエスニックフードが食べられるのも、移民のおかげ。

また中国系を中心に、政治的なパワーも高まりつつあります。
ニューヨークでは次の市長選に、中国系アメリカ人が立候補しそうです。

もちろん、今年の大統領選では、アジア系の票の行方、注目されています。
アジア系はどちらかというとオバマの民主党支持という情報もありますが、さてどうなるでしょうか?

s-Statue%20and%20a%20girl.jpg


色とりどりの花火のように、カラフルな国アメリカ、
世界中からの人が、それぞれの伝統や文化を大切にしながら、一生懸命働いて、
時にはその文化や宗教の違いで衝突しながらも、
アメリカ人として一緒に力を合わせて生きる、
それがアメリカの一番素晴らしいところだと思います。

私も移民の一人として、
みんなといっしょに、もっといい国にしていくために貢献したいな、と思います。

シェリーめぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://megumiradio.com

2012年06月28日

6/28(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

日本から知人が来ていたので、日曜日にセントラルパークに行きました。

ここはマンハッタンの面積の実に6%を占める巨大公園で、
巨大芝生広場がいくつもあります。

その中の中広場、といってもサッカー場10個くらい入る大きさですが、
シープメドウ(羊の牧草地)で、のんびり日光浴。。。と思って行ったんです。

5番街のアップルストアの前の入り口から入って、
ジョギングの人や自転車の人やツーリストや犬の間をてくてく歩いて行って、
草野球場の先の森をぬけるとシープメドウの巨大な緑の芝生が
ぱーっと開けるはずだったのですが、

緑じゃないんです、白っぽいんです。

Sheep%20Meadow_1.jpg

なななんと、
上半身裸、またはビキニ姿の露出度の高い男女が、
まるでビーチにいるかのように寝そべって日光浴。
その混雑のしかたはまるで、真夏の湘南海岸のよう?
コパトーンのココナッツオイルの香りがただよって来るような?

Sheep%20Meadow_2.jpg

彼らのまだあまり焼けていない肌にお日様が反射して、
白っぽく見えていたんです。

Sheep%20Meadow_3.jpg

このシープメドウは別名、マンハッタン・ビーチとも呼ばれるくらい
日光浴の人気スポット。

5番街から歩いて10分ですからね!
ビーチに行く前にここでちょっと焼いておいて、
来週のアメリカ独立記念日には本格的に海に繰り出せ!という感じです。
いっしょに行った知人は「ここまでやるかね」という顔で唖然としていました。

というわけで?今日の本編の話題も「ニューヨーカー、そこまでやるかね?」

Sheep%20Meadow_4.jpg

ニューヨークという街、今の若者は知らないかもしれませんが、
かつて70年代、80年代は犯罪の巣と言われて、怖い街のイメージがありました。

でも90年代以降、ニューヨーク市の犯罪率は下がり続け、
今では全米の「最も安全な大都市」と言われるほどです。

でも毎年下がり続けていたニューヨークの犯罪率、
去年から今年にかけて20年ぶりに上昇してしまいました。

先週もお伝えしたように、長引く不景気で、
5人に一人が貧困ライン以下で生活している、ニューヨークの現状、
激しい貧富の差ななどが影響しているのは間違いありません。

犯罪率をじりじりっと押し上げている原因の一つが、ガジェット泥棒。

Subway%20Gadget%20Theft.jpg

ニューヨークでは、このところiPhoneやiPad、Kindleなどの最新ガジェットが
地下鉄の中で盗まれるというケースが増え続けています。
NYPD(ニューヨーク市警)の発表によれば、
地下鉄のガジェット泥棒はなんとこの1年で4割も増加。

以前はドアの近くに立っている人から、発車間際にばっと奪い取って逃走、
というケースが最も多かったのですが、
最近のターゲットは車内で居眠りしている乗客。

眠らない街ニューヨークは地下鉄も24時間営業。
深夜のガラガラの地下鉄で酔っぱらって寝てしまった客のポケットや
バッグをナイフで切り裂いて、
目的の品を持ち去るというケースが急増中です。
この手口での泥棒は、1年間で17%も増加したそうです。

そこまでやって盗むかね?と思いますよね。やるんですよニューヨークの泥棒は。

しかも今年3月に行った特別防犯キャンペーンでは、
なんと
1400人が逮捕され350人が指名手配。そして押収したナイフは32本。

そんなにいるのかね? とびっくり!です。

NYPDでは、車内で居眠りする時は、
ガジェットを外からわからない場所に隠すようにと呼びかけています。
でもナイフで切られちゃったら終わりですよね。
居眠りしないように。

Sneaker%20Theft.jpg

さあ、ガジェットの次にNYの泥棒が大好きなのは、スニーカー。
こちらはさすがに履いているスニーカーは盗めないので、
ターゲットはもっぱらショップ。
しかも、お店に陳列しているディスプレイーのシューズです。

ニューヨークのスニーカーショップ、
ディスプレーされているシューズはほとんどが、右か左かどちらか片方。

盗んでも、片方だけでは履けないし、売り飛ばすこともできませんからね。
その予防策でもあるんです。

でも最近のスニーカー泥棒はそのへんよーく解ってますから、

こっちのお店で右足、
あっちのお店で左足、

という具合に計画的に盗んでいる。
もちろんサイズやら何やら事前に緻密にリサーチして、
実行しているということです。

SOHOのあるおしゃれなスニーカーショップでは、
片方のスニーカーが年間で50足も盗まれたそうです。


ニューヨーカーの「そこまでやるかね」

前半は犯罪レポートみたいになってしまいましたが、
後半は夏を涼しく過ごすための工コで「そこまでやるかね」

ブルームバーグ市長、
世界の長者番付にのる大富豪で、あのメディアエンパイア、
ブルームバーグLPの創始者、アメリカでは14番目のお金持ちですが、
市長としての年俸は 1ドル。というかなりのユニークさ。

437px-Michael_R_Bloomberg.jpg

先日もお伝えしたように、ニューヨークを完全禁煙にしたり、
肥満を防ぐためにLサイズの甘味飲料を販売禁止にしようと提案したり、
また進んだなエコ対策でもよく知られています。

そして、かなり強引な性格でも知られています。


ブルームバーグ市長の車、シェビー・サバーバンというSUVです。

スーツでビシっと決めた市長、大事な会見の前に
暑い車に乗り込んで汗をかきたくない、
だからアイドリングしている間にもエアコンをきかせておいてほしい。

しかしそれはとてもエコに悪い。ガソリンを消費しますからね。

そこで市長はこんなアイデアを考えだしました。

家庭用のエアコン、アメリカでは普通の窓枠に据え付けるスタイルのものを、
特注のスタンドに据え付け、市役所の前の駐車場の車のところまで
ゴロゴロ転がして来て、車の窓に一時的に装着、冷気を送り込むことにしました。

Bloomberg%20AC.jpg

長い長い延長コードでつながった、四角い大きなエアコンが
車の窓にへばりついている様子は、かなり珍妙な光景です。

27.1n005.airconditioning.c--300x300.jpg

市民は、こんなことをして本当にエコにいいのか?と頭をひねっていますが、
確かに車内はかなり涼しくなるようで、
もしかすると流行るかも?

もしニューヨークに来て、駐車している車の窓に巨大なエアコンがついていたら、
「そこまでやるかね」と笑ってやってください。


佐藤めぐみ  
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy

2012年06月21日

6/21(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

最高気温36度!
突然熱波がやって来て、マンハッタン島はまさにヒートアイランドとなっています。

このヒートアイランド現象をやわらげてくれるのは、やはりグリーン、緑。

今のニューヨークを語るのに欠かせないキーワードがアーバン・ファーミング。
地産地消の動きだったり、都市の緑化だったり、
食の改善をめざして、オバマ夫人がホワイトハウス農園をやっていることも大きな話題です。

でもより切実なアーバンファーミングもあります。
実はニューヨークシティは、長引く不況の中、
5人に一人が貧困ライン以下で生活しているというシビアな現状があります。

そんな市民のために1000カ所以上のスープキッチンがあって、
誰にでも暖かい食事を無料で提供してくれます。

s-Church_8.jpg

今日ご紹介するハーレムの小さな教会、セントメリーチャーチでもスープキッチンを運営。

彼らは今年から、ここで出す野菜を、自分たちで作ることにしました。
でも、農業なんてやったこともない彼らが、アーバンファームを実現するためには、
何人もの人たちの協力がありました。
日本人もかかわっています。

ここに今年できたばかりの農園をたずねて来ました。
チャペルの横のゲートをあけると、教会の前庭が野菜農園になっていて、
畑がかわいく花壇のように並んでいます。

s-Church_3.jpg

出迎えてくれたのはアーバンファーム・コーディネーターのクレアさん、
そして、実際の農業のリーダーシップをとる、アーバン・ファーマーのビリーさん。

二人が案内してくれました。

「まずここ、サンクチュアリー・ガーデンには12個の畑があって、
ボランティアの手でさまざまな野菜が栽培されています。
ラディッシュ、豆、トマト、レタス、スカッシュ、ズッキーニ、
あ、あそこがブロッコリです。

s-Church_2.jpg

そして、教会の裏庭にも農園は続いていて、
こちらは10個の畑に、ポテト、スイスチャード、キャベツ、カラードグリーン
さまざまなハーブ、ニンジン、グリーンペッパーが育っています。

s-Church_9.jpg

ここのスープキッチンでは毎週月曜日60家族のために食事を提供していますが、
テーブルにフレッシュな野菜を並べるのはそう簡単な事ではないんです。
教会のフードプログラムのディレクター、 ジャネットさんはこう語ります。

「10年前までは野菜といえばフードバンクから提供される缶詰だけでした。
フレッシュな野菜が入って来るようになったのは、この5〜6年です。
UNITED WAYというチャリティ団体が、近郊農家に出資して
野菜や果物を受けとるシステムで、野菜を提供してくれるようになったんです。

この団体ではアーバンファーミングも奨励していますから、
私たちもやってみようという事になりました。」

s-Church_10.jpg

このUNITED WAYというのは世界規模のNPO団体で、
そのニューヨーク支部に、アーバンファーミングを奨励するプログラムがあります。
お金を出すだけでなく、この農園の立ち上げに力を尽くした
UNITED WAYのスタッフ リーさんは、

「UNITED WAYは、低所得者が十分な食事をするための
さまざまなプログラムをサポートしています。
アーバンファームもその一つで、
2001年以降、既に22カ所のアーバンファームを立ち上げに協力しました。
その中には水耕栽培のインドア・ファームがあれば、ルーフトップ・ファーム、
このセントメリーのように庭をファーム化したものもあります。
農作物の生産を通して、栄養や農業に関する知識や体験を広げるという
教育の目的もあるんです。」

こうしてまずは無事にたちあがりそうだったセントメリーの農園プロジェクト。
でももう一つ、難問が待ち受けていました。


この一帯はかつての工業地帯、
しかも土地が低いので、汚染物質が土壌に 、
特に鉛などの重金属が高濃度で蓄積していることがわかったんです。

そんな時、この人がやってきました。

s-Church_4.jpg

シグ マツカワさんはニューヨークで育った日系人。
専門は微生物学です。

EM、と名付けられているその技術
開発したのは琉球大学の比嘉教授。
シグさんは比嘉教授とは親戚にあたり、
彼のもとで学びたくて、留学。
その技術、EMテクノロジーを持ち帰ってきました。

「EMは比嘉教授が開発した、乳酸菌、酵母、光合成細菌を主体とし、
安全で有用な微生物を共生させた多目的微生物資材です。

このEMを使うことで、汚染物質が分解され、土壌が改良できるのです。
これをバイオレメディエーション、微生物による環境修復技術といいます。
それだけでなく有機肥料としても有効なんです。

ここではまずクリーンな土を花壇のように盛り土し、そこで野菜を栽培しています。
でもその下の土は汚染されていますから、EMをまくことで、
農業しながら、3年から5年かけて改良いていくということです。

既にここの土地に蓄積した鉛は、1年間で4割も減少したんというデータがあるそうです。

日本でも有機農法の農家などがこのEMを利用していますが、
実は東日本大震災の被災地でも、ヘドロの処理などに使われました。

それにしても日本の技術が、
ニューヨーカーの食卓に上がる野菜作りに役立っているなんてびっくり!
セントメリーのアーバンファームでは、先日初めての収穫があり、
レタスやラディッシュ、豆などで大きなサラダを作って、大好評だったそうです。

s-Church_7.jpg

新鮮な野菜が手に入りやすくなるだけでなく、
環境を改善し、コミュニティの活性化にもなるアーバンファーミング、
多くの人たちの協力で、ますます大きなトレンドになりそうです。


佐藤めぐみ   ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー
。アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy

2012年06月14日

6/14(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

事件です。JEROさんがニューヨークに!!

ニューヨークの日系人社会は騒然
噂には聞いていたけれど、見た事がない人がほとんどだった。

日本文化の発信拠点、ジャパンソサエティでのコンサート見てきました。
素晴らしかったですね!

JERO_3.jpg

そして、今回発見できてうれしかったのは、
本当に日本とアメリカをつなぐ存在なんだな。

ニューヨークと同じ東海岸のピッツバーグ出身、
ほとんど里帰りに近いコンサートでしたが、
ジェロにはこのライブで、伝えたかった事があるんです。

何でしょうか?

今日は本人の言葉で聞いてもらいます。

まずはコンサートを見終わったばかりのファンの声から。

「アイシャです。
ネブラスカ州からジェロのコンサートのためにやってきました。
Youtubeで偶然知ってファンになり、少しずつ演歌を聞き始めました。
このコンサートの事を知ったのはついおとといで、
キャンセル待ちのチケットをめあてに来ましたが、
素晴らしいコンサートでした。」

JEROfan_1.jpg

アメリカで育ったショーンくんは、
日本で生まれてアメリカに移り住んだお母さんといっしょでした。
「ジェロはファンなので、とてもエキサイティングでした。」
「私も演歌が好きです。ジェロの歌を聞くと日本を思い出しますね。
海雪のころからずっとファンだったので、すごくよかったです。」

JEROfan_3.jpg

やはり日本語と英語まじりで答えてくれた女の子は、日本で生まれのアメリカ育ち。
「山中りえこです。友達に教えてもらってファンになったので。
歌詞も日本人らしくて心にうったえます。ジェロも自分と同じ、
異文化をルーツにしているところも共感できるんです。」

JEROfan_4.jpg

ソールドアウトのコンサートは、8割が日本人、日系人、
そして2割がアイシャさんのようなアメリカ人。
ブルーのスーツのジェロが登場すると、いきなりスタンディングオベーションでした。

歌は全部日本語ですが、MCは全部英語。

「みなさんは演歌というジャンルを知らないかもしれませんが、8割が悲しい歌です。
後の2割は、そうではない歌ですよ。」なんて笑いをとったり。
笑顔が絶えないコンサート。

JERO_2.jpg

曲はデビュー曲の「海雪」から、美空ひばりの「越後獅子の歌」「津軽平野」まで。
アンコールは、アメリカでは「スキヤキ」のタイトルで60年代に大ヒットした、「上を向いて歩こう」

JERO_4.jpg

実はこの日は2部構成で、
前半はインタビュー形式によるトークショー。


みなさんはもうよくご存知かもしれませんが、
ピッツバーグで育ったジェロの家では、
いつも日本人のおばあちゃんが好きな演歌が流れていて、
おばあちゃんを喜ばせたくて、歌い始めたこと。
 
そして、13歳まで日本で育ったお母さんが、
嫌な思い出しかないと、ほとんど話してくれないけれど、
かわりに演歌が、日本と家族をつなぐ絆になっていること。

その家族の物語が、
やはり日本を遠く離れて生きている日本人、
そしてアメリカ人の心にも強く響いたんです。

JERO_7.jpg

その証拠に、彼らがコンサートで一番よかった、という曲も「晴舞台」という曲でした。

「お母さんに捧げた曲が、歌詞もぐっときました。」
「なんか体がふるえちゃいました」

ニューヨークのオーディエンスを感動させたのは、
ジェロの家族への思いだけではありません。例えばこのニューヨーカー、マイケルさんは、


「実は妻が日本人で、間もなく日本に引っ越します。
ジェロのことはすごく尊敬しています。
日本に順応し、日本語も演歌が歌えるほどまでになったというのは、すごいと思います。」

JEROfan_2.jpg

前半にも登場したアイシャさんは
「ジェロはほとんど不可能に近い事をやりとげたと思います。
私も日本語を勉強して日本に行きたい。
それも旅行ではなく、住んで異文化を体験したいんです。」

そんな彼らに対して、ジェロ自身はどう思っているんでしょう?

JERO_11.jpg

「日本に対して興味がある人は、ぜひ一度、飛行機は長いんですが、
一度来て、色々経験した方がいいと思いますね。
やっぱり実際住み始めないと、それぞれの良さ、アメリカ、日本の良さはわからない。
アメリカに帰ってくる時はほっとする場所もあるし、
逆に日本に戻ってほっとする場所もあるので。」

日本の若者は外国に行きたくない、内向きになっていると聞きますが。

JERO_12.jpg

「いや、どうですかね、そうでもないと思うんですけどね。
僕の世代では、外国に行ったことがある人がほとんどですから。
いや、必ず行った方がいいと思いますね。いい経験になりますし、
得られるものがたくさんあると思います。」

JERO_10.jpg

そして最後に
ニューヨークのオーディエンスに、
ジェロが一番伝えたかったのは何だったのでしょう?

「自分みたいな人が存在するだけでいいと思うんですね。
おばあちゃんが日本に生まれて、お母さんが日本のハーフで、僕がクォーターなんですけれど、
日本のルーツがあって、アメリカでも日本のことを知って、
僕が日本に戻ったというのはなかなかないパターンだと思いますが、
僕みたいな人が存在するということを、わかってくれたらうれしいですね。」

JERO_13.jpg

「自分のような人が存在しているだけでいい」

ジェロらしい控えめな、でも自分の立ち位置をしっかり見据えている力強い言葉。

まさに彼が存在してくれているおかげで、
日本人もアメリカ人も、新しい世界への可能性を発見することができました。

簡単には言い尽くせないほど、さまざまな意味で、
ジェロは日本とアメリカの人と文化をつなぐ、
真にユニークで大切な存在だということを、
再発見させてもらった一夜でした。

Photo by Megumi Shelley

佐藤めぐみ
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy


【Webラジオ】6月14日(木)アメリカ ニューヨーク

★本日の放送内容を音声にてお聴きいただけます。下のボタンをクリック!
  

2012年06月07日

6/7(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

今日のニューヨークはパーフェクトな初夏の1日でした!
本格的に暑くなる前のさわやかな日々、楽しみたいですね!
BRYANT%20PARK_JUNE2012.jpg
BRYANT%20PARK%20JUNE2012_2.jpg
BRYANT%20PARK%20JUNE2012_3.jpg

暑くなると冷たいものが飲みたくなりますが、
みなさんは、ちぐささんは何を飲みますか?

私はダイエットコーラが大好き。

日本に行っていつも思うのですが、
昔みたいにコーラの自動販売機が減ったような。。。

アメリカ人が冷たいもの。。。というと
アイスコーヒー、
コーラなどのソーダ類。
(アメリカではコーラもジンジャーエールも「ソーダ」と総称されます)


そのサイズも日本に比べるとずっと大きい。

たとえば缶コーラの普通サイズは360ミリリットル
私がよく飲むペットボトル入りが600ミリリットル。   

こっちはこれがMサイズですが、日本じゃ絶対Lですよね。
ファーストフードや映画館に行くと、
スーパーサイズという巨大な花瓶かバケツのようなカップが。。。


実はこのMサイズ以上の炭酸飲料が、ニューヨークでは販売禁止になるかも、
という話。

問題はこれに含まれる砂糖の量です。

ニューヨーカーの肥満の原因の一つになっているから禁止条例を作るべきだ、
とブルームバーグ市長自らが旗を振っていますが、これに賛否両論。

何も禁止までしなくても。。。と思う方も多いかもしれませんが、
調べてみると事の深刻さにびっくりすると思います。

今日はニューヨークで飲めなくなるかもしれないラージコーラと
その背景にある肥満の驚くべき実態についてレポート。

まずは、最近目につくテレビCMの話から。

若い男性がカフェのテーブルで、手に持った砂糖の小袋を開け、
さらさらっと口に流し込む。
もぐもぐしながら次の袋を開け、3つ、4つ
。。。隣にいる若者が嫌な顔で見ている前で、彼は砂糖を食べ続けるんです。
そして30秒後に出るテロップは
「あなたは砂糖を16袋も食べたことはないでしょう? 
でも炭酸飲料のボトル1本には、16袋分の砂糖が入っているんですよ。」

このCMはニューヨーク市がもともとYoutube用に作ったもので、
このほど全米で放送されることが決まりました。

アメリカの肥満は危機的な状況です。
大人の3分の2は太り過ぎ、3人に一人は肥満。
これが原因となるさまざまな成人病は増える一方で、国民の健康をおびやかし、
膨張する医療費は国の財政を圧迫しています。

この肥満の原因については、さまざまな要因がありますが、
それはまた別の機会にしたいと思います。

ちなみにニューヨーク市、
どこよりも厳しい禁煙法があり、
レストランでも職場でも公園やビーチでも禁煙ですが、

実は肥満対策にも積極的なんです。その一つが砂糖入り甘味飲料の規制。
2009年にはソーダに課税する案も出ましたが実現しませんでした。

そして今回ブルームバーグ市長が強力にプッシュしているのは、
甘味飲料の販売規制条例。

実現すると、16液量オンス=480ミリリットル以上の甘味飲料は、
レストランでもデリでも、スタジアム、映画館などの売店でも売れなくなります。

アメリカの缶ソーダは360ミリリットル、ボトルは600ミリリットルだから、
ダイエット以外のボトル入りのソーダは、ほとんど姿を消す事になります。
(スーパーやコンビニは州法の管理下にあるので市の条例の適応は受けない)

また甘い飲み物といっても、乳飲料と果汁入りジュースなどはのぞくので、
事実上禁止されるのはソーダ、つまり炭酸飲料。
SODA%20BAN_1.jpg

SODA%20BAN_2.jpg
ニューヨーク市飲料組合は「ソーダだけを対象にするのはフェアでない」と
抗議の姿勢。また小さな個人営業が多いデリのオーナーも、
売り上げに響くと頭をかかえています。

もしこれが実現すると、アメリカでは初めてのことで、全米が注目しています。

ニューヨーカーはどう思っているんでしょうか?
地元テレビ局の調べによると、
反対53%、賛成47% ということなんですが、

実際にニューヨーカーに話を聞いてみると、

「なかなかいい条例じゃないかな。僕は絶対的に賛成だね。」

え、でも世論調査では反対の方が多いと報道されてますよ。

「うーん、反対する人は、政府が個人の自由をどうこう言うのはおかしい、
という意見だと思うね。でも考えてみれば、
政府が国民の健康を守るのは当たり前だと思う。
600ミリリットルのソーダはヘルシーとは思えないからね。」

もうひとりは女性、おかあさんです。

「私はブルームバーグ市長が。何かと規則を決めたがるのは大嫌い。
でも今回はちょっと違うと思っています。
なぜなら甘いソーダを何も考えずに大量に飲んでいる人たちに対して、
規制することで、これはよくないんだ、飲み過ぎなんだ、
だから太り過ぎで糖尿病などの多くの病気が蔓延してしまうんだ、
という強いメッセージを伝えることができると思うからです。
とにかく今回のソーダ禁止には賛成ですね。」

こんなふうに女性の過半数は賛成派。ミシェル・オバマ夫人も賛成派です。

その理由を考えるうちに、びっくりな数字に遭遇しました。

アメリカの国民病となってしまった、肥満ですが、
実はニューヨーク市はアメリカの他の地域に比べ大人の肥満は少ないんです。
過半数が太り過ぎですが、
肥満は5人に一人 。

ところが、
ニューヨークでは何より子供の肥満が大きな問題になっているんです。

全米の子供は3人に一人は太り過ぎで、6人に一人は肥満。でも
ニューヨーク市のウェブサイトに行くと、

就学年齢の子供の4人に一人は肥満。

全米平均を大きく上回っているんです。
ニューヨークの小学校、一年生の40人の教室に
10人の肥満の子供がいることになります。

彼らはこのまま大きくなると成人病等の危機にさらされる可能性が大きいんですね。

ソーダはそんな子供たちに、すごくアピールするドリンク。
テレビコマーシャルには、
今いちばんホットなセレブやかこいいモデルが登場、
ミュージックビデオ並みにかっこよく作られています。
何よりアメリカ人にとって炭酸飲料はポップカルチャーの一つ。
私も子供の頃はコーラがアメリカっぽくて憧れだったりしました。

でも、これを飲み続けたらどうなるのか、自分で判断できる大人はいいとして、

「子供たちを守るためにはしかたがない」と感じている人が
賛成派の多くと言っていいでしょう。

子供たちが学校帰りに立ち寄る近所のデリや、
家族で出かける映画館などから、
大きなボトル入りの砂糖入り炭酸飲料が消えれば、
それだけで違うかもしれません。

この条例、現在施行される可能性かなり高いです。


佐藤めぐみ   ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー
。アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy


2012年05月31日

5/31(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

先週末ニューヨークのビーチは海開きしました!
そして気温も一気に!!火曜日の最高気温は32度でした!

この時期ニューヨークは一気に夏に衣替えします。
街はショーツとサンダルがいっぱい。
その合図が、月曜日のメモリアルデーというホリデー。
メモリアルデーというのはもともとは
南北戦争で亡くなった兵士たちを追悼するホリデー。
今も戦没者を悼み、同時に世界中にいるアメリカ軍の兵士たちに敬意を表す日。

でも多くのアメリカ人にとってこの3連休はアメリカ中が夏の始まりを祝う日。
あちらこちらに出かけますが、一番人気の目的地は、ビーチ。
ConeyIsland_2.jpg
この週末はアメリカのビーチはどこも、海開きするんです。
実は私も、ビーチに行ってきました!
ConeyIsland_3.jpg

以前から何度か話に出たことがあるコニーアイランド
マンハッタンから地下鉄で行けるビーチ。
1時間くらいかかりますが、どこまで行っても均一料金だから、
片道$2.75、往復でも$5.50 500円たらずで行ってこれちゃう!

まさに庶民のビーチとして、長い歴史があるコニーアイランドは、
他の数あるビーチとはひと味違う、
文化の香りもあふれています。

大幅に先取りして海開きしちゃったニューヨークからのレポート
今日はみなさんを、このコニーアイランドにお連れします!

マンハッタン、タイムズスクエアから地下鉄Qトレインに乗っておよそ1時間、
コニーアイランド駅に到着。

ConeyIsland_11.jpg
ドーム天井の大きな駅を出ると、駅前に現れたのは、
7月4日独立記念日のホットドッグ早食いコンテストで知られる、
ネイザンズの本店です。
日本人のフードファイター、タケル・コバヤシが6連覇したのは記憶に新しいのでは?
店の外壁には歴代チャンピオンの名前がずらりとならんでいます。
ConeyIsland_10.jpg

ConeyIsland_9.jpg

ビーチに向かって歩き始めると、右手にちょっとあやしい見せ物小屋が
いくつも見えてきます。
コニーアイランドは19世紀前半からリゾート地として栄えていました。
かつてはちょっと日本の昔の温泉地のような感じで、
90年代まではちょっと怪しげな雰囲気も残っていたんですが、
ここ数年再開発が進んで、 すっかりファミリーフレンドリーな場所になりました。

さて左手に見えてきたのは遊園地です。

ConeyIsland_6.jpg
ここの遊園地も歴史が古く、サイクロンというジェットコースターは
1929年建造のアメリカ最古の木造コースター。
これかなり怖いです。
1920年からある観覧車もここの名物。高さ46メートルもあります。

そして遊園地のすぐ目の前には、大西洋が思い切り開け、
白いさらさらの砂の大きなビーチがどこまでも広がっています。

真夏には満員になってしまいますが、
今はまだすいていて、のんびりした雰囲気。

ConeyIsland_4.jpg
どちらかと言うと、ビーチの手前のボードウォークの方がにぎわっています。
ボードウォークってわかりますか?
よく映画なんかにも出て来るビーチ沿いの遊歩道で、
木材を組んで作ってあるからボードウォーク。
ここをジョギングしたり、自転車で走ったり、ベンチで海からの風に吹かれたり。
アメリカのビーチ文化に欠かせないのがボードウォークです。

ConeyIsland_8.jpg
さあボードウォークから階段をおりて、波打ち際まで歩いていってみましょう。

大西洋の水はこの時期まだかなり冷たいので、
大人は主に日光浴、
読書している人もいます。
それぞれが好きなように、ビーチのライフスタイルを楽しんでいる、そんな感じ。

でも子供たちは思いっきり水につかって、
波が来るたびにはしゃいでいてとても楽しそう!
ConeyIsnald_1.jpg


大人も負けてはいません、
水から上がってきたばかりの女性に声をかけてみました。

「私の名前はパムです。ペンシルバニアに住んでいますが、
生まれ育ったのはニューヨーク、
ホリデーなのでニューヨークに住む二人の娘を訪ねてきました。
ニューヨークのビーチは最高。今住んでいるところには海がないので、
とてもなつかしいんです。」

パムさんに、水は冷たくないですか? と聞いたら?
「すごくリフレッシュしました。太陽が輝いて水は透き通っていて、
素晴らしく美しいんです。 それにまだすいているのもうれしいですね。
水はちょっと冷たいですが、とてもいい気分です。」

コニーアイランドのいいところは? という質問には、
「何と言っても地下鉄で簡単に来れて近いことですね。あとは色々楽しめること。
名物も色々あるし、今日はクラムチャウダーとホットドッグを食べました。
ニューヨークにいた頃は本当に良く来ました。
夏の間毎週末は海。
夏だけでなくて、どんな季節でもビーチは最高ですね。」

パムさんの隣で、
娘さん二人は砂浜に寝そべって日焼けの真っ最中。


さあここでビーチデートの真っ最中のカップルにも、
ちょっとおじゃまして話聞いちゃいましょう。
ConeyIsland_5.jpg

「僕の名前はジェイコブ、オクラホマ出身でニューヨークに住んで2年半になります。
コニーアイランドはとてもいいところですよ。面白い文化もたくさんあります。
あやしい見せ物小屋とか、ホットドッグ早食いコンテストとか。ユニークです。」


さあ最後に、波とたわむれる子供たちを見守っている、
ママとパパにも話しかけてみました。
「コニーアイランド大好きです。子供たちもここで遊ぶのが大好きなんです。」

と、ここで子供たちが海から上がってきました。

どんな気分、寒くないの?と聞いたら「全然、すごくいい気分」と答えてくれました。
とってもすてきな水着ね、とほめたら、
「これは私のベストの水着じゃないの、それは次に来る時にとってあるの」
と言っていました。
このファミリーまた来週末、ここに来るそうです。

都会の真ん中に住んでいても、ウィークエンドはビーチ、
コニーアイランドのさわやかな風といっしょに過ごす夏は、
ニューヨーカーのライフスタイルの一つでもあります。


佐藤めぐみ   ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー
。アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy


2012年05月24日

5/24(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

Chigusaさん、おかえりなさい!!お帰りをお待ちしてました!!

イタリアから戻って、さぞや日本のよさを実感していることでしょう???

この番組ではニューヨークやアメリカに日本文化がどう伝わっているのか、
どんな日本人がニューヨークでがんばっていて、
それをアメリカ人がどう見ているのか? なんてレポートも入れています。

今日の話題は年に一度の日本文化と食の祭典、
セントラルパークのジャパンデーです。
これがまた日本人とアメリカ人が大集合する楽しいイベント。
餃子とか牛丼がただで食べられるのもうれしい!!

このコーナーでは毎年恒例になったジャパンデーですが、
今年はちょっと切り口を変えて取材しました。

アメリカ人の高校生インターンを連れて取材に行ってきました。
しかもこの高校生は日本語を勉強中。

このアップタウンスタジオからも近い、ハーレムの公立高校生で、
名前はナティークくん。

アメリカ人高校生から見たジャパンデー、いったいどんなイベントだったのか、
今日はスペシャルレポートをお伝えします。

5月13日(日)新緑が萌えるセントラルパークで行われたジャパンデー。
今年もニューヨークの日本人コミュニティの親睦と、
ニューヨークへの「ありがとう」の気持ちをこめて行われました。

番組にもメッセージをくれた、ジャパニーズイベントでは
常連になったコスプレ&ゴスロリの女の子たち。
そして家族連れ、高校生、大学生、そしてお年寄りまで、
さまざまな肌の色の日本文化に興味のあるニューヨーカー、
そしてもちろんニューヨークに住む日本人が1日で4万5千人も訪れました。


Japanday2012_1.jpg

ジャパンデーの名誉会長は、
ニューヨーク総領事の広木しげゆき大使です。
芝生の上の記者会見ではこう語ってくれました。

「大変多くのニューヨーク方々、
日本人の方々に来ていただいて心から喜んでおります。
特に若い人に日本のことを知ってほしいと思いますし、
今日もお子さん方のために、ヨーヨーの会場があったり、
フェースペインティングがあったり、
日本人もアメリカ人の子供たちもみんながいっしょになって楽しめる、
そういうジャパンでーしたいということで、
今日は本当にいい機会だと思っています。」

催しものだけでなく、
お好み焼きやうどんなど、フードも全部無料。太っ腹のイベントなんですよ。

次に記者会見に出席したのは、今回のジャパンデーのポスターデザインコンテストに
優勝した、イラストレーターのアーロン・ポーターさんです。
彼は日本で英語を教えていた経験もあるアメリカ人ですが、
彼のデザインしたポスターは、
セントラルパークと桜の木が盆栽の上に乗ったような、
不思議で楽しいデザインです。

Japanday2012_2.jpg

「優勝できて名誉に感じます。
このイラストですか? ある朝目が覚めたときに、
日本に滞在したときに好きだった盆栽を思い出したんです。
僕は日本を描くことが大好きだったので、アメリカに帰ってきてから
ちょっと寂しかったんです。だから今回のコンテストは素晴らしい機会でした。」

実は彼はニューヨークに戻ってきてから、
日本人の奥さんと出会って結婚したそうです。
ニューヨークと日本を彼のような人がつなげているんですね。

さあ後半は実際にジャパンデー会場に行ってみましょう。
ハーレムの高校生インターン、ナティークくんが案内する、
ジャパンデーレポートです。

ナティーク 「ジャパンデーではたくさんの楽しい催しが行われています。
まず日本の食べ物、アート、そして折り紙やお習字などの日本文化。
Japanday2012_3.jpg
Japanday2012_4.jpg
Japanday2012_5.jpg
Japanday2012_8.jpg

僕は牛丼と餃子を食べましたが、とてもおいしかった。
そして今まで見ていたのが、サムライ・ブート・キャンプ。
Japanday2012_6.jpg

Japanday2012_7.jpg
あとは、オハシゲームという、小さなモノをお箸でつまんで
早く全部お茶碗に入れた方が勝ちというゲームに参加して、
負けてしまいましたがかなりいい線いったと思います。

今はお菓子のテントに並んでいます。
ここでメロンパンと、ハイチュウをもらいます。」


ポッキーはやっぱり人気なんですね。
さてここで彼の希望で、ニューヨーク在住の日本人に
インタビューしてもらうことにしました。
答えてくれたのはニューヨークで英語の勉強をしているマイさんです。

ナティーク「ジャパンデーは日米をつなぐ絆になると思いますか?」

マイ「日本の文化をアメリカ人や海外に知らせるいい機会だと思います。
セントラルパークで開かれているからたくさんのニューヨーカーが来ていて
素晴らしいし、日本の食べ物も無料で食べられるのでとてもいい機会たと思います。」

ナティーク「(日本語で)ジャパンデーが好きですか?」
マイ「好きです!」

日本語もミックスしたレポート、なかなかのものでした!
実際の彼の声と日本語はウェブラジオで聞いてくださいね。

ナティークくんは実は去年初めて日本に行きました。
彼が通っているフレデリック・ダグラス・アカデミーという高校は、
日本語が選択科目にあるんです。
なぜ彼が日本語に興味を持ったのか、
そして彼のクラスにはたくさんの日本大好きキッズがいますので、
また次の機会にご紹介したいと思います。


佐藤めぐみ   ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー
。アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy

2012年05月21日

5月21日(月)ハワイから

フラワー・レポーターは、ハワイにお住まいになって、20年。
現地で、ウェディング・プランナーをされている「讃井 晶子(サナイ アキコ)」さんにハワイの魅力を伺います。


Qサナイさんは、ハワイのどちらにお住まいですか?


オアフ島の東のエリアに住んでいます。

Q私、今回西側のエリアに行けなかったんですけど、西側だと、オススメの見どころは、どんなところでしょう?

⇒西で今話題のスポットといえば、アウラニ・ディズニー・リゾート&スパでしょうか。
わたしがピアノを教えている地元のこどもたちも、ミッキーなどの人気キャラクターを見るために宿泊したり、食事に出かけたりしてますよ。


Qハワイの島の中で、サナイさんが好きな島はどちらですか?

ハワイの各島はそれぞれ趣がちがって、ひとによってどの島が好きかということが結構分かれるんですよね。
個人的にはカウアイ島が好きですけど。でも一番回数行っているのはハワイ島なので、なんだかちょっと矛盾してますね。

ここでハワイからクエスチョンです!


Q「ハワイの各島にはニックネームがついているのですが、オアフ島についているニックネームはなんでしょうか?」

① 「The Valley Island」
② 「The Garden Island」
③ 「The Gathering Place」

クイズの正解は・・・③の「The Gathering Place」です!


※「The Valley Island」は、マウイ島のこと。
「The Garden Island」は、カウアイ島。

Qそんなハワイで、最近、ローカルで話題のスポットなどあれば、教えていただけますか?

⇒最近はくまなくカバーされているようなので、地元のひとだけが知っている穴場というのはあまりなさそうですが、最近オープンしたばかりの全米にチェーン展開しているディスカウントショップ、TJ Maxx はローカルの注目スポットですね。まだ観光ガイドなどには載ってないと思います。Ross の競争相手のようなお店ですが、置いてあるブランドがRoss よりも高級なものが結構あるみたいです。

2012年05月17日

5/17(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

東京から飛行機で一駅のニューヨークから今週もお届けします!

このコーナーは毎週ニューヨークから、かなりローカルな地元情報から、
ちょこっと時事ネタまでいろいろお送りしていますが、

他のワールドフラワーズネットワークとちょっと違うのは、
日本の話題が結構多いこと。

ニューヨークではもう何年も日本ブームが続いていて、
日本食はもちろん、アニメ、マンガなど
ジャパンが大好きなニューヨーカーもたくさん登場。

今年はニューヨークに桜が贈られて100周年でイベントがたくさんあったり、
先日もその桜を記念して、
ニューヨークのランドマーク、エンパイアステートビルが
桜色にライトアップされたりしました。

日本とニューヨーク、年々距離が縮まって行く気がします。

そして今週は、みきさん&みなさんに面白いニューヨーカーを紹介します。
ニューヨーク生まれなのに日本語ペラペラで、
日本語で歌う地元ロックミュージシャン。

名前はALEX YORK!
AlexYork-SpringSun-email.jpg


2010年にはニューヨークの地元タウン誌TIME OUTから、
ロックスターの卵!と称され、
去年は10万人が集まるロックフェス、BOMBOOZLE FESTIVAL、
そしてCMJ MUSIC MARATHONにも出演。
音楽よしルックスよし、ステージかっこよし!!まさに期待の星。
AlexYork_DSC7271.jpg
AlexYork_DSC7613b.jpg
AlexYork_DSC8103C.jpg
_DSC7994.jpg


さらにこのALEX YORK、
16歳で日本語を勉強しはじめて、
20代の今もう日本語で作詞できるまで上達!

いくらニューヨークが国際都市といっても、
こんな方とはめったにお目にかかれません。
ですからみなさんにぜひご紹介したい!! 

ニューヨークの日本文化の発信拠点、ジャパン・ソサエティが
毎年春に開催している
J-CATIONというイベントに出演したので、
その時にキャッチしてインタビュー。

AlexYork_DSC7177.jpg


日本語で歌うニューヨークの地元ミュージシャン、
ALEX YORKをさっそく紹介しましょう。

自己紹介をお願いできますか?

「はい、アレックス・ヨークと申します。ニューヨークに生まれて育ちました。
主に英語で(音楽を)やっていて、最近は日本語でも作っていて、
そんな面でがんばっております。」

影響を受けたアーティストの名前を教えてください。

「デビッド・ボウイーさんからとても影響を受けたと思います。
そしてB’zも歌声が好きです。エアロスミスと似ているでしょう?
シアトリカルなところが。あとは井上陽水もとても好きで、
サザン・オールスターズも好きです。あとはイギリスのパンクなどに
影響を受けたと思います。

どういう環境で育ったんですか?

「もともとニューヨーックっ子です。実は母が国連で働いていて、
日本も含めてヨーロッパなど色々な国際文化から影響を受けたと思います。
そういう国際的なことが強調されて、よりニューヨークっぽく育ちました。」

日本語がとてもうまいのですが、なぜそんなにうまいんですか?

「前世は板前さんかな?と思っています。食いしん坊ですからお寿司が大好きです。
日本食に病み付きになって。
ニューヨークの店では英語のメニューもありますけれど、
スペシャルや日替わりメニューは日本語で書いてあるので、
それを将来読めるようになりたいと思いました。
そして任天堂のビデオゲームもきっかけです。」

何歳から勉強したんですか?

「本格的に始めたのは16歳くらい。でも独学でした。
その後大学でも学び、奨学金をもらって日本に3ヶ月留学したりもしました。」


日本語で歌い始めたのはなぜ?
「日本語がパッションでしたし、音楽も熱心だったので、
それを融合させようかな、と思って、1年前くらいに始め、
数曲日本語で書いてみました。


このアレックスくん、日本をはじめ世界中にファンがいて、
facebookページのLike(いいね)の数もTwitterのfollowerも7万人以上!すごい!

「まあ、突然ではなかったですね。ここ2年くらいがんばって演奏して、
少しずつファンが増えて、YouTubeでもビデオを出して。
そして一番大事なのは、ファンと直接やりとりすることだと思います。
そして誰がファンなのかを知りたいと思います。
世界中色々面白い人がいて、そういう人の背景も知りたいし。
遠くに住んでいる人でもやりとりできるということは、
インターネットの見事なところだと思います。


とにかくこれから大ブレイクしそうな予感のALEXですが、
実は彼は音楽だけでなくすごいインテリなんです。
卒業したのはエール大学。クリントン元大統領も卒業した超名門校です。

音楽だけではもったいないような? 他にやりたいことは?

「全然もったいなくはないんです。大学に行かなかったら日本語ができなかったし、
例えば作詞も、物語を作るのに、大学で勉強した文学が役立っています。
どんな学問でも影響を与えて豊かなベースになると思います。
将来何をやるかはわからないけれど、
今は音楽を一生懸命やらせていただきたいと思います。」


日本を愛し、音楽を愛するニューヨーカーALEX YORK
ぜひALEXYORK.COMをチェックしてみてください。

Photo by ASH FOX

佐藤めぐみ   ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy

2012年05月10日

5/10(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!


5月のニューヨークはアウトドアイベントの季節!
シトシトの間をぬって、先週末はニューヨークマラソンの自転車バージョン、
5 BORO BIKEツアーに3万人が参加!

今週末は恒例セントラルパークのジャパンデー
そして今日レポートするのは、
OCCUPY WALL STREET復活。

_OWS_6.jpg

去年の秋、アメリカの富の4割近くを、人口のたった1%が所有していることに抗議、
99%の声として始まった草の根抗議運動。
アラブの春に触発されてウォールストリートからはじまり、
その運動は全米、そして世界中に広がりましたね。

ニューヨークでは若者からお年寄り、そして親子で参加する人も多い、
本当にフツーのニューヨーカーによる抗議運動でしたが、
11月には本拠地だったウォールストリートの公園でキャンプが一掃され、
冬の間は影を潜めていました

が。。。。春と共に戻ってきました!

5月1日、メーデー、労働者の日に、
数千人の労働組合のニューヨーカーと共に大規模な抗議行動で復活。

_OWS_2.jpg

5月1日午後2時、
タイムズスクエアのお隣にある、都会のオアシス、ブライアントパークから、
デモ行進がスタート。

この日の午前中はあいにくの雨模様、
そんな中、マンハッタンの銀行前など20カ所以上で小規模なピケをはった後、
昼過ぎにはここブライアントパークに集結、

_OWS_1.jpg
_OWS_3.jpg
_OWS_5.jpg
_OWS_4.jpg

そこから5番街を下ってダウンタウンへのデモ行進が始まりました。

「WHOSE STREETS? OUR STREETS
 (このストリートは誰のもの?私たちのもの!)」

とコールしながら、
若者から小さな子供をつれたお母さんまで、
ざまざまなプラカードやバルーンなどをかかげてマーチしました。
これまでと同様ピースフルで、熱のこもったパレードが続きました。
ウォールストリートジャーナルでは参加者6千人と伝えています。

ブライアントパークで、なぜ今日のデモに参加したのか聞いてみました。
彼らの言葉から、いったいこれがどんな運動なのか、
そして何を求めているのかを、生々しく感じ取ってもらえると思います。

_OWS_10.jpg

まずはこの男性からです。

「僕のメッセージは、私たちの社会はものすごいお金持ちが
すべてをコントロールしているということ。
メディアも政治も彼らにコントロールされていて、99%の声が反映されていない。
僕は企業が敵だと思っているわけではありません。
でもあまりにもお金中心になってしまって、政治も人民のためでなく、
企業のための政治になっています。
これではアメリカの民主主義は死んでしまいます。」

_OWS_12.jpg
おそろいのピンクのTシャツを来ている大学生の女の子たち、

「このTシャツに書いているメッセージは、
性別や人種などによる恐れや偏見の気持ちをぶちやぶろう、というものなんです。
そして今日ここに来た理由は、世界で起こっている
さまざまな問題について語り合うためです。
今とは違うやり方で暴力や不公平に対応し、
その不公平を減らし、問題を解決するためにはどうすればいいかということ
。その方法を探すのが私たちの責任だと思うからです。」

_OWS_9.jpg

そしてとても若いグループとも出会いました。

「僕は15歳の高校生です。メイン州から昨日きました。
おかげで学校を2日欠席することになりましたが、来てよかったと思っています。
なぜかってそれは、今のたった今の社会で起こっている事と
かかわりたかったからです。

今の政治には人種差別などの差別がいっぱいで、
みんなが世の中にかかわろうと思ったら、こういう運動でしかないと思うんです。
そしてオキュパイウォールストリートは、アメリカで最大の社会運動なんです。」

_OWS_11.jpg

そしてこの女性の持っていたプラカードには、こう書いてありました。
「これは抗議ではなく、治療介入だ。ビリオネアたちにはリハビリが必要だから」

彼女はこんな印象的な言葉をくれました。
「私たち人間には私たちがまだ知らない潜在的な力があると思います。
その力を使って、世界を思いやりで満たし、
自分の利益追求よりもっと大切なものがある事を、
みんながわかるような世の中になってほしいのです。」


99%が1%の富の集中に抗議するだけでなく、
よりよい世界を願う、切実な気持ちが伝わってきます。
普通の人々が、ここにくれば、自分の思いを発信することができる、という
限りなく前向きで一種楽観的なムードが、
オキュパイウォールストリートをこれまでのどんな社会運動とも違う、
魅力的で、パワフルなものにしているのは間違いないと思います。


OCCUPY WALL STREET
ピースフルな雰囲気で始まった、メーデーの抗議行動ですが
夕方以降、多数の警官がバリケードを作るなどして行動を牽制。
交通のさまたげになった、などの理由で45人が逮捕され、
再びメディアのスポットライトを浴びました。


「今日の抗議行動で、オキュパイ・ウォールストリートは消えたわけじゃい、
ちゃんと健在で、みんながどれほど民主主義を守るために真剣かということを、
発信できたと思います。」

そう語ってくれたのは、
「金権主義ではなく民主主義を」というプラカードをかかげた男性。

実際活動をお休みしていた間にもオキュパイのパワーは衰えませんでした。
ウォールストリートの金融機関の重役に対して行った調査では、
4人に3人が、オキュパイはこれからも世論に大きな影響を与え続けると答え、
さらには96%の重役たちが、金融業界へのネガティブなイメージは、
身から出た錆、と答えているんです。

これだけ大きな社会運動を見せつけられて初めて、
自分たちの非を認めざるを得なかったと言っていいでしょう。

_OWS_7.jpg

さて、今年2012年は大統領選挙の年です。
いったいオキュパイは政治にも参加するつもりなのか、
プレス担当のローレンス・ミラーさんに聞いてみました。

「私たちは99%を無視する旧来の選挙というスタイルの政治に
参加するつもりはありません。」

これまでにない新しい方法でのかかわりかたを模索する、と言っていました。

とは言え、今回の選挙でも再びキーになると見られる若者票の動向に、
大きな影響を与えるのは間違いないでしょう。

世界は動いています。


佐藤めぐみ
ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー。
アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy

2012年05月03日

5/3(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

HAPPY GOLDEN WEEK!!

アメリカにはないゴールデンウィーク! うらやましい!!

今日は、フラワーズの大特集に歩調をあわせて、
ニューヨーク・ローカル線の旅!! 第二弾!!

先週は世界の交差点タイムズスクエアから、地下鉄と郊外電車を乗り継いで、
一足早くビーチまで行ってみましたが、

今週は、ニューヨーカーにとっての究極のローカル線、
SUBWAY, 地下鉄にスポットをあててみたいと思います。

どのくらい究極かというと、
マンハッタンの中を移動する電車は地下鉄しかありません。
先週お伝えしたように、どこまで行っても初乗り料金$2.75
24時間走っています。始発も終電もなし。
そんなわけで、働く人はもちろん、
ツーリストも路線図片手に乗り回している、
まさにニューヨークの命をささえる毛細血管!

でも初めての地下鉄、
特に改札口、ちょっとつまづく方が多いです。。。。どういう事でしょう?

今日もニューヨーカーといっしょにローカル線の旅に出かけましょう!!

まず想像力をたくましくして、
ニューヨークの空の玄関、JFKエアポートに飛行機でおりたと想像してください。

ここからマンハッタンまで、イエローキャブでも5000円くらいで行けるので、
タクシーの人が多いんですが、
荷物がそれほどない場合、チープにいくならやっぱりサブウェイです!

エアポートからまずAIR TRAINというモノレールみたいな電車に乗って、
ハワードビーチという駅まで行きます。
エアトレインは$5で地下鉄は$2.75ですから、全部で$7.75 
600円しかかかりません。

ここからサブウェイに乗りますよ。
地下鉄に乗るにはまずメトロカードというプリペイドカードを購入します。
s-Metrocard_1.jpg

s-Metrocard_2.jpg

今回は1週間滞在する予定なので、ウィークリーパスを買いましょう。
29ドル、およそ2500円で1週間乗り放題!
あ、それとカード売り場では地下鉄路線図も無料でくれます。
SUBWAY MAP PLEASEと聞いてみてください。

さて、次。
改札を通るには、このカードを右側のスリットにシュっと通して、
ターンスタイルと呼ばれる金属のバーを、ガッチャンと腰で押して入ります。
このシュっ!が早すぎても、遅すぎても、カードを読んでくれず、
ガッチャンができません。
ここで立ち往生しているツーリスト多いです。
2〜3回失敗すると慣れるんですけどね。

さあ電車が来ました。
この路線Aトレインは、全部で24の路線の一つです。
駅の数にして468。総延長1000キロ以上の世界最大の地下鉄システム。

ローカルのニューヨーカーといっしょに電車にゆられること45分、
いよいよマンハッタンの中心、世界の交差点タイムズスクエアに到着!
s-3train.jpg

先週も来たから、けっこうおなじみになってきたんじゃないですか?

タイムズスクエアは24路線のうち13もの路線が集まるターミナル駅です。
ABCDE, NQRS 123 そして7

s-TimesSquare_retro.jpg
s-TimesSquareStation2.jpg
さあここからどこに行こうかな。
世界の交差点にいるツーリストたちは、地下鉄でどこに行ってるんだろう?
ちょっと聞いてみましょうか。

まずフランス人のソフィさんが行ってきたのはエンパイアステートビル
NかRの34丁目がもより駅です。
フィラデルフィアから来たドーラさんがこれから行くのはセントラルパーク。
ABCDEのどれに乗っても便利。

同じくフィラデルフィアのハンターさんは、5番街でのショッピングの帰り。
5番街へはNかRで59丁目でおりてくださいね。
アップルストアの真ん前に出ます。

ジョージーさん、アナさんのグループはもうかなり色々な場所に行ってきたようです。
ハーレムに行くならAトレイン。
チャイナタウンとSOHOはNかR
自由の女神に行くには1に乗ってサウスフェリーまで行き、そこから船に乗ります。

と言いつつ、私もどこに何に乗って行けばいいか、
全部覚えているわけではありません。
マンハッタンの地下をまるで毛細血管のように通っているサブウェイ、
20年ここに暮らしていますが、未だに地下鉄路線図が手放せないんです。

ニューヨークのローカル線、地下鉄は1904年開業ですから。とにかく古いです。
夏はちょっと匂いが気になったり、線路をネズミちゃんが走っていたりもしますが、
レトロなモザイクの看板など味があります。

またさまざまな路線が入り組んでいますから、
タイムズスクエアの駅などは、時間と空間の地下迷路に迷い込んだような、
そんな気分も楽しめるのが、ニューヨークの地下鉄なんです。

ここでタイムズスクエアで出会ったツーリストたちに、
地下鉄に乗った感想を聞いてみましょう。

s-TimesSquare_May2012_2.jpg
フランスから来たソフィさんは、
ニューヨークの地下鉄は
乗りやすくて、渋滞のマンハッタンを早く移動できるし、何より安いのがいい。

s-TimesSquare_May2012.jpg

フィラデルフィアからきたラルフィーさんは、
ニューヨークの地下鉄は混んでいてびっくりした、と言っていましたが、
はっきり言って東京の方が混んでいます。


というところで、日本人もキャッチしました!
大阪から来ている桜井さん、地下鉄は怖いイメージがあったけれど、
乗ってみたら乗りやすくてしかも安い!と言っていました。


怖いかなというイメージは、80年代くらいまでは犯罪も多かったからです。
でもニューヨークの街が安全になると共に、
地下鉄も危険なイメージはなくなりました。

とはいえクラブ帰りに夜中のガラガラの地下鉄で、
iPhone聞きながら居眠りしたら、
もしかすると盗難にあう可能性はありますのでご注意くださいね。

気をつけるところは気をつけつつ、
ニューヨークに旅行に来たら、地下鉄路線図がぼろぼろになるくらい、
サブウェイを乗り回してみてください。
あなたもためしてみませんか?


佐藤めぐみ   ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー
。アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy

2012年04月19日

4/19(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

セントラルパークにも緑が萌えだし、美しい季節ですが、
月曜日の最高気温はなんと29度で街は一気にショーツ&サンダル状態、

Unionsquare%20park.jpg
なのに昨日は20度、
今は9度しかない。。。
もう何を着ればいいのかわかりません!

この異常な気温の乱高下で風邪をひく人続出、
さらに今年は史上最悪の花粉シーズンらしく、
今日のNYのPOLLEN COUNT(花粉指数)はVERY HIGH
花粉を飛ばしている木はクワ、オーク、そしてプラタナス、
こう暖かいと誰の頭をもよぎるのは、地球温暖化。。。

22日日曜はアースデー。
ニューヨークでもグランドセントラルステーションやタイムズスクエアで
恒例のアースフェアを開催。
エコグッズの販売や展示、エコカーのショーや植物の配布なども。
EDay_plants.jpg
EDay_eco%20car%20show.jpg
そんな中でいったいニューヨークのエコ事情は実はどうなっているのか? というと、

ニューヨーク市にはPLANNYCという全米でも最もプログレッシブな
環境プログラムがあります。
その動きはイエローキャブのハイブリッド化から、
リサイクル、水質改善、再生可能エネルギーまで多岐にわたっています。
その中に、マンハッタンの摩天楼のグリーン化があります。

そうは言っても、マンハッタンを歩いただけでは、
何がどう変わっているのかほとんどわかりません。

その変化は、外からは見えないビルの屋上、または地下、
そして内部で起こっているからです。
摩天楼の街、マンハッタン。
ここで起こっているビルが主役のエコ事情、
今日はぜひ覚えておきたい2つのトピックをお伝えしましょう。

まずはアップタウンスタジオから地下鉄に乗って、
ダウンタウンに向かいましょう。

マンハッタンの南のはし、ワールドトレードセンターに建設中の
1 WORLD TRADE CENTER
2013年に完成すれば、地上104階、
ニューヨークはもちろん、アメリカで一番高いビルになります。
wtc-040212-1.jpg

今は骨組みがもう100階まで到達、
夜は照明が煌煌と輝いて、かなり遠くからでも見える、既に貫禄十分です。

実はこの1 WORLD TRADE高いだけじゃない!
世界でのトップクラスのエコビルディングなんです!
もちろん世界基準のひとつである、LEED基準のゴールドスタンダードをクリア。

ビルの建材75%はリサイクル素材
400基の燃料電池での自家発電
その燃料電池から出る熱で暖房
雨水、そして近くのハドソン川の水を使って冷房
などなど、カッティングエッジのテクノロジーがてんこもり。
ビル内で使うエネルギーの7割は再生可能なグリーンエネルギーになるそうです。

ニューヨーク、そしてアメリカを代表する建物は、
世界有数のエコビルディングとして未来の建築をリードしてくれそうです。

どはいえ、築100年なんていう建物がわんさかある古い街マンハッタン。
エコビルディングと呼べるのはまだ50カ所程度

でも古い建物でもこんなにエコできる! というすごい例をご紹介します。

また地下鉄に乗って、マンハッタンのお隣の区、ブルックリンに行ってみましょう。

到着したのはサンセットパークという、
最近は日本人の学生もけっこう多いコミュニティ。
ここにある元海軍の倉庫だった巨大な建物。

ここの屋上を、ものすごく大きな温室にする計画が発表されました。
その広さはなんと10万スクエアフィート=9千平方メートル。
ここでニューヨーカーが食べる野菜が栽培されるのです!

実はこうしたルーフトップファームは今ニューヨークに確実に増加中。
すでにマンハッタンから地下鉄で30分圏内に、
5つの巨大ルーフトップファームが存在しています。
中には畑からマンハッタンの摩天楼が一望できるすごいファームも。

古い建物の屋上を農園にしようという動きは、
個人や会社などあらゆるレベルで盛んになっています。

この巨大屋上温室を手がけているブライトファームという会社は、
ニューヨーク中のスーパーマーケットの屋上に農園をつくろうという
プロジェクトのリーダーでもあります。
屋上で作って下で売れば、運送にかかるガソリンが必要ないし排気ガスも出ない。
もちろん新鮮な野菜が食べられるというメリットもあります。

それも自分で作ればただ。将来の食料危機に備えて、
サバイバルのための自宅屋上農園を考えている人もいたりします。

農園まではいかなくても、緑を植えてグリーンルーフにするだけで、
建物の温度を下げて節電になったり、まわりの空気がきれいになる、
雨水の再利用などメリットが多い。
マンハッタンでは中央郵便局の集配センターの屋上がグリーンルーフで
知られています。
気がついたらマンハッタン中の屋上が緑でいっぱいになっていた、
なん時代が来たらいいな、とニューヨーカーは夢みています。

一方で実は、アメリカ人のエコ意識は3年前に比べて微妙に後退している。。
という気になるデータもあったりします。

長びく不況でエコどころではない、というのが庶民の本音だったりしますが、
そういう中で、ビジネスワールドが率先してエコを実現することで、
経済の振興にもつなげていくんだ! 
というのがニューヨークスタイルだったりもします。

そんな催しがおとといから今日木曜日まで、
ニューヨークで最も大きなホテル、ヒルトンホテルで開催されています。

ビジネス界のリーダーが集まった
SUSTAINABLE OPERATION SUMMIT環境ビジネスサミットは、
キーノートスピーカーにクリントン元大統領、俳優のドン チードルらを迎え、

様々なテーマのパネルディスカッション
ニューヨークの環境対策のキーになる場所へのツアー、
ワールドトレードセンターもその中に入っています。
世界一環境に優しい船でのネットワーキングクルーズ

ちなみにヒルトンホテルもこのサミットを機会に、屋上に熱電供給システムと
グリーンルーフを設置すると発表して話題になっています。

もちろん屋上をグリーンにすればすべての問題が解決するわけではありません。
でも出来るところからとにかくやる!
ソーラーパネルだって、風力発電だって、
需要が増えれば生産も増えて値段が下がる、
資本主義らしいやり方で、私たちの未来を作って行く、
そういうたくましさがニューヨークらしさでもあるんです。

rooftopfarmnews.jpg


佐藤めぐみ   ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー
。アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy


2012年04月12日

4/12(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

花も咲いて緑も萌えてきたのに、なぜか寒いニューヨーク!
それでも一度春の気分になってしまったニューヨーカー、後戻りできません。
コートを着たままアウトドアカフェや公園でランチ。。。。私もしています。

s-Bryant%20Park.jpg

メジャーも開幕しています。
ニューヨークヤンキースは明日金曜日、ホーム、ヤンキースタジアムでの開幕戦です。
日本ではやっぱりダルビッシュの話題でしょうが。。。
ニューヨークではかなりコアなメジャーファン意外は、まだダルのこと全然知りません。
アメリカは広いですからね。。。
ヤンキースのような全国区の人気チームにでも入らなければ、
全米的に知られるようになるのは、かなり活躍してからです。がんばってほしい!!

そんなニューヨークで、今話題になっているモノ、いったい何だと思います?
映画にもなって日本でも大ヒットしたあの悲劇の豪華客船と言えば。。。
そう、あのタイタニックです。

ちょうど100年前の4月15日。
今度の日曜、正確には土曜日の夜中から日曜の朝にかけて、
タイタニックが北大西洋の氷山に衝突、沈没してしまったんですね。。。

そしてタイタニック号は、イギリスのサウサンプトンを出航、
その目的地は。。。ニューヨークだったんです。

今日はタイタニックの100周年でニューヨークで行われているイベント、
特別番組、キャメロン監督が出ているドキュメンタリーもあります。

そんな話題をお届けしますが、
一番最初にみなさんをおつれしたいのは、
タイタニックが到着するはずだったマンハッタンの埠頭です。

s-Pier54_3.jpg

犠牲になった乗客と乗組員1514人、救助されたのは710人。
タイタニック号のかわりにこの埠頭に接岸したのは、
生存者をのせた船 カルパチアでした。

今も埠頭の入り口には、鉄で作られたアーチ型の巨大な門だけが残って、
あとはとてもさびれています。
s-Pier54_1.jpg
s-Pier54_8.jpg

当時使われていたであろう、錆び付いた鉄の配管パイプなども残されています。
s-Pier54_6.jpg
s-Pier54_2.jpg

あとはただのコンクリートの埠頭が、ハドソン川に向かって一直線にのび、
その向こう側には曇り空の夕暮れが広がっているだけ。
s-Pier54_5.jpg

カメラを持ってふらりと歩いてきた男性に話かけてみました。


フォトグラファーのジュリアンさんはこの埠頭の近所、
グリニッジビレッジで生まれ育ったけれど、
ものごころついた頃からこの埠頭はもう使われていなかった、
でも何年か一度は、ここで記念の行事もあるんだよ、と教えてくれました。
彼は今日はこの夕暮れの海を撮影にきたそうなんですね。
美しい夕暮れや素晴らしい雲を見ていると、
霊的な気持ちがこみあげてくる、と言っていました。

映画にも描かれていたように、タイタニックにはレオが演じたジャックのような貧しい移民と、
ケイト・ウィンスレットのローズのような大富豪や当時の名士も乗っていました。

例えば当時ニューヨークのビジネス界の名士だったジョン・ジェイコブ・アスター四世、
グッゲンハイム美術館で知られる名家の一員、ベンジャミン・グッゲンハイム。
そしてこのレポートにもよく登場する、ニューヨークで一番有名なデパート、
メイシーズのオーナーだった、イジドー・ストラウス。

そして20世紀初頭、ヨーロッパからアメリカへの移民がピークだった時期に、
海の玄関だったニューヨークという街にとって、
タイタニックの悲劇は忘れる事のできない歴史の1ページでもあるんです。
s-Pier54_7.jpg
s-Pier54_4.jpg

ところでニューヨークにはタイタニックのゆかりの場所が、
54番埠頭以外にもいくつかあります。
もうひとつのマンハッタンの埠頭、ピア17
サウスストリート・シーポートには、
犠牲者の追悼のために建造された灯台の先端部分が残されています。

ちなみにこのサウスストリートシーポーとのミュージアムでは、
10日(火)から5/15まで、
Titanic at 100: Myth and Memory,"という展覧会がスタート
引き上げられた初公開の遺品や当時の貴重な写真などが展示されています。

タイタニックの航海を再現しようというクルーズも今ちょうど行われています。
一つは出発地、イギリス、サウサンプトンから、
もう一つはニューヨークから出航、
タイタニックが沈没した場所で、当時をしのんで追悼しようというもの。

イギリスからの船は、途中で病人が出たり、悪天候に阻まれたり、
大変だったようです。

キャメロン監督の「タイタニック」が3Dで劇場公開されて、
先週末の興行成績2位になりました。

また「タイタニック」テレビバージョンのミニドラマシリーズもオンエア。
他にも数多くの特集が組まれていますが、その中で最も注目なのは、
James Cameron “ The Final Word”

タイタニックに魅せられて映画を作ったキャメロン監督が、その後も検証を続け、
描ききれなかった思いや、事実を暴きだすドキュメンタリー、

コンピューターグラフィックスによる沈没の様子は目を見張るものがあります。

キャメロン監督はドキュメンタリーの最後で、
タイタニックにここまで魅せられる理由をこう語っています。
「自分がタイタニックに見るのは、人は巨大なマシーンを作り出し、
悲劇が起こるまでシステムを止めることはできないという事。
またタイタニックはあらゆる階層、人種が乗り込み、
それぞれが違う思いで同じ目的地を目指す、
まるで世界の縮図のような船だったということ。
そういう意味でタイタニックは現代の人間社会を象徴しているように思える。」

100年前に起きたタイタニックの悲劇は、今の私たちとも無関係ではありません。


佐藤めぐみ   ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー
。アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy

2012年04月05日

4/5(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

Happy April!!

マンハッタンのオフィス街、
歩道から人がはみ出しているような、
騒音と排気ガスだらけのストリートで、今日は何だかいいにおい。。。
歩道の植え込みが水仙とヒアシンスでいっぱい!思わずハッピーな気分に!
Flowers_1.jpg

Flowers_2.jpg

昨日のアメリカは、南部テキサスで竜巻が12個同時に起こるほど大荒れの天気。
ニューヨークも強風が吹いた1日でしたが、今日はうって変わって穏やかでした。

なかなか落ち着かない4月の気候の中、
日本は新入学、新社会人。。。ニューヨークの4月には新入学はありませんが、
今度の日曜日はイースターサンデー。家族で教会に行ったり、
子供たちはセントラルパークで卵探しゲームをしたり、
5番街では派手でおしゃれなボンネットという帽子のデザインを競う、
イースターパレードもあります。

そんな春のニューヨークから4月のレポートは、
BACK TO BASICS 初心に返る。

このフラワーズ FROM NYを放送しているアップタウンスタジオというのは、
その名の通りマンハッタンのアップタウン、ハーレムというエリアにあるわけですが、
どんな場所か、という話をあまりしたことがありませんでした。

いったいハーレムというのはどういう場所なのか?
アメリカのブラックカルチャーの中心地。といってもピンと来ない?

ではゴスペルが聞こえる街。。。と言ったら?
日曜日のブラッックチャーチでクワイアが歌いまくるあのゴスペルです。
ハーレムはチャーチタウンと言ってもいいくらい。
縦横3キロ四方くらいのエリアに、教会の数400件と言われているくらい。

今日はハーレムの教会ではなく、シアターで上演されているゴスペル・ミュージカルをご紹介。
なんと29年間ロングランを続けている!
「ママ・アイ・ウォント・トゥ・シング」というミュージカルをご紹介!

1983年ハーレムで初演されて以来、29年間のロングラン、
アフリカンアメリカンが手がけた劇場作品としては、史上最長のロングランを続けているのが、
オフブロードウエイ・ミュージカルの「MAMA I WANT TO SING(ママ・アイ・ウォント・トゥ・シング)」

どんな作品かと言うと、
60年代のR&Bシンガー、ドリス・トロイがゴスペルチャーチから
トップスターに巣立っていくまでのストーリーが、パワフルなゴスペルと共に展開される
まさにブラックミュージック、ゴスペルの魅力がはじける衝撃的な作品。
Mama_blog_1.jpg
Mama_blog_2.jpg


2月最後の土曜日から、ハーレム127丁目のデンプシー・シアターで
「ママ」シリーズの「ネクスト・ジェネレーション」春公演がスタートしました。
1年でもロングランするのが難しいニューヨークで、これだけの長寿を保っている秘密は、
幕が開いた瞬間にわかりました。
Mama_blog_4.jpg

ゴスペルクワイア(コーラス隊)が歌い始めた時の雷に撃たれたような衝撃。
ほとんどが10代というクワイアの瑞々しくパワフルな歌声に、
全身がリズムに乗って浮んでいくようなあの独特の感覚。
歌と歌の間には、ステージに設けられたDJブースで、
ブラックラジオステーションの女性DJがストーリーを語る演出。

このDJこそが脚本を手掛けたヴァイ・ヒギンセン、
ドリス・トロイの実の妹です。
そう、この「ママ・アイ・ウォント・トゥ・シング」はヴァイが書いた
黒人ファミリーの物語。
Photo%20by%20GN%20Miller_High%20Res%20copy.jpg
Vy%20%26%20Ahmaya%20Knoelle%20copy.jpg

実は「ママ・アイ・ウォント・トゥ・シング」は、1988年に初来日、
大ブームを巻き起こし、主役ディアトラ・ヒックスが歌うテーマソングは
FMラジオで大ヒットしました。

今や日本中をかけめぐるゴスペルブームの種は、
ここで蒔かれたと言っても言い過ぎではありません。

その時の思い出を、ヴァイ・ヒギンセンはこう語ってくれました。

「ハーレムのミュージカルが日本に招待されるなんて、本当に光栄に感じました。
あの時日本で、私にとって素晴らしいことが二つ起きたんです。
一つは、私たちが初めて、日本のオーディエンスにゴスペルを紹介できたこと、
もっとうれしかったことがあります。
日本人というのは礼儀正しいから最後まであまり反応がないと思うけど心配しないで、
と言われていました。
ところが全然そうでなかったのです。 
すべてのオーディエンスが大拍手で笑い、涙を流し、
ハーレムのオーディエンスとまったく同じ反応だったんです。
あんなに私たちの音楽を喜んでもらえるなんて、素晴らしい経験でした。」
Mama_blog_3.jpg


この「ママ・アイ・ウォント・トゥ・シング」が何より素晴らしいのは、
舞台で歌いまくるゴスペルクワイアはほとんど全員、ヴァイが主催する
ゴスペル・フォー・ティーンから巣立った若者たちだということです。
予算カットでニューヨーク市の公立学校には音楽の授業はないところも多い、
そんな中で才能ある子供たちが、無料で歌のレッスンを受けられるプログラムが
ママ・ファウンデーションの「ゴスペル・フォー・ティーン」です。
Mama_blog_5.jpg

ヴァイはこう語ります。
「日本人があれだけゴスペルを愛してくれたから、
ゴスペルを宗教音楽ではなく、アートフォームとして教えようという気持ちになりました。
今、ヒップホップしか聞かないティーンに、自分たちのルーツを忘れないでほしいんです。
この作品では彼らがほとばしるようなパッションとエネルギーでゴスペルを歌ってくれて、
本当にエキサイティング。
観客も、かつて作品を見てくれた人が娘や孫を連れて見に来てくれる。
そういう意味で、本当にブラックアメリカのクラシック作品になったのだと実感します。」

ブラックアメリカンクラシック。
実はミュージカルの舞台は1960年代前半という未だ人種差別が厳しい時代、
でもこの作品にはそういったネガティブな要素のかわりに、
娘を思う母の愛があふれる、まさに人種を越えたストーリー。
怒りや悲しみではなく、音楽という私達が無条件でシェアできる神様のギフトは
必ず魂に響く!というヴァイの信念がほとばしっているのです。

もうひとつ特筆すべきことは、ヴァイの娘のノエルが成長し、
この「ネクストジェネレーション」では伯母さんにあたるドリス・トロイ役をつとめている事。
ティーンたちにとってはお姉さんのようなノエルも、ヴァイといっしょに後進の指導に一生懸命。
ママ・ファウンデーションはヴァイとファミリーによる、
まるでハーレムのゴスペル大家族のような存在なんです。

ヴァイやハーレムのティーンにとって、世界中にファンがいる「ママ。。」は世界への扉。
そして日本人にとっては、魂をふるわせ、心を開いてくれる音楽への扉でもあります。

あなたももしチャンスがあったら、
アップタウン・ハーレムに「MAMA I WANT TO SING」見に来てくださいね。


佐藤めぐみ   ニューヨーク在住、フリージャーナリスト&プロデューサー
。アメリカを日本に伝え、日本をアメリカに伝える相互プロジェクトを数多く手がける。
J-POPファンのための英語サイトSAMURAIBEATRADIO.com(サムライビートレイディオ)」
ブラックコミュニティと日本をつなぐメディアHARLEM2NIPPON.comをプロデュース。
BLOG:http://ameblo.jp/meguminy

2012年04月02日

4月2日(月)アメリカ・ユタ州から芝原仁一郎さんのレポートです。

今日は、プロのブルライダーの「芝原仁一郎」さんです。


ブルライダーっていうのは、どんなお仕事なんでしょうか?

Q芝原さんは、ユタのどんな街にお住まいなんでしょうか?


カウボーイということで、おそらく牧場が広がっている風景を想像されると思うのですが、今生活している場所の周りは住宅ばかりです。

ユタ州の南部に行くと牧場はあるんですが、少なくはなってきています。
ソルトレイクのダウンタウンから車で20分〜30分くらいです。


Q芝原さんは、プロのブルライダーだそうですが、
「ブルライディング」というのは、どんなことをするんでしょうか?

⇒カウボーイが営む牧畜業の中で、日々の仕事から生まれた競技の総称を「ロデオ」と
呼びますが、ブルライディングは、そのロデオの1種目です。


_DSC0537_001.jpg

_DSC0538_001.jpg

_DSC0539.jpg

_DSC0540.jpg

_DSC0543.jpg

_DSC0544.jpg

_DSC0551.jpg


【photo by yoko kobayashi】

Qいろいろ危険なこともありますが、
芝原さんは、ケガなどされたことありませんか?


実際怪我も多いです。
実は今シーズンの初戦を戦ってきたのですが、その時に左足を骨折してしまいました・・・。
4週間ほど治療しなくてはならず、今は休養しています。

Qアメリカでは、ブルライディングは、どんなところで盛んなんでしょうか?


⇒やっぱりテキサス、オクラホマ、ワイオミング、コロラド、モンタナ、カリフォルニア、
そして、ユタといったアメリカ中西部から西部にかけてです。
でも、いまではアメリカのほとんどの州でロデオを観戦する事が出来ます。
たとえば、ニュー・ヨーク州でもあるし、ニュー・ヨーク・シティに近いニュー・ジャージー州でもロデオは開催されています。
意外なところでは、フロリダ州でも開催されているし、イリノイ州シカゴの郊外にある小さな町でも、プロ・ロデオは開催されています。


ブルライディングで必要な道具といえば、そのブルの体に巻くブルロープ。
選手それぞれが、自分のブルロープを持っています。
そのほかにも、いくつかの道具が必要ですが、
この3つ中で、いまだに着用を義務付けされていないものがあります。
それはどれしょうか?


① 「カウボーイ・ブーツ」
② 「ヘルメット」
③ 「プロテクション・ベスト」


※ヒントとしては・・・
もちろん、落ちたあとにブルに踏みつけられる事もあるし、
ブルロープに手が絡まった状態で振り回されることもあるし、
体勢が崩れて顔をブルの額にぶつける事もあるし、角で突かれることもあるし、
危険もあります。
しかも、彼らの体重が平均して700キロから800キロってことを考えると……
いまだに着用が義務付けられていないものは、どれか?


正解は?

2番のヘルメットです。


Qなぜ、着用が認められてないんでしょう?

一番必要とされてされそうなヘルメットですが、元々はカウボーイの競技!!
カウボーイハットを被ってこそ、”カウボーイ”ということなんですね。

実際に私は顔面骨折もしたりしたこともありますので、それ以来、ヘルメットを被るようにしています。


実際にハットを被るかどうかは選手の自主性に任せています。


2012年03月29日

3/29(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

おおー、先週は25度もあった気温が、昨日はマイナスに急降下!
いったいどうなってるの!?なNYからこんにちは!

おかげで風邪を引く人、花粉症の人、

ハナミズキも桜の花も満開なのに、なぜかダウンを着ている私、
もう何でもあり!?

と言いつつ3月ももう終わり、

今月はNYにジャパンがいっぱい! ということで、
3月初旬、日本食のイベントが続いたジャパンウィークから、311の一周忌の追悼式、
そして先週は日本から桜が贈られて100周年のイベントまで。
毎週レポートしてきました。

そして今週、

ジャパンマンスの最後を飾ってNYにやってきたのはこのジャパニーズバンド。。。
L’Arc~en~Ciel!!のコンサートを見て来たので、それをレポートします!

マジソンスクエアガーデンというのは、
去年レポートしたLADY GAGAのコンサートもここだったし、
ストーンズとかマドンナとか、U2もここで見ました。
とにかく世界のスーパースターだけがコンサートをする、憧れのアリーナ!!
Larc_3.jpg
Larc_1.jpg

実は日本人がこのステージでメインアクトとしてコンサートをしたのは、
今回が初めて。
Larc_4.jpg

これがどれだけすごいかは、ニューヨーカーに聞けばみんなが太鼓判をおしてくれます。

2万人近く収容するアリーナ、ソールドアウトにこそなりませんでしたが、
アメリカ人のラルクファン、アニメファン、そしてNYに住む日本人がつめかけて盛り上がりました。

ショー自体はシンプルなロックコンサートなんですが、
ステージの後ろ全面の巨大なビデオスクリーンの3D映像とライティングが素晴らしくて、
音と映像の作る世界に思わず引き込まれました。

こんなすごいステージで、ラルクはまるで水を得た魚のようでした。
さすが、キャリアを積んで来たバンド! と思いましたね。

hydeは相変わらず美しくて、あのエモーショナルなボーカルも冴え渡って、
まるでこのステージで歌うために生まれてきたような、
そんな気さえしたほどです。
Larc_2.jpg

メンバーもみな、これまで積み上げてきたすべてを全開しながら
この瞬間を思い切り楽しんでいる、そんなふうに見えました。

そしてね、
ショーの間にメンバーのトークがあるんですが、
まずギターのkenの英語トークが最高!!

大きな紙に原稿を書いてそれを読んでいるんですが、
NYに来て、 映画「ナイトミュージアム」で見て、
すごく楽しみにしていたアメリカ自然史博物館に行ってきたことなど、
ユーモアを交えたトークでうけまくっていました。
ちなみに、 このアメリカ自然史博物館というのは、
先週の番組でレポートした場所です!

そして何よりもすばらしかったのはお客さんです。

ボーカルのhydeは「ここに来るまで20年かかった」と言っていましたが、
お客さんもラルクを何年も何年も待ち続けていたんです。
特にアメリカでのラルクの人気を不動のものにした
「鋼の錬金術師」の主題歌、
「READY STEADY GO」では、アリーナ全体がゆれ動くくらいでした。


好きな曲を演奏するバンドを、ついに生で見れた喜びって、
何ものにもかえ難いですよね。
ようやく会えた恋人同士のランデブーみたいな、
ステージも客席も喜びに満ちあふれていて、私もシアワセな気分いっぱいになりました。
その気分はどうやら伝染性だったみたいで、
横に立っていたこわもての会場整理のおじさんも、にこにこしていました。

何より日本のバンドがU2やストーンズを見たのと同じステージに立っているなんて、
私は素直に感動しました。

まるでステージに桜の花が満開になって、桜吹雪が舞っているような、
そんな素晴らしいコンサートだったんです。


NYメディアにもたくさんのレビューがのりました。

タウン誌ビレッジボイスは、

「素晴らしいキャリアのバンドにふさわしいセレブレーションだった。
アメリカ人がイメージするアジアンポップは、エレクトロなR&Bサウンドだが、
このバンドはストレートなアメリカンロックで、曲はめちゃめちゃキャッチー。
ボーカルのhydeは、これまで見た中で最も「アンドロジナス」両性具有な
フロントマンであることは間違いない。」
Larc_5.jpg
Larc_6.jpg

NYタイムス、
アメリカで最も権威ある音楽評論家の一人、
ジョン・パラレスのレビューも興味深い内容でした。

「ラルクの音楽はとても日本的でユニーク。
それは歌詞が日本語だというだけでない。
サウンドはロックだが、メロディアスな長いフレーズは、
まるでブロードウェイミュージカルのようにも聞こえし、
hydeのパフォーマンスはまるで、劇を演じるようにさまざまな表情が
めくるめくバックの映像ととけあっている。
ギター中心のロックサウンドは、クイーンやメタリカ、U2を連想させる。
かと思えば、アメリカのロックバンドが絶対できないようなダンスポップスタイルの曲もプレイできる。
特に盛り上がったのは「鋼の錬金術師」の主題歌、アニメが
彼らのキャリアに貢献したのは間違いない。」

これらのレビュー、内容もそうですが、
これだけのメディアに、これだけシリアスにレビューしてもらった日本のバンドも、おそらくはじめて。

最初はマジソンスクエアガーデンの小ホールを考えていたといいますが、
あえて大アリーナに挑戦したからこそこれだけ注目されたんです。

でもみなさん、考えてみてください。
ラルクはレディガガみたいにアメリカのテレビやラジオで
ガンガン曲が流れているわけではまったくありません。
アニメファンには有名でも、音楽的にはインディーズです。

それなのに世界のアリーナに挑戦するそのガッツと、
ここまで集客したパワーと、素晴らしい演奏にアメリカのメディアは
ものすごくレスペクトを感じたんです。
アメリカの一般の音楽ファンはラルクのことをまだ知りませんが、
これから彼らがラルクを見る目、そして日本のバンドを見る目も変わることでしょう。

そういう意味でこのコンサートはL’Arc~en~Cielにとってだけでなく、
日本の音楽にとって大きなターニングポイントになったんです。

それを考えると、やはり日本人としては感動せずにいられません。


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2012年03月22日

3/22(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

今週も最高気温が軒並み20度越え!
明日の予想は記録破りの25度!
4月中旬に咲くはずの、ニューヨーク中にある街路樹ハナミズキの白い花
もう満開です。
そして、あの有名なワシントンDCのポトマック川沿いの桜も、今日あたりから満開だそうです!

実はこのワシントンDCの桜、もともとは日本から友好のしるしとして贈られたもの。
それが今年でちょうど100周年!
今盛大なフェスティバルが行われています。
でもワシントンだけでなく、ニューヨークにも、同じ時に桜が贈られていたんです。

このことはニューヨーカーはもちろん、ニューヨークに住んでいる日本人さえほとんど知りません。

このFLOWERS UPTOWN STUDIOから歩いて15分の距離に、
SAKURA PARKという公園があり、
100年前に植えられた桜がちゃんと今でも花をさかせるんです。

実はこのニューヨークへの桜プレゼントを記念して、先日イベントもありました。
場所は、アメリカ自然史博物館。
あの映画「ナイトミュージアム」の舞台になった、
そしてサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」にも出て来る巨大な博物館です。

実物大の恐竜とクジラの模型で世界的に知られるこの博物館で、
いったいどんな桜のイベントが行われたのか、
今日はそれをレポートします。

まずは会場につめかけたお客さんに話しかけてみました。
カサンドラさんと息子のブリストルくん。
Cassandra.jpg

「このチェリーブロッサム・フェスティバルをネットで見つけて来てみたの。
折り紙や墨絵、影絵劇など、日本の文化を学びたいと思ったから。」
ブリストル君は折ったばかりのカメとお花の折り紙を見せてくれました。
Origami.jpg

そしてリラちゃん、カリナちゃんとサンジェイくんは、
ジャパニーズスタイルのフラワーアレンジング、
生け花のデモンストレーションに真剣に見入っていました。
Ikebana_kids.jpg

桜がニューヨークにやってきて100年を記念して、
アメリカ自然史博物館で初めて行われた大規模なJAPAN FEST

Sign.jpg


他にもお茶やお琴、そしてお習字や織物などを実際に試してみれるコーナー
Koto.jpg
Sumie.jpg
Hataori.jpg


日系人和太鼓グループ僧太鼓のパフォーマンス、
Sohdaiko.jpg

さらに実物大のクジラが天井からつる下がっているオーシャンライフ・ホールでは、
影絵の劇団、角笛シルエット劇場による「かぐや姫」
Kagee_Oceanlife.jpg

そしてさらにおみこしや盆踊りまで、
初めて出会う日本文化に、たくさんの家族連れが夢中になっていました。

でもこのイベントの主役はやっぱり桜

桜の花も含めすばらしい生け花を披露してくださったのは、ジュディ 畑先生です。
Ikebana.jpg

アメリカに住んでもう数十年になるという畑先生は、
「私たちにとっては懐かしいというのが一番ですよね。雲みたいにふわっと咲きますでしょ。
見ていて楽しいんですよね。その気分というのは日本人にとっては忘れられないんです。」

私達日本人にとっては、ニューヨークに長く住めば住むほど懐かしく感じる桜.
でも私達がじんと来たのは、実はこのフェスティバルの主役は
桜のセレブレーションだけではなかったことです。

ボランティアたちが訪れたお客さん達にブックマーク、しおりを手渡して、
メッセージをつのっていました。
これを東北の被災地にニューヨークからのメッセージとして贈るということでした。
ボランティアの一人、ボストンから来ている日系人、
KONDO KYOKOさんがこうコメントしてくれました。

「メッセージを日本に贈るお手伝いをしていますが、
このブックマークはこの博物館のアーティストが作った素晴らしいもので、
これを見て子供たちが将来ニューヨークに行きたいという夢が持てるのではないかと思います。」

メッセージが書かれたたくさんのしおりが、まるで短冊のように桜の枝にかかっていました。
message.jpg

実はこのイベントを企画したのは、アメリカ自然史博物館のイベントマネージャー、
テディ・ヨシカミさん。アメリカで生まれ育った日系人です。
Teddy_2%20Canna.jpg


「桜のフェスティバルにこんなにたくさんの日本の文化要素を加えられたことがとてもうれしいし、
桜の100周年だけでなく、震災から1年のメッセージを出せてよかったと思っています。
日本国民が一致団結して前向きにがんばっている姿を見て、世界中が感動しました。
それはまさに日本人の真の姿、価値あることだと思いました。」


実は桜の花に春を感じるのは、今では日本人だけではありません。テディさんは、

日本から贈られた桜のおかげで、ニューヨーカーは桜の花に親しむようになりました。
公園や植物園で春になれば桜が咲く、ということを
今では多くのニューヨーカーが知っています。本当に美しいですよね。
もし公園でのお酒が違法でなければ、お花見だってきっとはやると思います。
ニューヨークは特に世界の文化が共存する街、
みんなが少しずつ異文化を受け入れています。
おかげで今ではみんながお寿司を食べるようになり、
TAIKOという言葉さえ英語になってきました。
本当にエキサイティングな時代だと思います。」

でもニューヨークの桜が生きて来た100年間は、
アメリカと日本にとっては平和な時代だけではありませんでした。

「ご存知かもしれませんが、
アメリカでは第二次世界大戦中、日系人はみな収容所に入れられました。
私はそこで生まれたのです。
子供の頃私たちは、日本の文化を否定してアメリカ人として生きなければなりませんでした。
でも今はアメリカはあらゆる文化を受け入れるようになり、
私達も日本人、そしてアメリカ人であることに誇りを持てるようになりました。
これは大きな進歩だし、あの頃から本当に変わったと思います。」


友好のシンボルとして贈られた桜の木は、
今ふたたび友情の、そして平和のシンボルとして咲いています。

次の100年間、平和の花を咲かせ続けてくれるよう、私達もがんばっていきたいですよね。


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2012年03月15日

3/15(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

どうしたんでしょう?今日も昨日も最高気温20度越え!
ニューヨークでは5月上旬の陽気です。

日曜日からもう夏時間になったからいいんですけどね。。。。
時計の針を1時間すすめたらあら不思議、陽がとっても長くなりました。
その夏時間になった日曜日、ニューヨークも311を迎えました。

先週も予告したとおり、私も参加するボランティアグループ、
Fellowship for Japanが主催したマンハッタンの教会での追悼式、
ニューヨーク時間10日土曜日夜、日本時間の3月11日朝に行われました。

1_Together%20for%20311_%28C%292012%20CANNASASA.jpg
(C)2012 CANNASASA

1年前の震災の支援のために生まれた、ニューヨークだけで
100以上もあるグループが賛同してくれて実現したこのセレモニー。
何人くらい集まるのかまったく予想ができなかったのですが、
1000席の教会に1200人もの人が集まってくれたんです!!
しかも日本のテレビ局と新聞ほぼ全部取材してくれたので、
見てくれた方もいらっしゃるかもしれません。

いったいどんな追悼式だったのか、
そしていったいどんな人が集まってくれたのか、
ニュースでは伝えられなかった内容も含め、
ニューヨーカーの視点も加えてレポートします。

2_311_crowd2_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20GION.jpg
©2012 GION

「この追悼式のことをフェースブックで知ってかけつけました。
311には追悼式が必要だと思っていましたから。ちょうど911のように。」

といコメントしてくれたはニューヨーカー、ロバートさんです。

教会を埋めた1200人、
8割は日本人と日系アメリカ人、
3_311_crowd_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20CANNA%20SASA.jpg
©2012 CANNA SASA


そして家族やお友達に日本人がいる日本にゆかりの深い方、
日本のアニメファンまで、さまざま、
でも震災で犠牲になった方々のために祈りたいという気持ちはひとつでした。

4_311_nationalanthem_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20Tomonori%20Iwata.jpg
©2012 Tomonori Iwata

ジャズシンガーTAEKOさんが歌う君が代とJ-RENEEさんのアメリカ国家で幕を開け、
続いて壇上に上がったニューヨーク総領事、広木重之大使のスピーチのあと黙祷。
5_311_hiroki2_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20Romi%20Uchikawa.jpg
©2012 Romi Uchikawa

そして被災地からは、ご家族をなくされるという悲劇に見舞われながらも、
史上最年少で宮城県名取市議会議員に初当選した、荒川洋平さん。
そして、 宮城県南三陸町志津川病院で、命がけで救命活動を行い、
タイム誌世界の100人にも選ばれた菅野武先生からのビデオメッセージ。

6_311_Kanno_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20GION.jpg
©2012 GION

さらに ニューヨークから支援に飛んだ最初の医師のひとり、カール・ラマニさんの体験。
さらに震災直後に募金活動を行ったリッジウッド高校のスプリンガー・花さんと
ワイズマン・フィリップ・ユウキくんのスピーチ。

7_311_Hischool_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20CANNA%20SASA.jpg
©2012 CANNA SASA

そして最後に、やはりこの番組で紹介した「福島えがおラッピングペーパー」の
原画を描いてくれた、福島県相馬市のみなと保育園の子供たちからの、
ビデオメッセージが流れました。

8_311_minato_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20GION.jpg
©2012 GION

笑顔いっぱいの子供たちのメッセージが、会場では涙を流す人も少なくありませんでした。

8B_311_tears_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20GION.jpg
2012 GION
.
この追悼式を企画、プロデュースしたのはFellowship for Japanのリーダーで
EMIJapanのアーティスト、AKさんです。

9_311_AK_%28C%292012%20GION.jpg
(C)2012 GION

「日本支援グループが震災直後にものすごい数生まれて、その団体同士が横でつながって、
フェローシップ・フォー・ジャパンという横のつながりができた時から、
そして私が被災地に行って子供たちにあったり、保育園コンサートとか被災地の方々に出会って、
絆ができてしまった人たちのことを思うと、この一周忌にあたって
もう一度ニューヨークから、離れているけれど忘れてないから、ニューヨークは絶対忘れないし、
これからもいっしょに復興させていこうね、というメッセージを、
離れていても気持ちは届けられるというというところに着眼して、
みんなでとにかくひとつになる、ひとつになってメッセージをおくる、というのが大事、
ということを 話して、この実現に向かって歩きました。」

10_311_asako_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20GION.jpg
©2012 GION

追悼式の終盤近く、オペラ歌手、田村麻子さんの歌うAmazing Graceが教会に響き渡り、
続いて懐かしい「ふるさと」のメロディー共にセレモニーは終わりました。
故郷を遠くはなれた私たちジャパニーズニューヨーカーにとっては
深い思いがこみあげてくる歌でもありました。

AKさんはこんなふうにも話してくれました。
「多分日本人にとっては、世界中どこにすんでいたとしても複雑な1年だったと思うんです。
自分ができる事って限られているんですよね。
でも被災地の人のこと、大丈夫かな、今日はどうしてるかな、と思う事が、
一番気持ちがつながってく大事なことだな、と思っているので、
この1年はその連続をみなさんが感じられた1年だったと思います。」

普段は口に出す事も、語り合うこともできないその気持ちを、
1200人でわかちあうことができた、そんな1時間でした。

そして最後にニューヨーカーからのメッセージを聞いてください。

11_311_alex_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20GION.jpg
©2012 GION

日本人で育ち、今はニューヨーク在住のDJ ALEXとそのワイフのセーラさん
「自然災害、そして人が起こした災害がこれほどの影響を与えるということを
世界は決して忘れてはいけないと思う。」
「地球の反対側から復興を祈っています。必ず復興すると信じています。」
追悼式のビデオとオーディオを担当してくれたリチャードさん
「世界は一つだ、このような悲劇にみまわれたこと、
そして今日のような追悼式がそれを世界に思い出させてくれることを祈っているよ。」
日本が大好きというロバートさん、
「子供たちが一番大きな影響を受けていると思う。子供たちのために祈りたい。」

12_311_couple_%EF%BE%82%EF%BD%A92012%20Romi%20Uchikawa.jpg
©2012 Romi Uchikawa.

そう、私達はこの福島の子供たちがずっと大きくなるまで、
見守っていきたい、
ニューヨークはこれからも被災地を決して忘れない、
みんなでその誓いを新たにしたひとときでした。


まだまだたくさんの写真をフェースブックでみることができます。
4人のフォトグラファーによる1000枚の記録、
311のニューヨーカーの表情、ぜひご覧ください。

http://www.facebook.com/TOGETHERFOR311


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2012年03月08日

3/8(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

(今回のブログ写真は震災ボランティアとしてこの番組にも登場してくれた、
NY在住フォトグラファー、佐々カンナさんから特別にご提供いただきました。
カンナさんありがとうございます!)

先週の番組では、ニューヨークでは100以上の団体が大小いろいろな催しをくりひろげる、
とお伝えしましたが、

その一つ
先週もご紹介したTABLE FOR TOHOKU
「食べて買って東北を応援しよう!」が
先週金曜日に行われました。(私もボランティア参加!)
Tohoku_food.jpg
Tohoku_dish.jpg


日本の料理研究家山田玲子さんが、宮城県復興支援センターとコラボして、
東北のおいしいものをたくさん持ってきてくだり、
それを食べたり買ったりしながら、
被災地の現状報告会も開こう、というものだったんですが、

大成功でした!

本当に小さな会場に120人以上のお客さんがつめかけて。。
日本のテレビや新聞はもちろん、
ニューヨーカーが全員見ていると言ってもいいすぎではない、
24時間ニューヨークのローカルニュースステーション、
NY1も取材に来てくれました!
Tohoku_NY1.jpg

今日はお約束通り、
イベントのもよう、ニューヨークからお伝えします。


まずは、イベントにかけつけたこのジャパニーズニューヨーカーの声から聞いてください。
ニューヨークの日系メディアで働く山本あきこさんです。

「おいしいイベントだと思います。正直言って色々な件の方がいらっしゃって、復興を応援してくださいとアピールされる事が多いんですね。でもこういうふうに実際ものを食べたり買えたりということはあまりないので、買ってそこの産業がもう一度復興していくということになると思います。」

山本さんが言う通り、会場には東北のおいしいものがてんこもり。
たとえば、三陸わかめ、湯麺(うーめん)、牡蠣ラー油、味噌、味噌チョコ、
そしてあっと言う間に売り切れてしまったのが牛タンでした。
Tohiku_guest1.jpg
Tohoku_guest2.jpg

売っているだけでなく、料理家山田玲子さんによる料理の試食コーナーもたっぷりありました。
Tohoku_Reiko%26Me.jpg
楽しんだのはジャパニーズだけではありませんでしたよ。

Tohoku_Osaka.jpg

アメリカ人の若者は口々に
「これは海藻だよね? 正直何を食べているのかよくわからないんだけれど、おいしいよ!」
「ハシを使うのがちょっと大変だけと、とてもおいしいね!」

この日のメニューは、すきこんぶとわかめのサラダ、
油ふのいためもの、うーめん、
カキら—油とクリームチーズのディップなど、
食べたものはすぐ買えるから、料理も商品もすごい勢いでなくなっていました。
Tohoku_sampling.jpg

イベントを主催、料理もしてくださった山田玲子さんは、
東京で活躍する料理家、メディアにもよく登場しています。
山田先生は福島から東京に集団で避難して来ているファミリーのために、
料理教室を開いたことがきっかけで、被災地とつながりました。
Tohoku_Reiko.jpg

「一回だけの支援が嫌だったので、続けられることがしたかったので料理教室にしたんです。去年の11月までに3回やってすごく喜んでもらえるのを実感し、食っていいな、食ってこんなに人をつながるんだなと思ったので、何かそこでつなげたい。。。そこで宮城復興支援センターさんに声をかけたところ、いっしょに行くということになったので、今回のイベントに至りました。」

ではなぜニューヨークという場所を選んだんでしょうか?
「ニューヨークからの日本人がたくさん被災地支援に入っていることに気がつき、
どうしてなんだろう、ということですごく興味がありました。
だったら東北のおいしいものをどうやって作るかを教えたいなと思ったんです。」

そうなんです、これまでも番組でご紹介してきたように、この1年間ニューヨークから被災地に
ボランティアなどで出かけた人は私のまわりにも少なくありません。
そしてやはりこのイベントの直接のきっかけになったのは、
そんなジャパニーズニューヨーカーのひとり、
山田玲子さんの長年の友達でもある、ジャーナリストとして活躍する黒部えりさんです。
Tohoku_Eri.jpg

「ニューヨークでフェローシップ・フォー・ジャパンという日本支援を続けているグループの1人なんですが、日本に戻った時に南三陸復興市という、南三陸に行ってお買い物をして
復興を応援するというツアーに行ったんです。ニューヨークでもこんな復興市ができればいいな、
と思ったのがきっかけです。

えりさんがニューヨークのコネクションを総動員、とてもおいしいイベントでしたが、
私達参加者の心に残ったのは、食べ物の味だけではありませんでした。
東北の人達の復興にかける熱い思いがあります。

「素晴らしいイベントになってよかったと思う反面、
日本で起こっていることを見て悲しい気持ちにもなった。
まだまだ支援が必要だと感じたよ」
とコメントしてくれたのはニューヨーカーのピーターさん、
イベントの仕掛人黒部えりさんのハズバンドでもあります。
Tohoku_Peter.jpg

先週金曜日にニューヨークで行われたイベント「食べて買って東北を応援しよう」
もうひとつの要素は、宮城復興支援センターの所長、茂木ひできさんと
船田きわむさんによる、現状報告でした。
Tohoku_Mogi.jpg
Tohoku_Funadajpg.jpg

瓦礫は撤去されたものの、津波にあった場所には建物が建てられないという現状や、
自ら仮設住宅に住みながら支援を続ける女性のインタビューなど、
ニューヨークではまず見ることができない映像とお話に、
会場はしんと静まり返りました。
Tohoku_movie.jpg

おふたりに話を聞きました。

船田「まずはこれほど熱い思いを持った人達がこんな遠く離れた土地にいるということに、非常に感動しました。やはり日本人というのは情が深いというか、義理人情に厚いということが、こんな離れた土地で認識できたということ。そしてニューヨークというのは世界の中心じゃないですか。ここでまだ震災が終っていないんだよ、まだスタートも切れていないんだよ、ということを伝えられた事で、それを理解してくださった方が、例えば今後被災地の商品をスーパーで選ぶ時に買ってくださったり、風評被害を気にしないで食べてくださったりとか。あとは、これから本当に長い時間かかりますから、我々のような支援団体が近くにいたら、
そういった支援団体を支援してほしい。そういったことを伝えられることができたので、
本当にありがたいチャンスをいただいたなと思っています。」

茂木「私達の活動している内容は、食以外にも子供たちの支援、高齢者の支援など、
色々な支援をしていますので、インターネットで宮城復興支援センターということで
検索していただければ、普段の活動内容も出ていますので、ぜひ見てください。」

私達は直接現地に行く事ができなくても、
現状を知る、どんな支援があるのか知ること、
そしてこのイベントのように現地のものを買う、食べる、
それが支援につながる、ということを、
本当に五感で知ることができた、そんなイベントでした。
Tohoku_Fellows.jpg

宮城復興支援センターウェブサイト
http://www.gakuwarinet.com/ganbaro/

Table For Tohoku 佐々カンナさんによる写真が満載のフェースブックページ

http://www.facebook.com/pages/302-Tabetetohoku/330199013691559?sk


さて来週はニューヨークの311、
私達FELLOWSHIP FOR JAPANと100以上の支援グループによる
追悼式、「TOGETHER FOR 311」のもようも、来週お伝えします。


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2012年03月01日

3/1(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

Happy month of March!!

ニューヨークもついさっき日付がかわって3月になりました!
3月っていい月ですよね。。。。

暖かくなって、日本は卒業もあって、新しいスタートもあって。
そして桜の便りもやってくる。。。
ニューヨークの春は、日本ほどドラマチックな月ではありませんが、
私達ジャパニーズニューヨーカーにとっては今年のニューヨークの3月、特別な月です。

震災からちょうど1年。
それを記念して、在住日本人が中心にたくさんの追悼式やチャリティイベントが開かれます。

それに先駆けて 3月1日からは、ジャパンウィークという、
ジャパニーズフードを中心にしたイベントウィークもスタート。

さらに3月下旬、桜の季節が近づきますが、
今年は日本からアメリカに親善の桜の木が送られてなんと100年!

ニューヨークからのフラワーズ、今月はJAPAN MONTH!!

ニューヨークから世界に、そして日本へ発信する日本人のメッセージ
毎週ご紹介していきますが、今週はそのプレビュー、
予告編スペシャルです!


3月のニューヨーク、わたしたちジャパニーズニューヨーカーにとっては、
ジャパンマンスとよびたいほど、
ニューヨーク中がジャパンでいっぱいになりそうです。

きっとみなさんもニュースなどで見るチャンスがあると思いますが、
今週は一足お先に、フラワーズのリスナーのみなさんに予告編でお伝えします。

まずはこのイベントから紹介しましょう!

JAPAN WEEK!!

今やフランス、中国、そしてイタリア料理と並んで
世界4大食とまで言われるようになったジャパニーズフード。

ニューヨーカーにとっても、 スシやエダマメは
毎日の食生活に欠かせないものになりました。

でも日本の食はもっと深い! いろいろある!
それをニューヨーカーに知ってもらおう!ということで、

3月1日から3日間、
ニューヨーク、グランドセントラルステーションが、
日本全国から集めたおいしいモノでいっぱいになります。

まさに東京駅の全国名産フェアがそのままやってきたのような勢い。
有名シェフによる、クッキングのデモンストレーションもあり、
3日間盛り上がりそうです!

その翌日からは場所をコンベンションセンターに変えて、
今度はトレードショー(食の見本市)に参加です!

そして7日からは、

JAPAN RESTAURANT WEEK, AKA DINE OUT FOR JAPAN!!

11日までの4日間はジャパンレストランウィーク!
ジャパニーズを中心に、市内のトップレストランが多数参加。
この期間中に参加レストランで食事すると、売上げの一部が震災の被災地に送られます。
実はこのイベント、1年前の3月、震災の直後に行われたもので今回が2回目。
ジャパンウィークもレストランウィークも、
日本の食をもっと知ってもらおう、食べてもらおう! ということはもちろん、

1年前に暖かいサポートをくれたニューヨーカーに、
「おかげでここまで復興することができました、ありがとう!」という
メッセージでもあるんです。

そしてこの1連のイベントのキックオフを記念して、
1日の朝11時、
ニューヨーク、タイムズスクエアが桜で満開になります!

世界の交差点、タイムズスクエアに無数にあるジャンボスクリーンに
一斉に桜の花が映し出されるんです。すごく楽しみ!!

ところで、これらのイベントは、日本の政府がスポンサーになった、
かなり大規模なイベントですが、

311を前に、ニューヨークではかなりの数のサポートグループやチャリティ団体が、
草の根レベルの追悼式やイベントを予定しています。

そのグループの数はなんと100以上!!

実は私も二つのもよおしの裏方として、参加してます。。。
その一つが明日金曜日に行われる、TABLE FOR TOHOKU
「食べて買って東北を応援しよう!」
これは日本の料理研究家、山田玲子さんが発起人となり、
宮城県のおいしいものをニューヨークに持って来てもらい、
被災地の現状報告会をしながら、みんなに試食しよう、買うことで支援しよう!というもの。
定員100名に希望者、そして取材も殺到、うれしい悲鳴をあげていますが、
とっても楽しみです!
Tohoku%20event_final.jpg

このもようは来週の番組でレポートします!、お楽しみに!

草の根の動き、他にもまだまだあります。
私も参加しているボランティアのサポートグループ、JPGIRLS NYC
そしてFELLOWSHIP FOR JAPAN

どちらもシンガーソングライターのAKを中心にしたグループですが、

震災直後の数回の街頭募金運動から始まって、
クラブでのチャリティイベント、
やはり数回に渡る、被災地に行って来たボランティアによる報告会など、

年間通じて途切れることなく活動を行って来たからです。
これまで被災地に送ったお金も500万円以上にのぼります。

何度も活動を重ねるうちに、同じような支援をしている日本人やアメリカ人、
そして被災地とのネットワークもかなりできました。

特にオノヨーコさんや坂本龍一さんが出演したチャリティコンサートのきっかけになった、
仙台出身のアーティスト、にしな あやさん、
そして、宮城県南三陸町の志津川病院で、
多くの命を救ってタイム誌世界の100人にも選ばれた、菅野先生。

もちろんこのレポートでもインタビューしましたから、覚えてくれているリスナーも多いことでしょう。

こうした活動をするうちに、みんながバラバラにではなく、
ニューヨークにいる日本人が何かいっしょにできないか、
みんなでずっと考えていました。

でも何千人も集まれる場所を借りるにはお金もかかるし、
どれだけの人が集まってくれるかもわからない。。。
でもとにかくやってみよう!ということになり、
今回もリーダーAKさんのもとに、ニューヨークのジャパニーズウーマンパワーが集まったんです。

さまざまな人や団体に声をかけたところ、なんと100以上のサポートグループが応えてくれ、
3月10日の夕方、日本時間の11日の朝、
ニューヨークの教会「FIRST CHURCH OF CHRIST, SCIENTIS」で
追悼式「TOGETHER FOR 311」ができることになりました。
Together-for-3.11_Final_JP.jpg

当日は菅野先生をはじめ被災地とつなぎ、
ニューヨークの日本総領事、広木大使もかけつけてくれます。

そこで私達が出したいメッセージはひとつ。

「ニューヨークは被災地のことを忘れません。
離れていても、心でよりそっていきます!」

このもようも再来週の番組でお伝えします。

「食べて買って東北を応援しよう」そして「TOGETHER FOR 311」の詳しい情報を知りたいかた、
私のアメブロ「佐藤めぐみの読むラジオ」にもアップしたので、チェックしてください。

みなさんそれぞれさまざまな思いで311を迎えることと思いますが、
どうぞニューヨークも仲間に入れてくださいね、


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2012年02月27日

2月27日(月)アメリカから千歳香奈子(ちとせ かなこ)さんのレポートです。

今日はアメリカの「第84回アカデミー賞」の話題です。
日本時間の今日、午前10時半から授賞式が始まり、次々と結果が発表されていますね。
アメリカのエンタメ業界は、まさに盛り上がっている状態だと思います。


この時間は、そのアカデミー賞について、
ハリウッドで芸能レポーターをされている「千歳香奈子(ちとせ かなこ)」さんに、
レポートを届けてもらいます。

Q千歳さんは、授賞式はご覧になってましたか?

今年は「アーティスト」が受賞するのか?
また「ヒューゴの不思議な発明」が受賞するのか?と話題になっていましたが・・・。

今回の受賞は・・・
作品賞はフランス、白黒サイレント映画の「アーティスト」が選ばれました。
サイレント映画の作品賞受賞は第1回以来83年ぶりなんですね。
フランスの映画としても始めての受賞ということです。

The-Artist-poster.png

監督賞も「アーティスト」からミシェル・アザナビシウス監督

マーティン・スコセッシ監督との一騎打ちの感じでしたが、見事受賞です。

また今回は、「主演男優賞部門」のジョージ・クルーニーとブラッド・ピットの対決が注目されてましたが・・・・・


主演男優賞も「アーティスト」のジャン・デュジャルダンが受賞しました。
フランス人として初めての受賞になりますね。


アーティストは他にも、衣装賞、作曲賞も受賞して5部門を制覇しました。

混戦した主演女優賞は「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」のメリル・ストリープが受賞。
彼女は29年ぶり3度目の受賞ですね。

彼女は「私の名前が呼ばれた瞬間、また彼女?」とアメリカの人たちは思ったんでは?とスピーチでジョークを飛ばしていました。

助演男優賞は「人生はビギナーズか」ら史上最高年齢82歳のクリストファー・プラマーが受賞。


助演女優賞は「ヘルプ-心がつなぐストーリー」のオクタビア・スペンサーが受賞。

今回、外国語英語賞はイランの作品「別離」
去年のベルリン国際映画祭でも最高賞を受賞していた作品で、アカデミー賞でイランの映画が外国語映画賞を受賞したのは初めてです。

Q授賞式の雰囲気は?
ビリー・クリスタルが8年ぶり9回目の司会を行いました。
軽快なトークとジョークで会場を盛り上げていました。

後は、シルク・ドゥ・ソレイユのショーも行われ華やかな雰囲気で行われた。
そんなアカデミー賞でした。

kodak%20theater.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
千歳香奈子さんHP

http://www.chitosekanako.com


プロフィール
札幌生まれ。稚内北星短期大学(現稚内北星大学)在学中に交換留学で訪れたサハリンで、同行取材した地元の新聞やテレビの記者の方々の仕事ぶりを見て ジャーナリストに 憧れる。もともと、テレビの旅番組のレポーターとして世界中を回ることが夢だったこともあり、卒業後にシアトルに語学留学。その後、観光で訪れたサンタモ ニカに魅せられて、サンタモニカ・カレッジに進学。写真家の父の影響もあり、フォトジャーナリズムに興味を持ち、写真を専攻。サンタモニカ・カレッジ卒業後は、ロサンゼルスで日本のテレビ番組を製作するプロダクションでのコーディネーターやカメラマンのアシスタントなどを経て、 1996年に日刊スポーツ新聞社アトランタ支局にアシスタントとして現地採用される。念願のアトランタ五輪の取材に携わり、様々な選手や競技、街ネタの取 材および記者やカメラマンの取材アシスタントを経験。全米陸上で撮影したカール・ルイスの写真 が初めて紙面に掲載される。五輪終了後はロサンゼルス支局にアシスタントとして勤務。1997年にビザの関係で帰国し、日刊スポーツ新聞社東京本社にて海 外ニュース を扱う外電部に2年間勤務。メジャーリーグやNBA、NHL、サッカーなど海外ニュースを担当する。99年に再渡米して以来、ロサンゼルスを中心にハリ ウッドの芸能情報や映画・ゴシップなどエンターテイメントニュースを中心に取材・執筆中している他、多くのハリウッドセレブにもインタビューしている。
<これまでインタビューした主なハリウッドセレブ>
クリント・イーストウッド、トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、ケビン・コスナー、シルベスタ・スタローン、パリス・ヒルトン、レオナルド・ディカプ リオ、キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック、トム・ハンクス、マット・デイモン、シャロン・ストーン、ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、リン ジー・ローハン、ジェニファー・ロペスら数知れず。中でも一番印象に残っているのは、生まれて初めてのハリウッドスターのインタビューとなったケビン・コ スナーとホテルのスイートルームでひざを突き合わせる距離で話しをしたこと。それと、離婚直後にイン タビューしたニコール・キッドマンは、女性のインタビューアーに安心したのか、ホテルの部屋のベッドの上に座ってくつろぎながら話をし、さらにはこちらの 予想に反してトムとの離 婚にも「彼がペネロペ(・クルス)と出会ったからよ」とさらりと答えてくれたことがとても印象に残っています。

2012年02月23日

2/23(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

皆さんにぜひ覚えていただきたい、
ニューヨークのたった今のトレンディングワードは?

JEREMY LINです。
ジェレミー・リンって誰?
スポーツ紙を読む方はご存知かも!?

JL1.JPG
JL2.JPG

ニューヨーク世界の交差点タイムズスクエア、
ここにモデルズという巨大なスポーツギアのショップがあるんですが、
ここのショーウィンドーは全面、
ジェレミー・リン、#17のユニフォームとTシャツで埋まっています。

Linsanity%40models.jpg

NBAバスケットのニューヨーク ニックスの選手。
台湾系のアメリカ人で、NBA初のチャイニーズ系アメリカ人プレイヤー、
それだけでもすごい事ですが、それだけではありません。

実はわずか2週間前には
ニューヨーカーも、NBAファンでさえ、
ジェレミー・リンの事まったく知りませんでした。

それが今やバスケを知らない人もみんなが知っている、
ジェレミー・リン!

まさに超新星スーパーノバのごとく
スポーツショップにもフェースブックにも、新聞雑誌にもあふれまくる
ジェレミー・リンっていったい何ものなのか?

2週間の間にいったい何があったのか?
今日の主役はジェレミー・リンです!

ニューヨーク、いや全米を吹き荒れるジェレミー・リン現象!

タイムズスクエアのスポーツショップ「モデルズ」では
ウィンドーディプレイはもちろん、
入り口正面はカラフルなジェレミー・リンTシャツの海、
左にはキッズサイズのユニフォームやハット、写真入りペナントまで、

Models_1.jpg
Models2.jpg
Models4.jpg
Models5.jpg

モデルズのマネージャー、ジョナサンに聞いてみました。


「現象的な人気だね。日を追うごとにお客さんが増えて、
今では毎日リングッズを求める人で毎日大混雑だ。」

その言葉どおり、自分のサイズを物色するお客さんがいっぱい。

その結果、現在、全米のNBAギアの売上げナンバーワン、
そして、あの名門スポーツイラストレイテッド誌で、2週連続表紙。
さらにYOUTUBEのゲームハイライトは軒並み数百万人がアクセス中。

モデルズでお買い物中のニューヨーカー、
コリアンのお母さんフーヨンさんは

「リンTシャツ2枚購入したわ。ボストンに住んでいる甥に送ってあげるつもり」

ニックスファンのジェリーさんは、
「リンにすっかりやられたよ。今では大ファンだ。
今ニューヨークはリンにしびれてしまっているんだ。」


なぜニューヨーカーはリンにしびれてしまったのでしょうか?

それはリンはこれまでのどんなNBAプレイヤーとも違っていたからです。

ジェレミー・リンは1988年カリフォルニア生まれ。両親は台湾からの移民
高校時代にバスケの頭角を現し、
スポーツ奨学金での大学進学の話もあったのに、
それを蹴って入学したのは、なんとハーバード大学。
秀才だったんです!


「ハーバードを出てNBAなんて、私達アジア人にとって
本当にアメリカンドリームだわ」

ホントですよね。

そして今月4日、初めてニックスのゲームに出場するなり
36分間に25得点をたたき出して
その後デビュー4試合スコア平均の、NBA新記録まで作ってしまいました。
これにはファンもニューヨーカーもびっくり仰天!

その頃からです。リンのハイライトビデオがYOUTUBEやフェースブックを
猛スピードで暴れまわり始めたのは。

なんと言ってもリン加入前のニックスは8勝15敗。
リン後は12勝2敗! まさにチームの救世主!

さらにアメリカ人を驚かせたのは、そのプレイスタイル。
アメリカでは、アジア人というのは無口で控えめなものという
ステレオタイプがありますが、
それを大きくぶち破る“爆発的”でクレイジーすれすれなプレイに
観客は萌えてしまったのです!

そしてニューヨーカーが彼にしびれているもう一つの理由は?

「彼にはとても思い入れがある。自分ととても共通点があるからね。
まわりが誰も信じてくれなかった時に、他人の言葉に耳を貸さず、
自分を信じてあきらめなかった。そういう意味で同士という気がするんだ。」

実はジェレミー・リンのここまでの道のりは平坦ではありませんでした。
ハーバード卒業後の2010年ドラフト外でNBA入り。
でも2つのチームから短期間で解雇。
去年の12月にニックスに拾われますが、
出場のチャンスはなく、また解雇の危機が迫っていました。
でも、今年のニックスはあまりにも負けがこんでいたため、
コーチはもう半分やけでリンを起用したところ、
誰もが信じられない大活躍で、
2週間で大スターになってしまったというわけなんです。

NBAには数えるほどしかいないアジア人に対する、
ネガティブな先入観はすごかったことでしょう。
でも本人はただ自分を信じて、やるべきことをやってきた、という
なんというか、とてもすっきりした面構えがかっこいいんですよね。

ニューヨークに引っ越して来てつい最近までは、
「いつまでいられるかわからないから」と自分のアパートを借りず、
お兄さんの家のソファで寝ていた、というエピソードも親しみがわいてきます。

ジェレミー・リン、これからますますビッグになりますよ!
ちなみに彼のキャッチフレーズは、LINSANITY
INSANITY=クレイジーと
リンをかけたダジャレですが、
LINSANITYはアメリカのたった今のトレンディングワードであることは、
間違いありません!

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2012年02月16日

2/16(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

What a week!!

先週はニューヨークKISS FMのプロデューサー、
ケン・シモンズといっしょに、グラミー大予想をしましたが、

ブルーノ・マーズが大勝するというケンさんの予想は見事にはずれ、
アデルに持って行かれそう、という私の予感が的中。

しかし、

誰も予想できなかった事が起こってしまいました。。。


ホイットニー急逝。。。

Whitney_newspaper1.jpg

Whitney_newspaper2.jpg

日本でもたくさん報道されていると思いますが、
グラミー前夜、彼女も出演するはずだった前夜祭パーティの直前に、
会場のホテルの4階の部屋のバスルームで、意識をなくしているのが発見され、
そのまま亡くなってしまったこと、
グラミーはそのまま、彼女を追悼するトーンで始まって、
ジェニファー・ハドソンが「I WILL ALWAYS LOVE YOU」を歌ったこと。
Grammy.jpg

そのホイットニー、週があけて故郷に戻ってきました。

その故郷というのは、ニューヨークのすぐお隣のニュージャージー、
ニューアークという街。
マンハッタンから電車で2〜30分の距離だから、
東京から多摩川を渡ったあたり、という感覚。

だからニューヨーカーはホイットニーを地元出身アーティストと思っています。
家族が亡くなったような気持ちでいる人もたくさん。。

今日はそんなニューヨークの中でも、
このアップタウンスタジオがある、ハーレムの人達と
ホイットニーについて熱く語ってきました。

ハーレムというのはアメリカでも一番良く知られている、
とても大きなブラックコミュニティ。

20世紀にはジャズがここで栄え、
有名なアポロシアターのアマチュアナイトからは、
スティービー・ワンダーやマイケル・ジャクソンが育った事で知られています。
そしてホイットニーの大ヒット局「Greatest Love Of All」のビデオも、
ここで撮影されました

そして日曜の朝、そのアポロシアターの前には、
入れ替わり立ちかわり人が集まってきていました。
そんな彼らのホイットニーへの思い、
今日はいっしょにシェアしたいと思います。


ニューヨークではホイットニーの訃報が伝えられた直後から、
多くの地元FM局では彼女の曲をプレイし続けました。
R&Bステーションとして有名なKISS-FMではコールラインをオープン。
多くのリスナーがホイットニーへの思いをぶつけ、
家族へのお悔やみのメッセージを伝えた。

ブラックミュージックの拠点、ハーレムのアポロシアターは、

ファサードの電光掲示板に追悼メッセージが掲げられ、
日曜日の朝には地元ニューヨーカーが訪れ、
花やキャンドルも手向けらていました。
Whitney_apollo.jpg

Whitney_flowers.jpg

そんなアポロシアターの前で出会ったニューヨーカー、
そして世界中からのホイットニーファンとかわした言葉、
聞いてください。

地元ハーレムに住む24歳のタチアナさん。

「最初にそのニュースを聞いた時、悪い冗談かと思ったわ。
母に聞いたら間違いないって言われて、
悲しい気持ちでいっぱいになった。だってあんなに若くて、
たったの48歳で。
思わす自分の人生のことを考えたわ。
ずっとホイットニーの歌を聞いて育って来たし、
彼女の歌を聞くと子どもの頃を思い出す。
これからも彼女の曲を聴き続ける。
そして彼女の過ちから学びたいとも思う。
もちろん、彼女が達成した素晴らしい事からも学びたいと思っているの。」

ラスベガスから旅行に来ていたエイドリアンさん。

「ホイットニーがキャリアの頂点だった時、
私はティーンエイジャーだったから、とても悲しいわ。
その頃私はホイットニーの真似をして歌って踊ったりしていたの
もちろん彼女みたいに歌えないから、キーをはずしまくっていたけれどね。
色々あったけれど今は彼女が残した素晴らしい音楽の事だけを考えたいわ。」

スペインから来ている大学生の女の子たち
ちょっとカタコトの英語で答えてくれました。

「テレビで見てニュースを知ったわ。
私達ホイットニーが大好きだったから、とても悲しかった。」

そしてこんな方にもお会いしました。
東京から来ている村松さん、ハーレムにゴスペルを聞きに来て、
その足でアポロシアターに来たそうです。
テレビで見て、とても驚いた、寂しいとおっしゃっていました。


そして再びハーレムの地元のお父さん、

「ホイットニーを気の毒に思うよ。
素晴らしい歌を歌うホイットニーはもちろん素晴らしい女性だが、
人間は弱いものだからね。」

そして最後はラブラブのカップル。

「ホイットニーの音楽は本当に素晴らしい。
今日はこれから家に帰って、ホイットニーのCDを全部かけまくるつもり。
もちろんいっしょに歌うわよ。。。♪HOW WILL I KNOW…♪


HOW WILL I KNOWを歌い始めたのに、
彼氏がのってくれないからやめちゃいました。。。


人生の大切な思い出のサウンドトラックを、歌い続けてくれたホイットニー、
まるで家族をなくしたように悲しいけれど、
これからは彼女の歌をもっと聞いて、
素晴らしいホイットニーのキャリアと人生をセレブレートしたい。

日本のリスナーのみなさんも、多分同じ気持ちでしょうね。

それにしても
家族、そして地元の関係者にとっての本当のお弔いはまだまだこれから。
その一つの理由、彼女の死因が、 薬物検査の結果が出ないと確定はできないから。
それはまだ1ヶ月以上先と見られています。

そして葬儀もこれから、
18日(土)ニューアークの ニューホープ・バプティスト教会
(New Hope Baptist Church)でとり行われる予定なんですが、
ここはホイットニーが少女時代にゴスペルを歌って過ごした教会です。


家族と関係者だけでとり行われるという事ですが、
その家族、お母さんはゴスペル歌手として知られるシシー・ヒューストン、
従姉はやはり伝説的シンガーのディオンヌ・ワーウィック
そして関係者の中には彼女が親しかったチャカ・カーン、ケリー・プライス、
そしてジェニファー・ハドソンなどの名前も挙がっています。
素晴らしいゴスペルでの追悼になるんでしょうね。


葬儀が終ると遺産などの問題にもポイントが移って行くんでしょうけれど、
いずれにせよ、ホイットニーの1人娘である18歳の
ボビー・クリスティーナさんには無事に成長していってほしいと願うばかりです。


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2012年02月12日

2/9(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

NY GIANTS優勝!
SuperbowlChamp.jpg

すごくスリリングなゲーム、なぜって終了57秒前まで負けていたんです!

おかげでレーティングもすごいことになりました。
平均視聴者1億1千 万人。

最低でも6分は見た人は、1億7千7百万人
(全米のアメリカのテレビ視聴者の56%)
これはオリンピックを見た人のトータルに匹敵。

CMが1本3億円でも安いかもしれません!?

またマドンナをメインにしたハーフタイムショー
Cee Lo Green, LMFAO, NIcki MInaj, MIAがジョイント
これも史上最高の視聴率

マドンナ55歳! とはとても思えない。
ステージセットもスタジアムコンサート級、ダンサーも最高。
これはチャンネル絶対変えられない!

そして火曜日、ニューヨークでの優勝パレードには100万人!
Giants_parade.jpg
ニューヨークの地下鉄は
ジャイアンツのブルーのユニフォームを着たファンであふれかえりました。

そんな盛り上がったニューヨークの週末ですが、
今週末にかけても、イベントが盛りだくさん
明日からファッションウィーク、日曜日がグラミー、
さらに週あけ火曜日がバレンタインデー、忙しい〜

そしてグラミーこそアメリカ人にとっては紅白!!
いったい誰が賞をとるのか、パフォーマンスするのか。
おさえておけばアメリカのポップシーンはばっちりです!

ということで今日はグラミーをプレビュー、
いったい誰が受賞するのか、
大予想します!

13日日曜日、ロサンゼルスで開催されるグラミー賞。

ちなみにアメリカではアーティストを紹介するときに、
3 TIME GRAMMY WINNER, GRAMMY NOMINEE
グラミーを3つとった○○
グラミーにノミネートされた○○ と紹介します。

アカデミー賞受賞俳優と同様、グラミー受賞歌手というのは、
THE BEST OF THE BEST
そしてグラミーナイトは紅白とレコード大賞が
いっしょにやってきたような一夜。

今日はグラミーの大予想ですが、
1人では荷が重いので、 ニューヨークのラジオ業界から
この方にヘルプしていただきます。

ニューヨークのトップFM局のひとつ、
KISS-FMのプロデュサーで、ニューヨークのラジオ歴36年、
グラミー中継も何度もやったことのある、
ケン・シモンズさん。
Ken%20Simmons.jpg

さてさっそく今年のグラミーの見所から聞いてみましょう。

Ken『今回のノミネート最多獲得はカニエ・ウエストの7部門、アデール,
フーファイターズ、ブルーノ・マーズ6部門、リル・ウェイン5部門。
他に、ニッキー・ミナージ、シーロ・グリーン、リアナなども
4部門で健闘している。。
今年はアデールとブルーノ・マーズの対決になりそうだね。
ケンさんは個人的にはブルーノ・マーズを応援しているんだ。
プロデューサーとしてもノミネートされているマーズ、
その音楽性の多様さが素晴らしい。ポップスターからヒップホップスターまで、
実に様々なアーティストとコラボ、プロデュースや曲提供もしている。
そういうクリエィティヴなところが魅力だね。
去年も受賞しているけれど、今年はビッグイヤーになると思うよ。
すごく楽しみだ。」


WOW!
ブルーノ・マーズですよみなさん!

実は2011のアメリカのポップシーンは、ダンスポップがすごかったんです。
でもグラミーの主要部門はダンスとかヒップホップではなく、
シリアスなイメージのシンガーやソングライターに与えられることが多いんですね。

それは投票する音楽シーンのインサイダーが、キャリアのある大御所が多く、
去年1年間だけでなく、これまでのキャリア、
そしてこれからアメリカの音楽シーンでどれほど有望か、
ということもあわせて評価するからなんですね。

ところで一番視聴者が楽しみにしているのがパフォーマンス。

今年のパフォーマーは。。。
Adele, Tony Bennett Carrie Underwood, the Band Perry, Coldplay
Rihanna, Foo Fighters, David Guetta, Chris Brown, Kelly Clarkson,
Alicia Keys, Bruno Mars, Paul McCartney, Nicki Mina, Katy Perry,
Bruce Springsteen, and Taylor Swift, Foster the People, Maroon 5,
BeachBoys. Diana Krall,
(ここまでで大物の名前まだ半分くらいです)
Grammy_nominees.jpg
Grammy_Beachboys.jpg

なんとトータル957人も出るんです!!! 
意外なアーティスト同士のコラボももりだくさんで楽しみです!
記録的な視聴率をかせいだスーパーボウルに続け! 
という勢いでもあるんですね。

以下が主要部門ノミネートのリストです。
♪♪♪がついているのが、ケンさんの予想。

2011年を代表する曲に与えられる
Record of The Year

Rolling In The Deep - Adele
Holocene - Bon Iver 
Grenade - Bruno Mars ♪♪♪
The Cave -Mumford & Sons
Firework -Katy Perry

続いて 今年の楽曲、ソングライターに与えられる
Song Of The Year

All Of The Lights - Kanye West
The Cave - Mumford & Sons
Grenade - Bruno Mars
Holocene - Bon Iver
Rolling In The Deep - Adele ♪♪♪


そして Best New Artist

The Band Perry
Bon Iver ♪♪♪
J. Cole
Nicki Minaj
Skrillex


最後にAlbum Of The Year

21 - Adele ♪♪♪
Wasting Light - Foo Fighters
Born This Way - Lady Gaga
Doo-Wops & Hooligans- Bruno Mars
Loud - Rihanna


アルバムの売上げでは圧倒的だったAdeleか、
多様な活躍ぶりで才能を発揮したBruno Marsか!?

わたしはBruno Marsを応援!

ケンさんの予想は当たるかな?
また来週報告します!


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2012年02月02日

2/2(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

今週のニューヨーカーのWater Cooler Talkといえば、スーパーボウルです!

スーパーボウル、日本の人はわかりますかねー?

アメリカ人にとっては、オリンピックとワールドカップと紅白が
いっしょに来たようなすごいイベント。

平たくえば、フットボール(アメリカ人以外はアメリカンフットボールと呼ぶ)
の全米ナンバーワンを選ぶゲーム。

なにがすごいって、1年に1日だけのスポーツイベントを
テレビで見るのは、およそ1億人。
アメリカの人口は3億人とちょっとだから、3人に1人が見る。
レーティングに直すと、これまでで最高のレーティングは49%
40%を割ることはめったにない。

もちろん主役はゲームだけど、
ハーフタイムの豪華なゲストもすごい。今年はなんとマドンナ!

まさにモンスター級の国民的イベントに、
今年はニューヨークのチームが出てるんですー!NY GIANTS!!

アメリカ人はスポーツバーなんかで集団で観戦するの大好き!
でもこの日は桁が違う。
お茶の間で家族友達みんなで集まって、あれこれ飲み食いしながら見る!
まさに「紅白」状態なんでーす!

というわけで、今度の日曜日はアメリカ全土でスーパーボウルパーティ!

いったいどんなふうにパーティするのか、
なんでこんなに盛り上がるのか?
どんなものを食べるのか?

今日はアメリカに住んでみないとなかなかわからない
スーパーボウルパーティのすべて! を
クイズ形式でみっちり学んでいただきます!

NY GIANTSとNEW ENGLAND PATRIOTSが対決する、
今年のスーパーボウル!!

5日(日)インディアナポリスで行われるスーパーボウル。
スーパーボウルサンデーを前に
ニューヨークでは地元NYGIANTSが既に勝ったような勢いで鼻息が荒い。
Giants_5.jpg
Giants_6.jpg

2008年にも同じNEW ENGLAND PATRIOTSに勝っているから

テレビ観戦に備えニューヨークでは今ビッグスクリーンTVが売れまくっています!

なんでそんなに見たいのか?

アメリカ人が発明したこのフットボールゲーム。
Giants_1.jpg
Giants_2.jpg

見た事ある人もいると思うけど、
ラグビーをもっとフィジカルにしたような、
ヘルメットをかぶりプロテクターをつけて、まさに現代のグラジエーター。
そのくせルールはけっこう複雑で、かなりの知能も要求される。
まさに血わき肉踊る、ものすごーくエキサイティングなスポーツ。
Giants_3.jpg
Giants_4.jpg

そして日本には高校野球があるように、
アメリカでは高校のフットボールチームは学校のスター。
それが大学、そしてプロとグレードアップして、スーパーボウルはまさにその頂点!
チャンピオンはまさに大統領級のスターなのです!!

さあ! ここでクイズの問題に行きましょう。

50%近いレーティングをほこるスーパーボウル。
テレビ中継の合間のコマーシャルも毎年話題になります。
そして、CMのお値段も素晴らしい!

ここで問題です。


HOW MUCH IS THE 30 SECOND SUPER BOWL COMMERCIAL?

30秒のスーパーボウルのコマーシャルは、いったいおいくら?
3択です。

#1 $400.000 3千万円
#2 $4 MILLION 3億円

#3 $40 MILLION 30億円


THE ANSWER IS… $4 MILLION


30秒で3億円、1秒あたり1000万円ですよ!

スーパーボウルサンデーには各社が競って、ヒットCMをオンエアするんです。
面白いCMだとTWITTERやFACEBOOK、YOUTUBEなどでどんどん拡散していくから、
その効果も見込んでいるということなんですね。

そして既に今年はもうネットでそのCMがリークされて話題になっています。
なんとHONDAのCMです。

さて次のクイズの問題です。

スーパーボウルパーティ、家でもスポーツバーでも、
あらゆる場所でパーティが開かれますが、

お酒はBYOB BRING YOUR OWN BOOZE
飲みたいものを持ち寄りです。

フードは、ほとんどがデリバリーかテイクアウト。
中でもこの日に大量に消費される食べ物があります。

ここで問題。


WHAT IS THE MOST CONSUMED FOOD AT THE SUPER BOWL PARTY?

スーパーボウルで一番消費される食べ物は何でしょうか?

#1 HUMBURGER   アメリカといえばハンバーガー。

#2 PIZZA デリバリーのピザも人気です。

#3 CHICKIN WINGS 鶏の手羽先。特に「バッファローウィング」という、
揚げて甘くてピリカラのソースをからめたものが人気

さあスーパーボウルでアメリカ人が一番消費する食べ物。
ハンバーガーか、ピザか、はたまたチキンか?

答えは?

THE ANSWER IS #3 CHICKEN WING


鶏の手羽先なんですねー。
chicken.jpg


「バッファローウィング」という、
揚げて甘くてオレンジ色のピリカラのソースをからめたもの。

でも、実はピザも人気なんです。
データによるとピザを食べる人、61%
手羽先を食べる人が63%で手羽先の方がちょっと多い! 

手がべたべたになりながら、
辛—いチキンにかぶりつき、ビールをあおり、ゲームを見る!
これがワイルドで楽しい!

さあでは最後の問題、これはChigusaさんに答えていただきます。

スーパーボウルという名前の由来についての問題です。

ボウルというのはフットボールのスタジアムのこと。
楕円形のコロシアムみたいで、お椀=ボウルの形だからです。

アメリカにはローズボウルという
伝統のあるカレッジフットボールのゲームがもともとありました。

でも60年代にプロのチャンピオンシップゲームが始まったとき、
何かキャッチーな名前がほしいな、ということで、
スーパーボウルになったんですが、
この名前を思いついたあるチームのオーナー、

あるものを見て、この名前を思い付いたんです。
一体何を見たんでしょうか?

なんと答えは、

スーパーボール!!

あのビョーンビョーンと跳ねる小さなボール。

こういうストレートなところがアメリカ人らしくていいですよね?

ともあれ、
スーパーボウルという面白いネーミングじゃなかったら、
ここまでビッグイベントにならなかったかも、しれませんよ!

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2012年01月26日

1/26(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

どうやら今年は暖冬のまますぎてくれそうなニューヨークの冬、

先週は芸術の冬、野田英樹さんのお芝居のレポートしましたが、
続けて今週も、日本人による素晴らしいパフォーマンス、
今度はカッティングエッジなビジュアルと音楽のコラボをレポート。

アラーキーと言えば、日本人なら誰もが知っているフォトグラファー。
ニューヨークでも日本のアートが好きな人なら知っている。

そのアラーキーの取りおろしの300枚以上の写真とコラボしたのが、
ドイツを中心にヨーロッパでユニークな活動を行なっている
ピアニスト&作曲家、 安田芙充央さん。
image01.jpg

そして日本でも澄んだ歌声で人気上昇中のシンガー、Akimuseさん。
image03.jpg

3人のコラボでくりひろげたパフォーマンスのタイトルは

「on the path of death and life」
title.jpg

「生と死の道にて」というタイトルには、3/11が大きくかかわっています。

いったいどんなパフォーマンスだったのか、
今日はNYデビューの安田さんとAkimuseさんのインタビューを中心に、
レポートしたいと思います。

会場は奇しくも、3/11の直後に、ヨーコ・オノ、RYUICHI SAKAMOTO,
ノラ・ジョーンズなどを集めてチャリティコンサートを行なった、
ニューヨークの前衛音楽シーンの仕掛人、ジョン・ゾーン。彼のライブハウス、THE STONE
TheStone_1.jpg
TheStone_2.jpg

地元のコアな音楽ファンに愛される、とてもニューヨークらしい場所で、
ライブの直後にふたりをキャッチしました。

-今日は今年になって一番寒いニューヨークですが、大丈夫でした?

安田「その準備はしてきたんですが、今日はみぞれが降ったりして、
ピアノをひくには逆説的にすごくいい条件でしたね(笑)手はかじかむし、面白かった。」

Akimuse「私も寒い方が力が湧く感じがあって、何とか馬力で、という感じでやりました。」

-あのジョン・ゾーンのライブハウスというのもすごいですよね。


安田「ここはまたすごいコアな場所ですね。出ている人がとんがっている人ばっかりで。
壁一面に写真がはってあるんだけど、先鋭的な人ばっかりでね。」

Akimuse「 外から見てもわからなくて、
こんなところがあるんだ、ニューヨーヨーっぽいなと思いました。」

いかにもニューヨークらしい、看板もない隠れ家のようなライブハウスで
アラーキーの写真のスライドショーをバックに、安田さんがピアノをひき、
Akimuseさんが歌う今回のライブも言ってみればとても前衛的でした。

安田「 全部で347枚かな、全部このために取りおろしです。
かなり重みを感じていました。荒木さん自身の思いがすごく強いのと、
あまり具体的な事象に関してはとらわられない方なんですが、
やはり311の後の状況をすごく写真にこめられていて。」

その写真、いかにも荒木さんらしい普通の人々のポートレートや、
妖艶な着物の女性が次々に出て来るのですが、
いつもの荒木さんの写真とまったく違って見えます。その理由は。

安田「 写真に引っ掻き傷があってね。
絆を全部一度そこで断ち切ってしまう、という協力な写真でした。
モノクロの方はね。音楽をつけるとかなり難しいというか、責任感を感じる、というか。

そう、家族や女性たちの写真はどれも引っ掻き傷があって、
それを繰り返し繰り返し見せられることで、平和な日常がもうそこから
失われてしまったことを感じざるをえません。

一度断ち切ってしまう、断ち切られてしまったところから、
何かが再生する、それはいったい何だろう、
そんなことを思いながら、いつの間にか、
安田さんのピアノの演奏、
そしてAkimuseさんの声にひきこまれてしまっていました。


寒いなか集まったお客さんはこんなふうにコメントしてくれました。

「とても興味深かった、いったいどんなパフォーマンスになるか
まったく想像つかなかったけれど、すごくよかったよ」

刺激的なパフォーマンスを終えた安田さんとakimuseさん。
でも逆にニューヨークから刺激を受けたのは自分たちの方だと言います。

安田「 来るのはすごい体力と知力がいるんで、サバイバルというか、
かなりその気にならないと。でも来てみるともらうものが多いですね。
エネルギーというか、なんかもうやけくそになる、というか(笑)パワーをもらいますね。」

Akimuse「やはり今日本がパワーがないって言っちゃあれなんですけれど、
色々な感情が入り交じっていて混沌としていると思うんですけれど、
ニューヨークに来てみて全然違う。スピードは同じくらい早いんですけど、
ものすごくみんなが自立していて元気がいいというか、
日本で気にしているようなことは一切気にならないという、貴重な体験になりましたね。」

安田「やはり月並みな言い方ですけれど、ニューヨークでライブをやって、
色々な人が出ていて、今レコーディングをしていて、色々なタイプの
色々な国から来ている人とやってね。ちょっとしたことでも
感じることがけっこういっしょだったりするので、それが拡大していくと、
例えばひとつの出来事にたいする気持ちが共有できるかな、と。
その先はちょっとわからないですね。その先にも希望を見いだしたいと思っていますね。」

その先にある希望。。

そう、今回も震災の写真を見せたり、それについて語るのではなく、
とてもアブストラクトな形で、感性にうったえることで、
人間として同じものを共有することができた、そんなパフォーマンスだったと思います。

先週の野田英樹さんも、そして安田芙充央さんもアラーキーも、
人間を愛し、日本という土地で育まれた感性で、世界にメッセージを発信している。
それはモノよりも何よりも人の心に届く、一番大切なものだと信じています。


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2012年01月19日

1/19(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!


1月は1年で一番寒い月、ニューヨーク今の気温、マイナス4度。
それでも今年はどうやら暖冬モードで行きそう。。。うれしいんですが。
コートなど防寒アイテムが売れなくて大変みたいです。
今の時期、ただでさえバーゲンシーズン。
今年は普通のデパートでさえ7割引は当たり前。
新聞広告についているクーポンを持って行くと、さらに15%引き!!!

私たちアメリカ人の99%はクーポンを集めている間に、
ビヨンセみたいに、1億円で病院改造して出産しちゃうセレブもいる!

そのビヨンセ、出産以来初めて一般ピープルの前に登場!
と大きな話題に。

実はマンハッタンに、ハズバンドJAY-Zがオーナーの、
めちゃおしゃれなスポーツバーがあるんです。
そこのリニューアル・オープニングパーティにビヨンセが登場! というので、
おとといあたりから煽りまくってました。

私も今日夕方近くを通ったので、ビヨンセのチラ見をこころみたのですが、
チラどころか人だかりしか見えませんでした。(結局来なかったそうです)

でも、今日はビヨンセの話ではありません。
日本のセレブのチラ見話です。

野田秀樹さん、先週まで2週間NYでお芝居を上演していました。
そのお芝居「THE BEE」を見てきました。

これがNYタイムスなどメディアで大絶賛!

今日は、正確にはチラ見ではなく正面から見た(しつこい)
野田秀樹さんのお芝居の観劇レポートお送りします。
ホリデーシーズンのツーリストが帰った後の、凍りつくニューヨークは
実は芸術の秋、ならぬ、芸術の冬!

この時期開かれるさまざまなパフォーミングアーツのイベントの中の一つ、
「UNDER THE RADAR」フェスティバル。
オフブロードウェイ劇場として名高いパブリックシアターと、
日本文化の発信拠点であるジャパンソサエティ、
前衛劇場として知られるラ・ママなどのコラボレーションで、
10日間に渡って世界中から集められたミュージカル、
演劇など気鋭の16作品が上演されました。

その中でジャパンソサエティがフィーチャーしたのは、
日本の天才、野田秀樹の「THE BEE」。
原作は筒井康隆と聞くだけでスゴそうでしょ?
筒井の短編「毟りあい」をもとに、

野田秀樹自身がイギリス人の脚本家コリン・ティーバンと共に英語で執筆。
4人の俳優のうち3人はイギリス人、そして野田秀樹さん自身!

2006年にロンドンで初演され絶賛を浴び、
2007年の日本公演では数々の賞を受賞。
今回も既にニューヨークタイムスなどでレビューされ、高い評価を得ています。

ストーリーは脱獄犯に妻子を人質にとられたサラリーマンが、
逆に脱獄犯の妻子を人質に立てこもり、
互いが果てのない復讐合戦をくり広げる。。。というお話。

開演前、幕の無いシンプルなステージには
中央にレトロなテレビのようなオブジェが設置されて、お茶の間な感じ。
するといきなり芝居がスタート。
男達がドヤドヤとステージに現れ、サラリーマンをとりかこむ。
IMG_0523.JPG
IMG_0556.JPG

実はこのサラリーマン、井戸さんというんですが、
この井戸さんの家に脱獄犯が妻子を人質に立てこもってしまったんです。

それと知らずに帰宅した井戸とテレビレポーターのやりとりは
すごくユーモラスでスピーディなのですが、笑っていられるのは最初だけ。

脱獄犯の奥さんに説得をたのみに行った井戸さん、
そこで彼の中で何かがパチンとはじけてしまい、
今度は井戸さんが脱獄犯の妻子を人質に立てこもってしまう。
IMG_0678.JPG

IMG_0639.JPG

それから井戸さんと脱獄犯のバイオレンスの応酬になるんですが、
平和を愛する小市民のはずの井戸さんは、、
自分自身も知らなかった暴力的な本性に陶酔してしまいます。
そうなるにつれて芝居のテンポは急激にスローダウンし、
おどろおどろしいシーンが展開していきます。

現実から隔絶され、最後にはその暴力が日常にとってかわってしまう。

タイムスのレビューでは
その変化を表す脚本と演出が素晴らしいと絶賛していました。

実は、サラリーマン井戸を演じる「女優」も素晴らしい。
そう、男の役を女優が演じているんです。
キャサリン・ハンターという女優さん、ローレンス・オリビエ賞も受賞したすごい方。

極められた肉体表現で演じる、小市民から犯罪者への「変態」はすごい!
もうくぎづけです!

逆に井戸が陵辱する脱獄犯の妻を演じるのが野田秀樹。
男と女が逆転してるんです。

こうした男女の逆転も含め、芝居の至る所に2重構造の仕掛けがいっぱい。
オーディエンスは見事に歪んだ感情と精神のスパイラルの中に取り込まれてしまうんです。

ところが取り込まれた瞬間、そこで芝居はジエンド。物語はまったく解決しません。
私も含め、芝居にハマりこんだまま、半ばあぜんとしたままシアターを後にしている観客もけっこういました。
後半は彼らの感想も聞いてみましょう。


芝居の余韻に興奮した表情の若者3人組に声をかけてみました。
ハビアとビクターはキューバから、そしてヨースケさんは日本からの学生です。

「すごくシリアスなテーマだと思った。犯罪者と普通の人は表裏一体。
普通の人でもギリギリまで追い込まれるとクレイジーになるし、
すごくクレイジーな人がノーマルになったりもするんだね。」
「すごくユーモアのセンスがあって、素晴らしくエンターテイメント性も高い。
そして男女が逆転することでシリアスな中にユーモアの入る余地を残しているの素晴らしいと思った」
「普段自分でも映画をつくっているので、野田さんの英語の芝居は初めてどんな感じかなと思ったんですが、まわりのアメリカ人の評判もよくて、なんか勇気づけられる感じでした。」 

野田秀樹さん自身はこの作品に関して、
911からイラク戦争への報復の連鎖からインスピレーションを得たとコメントしています。

私が感じたのは19〜20世紀の前半まで戦争を繰り返した日本人としても、
自分たちの民族の歴史を見つめるヒントになるのではないかということだったりします。

とにかく日本人にも世界の人にも、もっともっと見てほしいと感じました。


「THE BEE」はニューヨークの後ロンドン、香港とまわり、
同じキャストでの東京公演(2012 年2月24日〜3月11日 水天宮ピットにて上演) 、
さらに日本人キャスト(宮沢りえ他)での全国公演が続きます。
Check it out!

「THE BEE」舞台写真:撮影:内河路美

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2012年01月12日

1/12(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

NYは16日の月曜がMartin Luther King Dayの連休です。
人種差別に反対し公民権運動のリーダーとなったキング牧師のバースデー

年が明けて2週間、アメリカ人にとっては「お助け」ホリデー
3が日というものがないアメリカでは、
ほとんどの人が2日か3日から働き始めて今ちょっとお疲れ気味。

そんな中で、新年早々明るい話題は、ビヨンセとJayZのベイビー。
NYで生まれ育ったJay-Zは 、ビヨンセ以上に人気がありますからね。
beyonce.jpg

しかも赤ちゃんの名前がBLUE IVY、これはアメリカ人でもかなり ヘンテコな名前です。
ブルーはJayZのトレードマークカラーだったりIVYにも意味があるんですが、


「蒼いツタちゃん」ニューヨーカーかなり首をひねりましたが、
セレブだから普通の名前はつけられなくて大変だよね、
というあたりに落ち着きました。

しかし落ち着かないのはこの一件です。
日本でも報道されたかもしれませんが、
このカップル、出産した病院のフロアを1億円近く払って改造、
まるでコンサート会場のようなセキュリティガードも登場し、
他の患者が大迷惑。カンカンに怒ってしまいました。

このレノックヒル・ホスピタル、私も一度お世話になった事がありますが、
アッパーイーストサイドというニューヨークでも最高級住宅地にあって、
患者もセレブな方々ばかり。

しかもこの行為が規制に反していたのでは?と、
保健衛星局が捜査に乗り出す、とまで報道されています。

いやー、年明け早々騒がしいNY。
今年はいい年になりそう?

日本でもそうかもしれませんが、
メディアに「今年はこれが流行る」なんていう記事もいっぱい。

今日はそういうもりだくさんのデータをもとに
メディアジャーナリストの私が、NYから1年を大予想。
2012年はこんな年になる! お届けします。

まずはこれです!

1)ニューヨークではミートボールが大流行!

ニューヨークのフードトレンドは、長引く不況の中でなんとなく
「B級グルメ」になってきています。

去年から盛り上がって来ているのが「ミートボール」。
meatball.jpg

その火付け役になったのがLES(ロワーイーストサイド)に1年ちょっと前にできた
「MEATBALL SHOP」。
若いトップシェフが仲間と作るフレンドリーなレストランでは、
チキン、ビーフからベニソン(鹿肉)ベジー(野菜)などのミートボールを、
パスタでもサンドイッチでも好きなスタイルで、
好きなソースでサーブしてくれる(しかもミートボール1個からオーダーできる!)
むちゃくちゃ美味でしかも手頃な値段。
気付いたらお店は3軒にふえ、Meatball Factoryというライバル店も出現。

大予想
ユニークなミートボールを出すショップがもっと増える:日本にもそのトレンドが飛び火するかも!?

次に行きましょう。2012年大予想その2


2)アメリカではストレートの結婚が減る、ゲイの結婚は増える
Marriage1.jpg

アメリカでは離婚が多い、という話は聞いたことがあるでしょう?
ニューヨークでは結婚したカップルの半分が離婚すると言われるくらい。
実は調べてみたら、アメリカ人成人のうち、結婚している人は51%しかいませんでした。 
とにかくこの数字60年代から下がり続けています。
このままいくと間もなく、結婚している人の方が少数派に!

逆に去年NYでも合法化された同性婚、今後も次々に合法化されると予想。

大予想:ストレートの結婚が減る、でもゲイの結婚は増える
marriage2.jpg


さて、ここで日本に話題を移しましょう。

去年の東日本大震災で、災害だけでなく日本という国の別の面に
少しずつスポットが当たり始めています。

その一つが、エコ。


3)日本:リサイクル大国としてもっと世界に知られるようになる

これはイギリスの「ガーディアン」という新聞にのった記事です。
Recycle.jpg

日本のプラスチックのリサイクルは世界一なんです!

ニューヨークにも確かにリサイクルはあるが、非常に大雑把。

ゴミの種類は、
普通のゴミ、
リサイクル、
新聞雑誌、
以上。

リサイクルはカン、ビン、ペットボトル全部いっしょくた。

その結果は数字になってハッキリ現れています。
日本では77%ものプラスチックはリサイクルされている。
イギリス、その半分の33%
アメリカに至っては、たったの20%

でも 日本も15年前にはリサイクル率39%だった。
ここまでになったのは国民ががんばったおかげ!
産業界の大きなサポートもあったから、と書かれています。


でもリサイクルだけでなく、商品の過剰包装などを減らすことで、
ゴミ自体まだまだ減らせる! とも記事はコメントしています。

こういう日本のエコな部分、もっとどんどんアピールして、
世界をクリーンにしていくのに貢献していきたいですよね!

3つ目の大予想:
今年は「リサイクル大国ニッポン」が世界に知られるようになる!
いやぜひなってほしい!

さて後半はもう少し一般的な話題、巷の予想でお届けします。

まず、アメリカ経済。。。気になりますよね世界経済の動向。

Yahoo.comアメリカ版ヤフーの記事によれば、

■景気はゆるい上昇傾向。
株価は10%程度の上昇。
失業率はこれ以上上がらないが急激に回復もしない。。。
確かに最近発表された12月の失業率は8.5%で下がる傾向になります。

同じくヤフーの記事は、世界の気象をこう予測。

■ラニーニャの影響で大雪、洪水、大嵐などの極端な気象現象が増えそう。

NYは暖冬で雪が全然降っていませんが、
できればはずれでほしい予想です。

さて、政治の方はどうかな?
アメリカでは年明け早々、予備選挙が始っています。
現職、民主党のオバマさんの対抗馬となる、
共和党候補を選ぶ予備選が、全米各地で、毎週のよう行なわれていますが、
大方の予想はこんな感じです。

■オバマ大統領がわずかな差で当選するだろう。


占い師のみなさんも、オバマ当選という人が多いようです。


I HOPE SO!

改めて、2012年が良い年になりますように!!

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2012年01月05日

1/5(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

HAPPY NEW YEAR!!

年明け早々来ました! マンハッタン名物冷凍アイランド。
今日の正午の気温マイナス6度。顔が痛かった〜

日本のみなさんはまだまだお正月気分?

NYはタイムズスクエアで、100万人が集まって大カウントダウン
Timessquare_2.jpg
countdown4.jpg

レディガガ、ジャスティン…

まるで紅白のようなセレブがパフォーマンス。
私の友達、中国人の留学生は朝の7時から行って場所取りしたけれど、
素晴らしかったと言っていました。

私は友達の家でカウントダウンパーティ!
12時10分前くらいにテレビをつけると、
どこの局もタイムズスクエアのカウントダウンイベントを放送中。
1月1日0時1分前からカウントダウンが始るんですが、
どこの家でも、レストランやバーなどでもこの瞬間だけはテレビをつけて
いっしょにカウントダウンするんです。

そして新年が明けた瞬間、HAPPY NEW YEAR!! とシャンペンで乾杯!
さらに部屋にいる人全員とハグして、恋人同士はキス。

そのまま朝まで飲み続ける人も多く、
1月1日は二日酔いで迎える、という人も少なくない。

日本でも夜中から初詣。。。という人も多いと思いますが、
日本とアメリカが大きく違うのはその後です。

アメリカには三が日も松の内もありません。
1月2日から平日です。

アメリカはクリスマスからニューイヤーの間に休むから、時差がある。

そしてさっさとスタートした新しい年、
仕事が始った初日あたりは、ニューイヤーズイブどうしてたの?
なんて話で盛り上がるわけですが、

今日、ランチタイムにも休憩時間にもみんながささやいていた話題はこれです。


ホリデーシーズンに思いっきり飲み食いした後、いったいどうやってやせるか?
今日はこのタイムリーな話題を中心にお伝えしましょう!

その前にカウントダウンの話題をちょっと。
0時1分前から、クリスタルの大きなボールが高層ビルのてっぺんのポールを
するするっと降りてきて、最後までおちきったところで
2012という数字にパッとあかりがつき、HAPPY NEW YEAR! となります。

2012_1.JPEG

countdown.jpg

これボールドロップと呼ばれてるんですが、(直訳すると玉落とし? お年玉?)
この玉落としのスイッチを押すのは毎年ブルームバーグ市長の仕事、
そこにいつも一人セレブのアシスタントがつきますが、
今年のアシスタントは、ニューヨークで生まれて育ったLADY GAGA。

そしてガガちゃんやってくれました。
HAPPY NEW YEAR!!と年があけた瞬間に、
隣にいたブルームバーグ市長のクチビルにブチューッとキス!

かつてのマドンナとブリットニーのキスを思い出させるような光景。
しかも隣には、市長の長年の彼女、ダイアナさんもいたのに、
新年最初のキスをガガに奪われてしまった! 

AM NEW YORKという通勤の駅で配っている新聞、今朝の1面には、
このキス写真がでっかくのりました。

ブルームバーグ市長は昨日の会見で、
「あのキスの後にダイアナと改めて新年のキスをしたけど、
やっぱりダイアナのキスが最高だったね」とエクスキューズしつつも、
「これだけ厳しいエンタメの世界で成功し続けるガガは素晴らしい」と
改めてほめちぎっていました。

おっと話は脱線しましたが、とにかくアメリカのニューイーヤーセレブレーションは、
日本より一足先に終わりました。

その前にはクリスマス、そしてその1ヶ月前のTHANKSGIVING
というホリデーで、
ほぼ2ヶ月間、熱にうかされたように買い物し、そして食べまくり、飲みまくりでした。
ちなみにTHANKSGIVINGのホリデーディナーのカロリーのトータル(一人分一食)は
3000カロリーと言われています。

どう考えてもジーンズがきつい、スカートのジッパーしまらない。。。

さあどうする?
このへんがニューヨーカーのシンプルなところですごく好きなんですが、
すごい勢いでジムに行く、またはすぐさまダイエットを始める。

この時期のスポーツクラブ、普段来ない会員が殺到するから大混雑です。
入会金無料キャンペーンなどの広告やテレビCMもいっぱい。

sportsclub_ad.jpg

すごいのは、3人のディーバが同時に3つのダイエットプログラムのCMに出ていること。
まず去年双子を出産したマライア・キャリーは、ジェニー・クレイグという
ダイエットシステムのCMで、14キロやせたというナイスボディを、
おなじみの超露出度が高い衣装で惜しみなく披露

http://youtu.be/WArl69MLkxY

ジャネット・ジャクソンはNutri SystemのCMで、27キロやせた後の
きれいなマッスルを見せているし、すごいのはジェニファー・ハドソン。

hudson.jpg


やはり27キロやせる前と後のジェニファーが合成で出て来る
ウェイト・ウォッチャーのCMは、目をみはるものが!

アメリカの肥満は国家的な大問題。アメリカ人の75% は太り過ぎ、
3人に一人は肥満症という深刻な事態で、
こうしたCMは、国民へのポジティブなメッセージ、という意味もあるんです。

さてさて、どう考えてもふっくらしたお腹のあたりを気にしつつ、
日本より一足先にさっさと始ったビジネスデーに、
一生懸命お仕事している私たちニューヨーカー。

でもそんなに急に調子でませんよねー。

特に昨日も今日もマンハッタンは冷凍庫。
さらに今日の夕方のラッシュ時には、地下鉄が一部で信号故障、
私が乗る電車がやっと来たと思ったら、ものすごい大混雑。

ニューヨーカーは東京のラッシュの電車みたいに、
ぎゅーぎゅーづめで乗るの大嫌いなんです。
ちょっと体がふれるくらいでもう限界。
だから、そうなったら次の電車を待つ。
無理して乗ろうとすると、お客さんに「次を待てば」と言われるくらい。

私もひたすら待って4台目、
やっと乗ったけれどやはり結構混んでいる。
着ぶくれしてるから余計にそう感じる。

ところが突然、こんなアナウンスが入ってきました。
車掌さんのアナウンスです。とってもいい声の男性でした。

「次はタイムズスクエアです。みなさん忘れ物しないように降りてください。
そして今夜は暖かくお過ごしください。
目的地はそれぞれ違うかもしれませんが、
あなたが通る道はハッピネスという道です。」

仕事帰りでぐったり疲れたニューヨーカーの顔が、
一瞬笑顔になりました。

年明け1週目、
2012年、みなさんもさまざまな思いで迎えていると思いますが、
みなさんが通る道がハッピーでありますように!


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2011年12月26日

12月26日(月)カナダ・モントリオールから關陽子(せき ようこ)さんのレポートです

カナダでは、先月、ちょっと変わった「お札」が発行されたそうです。
お札というと、普通、どこの国でも、紙の「紙幣」が一般的だと思うんですが、カナダの新しいお札は…なんと「プラスティック」でできているんだそうです。


※プラスティックと聞くと、なんだか硬そうですよね。お財布には、しまえるんでしょうか。

今日はカナダにお住まいになって、18年、現地でジャーナリストをされている「關陽子(せき ようこ)」さんにお話を伺います。

Q年末ですが、この時期の街の様子は、いかがですか?


クリスマスが終わったところですが、こちら、カナダでは12月26日から1月の2日まで休む人が多いです。
日本では仕事をされている方が沢山いらっしゃるとは思いますが・・・。

オフィスなどは全部閉まってのんびりしていますが、お店などは明日くらいからまた4開いていると思います。


Qちなみに、關さんは、クリスマスはどんな風に過ごしましたか?


家族と過ごして、料理をたくさんして、親戚などとプレゼントの交換などを行いましたね。

毎年分担しているのですが、今年は姉がクリスマスケーキを作ってきてくれました。

Qさて、カナダで先月から、プラスティック製のお札が使われるようになったそうですが、これは、どんなお札なんでしょうか?


今はまだ100ドル札のみなんです。
来年の3月からそれぞれ50ドル札、20ドル札、10ドル、5ドルと流通され始める予定です。

まだあまり普通に手にする事はないですね。
観光客など特別な事がないとお店で使われないような形です。
高額紙幣になりますので、お財布の中には入っていないですね。

Q關さんも、もう使いました?使い心地はどうですか?


興味があって銀行に行って変えてもらってきました。
なかなか面白いですね。

今回なぜこういった紙幣を導入する事になったのか。
偽札を作る事を防止するためなんです。それを防ぐいろいろな技術が使われています。


ポリマー製の紙幣を使うのは、カナダが始めてでは無く、今までにもオーストラリアなどでもこういったお札は流通していました。


今回のカナダのテクノロジーは最先端と言ってもいいほどです。


新しい100ドル札に印刷されているのは、古い井お札と同様に首相を務めたロバート・ボーデンさん。
裏面のデザインはカナダの科学とサイエンス、特に医学の貢献を現した顕微鏡を覗く女性の画がDNAのイメージなどが現されています。


最先端な部分というのは、

今回のお札には透明な部分が2カ所あります。
紙ではできないものなんですが。
横にした時に上から下まで直線でラインみたいに入っているもの。
もう一つはカナダの国旗を小窓にしたようなものです。
どちらも角度を変えるといろが違って見えるホログラフィックがあります。

いろいろな仕掛けがあって、これは偽札を作るのは難しいなと思いました。


カナダは紙幣や切手のデザインに凝ったところがあるんです。


カナダは寒い国ですので、耐久に関するテストなども行われています。
破れにくく、折れにくいし、そのまま洗濯しても大丈夫です。

2011年12月22日

12/22(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!


HAPPY HOLIDAYS!

クリスマス直前のキラキラ輝くマンハッタンからレポートしています。

このアップタウンスタジオの近くの路上では、
今年もクリスマスツリー売りがオープン。

treevendor_sml%5B1%5D.jpg

マンハッタン中の街角にツリー売りが出て、
都会の真ん中なのに森の匂いがしてとても素敵です。

こんなスペシャルな季節、実は私たちニューヨークの日本人コミュニティの間で、
静かなブームになっているモノがあります。

クリスマスプレゼント、1人で10個も20個も買うからショッピングが大変!
という話、毎週してきましたが、
このプレゼントを包むラッピングペーパー。
アメリカはあまりお店でラップしてくれないので、
自分で買って自分で包むのが普通。

そして、この福島の子供たちが書いた絵がコラージュされた、
スペシャルなラッピングペーパーが、
ニューヨークの紀伊国屋さんで話題になっています。

391835_295588453819028_185400794837795_899315_1546348887_n.jpg
379480_295589130485627_185400794837795_899324_1276808197_n.jpg

実はこれを作っているのはJPGIRLS NYCという現地日本人女性による、
震災被災地支援グループ。そのリーダーがEMI JAPANのアーティスト、
AKさんです。

387566_295588787152328_185400794837795_899319_1903200285_n.jpg
375360_295588533819020_185400794837795_899316_515233734_n.jpg


この番組でも春に何度か紹介しましたが、私もJP GIRLSのメンバーの1人で、
これまでにニューヨークのタイムズスクエアなどで募金運動、イベントなどをして、
集めたお金を被災地に送ってきました。

今回のラッピングペーパーは、今月初めから売り始めたんですが、
日本のテレビや新聞(私はラジオ代表)を集めて行ったメディアデーには、
1時間で500枚近く売れてびっくり!

被災地支援にラッピングペーパーって、とても珍しいと思うんですが、
いったいなぜ、AKさんがラッピングペーパーを作ろうと思いたったのか、
その裏には、AKさんが被災地で出会った人たちからもらった、
とても大切なメッセージがこめられているんです。

今日はAKさん自身の言葉で、そのメッセージ伝えてもらいたいと思っています。

さあ、ここでさっそくAKさんに登場してもらいましょう。AKさん、
まずラッピングペーパーについて教えてください。

AK「JP GIRLS NYCという日本支援団体があるんですね。
その団体がタイムズスクエアで募金活動を始めて以来、
みんなとても熱心で、これまで8回くらいイベントを続けていて、
現在500万円近くが被災地に送られているんです。
私自身がシンガーなのですが、
震災後の半年後の8月に東京でコンサートをしたんですね。
震災後始めて帰ったというのもあるので、
その時にやはりこれからニューヨークでもっと震災の支援をするためには、
何をしていくべきかを把握するために、被災地に行ってこようと決めました。
その理由は状況をしっかり把握してこようというのが一つ目。
二つ目は、被災地の人達、住んでいらっしゃる方々達の声が
ニューヨークまでしっかり届いてこないというのがあったので、
お話をしっかり聞いて、何が本当に必要とされているのかを把握してこよう。
そして3つ目は、私にできることといったら歌だ、
ということで、歌のお姉さんになって、 保育園、児童館でコンサートを
やってきました。そのコンサート福島と宮城5カ所でやったんですが、
その一つが福島県相馬市にあるみなと保育園だったんですね。
その園児達がコンサートのお礼に絵をくれたんです。
93人の子供たちの絵には「笑顔」というメッセージが
書かれていたんですが、もう胸がいたくなって。。。。
こんなに大変な状況の場所に住んでいる子の子たちがくれたメッセージが
「微笑んで=笑顔」。もうこれをニューヨークに持って帰って
たくさんの人に見てもらわなければ、と思ったのが最初のきっかけです。」

展覧会もやったんですよね、ニューヨークの地元の小学校で。

AK 「でも学校とかイベントだけじゃ、見る人の数が限られている、
じゃあもっとたくさんの人に福島の子ども達のメッセージを伝える方法、
ということで、ラッピングペーパーになりました。
というのは、アメリカでは贈り物を贈る習慣がとてもたくさんあって、
ラッピングペーパーを贈る側も、貰う側も、
そのラッピングペーパーを見る度にみんなが福島の話題にふれることができる。
で、もっともっとたくさんの人に買ってもらう方法はないかと、
ニューヨークの紀伊国屋さんに持っていったところ、
そのアイデアは素晴らしい、ということで、
僕たちの店でも販売しましょう、ということになって、
今本当にありがとうございます、という気持ちなんです。」

ここでそのラッピングペーパー見せてもらえますか?

391807_295588243819049_185400794837795_899313_120933011_n.jpg

AK 「3歳、4歳、5歳の園児達12枚ずつの絵をコラージュしたものが6種類。
みなと保育園のみんなが自分たちの名前を使ってください、ということで、
子ども達のメッセージ名前入りで入っていますから、
これを見た人はすぐに相馬の子ども達が書いたってわかるはずです。」

子ども達が書いた、元気な笑顔がいっぱいのとても可愛いラッピングペーパー。
中には思わずこちらが微笑んでしまうような、ユーモラスな絵など、
見ているだけで元気をたくさんもらえます。

ところで震災直後からずっと私達JP GIRLSのリーダーとして
支援活動をしてきたAKさん。
でも夏に初めて被災地を訪れてみて、これまでと考え方、感じ方が
大きく変わったと言っていました。

AK「一番変わったのは、自分の家族、友達がこの場所に住んでいて、
それを全部失ったら私の人生どうなっていたんだろう、と
自分の体験として考えられるくらい近く感じました。
そこに住んでいる人達だけが「苦しみを誰にもわかってもらえてない」と感じている。そう感じながら生きる人がこれからももっといるかもしれない。
でも1人でも多くの人が、「自分がもしそうだったら」と
置き換えて考えることで、もっと出来る事、いっしょに考えて行けること、
できるんじゃないかな、って。
私はニューヨークに住んでいるから、遠く離れていてすぐに会いには行けない。
だけど、離れているからこそ出来ることっていっぱいあって、
例えば「思いをよせる」
忘れてないよって言うメッセージを伝える事って、距離は関係ない。
それを今回一番感じました。だから子ども達の絵が
ラッピングペーパーになったこと、
毎日ニューヨークで見れる人が増えたことに関しても、
距離はやっぱり関係なくて、思いを寄せる、忘れずにいる、
ということは、誰でも、いつでもどこにいても出来る。
それが形として何のヘルプになっていない、と思う人もいるかもしれないけれど、
いやいや実は被災地に行って、たくさんの人に会って、
たくさんの人から同じことを言われたのは、心を寄せてほしい、
忘れないでほしい、という気持ちのメッセージのほうが、
お金ください、というような事よりも 
圧倒的にずっと大きかったということが、一番学んだことというか、
忘れないでいくことだと思っています。
もらったこのメッセージをメッセンジャーとして、
何とか伝えて行こうと思っています。」

遠く離れても、気持ちでよりそってほしい、
忘れないで欲しい、というメッセージ、
それを彼らの「笑顔」と いっしょに少しでも遠くまで、
たくさんの人に伝えるのが
この「笑顔」のラッピングペーパーなんです。

クリスマスというのは本来、家族がお互いの存在に改めて感謝し、
セレブレーションを通して世界に「愛のメッセージ」を発信する日。
本当に大変な1年でしたが、
こうしてクリスマスを迎える事ができることに感謝ですよね。

そしてもしあなたもこのメッセージに賛同してくれるなら、
ぜひ私達JP GILRSのFACEBOOKページに立ち寄ってください。
JPGIRLSNYCですぐ出てきます。
http://www.facebook.com/JPGirlsNYC

388894_295588377152369_185400794837795_899314_398402433_n.jpg

photo by Romi Uchikawa (紀伊国屋の写真はすべて内河路美撮影)
###

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年12月15日

12/15(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

HAPPY HOLIDAYS!!

寒くなってきました! クリスマスらしくなってきました!

先週の土曜日、まだクリスマスまで2週間もあるのに、
マンハッタンはサンタでいっぱいに!

画像の確認


サンタコン。。。みんなでサンタのかっこうして街に出よう!という
草の根的なイベント。
タイムズスクエアもグランドセントラルターミナルも、
ストリートもサブウェイもサンタでいっぱいに。

画像の確認


全部で数百、数千人はいたと思います。

ところがそのサンタたち、午後からはみんなバーに入って酔っぱらいはじめた。
提携バーでお酒を飲むと、その収益が子供たちのためのチャリティーに贈られる。
酔っぱらってチャリティ! というニューヨークらしいイベント。

画像の確認


そんな楽しいイベントももりだくさんのニューヨークのクリスマス。


先週はマンハッタンの5番街をウィンドーショッピングしながら、
デパートやブランドのお店が工夫をこらしてデコレーションする、
クリスマスウィンドー、そのパート1をお送りしました。

バーニーズのレディ・ガガ・ウィンドー、
ティファニーのファンタジックなウィンドー
そして、
ティファニーの真上の空に浮かぶ、ユニセフのクリスタルの大きな雪の結晶。。。

今日はそのパート2、

さあ先週ご紹介したユニセフのクリスタルの雪の結晶から南に向かうと、
5番街の右側に見えるのは、この秋初めてお目見えした、このお店です。
ユニクロのワールド・フラッグシップストア

画像の確認

52丁目まで来ると見えてくるのは、ニューヨークで最も権威のある教会、
セントパトリック大聖堂。
クリスマスのミッドナイトミサはテレビで生中継されます。

画像の確認

ちょうど夕方のミサが終ってたくさんの人が出て来ていました。

画像の確認

その隣のデパートがSAKS FIFTH AVENUEサックス・フィフスアベニュー
このクリスマスウィンドーは特に有名で、ニューヨーク中から
わざわざこれを見にやってきます。しかも並んでウィンドーを一つずつ見て歩くんです。

セレブリティデザイナーがデザインしたゴージャスなドレスを来たマネキンが、
不思議の国のからくりを動かしている、
そんな不思議なクリスマスワンダーランドが広がっています。

画像の確認

画像の確認

画像の確認

画像の確認

画像の確認


5番街をはさんで反対側にあるのが、ロックフェラーセンターです。
輝く天使のプロムナードの向こうに、あの巨大クリスマスツリーが見えています。

画像の確認


赤、青、緑、ゴールド、3万個の電球がちりばめられた、
世界一大きな宝石のようなツリーがキラキラ輝いています。
何度見ても、毎年見ても、1年に何回見ても見飽きないツリー。

画像の確認

買い物まったくしなくても、ウィンドーショッピングだけで楽しい!
もうマンハッタンまるごと、クリスマスワンダーランドになっています。

画像の確認


そんなロマンチックな街をデートしているカップルもいますが、
ほとんどの人はクリスマスプレゼントの買い物。
先週もお伝えしたように、家族や親戚みんなに買うから1人10個や20個は当たり前。
それも一人一人の顔を思い浮かべながら、その人にぴったりのギフトを選ぶ。
これは大変だけど、とっても楽しいショッピング!

画像の確認


子供たちにはもちろんおもちゃ。キッズ用のタブレットが今年すごい人気だそう。
大人はやはりipad, iphoneやアマゾンの新しいキンドル・ファイア。
そして、腕時計やジュエリー。
でもアメリカのクリスマスの意外な人気の定番はセーター。
サンタの編み込みセーターや、マフラー、ニット帽なんかが不動の人気。

こうしてプレゼントを買い込んで、ニューヨーカーはクリスマスイブの夜、
いったどう過ごすんでしょう? 

クリスマスイブには家に帰って、家族といっしょに過ごす!
これがニューヨーカーのクリスマスなんです。

画像の確認


ニューヨーク以外から来ている人も、みんな実家に帰る。
日本のお正月に近いんですね。

おうちのリビングルームに飾ったツリーのまわりに、プレゼントの箱を並べて、
クリスマスの朝になったら、みんなでプレゼントをあけます。

ニューヨークのクリスマスは家族ですごすクリスマス。

みなさんも今年のクリスマスは子どもの頃を思い出して、
お母さん、お父さんにプレゼントを買って帰ってあげたらいかがでしょう?

画像の確認


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2011年12月08日

12/8(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!


HAPPY HOLIDAYS!!

ニューヨークはホリデーシーズン全開です。

ストリートのイルミネーションはもちろん、
オフィスのロビーやドアにもクリスマスツリーやリース。

radiocity.jpg

私がよく行くオフィスビルでは、1階のロビーに
この時期だけグランドピアノがおかれて、
1日中クリスマスソングを生で演奏しています。

そろそろクリスマスショッピングのピークにも突入。
アメリカ人はクリスマスに一人一人がサンタになって、家族全員、親戚、友達、
みーんなにプレゼントをあげる習慣があります。
一人で20個も30個もプレゼントを買うから忙しいはずですよね。
バーゲンのシーズンでもあるから、
この時期を待って家電とかパソコンなんかも買う。

今年のクリスマスギフトの予算は、一人700ドル。
自分用の買い物は130ドル。

DKNY.jpg

この時期にどれだけ売り上げるかが、お店にとってはもちろん、
アメリカの経済、そして世界経済にも大きな影響を与える重要な時期でもあります。

リストを作って街を走り回って買い物するニューヨーカー、
世界中から観光も兼ねてショッピングに来るツーリストも混じって、
街は大混雑です。

trumptower.jpg

そんな中でニューヨーカーが毎年楽しみにしている
ある伝統のクリスマスディスプレイがあります。
「クリスマス・ウィンドウ」と呼ばれるディスプレイ。
毎年デパートやブランドのショップが工夫をこらして、
ディスプレイを競うんですが、
このディスプレイの内容がニュースになるくらい、力が入っています。

私もクリスマスウィンドーめぐり行ってきました。

今日はマンハッタンのクリスマスウィンドーめぐり、パート1
キラキラのニューヨークのクリスマスの雰囲気を
とにかくみなさんにたっぷりお届けします。
スタートはマンハッタン5番街とセントラルパークのコーナー。
後ろに日が暮れたばかりのセントラルパークの深い森。
右はプラザホテル、左はアップルストアの巨大なガラス張りエントランス。
ここから5番街を南に見ると輝くイルミネーションが見えています。

holidaymidtown_1.jpg

まず5番街のお隣、マジソン街にあるデパート、
バーニーズに行ってみました!

gaga_2.jpg

今年のウィンドウはレディガガ・ウィンドウ!
ガガのイメージのデコレーションは超ゴージャスでグラマラス!
バックにはガガの曲が。

gaga_4.jpg
ガガのベッドルーム?

gaga_1.jpg
ガガマシーン

gaga_5.jpg
ガガの水晶の洞窟、crystal cave

デパート内のポップアップショップ「GAGA’S WORKSHOP」は
ガガイメージのセレクトショップで売上げの25%がチャリティに寄付。
さすが!

gaga_6.jpg

5番街に戻って南に歩きます。
57丁目の交差点の中空に浮かんでいるのは、ユニセフのスノーフレーク。
2万個近いクリスタルでできた巨大な雪の結晶です。

snowflake_1.jpg

1984年のホリデーシーズンンから、毎年この場所に輝いているスノーフレーク。
この雪の結晶は、
世界中のすべての子供たちが健康で平和に、
そして幸せに暮らせるように、という祈りをこめたシンボルなんです。

snowflake_2.jpg

毎年これを見るたびに、私の心にも灯りが灯る気持ちがします。

その57丁目は、北東のコーナーがルイ・ヴィトン、
その向かい南東の角にあるのがティファニー。
中も外もクリスマスのファンタジーランドのようなデコレーション

Tiffany_2.jpg

ここのクリスマス・ウィンドー、まるでおとぎの国のお城の窓のような
デコレーションのウィンドウの真ん中に小さなのぞき窓があって、
その奥に不思議なファンタジーの国が広がっています。見ていると吸い込まれそう。
宝石でできた白馬と、その隣には小さなメリーゴーランドがまわっています。

Tiffany_1.jpg


このメリーゴーランドは、セントラルパークにある古いメリーゴーランドから
インスピレーションを受けたものだそうです。

4つのウィンドーのうち、残りの3つはミニチュアの57丁目の交差点、
次が空から見た雪のセントラルパークと摩天楼の森。
そして雪に覆われたセントラルパークの小川にかかった小さな橋の上を、
宝石でできたキリンや鹿が歩いている、
まるでおぼろな夢の中の風景のように、ファンタジック。

Tiffany_3.jpg

子供たちだけでなく、大人も、女性だけでなく男性も、
じっと覗き込んでいるのが印象的でした。

喧騒にあふれた街の中で、ロマンチックなウィンドーや
クリスタルの輝きに包まれているうちに、
少しずつ気持ちもキラキラしてくる、クリスマスの気分になってくる。

歩けば歩くほど、クリスマスが近づいて来る、
そんなマンハッタンを街の雰囲気、
ちょっとだけ感じてもらうことができたらうれしいです。

さあ来週はティファニーから5番街をもっと南に下って、
マンハッタンで一番人気の、行列が出来るクリスマスウィンドー、
ご紹介しますね。

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年12月01日

12/1(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

ついに12月になりました!

今日のニューヨークは大変な事に!
前代未聞の大渋滞でした。

その原因は、ビッグイベントが二つ重なった事。

一つは、オバマ大統領の活動資金集めイベント。
オバマさんが来る度に厳重警備で大渋滞になるんですが。。。

それがたまたま、年に1度の大イベントに重なったから大変!

それは、ロックフェラーセンターのツリーライティング・セレモニー!!!

つい数時間前に行われたのですが、すごかった!

アメリカで一番有名なクリスマスツリー、
今年のツリーは高さ74フィート(23メートル)のNORWAY SPRUCE
巨大でしょう!?
rockefellertree2011_sml.jpg

ロックフェラーツリーというのは、ロックフェラーセンター、
つまり日本で言えば丸の内のオフィス街みたいな場所にあります。
ロックフェラーツリーは東京駅の真ん前に立っていて、
そこに何万人という人が押し寄せたと想像してください。

私たちニューヨーカー、今日まともに帰宅できませんでした。
その押し合いへし合いの中へ、私も行ってきました、
というより、巻き込まれて来ました。

今日はついさっき点灯したばかりの、ロックフェラーツリー、
そしてツリーライティングセレモニーについてレポートします。

今から5時間前に、3万個の電球がカウントダウンと共に点灯されました。
もちろんテレビ中継では全米で何千万人という人が見ましたが、

この瞬間を自分の目で見たい! という何万という人がおしよせました。
tree_line.jpg


点灯の3時間前、夜6時のロックフェラーセンター付近の歩道は
ツリーライティングを見るために集まったニューヨーカーと
世界中からのツーリスト、そして帰宅ラッシュのビジネスマン、ウーマンで
あふれかえり、見た事のないような数のNYPDの警官が、
メガホンを持って交通整理。
tree_police.jpg


押し合いへし合いの中、隣にいたカップルに話しかけてみると。。。
tree_couple.jpg

インドから来ているツーリストのカップル、
「ロックフェラーのツリーを見に行くんだ!すごく楽しみ!」 と興奮気味。

ブルックリンから来た家族連れ、小学生のクリスタルちゃんは、
「ツリーも見たいけど、早くこの群衆から抜け出したい」
とお疲れ気味。

tree_family.jpg
tree_family2.jpg

そしてデンマークから来たというローラさん、

「ニューヨークには仕事できていて、
今日もツリーを見に来たわけではないのだけれど、
帰宅しようと思ったらすごい人でびっくり。
でもニューヨークのクリスマスはデコレーションが素晴らしいと聞いているから、
これからがとても楽しみ!」 とコメントしてくれました。

そう、そのクリスマスデコレーションも含め、
ニューヨークのクリスマスのすべてのキックオフが、
このロックフェラーツリーの点灯、と言っていいでしょう。

それにしてもなぜこんなにたくさんの人が、点灯式を見に来るのか、
なぜこんなに愛されているのか、
このツリーには、ニューヨークの歴史が息づいているからです。

最初のロックフェラーツリーは今から78年前の1933年、
大恐慌の直後で、ロックフェラーセンターはまだ工事現場でした。
新しい年が少しでもいい年になるように、と
作業員達がツリーを立ててクリスマスを祝ったのが最初。

しかもこのツリー、毎年違う場所から切って持ってくる。
今年のツリーはペンシルバニア州の
ケラーさんファミリーの庭にあったもので樹齢75年です。
実はこの木は、持ち主からのニューヨークの街への寄付。
つまり、持ち主とっては家族みたいな樹を、
ニューヨークの街にプレゼントするようなもの。

ニューヨーカーにとっては毎年必ず、
そして最初に受け取る、クリスマスプレゼント。
だからニューヨーカーにとっては、
このツリーは樹というより人みたいな感じ。
毎年やってくる友達みたいなもの。
だからツリーを見に来る、というより「会いに来る」という気持ち。
これを見ないとクリスマスって気がしない!


だからニューヨーカーの私も、毎年ツリーの話をせずにはいられない。
伝統ってそういうものですよね。

さて後半は、2011年のツリー点灯の「前座」としてかけつけた、
スーパースターたちを紹介しましょう。


高さ23メートルのエバーグリーン、
つい先ほど行われた2011年のロックフェラーセンターツリーの点灯式に
かけつけたスーパースターたち。

ツリー点灯の前、2時間にわたってパフォーマンスを繰り広げました。

とにかくすごいメンバーです。

まずはJustin Bieber,
スーパージャズシンガーMichael Bublé,
去年のグラミーウィナーCee Lo Green,
カントリースーパースターFaith Hill,
伝説的シンガーソングライターCarole King,
アメリカンアイドルKatharine McPhee,

そして85歳で現役!国宝級シンガー、Tony Bennett

それぞれがとっておきのクリスマスソングを披露しました。

ロックフェラーのツリーが伝統すると、
5番街のデパートのクリスマスウィンドーや、
ユニセフのクリスタルの星など、
ニューヨークのクリスマスデコレーションが次々にデビューします。

クリスマスシーズンは始まったばかり!
今年も楽しいクリスマスの話題、たくさんお届けします!

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年11月24日

11/24(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

HAPPY THANKSGIVING!!

ニューヨーク今は24日木曜早朝2時、
毎年11月最後の木曜日と言えば?

そうです!THANKSGIVING DAY(感謝祭)です。
アメリカ生まれのChigusaさんはご存知と思いますが。。

これほど日本人に知られていない、
だから説明するのが大変なアメリカンホリデーもない。

独立記念日よりも重要な、クリスマスにほぼ匹敵する、
1年で最大の休日、しかも毎年4連休!

何をするのかというと。。。基本的には
1年無事に過ごせた事に感謝をこめて、家族で集まってゴハンを食べる


でもニューヨークのTHANKSGIVINGはそれだけじゃない!
今日はニューヨークでアメリカで一番有名な、ビッグなパレードが行われるんです。

Chigusaさんはご存知ですね?

MACY’S THANKSGIVING DAY PARADE!
macys.jpg


何がすごいって、このパレードの主役は人間ではなく、バルーンです。
しかも、ただのバルーンではありません。
一個が4階建てのビルくらいあります。

何回見てもワクワクするこのTHANKSGIVING DAYパレードを、
今日はレポートします。


クリスマスまであと1ヶ月、という時期に毎年やってくる、
アメリカ最大の休日が、今日。THANKSGIVING DAY

そしてこれから8時間後、朝10時からスタートするのが、
第85回、THANKSGIVING DAY PARADE!
MACY’Sという老舗デパートが毎年主催するパレードに300万人が集まり、
ニューヨーカーだけでなく、全米のアメリカ人がテレビで見ます。

さっきも言ったようにこのパレードの主役は、人間ではありません。
もちろんマーチングバンドやダンサーも何千人も参加します。
セレブゲストはアブリル・ラヴィーン、MARY J. BLIGE、CEE-LO GREEN
他にもいっぱい。

でもみんなが本当に見たいのは、
人気キャラクターのジャイアントバルーン。

スパイダーマン、スヌーピー、カーミットのカエル、
日系の人気キャラではピカチューやハローキティなど全部で19個

今年はSEGAのゲームキャラ、SONICの巨大バルーンも仲間入りしました。
どのくらい大きいか?
例えばカーミットのバルーンは高さ20メートル、幅7メートル。
想像を絶するサイズ。

これがマンハッタンの摩天楼の間をぷっかぷっか浮かびがらパレード。
見ているだけでワクワクの愉快な気分になります!

このパレードはこれから8時間後ですが、
実は私はもう今年のバルーン、見てしまいました!

つい数時間前、パレードの出発地、セントラルパーク前には、
数千、数万というニューヨーカーが集まったんですが、
そこではこんな事が起こっていました。

ここでバルーンをふくらませるんですが、
実はパレードの前夜、ふくらんだばかりのバルーンが、スタンバイ状態で
ストリートにずらーっと並んでいるところを、見る事ができるんです!

路上に置かれているというより、前を向いてうつぶせ状態なので、
これから行きますよ! と構えているような感じ。
スヌーピーのうしろにロナルド・マクドナルド、
snoopy.jpg

その後ろにスパイダーマン、そしてぴかチュー、ハローキティ、ソニック。。
spiderman.jpg
pikachu.jpg
kitty.jpg


kermit.jpg
smurf.jpg

目の前で見るとありえないサイズです。もう写真のフレームに入りきらない!

数千人、数万人というニューヨーカーほとんどが親子連れですが、
カップル率も高くて、大人も子どももはしゃぎまくり。
ちょっと声かけてみました。
family1.jpg


「このイベント最高に楽しい!」 と言っていたジャッキーさんと、
めいのジョセフィーヌちゃん、
ジャッキーさんの好きなバルーンはカーミット、
ジョセフィーヌちゃんが好きなバルーンは、ハローキティだって言ってました。

続いて声をかけた子供たちのグループは、どのバルーンが好き?と聞いたら、
一斉に「サンタ!」と答えてくれました。

サンタの巨大バルーンも定番。

実はTHANKSGIVINGというのは、ホリデーシーズン、つまりクリスマスシーズンの
キックオフ。今日からホリデーシーズンですよ! という日でもあるんです!

さて後半はパレードで盛り上がった後、
パレードの後は何するのかと言うと。。。

家族でディナーを食べる
そこで食べるのはターキー、七面鳥をメインにしたディナー。
そのルーツは、17世紀に清教徒達がアメリカにやってきた頃にさかのぼりますが、

ポイントは家族、親戚が集まって食べるということ。

このために里帰りする人も相当いて、およそ7000万人が大移動。 
盆と正月が一緒にくる勢い。

そして木曜日のTHANKSGIVING DAYの翌日金曜日は、超ビッグなショッピングデー。
通称ブラックフライデーと言われています。

この日にどのくらいの売上げがあるかで、
来年のアメリカの経済、そして世界経済を占うほどなんです。

いったい何をどれくらい買うのか、なぜそんなに重要な日なのか、
この続きはまた来週レポートします。

では最後に、THANKSGIVING DAY定番のあいさつをニューヨーカーから、

HAPPY THANKSGIVING!

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年11月17日

11/17(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

ニューヨークは雨の1日
色づいた葉っぱがどんどん散っています。
そんな中、クリスマス準備が着々と進行中。
ロックファラーセンターのツリーも既に到着。
来週はもうクリスマスの一つ前の、ビッグホリデーTHANKSGIVING DAY
このホリデーがすぎるとニューヨークは一気にクリスマスに。
ちょっと待ってーという感じ。

そこで今日は、「ちょっと待って」の気持ちもこめて、
ニューヨークから音楽スペシャル。

ニューヨークのインディーズシーンで、
一番人気のある日本人女子二人組のユニットといえば??
CIBO MATTO チボマット
cibo_1.jpg
cibo_2.jpg

90年代のニューヨークのインディーシーンで大ブレイク。
アメリカでメジャーデビュー
メンバーの一人、本田ゆかさんは、
ショーン・レノンのプロデュースなどでも知られています。
yuka.jpg

90年代にはアメリカのメジャーレーベル、
ワーナーブラザースから2枚のアルバムをリリース。
アンビエント、エレクトロニック、ヒッポホップ、スラッシュメタル。
一見ミックスしそうにもないサウンドのおいしいミックスと、
羽鳥三保ちゃんのキュートでスーパークールなボーカル。
miho.jpg

「チボマット」というのはイタリア語で、
クレイジーな食べ物好き、という意味だそうで、
食べ物をテーマにした曲も多い。
そんな部分も含めて、世界中にひとつしかない、
チボマットの世界を作っています。

プロデューサーでもある本田ゆかさんは、
ショーン・レノンのデビューアルバムのプロデュース、
坂本美雨ちゃんや、オノヨーコさんのリミックスなども手掛けています。

このCIBO MATTO、バンドとしては
10年くらい活動していなかったのですが今年再結成、
先日ジャパンソサエティで行われたコンサートでふたりをキャッチしました。
そのインタビューのもようは、
ウェブラジオでお聞きください。


※youtubeでもCIBO MATTOの曲を聴く事ができます。

http://www.youtube.com/watch?v=tPS_YOx81O0

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2011年11月10日

11/10(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

11月の最初の日曜日から、
ニューヨークは夏時間から標準時間(冬時間)に戻りました。

そしてニューヨークの11月の最初の日曜日といえば、
年に一度のビッグイベント!

NEW YORK CITY MARATHON!! マラソンサンデーです。

ニューヨークシティマラソンといえば、世界最大級の市民マラソン
ニューヨーク市の5つの区を全部走りぬけ、
最後は紅葉のセントラルパークでフィニッシュ!
今年はニューヨーカーはもちろん、全米、
そして世界中から4万7千人が参加しました。

日本から走りにいらした方多かったと思います。

マラソンの規模、世界からの注目度、その経済効果、
どれをとっても世界最大級ですが、

ニューヨーカーが何よりも誇りにしている事があります。

それは、沿道の応援。
なにしろスタートからフィニッシュまで、
250万人もの人が鈴なりになって、応援しまくる。

その中にはもちろん日本人、ジャパニーズニューヨーカーもいます。

今日は2011年のニューヨークシティマラソンをレポートします。

参加ランナーの総数4万7千人、
沿道の応援250万人
市にもたらされる経済効果も去年よりおよそ8億円多い270億円
まさに不況知らず、世界最大級のマラソンイベント、
ニューヨークシティマラソン
runners.jpg
runners2.jpg
runners3.jpg

2011年、女子はエチオピアのフレフィオツ・ダドが
2時間23分15秒で優勝。
男子は今年のボストンマラソンも制覇したケニアの
ジェフリー・ムタイが、大会新記録の2時間5分6秒でフィニッシュ。

そんな世界のトップランナーによる優勝争い以上に
ニューヨーク市民が注目しているのは、アマチュアランナーたちのがんばり。
ニューヨーカーなら必ず知り合いの1人や2人はこのレースに出場しているから
応援にも力が入るんです。


この「応援」こそが、ニューヨークシティマラソンの最大の魅力。
スタートからフィニッシュまで沿道のほぼすべてが「特等席」
コース沿いの住人はこぞって家の前で応援
友達や同僚が通過するときはプラカードや鳴りものを持って大騒ぎ。
spectators.jpg

知らない人にも「がんばれ!あと少し!」と声をかけまくる。
さらに音楽の応援もすごい!
トータル130ものバンドがロックやファンク、サルサまで
あらゆる音楽をプレイ!
band.jpg

バックに聞こえているのはこの番組を放送している
「アップタウンスタジオ」の近所、ハーレムというエリアにある通過地点。

ちょうど地元バンドがレゲエをプレイする前を、
ランナーが次々に通過していきます。

ゴールのセントラルパークの42.195キロの間ずっとこんな応援が続くんです。

ゴールのセントラルパークで完走したランナーに聞いてみました。
最初のランナー、オランダから来たニールさん、タイムは3時間6分。
Neil.jpg

「もう11回目のフルマラソン、ニューヨークは2回目だ。
最初はよかったが残り2マイルは、5番街の上り坂がつらかった。
でもニューヨーカーの素晴しい応援で乗り切れたよ。」

次のランナーは、テキサスから来たサラさん。タイムは3時間7分
「ニューヨークマラソンは初めてだけど、ファン、観客の応援が最高
特にマンハッタンに入って来るところの盛り上がりがすごい」
Sara.jpg

そして、ドイツから来たランナー、フランツさんのタイムは2分55秒、
「初めてのニューヨークシティマラソン。
Franz.jpg

特に応援が素晴しいマラソンだと聞いていたが、その通りだった。
とにかくみんなの叫ぶような歓声の中では、スローダウンなんてできない。
どんどん早く走ってしまうんだ。」

日本人のランナーもつかまえました!
「愛媛県から来た、おち やすふみです。タイムは3時間32分。
Japanese.jpg

初めてのニューヨークマラソン、初めてのフルマラソンで死ぬかと思いました。
区切り区切りきついところがあったんですが、
一番きつかったのは35キロからですね。
けど、ところどころ日本人の方が応援してくれたので、元気づけられました。
日本の国旗があったので。きつくてもそこに寄って行って
イエーなんて言ってました。」

日本人もあちらこちらで日の丸を持って応援していました。
とにかくあの応援があったから完走できた、というランナーたち、
そしてニューヨーカーの方も、「私達が応援頑張らなくてどうする!?」 
と、すごく張り切るし、それを大きな誇りにしています。

さあ後半は、マラソン中継では決して見られない、
ニューヨークシティマラソンで走り終わった後の舞台裏をレポートします。

あまり知られていませんが、実は一番最初にゴールするのは、
およそ200人の車いすランナーたち。
その車いす部門で優勝したのは、なんと日本人です!
副島正純さん。1時間31分41秒で初優勝、素晴しい!!

とにかく4万7千人も走るわけですから、
3時間をきるような早いランナーもいれば、
5時間も6時間もかかってゴールする人もたくさんいます。

完走したランナー全員にゴールドメダルが贈られ
身体を冷やさないためのアルミマントをかけてもらった後、
セントラルパークのすぐ前の路上に設置された、
ホールディングエリアに向かいます。
holdingarea.jpg
スタート前に預けた服や荷物が、
ゼッケンのナンバーがついたビニール袋に入って、ずらり。
それをピックアップして、その場で汗にぬれたシャツを着替える人もたくさんいます。

友達や家族が待ち構えていて、
「おめでとう!」とハグしあったり、花束をプレゼントされたり。

でも中には、つかれきって路上に座り込んでしまっている人、
救護班の手当を受ける人もいました。

またかなり多くのランナーは、
そのまま着替えもせずに1人で、フツーに地下鉄に乗って
家に帰る人もけっこういるんです。
subway.jpg

つかれた足を引きずように1人で歩いていた男性。
家に帰ったら誰か待っててくれるのかな?
普段はどんな生活をしているのかな、なんて思いながら見ていると、
すれ違う見知らぬ人が次々に「CONGRATULATIONS おめでとう!」
と声をかけていくんです。
これもニューヨークマラソンならではの光景。
after.jpg

マラソンを完走したという何ものにもかえ難い充実感と自信を胸に、
静かに日常に戻って行く姿、それをねぎらうニューヨーカー、
すてきだな、と思いました。

4万7千人のひとりひとりに、それぞれの人生がある。
それは実は応援する側も同じ。
長引く不況の中で耐える毎日を送っている私たちニューヨーカー、
苦しくても走り続けるランナーを大声で応援しながら、
実は勇気をもらったのは私達の方かもしれません。

それはニューヨーカーだけではありません。
実は、前半に登場してくれた日本人おちさんが走る前に考えていたのは、
今大変な試練を迎えている日本の事だったといいます。
そんな日本へのメッセージはありますか?と聞いてみました。

「どんなにきつい事があってもあきらめずにやる事が、
今後の人生につながってくると思いますので、がんばってください」

走る方も応援する方も、
私達ニューヨーカーが2011年のニューヨークシティマラソンからもらった、
たくさんの元気と勇気、日本のみなさんにも届きますように!

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年10月31日

10月31日(月)NYから弘恵ベイリーさんのレポートです。

今日は、そんなニューヨークから、現地で、エンターテイナーを応援するサイトを運営されてる「弘恵ベイリー」さんにレポートを届けてもらいます。


先日の大雪の影響で、電気が無い状態で発電機を使って生活しています。
全く電気が通っていない家もあるんです。

暖をとるのも大変。
発電機がないところは布団などを被って寝ています。
その他の家庭は暖炉を使ったりとかしています。

Qハロウィーンの期間中は、だいぶ前から、にぎやかだと思いますが、今年の様子はいかがですか?

⇒1ヶ月がたって、かえって盛り上がっていくばかりで、タイムズスクエアにも
集結したようですね。(また、これから状況が変わっていくとは思います)

Qみなさん、色々な仮装をすると思いますが、今年、人気の仮装ってあります?

⇒そんな中、ハロウィーンショップは、元気いっぱいです。
レイディーガガのウィグとかも人気あるようですよ。
今年は、女性用はミニなスカートが流行ってるようです。
日本の女子高生みたいなコスチュームもあったりします。
中世ヨーロッパのイベントがセントラルパークで口コミで広がって、にぎわいも
見せたりと、中世ヨーロッパコスチュームのファンも多いようで、そうしたコスチュームも売ってます。
ipadで人気のゲーム、Angry Birdsのコスチュームもありました。
オバマ大統領のマスク、その横にお騒がせ、サラ・ペイリンの
マスクがあるのも笑えました。

Qニューヨークならではの「ハロウィーン・パーティー」の楽しみ方があれば教えていtだきたいんですが・・・・

⇒ハロウィーンのパーティーは、グリニッジビレッジのパレードの後などに盛り上がります。
ハロウィーンパーティーの楽しみ方は、くもの巣や骸骨、フランケンシュタイン、ドラキュラ、
13日の金曜日に出てくるジェイソンとかで、デコレーションされた部屋。最近の人形は、動いたり、声をあげたりするのがあって、売り場を見るだけでもめちゃくちゃ怖いです。
大人はパーティーにアルコール。
血の色みたいなカクテルや、黒いリキュール、不気味な目玉とか入ったカクテルとかです。
今年は、蜘蛛の小物が多い気がします。
お洒落なインテリアが置いてる店とかにも、蜘蛛の小物が売ってました。
恐らく、せめてハロウィーンくらいは盛り上がろうって考えている親は多いと思うのですが、
この不景気で、まともでない人が増えているからか危険だし、
大人同士のパーティーは減るかもしれませんね。

Qハロウィーンというと、子供たちにとっても、お菓子をもらえたり楽しみだと思うんですが、最近は、事情が変わってきてるそうですね?

⇒あと、最近では御礼も言わない子供がいるのに、
お金を使って買った、お菓子を見知らぬ子供たちに配るっていうことに
疑問を感じる大人も増えてきているようです。
知らない人の家をまわることにリスクを感じている大人も増えていて、
ショッピングモールやストリートのお店などを回る子供たちも増えています。

2011年10月27日

10/27(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

秋が深まるニューヨーク、
来週月曜日はハロウィーン

当日のニューヨークでは有名な夜のパレードが。
この週末はどこもハロウィーンパーティだらけです。

ハロウィーンといえば仮装と決まっていますが、

ハロウィーンの前に既に思い切り仮装をやってしまった人達がいます。
それは、ギークと言われる人たち。

10月13日〜17日、Jacob Javitz Convention Centerという
コンベンションセンターで、4日間に10万人以上を集めた、
NEW YORK COMIC CONVENTION通称コミコン。


日本でいう、東京国際アニメフェアに似ていますが、
アメリカだから中心はアメリカンコミックスやゲームなど。

そこにあつまった人たち、
「ギーク」はいわゆる日本の「オタク」に似ています。


さて、アメリカのオタクたちって、ギークってどんな連中なのか、
コミコンの4日間いったい何をして楽しんだのか?

今日はニューヨークからアメリカ版のオタク、
ギークの祭典コミックコンをレポート!

ニューヨーク・コミコン
ジャビッツ・コンベンション・センターという幕張メッセ級の巨大施設に
今年は去年より9000人も多い10万5千人が押し寄せました。

およそ2000件の販売ブース、
100人近いセレブリティや著者、出版社によるトークショー、映画上映、
300人以上のコミックアーティストによるサイン会、ゲームトーナメント、
コスチュームコンテストやデートショー、クィディッチ大会まで、
ファンにとってのありとあらゆる楽しみが結集!!

そこに集まってくるのはもちろん、GEEK=ギークたち。
ギークは日本のオタクに似ているけれど、
ちょっと違うのはアメリカのギークはコンピューターなどのテックに
めっぽう強いインテリから、コミックやゲームにハマる
日本のオタクと似たタイプまで幅広いこと。

そしてアメリカンギークはギーク同士で集まるのが大好き。
1年に1度何より楽しみにしているのが、コミコンなんです。


まずこの女の子たち、女子6人で「DRAGON AGE」という
人気ビデオゲームのキャラに扮していました。
comiccon7.jpg

「ドラゴンエイジが大好きなのよ。
コミコンではゲームのクリエイターから直接話が聞けるからとても興味深いわ。」
「他のたくさんのコスチューマーにも出会えたし、ネットワーキングにもなるわ」
「コミコンのいいところはコミュニティだからよ。
好きな作品への賞賛と感謝をあらわす機会。趣味が違っても関係ない。
みんなであつまってギーキングできるのが最高なのよ。」

「ギーキング」
好きなゲームやコミック、ムービーについて語り合ったり、
コスチューマー同士で写真をとったり、ショッピングしたり。
多くののギークがこの日のためにためたお金で、
コスチュームやアクセサリー、ビンテージコミックス、
DVD、ゲームなどを買いまくり、中にはサンタのようにな袋や
ふくらんだバックパック姿のギークも多い。

そしてコスチューム。日本でいうコスプレは
スパイダーマンやキャプテンアメリカ、
スターウォーズのチューバッカの間には、スーパーマリオやセイラームーン、
トランスフォーマーのキャラもいます。
今のアメリカの20代の若者はスーパーマリオとセイラームーンで育っているし、
子供たちはトランスフォーマーが大好きなんです。

comiccon8.jpg
comiccon11.jpg

comiccon1.jpg
comiccon2.jpg

そして最近の日本のアニメファンも少数派ですがちゃんとがんばっています。
「ナルト」や「ブリーチ」「VAMPIRE KNIGHT」なんかのコスプレも見かけました。

それにしてもこのコミコン、毎年のように動員が増え続けています。
comiccon3.jpg
comiccon4.jpg

「ドラゴン・エイジ」の女子たちも、
「素晴しいと思うわ。以前はコンベンションといえば若い男性だけだったけれど、
今では大人、女性、そして子供たちも混ざって最高の雰囲気ね。」

年々膨れ上がるコミコンの動員、
アメリカのギーク人口の増加と大きな関係があります。

はっきり言って時代はギーク。

ハリウッドムービー、スパイダーマンから
X-MEN、STARWARSもSTAR TRECKも、「TEKKEN」から
「ANGRY BIRD」などのゲームも、
今アメリカでヒットするカルチャーはすべてGEEKYなものばかり。
comiccon12.jpg
comicon6.jpg


さらに象徴的なのは、アメリカのテレビ番組のオスカー、エミー賞を
4年連続受賞しているコメディドラマはBIG BANG THEORY、
その主役はギークたち。
超IQの高いインテリだけど、スタートレックや
アメリカンコミックスにハマっているという設定。

かつてギークといえば、「変わってる、よくわからない」と
学校ではいじめられっ子だった。
ところがそのギーク同士で集まってみたら、実はこんなにたくさんいた。
それにネットという「武器」が加わったおかげで無敵となったギーク文化は、
「ポップカルチャー」と名前を変え、今やハリウッドのスタジオや
大企業も見過ごせないメインストリームになったのです!

GEEK IS COOL!!

先日亡くなったスティーブ・ジョブズもビル・ゲイツもある意味ギーク。
エジプト革命をおこしたのは、ネットサヴィーでインテリなギーク。
今ウォールストリートを占拠しているのも、
ラップトップコンピュータをずらりと並べたギークたち。

GEEK IS POWERFUL!!

まさに時代はギーク!

日本のオタクと同じ、時代を動かして行くのはギークたちかもしれません。

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年10月20日

10/20(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

ニューヨークは雨と強風の1日

街路樹も少しずつ色づいてきています。

秋ですねー、

秋と言えば食欲の秋、
ニューヨークの秋の味覚と言えば、何でしょう?
(先々週も同じ質問を。。。)

ヒントは、ニューヨークのニックネームです。

APPLE!!

そう、ニューヨークはBIG APPLEと呼ばれていますが、
名前だけではありません。
今ニューヨークではいろんなリンゴが旬。
甘くてジューシーでとっても安い!食べごろです。

そして、ニューヨーク州のリンゴ生産料は、
西海岸のワシントン州に続いて全米2位を誇っているんです。

ではニューヨークはなぜ、BIG APPLE、
大きなリンゴと呼ばれるようになったんでしょうか?

リンゴがいっぱいとれるから?

うーん、そんなに単純ではありません。

いったいいつから、なぜBIG APPLEと呼ばれるようになったのでしょうか?

まずはニューヨーカーに聞いてみました。

ところが返って来た答えは。。。。

「なぜニューヨークがビッグアップルって呼ばれてるかって?
ノーアイデア、まったくわからないね。」
newyorker_1.jpg

newyorker_2.jpg
と口々に言っていましたね。
声をかけたニューヨーカー、観光客、誰も即座に答えられませんでした。

そこで、いくつかの選択肢をあげることにしました。


まず最初の選択肢


Depression Era sidewalk apple vendors
大恐慌時代のリンゴの屋台

大恐慌の翌年の1930年、街には失業者があふれていました。
一方でリンゴの流通業者は大量の在庫を抱えて困っていました。
そこで、失業者が街角でリンゴを売るようになったんです。
11月にはこの屋台の数が6000件にもなりました。
でも翌年リンゴの在庫が切れると、
屋台もあっという間に姿を消したそうです。

だからニューヨークはビッグアップルと呼ばれるようになった、
と言われています。

さて次の選択肢はこれ。

1930’s Jazz Musician
1930年代のジャズミュージシャン

1930年代、40年代はジャズのビッグバンドの全盛期でした。
この頃ジャズミュージシャンたちは、
こんなスラングで会話をかわしていた、という言い伝えがあります。
それは、「おい、お前先週末どこでプレイしたんだ?」「ビッグアップルさ」

それは、マンハッタンでプレイした」という意味。
当時のマンハッタンには多くのジャズクラブがあり、
オーディエンスの数もアメリカ一だっただけでなく、
ヒップで、いちばんジャズを愛しているお客さんだった、
ということなんですね。

その頃からニューヨークはずっとジャズが盛んな街です。

そんなニュアンスをこめて、ジャズミュージシャンは
マンハッタンを「ビッグアップル」と呼んだというのです。

さて、最後の選択肢はこれです。

1930’s Race Track.
1930年代の競馬場

やはり1930年代、ニューヨークでは競馬が大流行していました。
競馬場が4カ所あり、競馬新聞も「THE DAILY RACING FORM」「THE RUNNING HORSE」そして[THE NEW YORK MORNING TELEGRAPH]3誌もありました。

そのテレグラフのコラムニスト、JOHN FITZGERALDさん。
彼は当時「AROUND THE BIG APPLE」という記事を書いていました。
ジョンさんがコラムにBIG APPLEというタイトルをつけた理由は、
当時地方から出て来ていた御者の少年達が、
大きな夢と希望にあふれた巨大都市、ニューヨークのことを、
憧れの気持ちを込めて「BIG APPLE」と呼んでいたから、と語っていたそうです。

さあ、3つのうち正しい答えはどれでしょうか?

答えは実は、3つとも正解!

大恐慌時代にリンゴの屋台がたくさん誕生した頃、
ジャズミュージシャンもニューヨークのことをBIG APPLEと呼んでいたようですし、
競馬場でもBIG APPLEが使われていたようなんです。。。

とどのつまりは、どれが本当の由来かわからないけれど、
どうやら1930年ごろからBIG APPLEと呼ばれるようになったらしい。
そして、APPLEという言葉には、大きくてヒップでいけてる、
都会的で超メジャーなイメージがあった、というのも間違いないようです。

ためしに辞書をチェックしてみてください。
俗語として「大都市」と書いてあります。

アダムとイブの時代から、アップルコンピューターの現代まで、
アップルというのはアメリカ人にとっては特別なフルーツ。
そして、ニューヨークも特別な街。

ところでニューヨークの街角には、
今でもフルーツの屋台がいっぱいあります。

apple_1.jpg

apple_2.jpg

こちらのリンゴ、日本のよりちょっと小ぶりサイズ。
屋台で買って、そのままかじっておやつがわりというニューヨーカーがいっぱい。
特に不景気な今、安くておいしいリンゴは今も昔も
ニューヨーカーの強い見方です。

あなたもこの秋リンゴを食べながら、
ニューヨークのこと思い出してみてくださいね。

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年10月13日

10/13(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!


日本もニューヨークも秋たけなわ!

秋のイベントシーズンでもありますが、
ニューヨークの2011年の秋で一番エキサイティングで熱い、
たくさんの若者達が集まっている場所は?

「デモ」です。

ニュースで見た事があるでしょう?

ニューヨーク、ウォールストリートからスタートした若者の抗議行動が、
世界中に広がっています。

彼らの活動、名付けて「OCCUPY WALL STREET」ウォールストリートを占拠せよ!

高い失業率、貧富の差の拡大、一部の富裕層への極端な富の集中、
その理由は、
「利益優先主義の大企業が、政治に与える影響が大きくなりすぎて、
政府がちゃんと機能していないからではないか」というのが彼らのメッセージ。

だから資本主義のシンボルである、ウォールストリートを矛先にしているんです。

この活動もう4週目に入っていて、
その動きは沈静化するどころか、ますます大きくなろうとしています。

いったいどんな人達がこの運動に参加しているのか?
あなたや私のような、ごくごくフツーのニューヨーカーたちです。

その証拠に、私も先週末開かれた集会に行って、
さまざまなニューヨーカーと話をしてきました。

実際に彼らはどんな事をしているのか?
そして、この活動ではモバイルやツイッター、フェースブックなどの
ソーシャルメディアが大きなパワーを発揮しています。

日本のテレビに写った画面だけではわからない、
OCCUPY WALL STREETの真の姿、参加者の声、今日はお聞かせします。


ニューヨークで今まさに起こっている草の根運動、
OCCUPY WALL STREET(ウォールストリートを占拠せよ。)
先週土曜日の集会に集まったニューヨーカー、
まずこの声を聞いてください。
「ニュースクール・ユニバーシティのトーリーです。
私も来年卒業ですが、大学の学費がとても高く、
それを支払うために私達が大きな借金をかかえて卒業することを、
この活動を通じて知ってほしいと思っています。」
OWS_4.jpg
OWS_6.jpg

こんな学生をはじめ、卒業しても仕事がみつからない人、
やっと就職したのに不況で解雇されてしまった人
そしてビジネスマン、ドクター、プロフェッサー、アーティスト、
本当にさまざまな人がいました。
OCW_1.jpg
OWS_2.jpg

まずこの抗議行動を最初からおさらいしておきましょう。
始まったのは9月17日(土)
ウォールストリートで2000人規模のデモでした。
デモが終わっても200人ほどの人は家に帰らず、
ウォールストリートの証券取引所の裏手にあるズコッティ公園でキャンプを始め、
同時に毎日のように集会や抗議行動を始めたんです。
そして10/1にはブルックリンブリッジでで、
車道をふさいだということで、参加者800人近くが逮捕。
そのあたりから、世界的にその活動が知られるようになったんですね。

今ではアメリカだけでなく、日本を含む世界の200以上の都市に、
同様の動きが広がっています。

そして先週土曜日には、ウォールストリートから、
4キロ離れたワシントンスクエアパークへデモ行進。
ここはベトナム反戦運動で世界的に知られる公園ですが、
ここに数千人の市民が集まりました。
手作りのプラカードを持った人。年配の男女。
小さな子どもや赤ちゃんをつれた夫婦。
一見フリーコンサートでも始まりそうな雰囲気なんです。。。
OWS_9.jpg
OWS_10.jpg

人々の輪の中心には主催者がいて、
「OCCUPY WALL STREET」とは何たるかを説明。
でもスピーカーもマイクも違法になるから使えない、だから
肉声で彼の言うフレーズをすぐまわりの人々が大声で繰り返し、
それを外側の人々がリピートして、まるでエコーのように広がっていく、
ヒューマンスピーカーなんです。
OWS_11.jpg

メッセージが続いています。

「アメリカの99%である我々の意図のひとつは、経済、政治エリートたちに、
今の混乱を作り出した責任がある事を、世の中に知らせる事である。」
OWS_7.jpg
OWS_8.jpg


アメリカではトップの1%が富の3割を独占し、
残りの99%で7割を分け合っている、という実態を、
彼らは不公平の象徴としているんです。

その99%の普通の人達がこの運動をやっている理由はもちろん、
アメリカの経済がひどい状況になっているからです。
失業率は9%を越えて、ニューヨークでは5人に1人が
貧困ライン以下で生活しています。
アメリカ人の年収はこの2年間で7%近くも減りました。
今は仕事があっても明日はどうなるかわからない、
人ごとではない、今何かしなければ。という気持ちで参加しています。
小さな女の子を連れたお父さん、ビジネスマンのユダさんはこう言っていました。

「もう何度もこの集会に参加してきたけれど、
僕はこの運動がかかげるメッセージに100%賛同する。
政治が大企業の利益追求に支配されているというのは本当だ。
アメリカの今の民主主義というのはそういうもので、
おかげで人々はシニカルになり、何を言っても無駄だと思うようになっていた。
こんな動きは60年代以来じゃないだろうか。
ここには素晴しいエネルギーがあると思うよ。」

同じくビジネスマンのスティーブさんは、

「ひどい不公平がある事を、長い間みんなが感じていたが、
それをようやくはっきりと認め、言葉にして語りあい始めた。
それがもっと大きな力になることを願うよ。」

その「語り始めた」言葉で人と人とをつないだのは、
ツイッターなどのソーシャルメディアでした。
後半はこの運動のパワーになっているソーシャルメディアについてお伝えします。


この運動の中心では、いつも何台ものラップトップが目立っています。

彼らは、フェースブックなどのソーシャルメディアが
大きなパワーを持ったエジプト革命にインスピレーションを得ているんです。

これまで言葉にできなかったけれど、ツイッターだったらつぶやけた本音。
その本音がつながって実体化したのが、今の運動と言えるかもしれません。

そしてこの運動自体も、とってもソーシャルメディア的というか、
自然発生的というか、はっきりとしたリーダーは不在。上下関係もなし。
それが真の直接民主主義、と彼らは言っていますが、
とてもオーガニックな感じなのです。

私はそこが、これまでのどんな運動とも違う、
2011年らしい活動だと感じています。

実はあまりにオーガニックすぎて、逆に、
「いったい何をめざしているのかよくわからない」という
批判を浴びたりもしています。

でも彼らは今はそれでいい、と言うんですね。

「まだはっきりした要求をかかげていないのは、まだ形成段階だからだよ。
今はたくさんの声を出すべき時だ。
その中からやがて最も重要なものを選び出していくだろう。」

そしてまだまだこれからもっと人を集めて大きくなりますよ、
という意味でもあります。

OCCUPY WALL STREET
これはアメリカだけの問題ではありません。
私達の声が本当に政治に届いて、世の中を変えることができるのか、
今週15日では世界71カ国、719都市で同時抗議行動が予定されています。

OCCUPY WALL STREETの動き、これからも目が離せません。

OWS_12.jpg


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年10月06日

10/6(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

今日は新パーソナリティ、Chigusaさんとの初トーク!

ニューヨーカーに「WELCOME BACK Chigusa!」というメッセージをもらって、
放送しました。

ロサンゼルス生まれだけど、生後間もなくニューヨークに移住、
4歳までニューヨークに住んでいたChigusaさんですから、
ウェルカムバックがふわさわしい!と思ったから!

Chigusa さんにとって第二のふるさとニューヨークから、
これからも毎週、まずみなさんに楽しんでもらえる、
そして元気が出るレポートをお送りしていきますので、よろしくお願いします!

さてニューヨーク、10月に入ってだいぶ気温が下がって、
今夜中の3時すぎですがもう12度まで下がっています。
そして10月といえば、メジャーリーグのプレイオフ
ニューヨークヤンキース、地区シリーズをデトロイトタイガースと対戦。
(残念ながら金曜日のゲームで敗退してしまいました!)

そして、ニューヨークの10月は、ある果物がおいしくなる時期です。
なんでしょうか?
そう、リンゴです! ニューヨークのことをビッグアップルとも呼びますが、
本当にリンゴがいっぱいとれて、おいしいんです。

そしてアップルといえば、これは悲しいニュースですが、
アップルコンピューターのCEO、スティーブ・ジョブズが亡くなったことが、
今から数時間前に発表されましたね。
世界中にショックが。。。きっと今も走っていますね。

本当は今日は、ニューヨークのアップルの話をしようと思っていたんですが、
急遽予定を変更して、
レポート前半は、ニューヨークから、スティーブ・ジョブズ氏の訃報、
ニューヨークのメディアはどうとりあげているのか、
スティーブ・ジョブス氏へのトリビュートをお送りします。

Applestore_1.jpg
<ミートパッキングのアップルストア>

ニューヨークのアップルストアの前には花やキャンドル、
そしてリンゴも置かれていました。

Applestore_2.jpg
<よく見るとかじったリンゴが>

スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった、というニュースがとびこんできたのは、
ニューヨーク時間の夜、ちょうど夕食を終えた時間帯です。

つい先ほど街でキャッチしたニューヨーカー
「スティーブ・ジョブズが亡くなったのは大きな損失だよ。
僕にとってアップルといえば、
音楽やアートなどあらゆるインスピレーションの源だからね。」
そうコメントしてくれました。

Applestore_3.jpg
<ガラス張りのショップにはpost it(付箋)がいっぱい>

56歳という若さ。。膵臓ガンとの戦いの末に。。。ということでしたが、
 
昨日はiphone 4Sのラウンチの発表があったばかりで、
それが大きなニュースになったばかりなのに、
信じられない!というのは、日本のみなさんも同じですよね。


アメリカのメディアの報道、少しひろってみましょう。

まずニューヨークタイムスは、
「彼はパーソナルコンピューターの時代に私達を導き、モバイルの文化を変革し、
デジタル時代の音楽のあり方も変えた。」

ウォールストリート・ジャーナル
「彼は人々のテクノロジーへの考え方を変えた」

Applestore_4.jpg
<ここにもあそこにも付箋がぎっしり>


オバマ大統領は声明で、
「彼は情報革命を身近なものにしただけでなく、楽しいものにしてくれた。」

フェースブックの創始者、マーク・ザッカーバーグ
「スティーブありがとう。自分が作るものが
世界を変えることができる事を教えてくれた。」

そして、70年代からライバルとしてやってきたマイクロソフトの創始者、
ビル・ゲイツ
「彼ほど世界に深いインパクトを与えた者はそうはいない。
その影響はこれから何世代にも渡って伝わり続けるだろう。」


彼は素晴しいイノベーターであり、有能なビジネスマン。
でもそれだけじゃなかった。ドリーマーでもありました。
そしてそのドリームは、今や世界中の人たちのドリームと
つながったかのように見えます。

Applestore_5.jpg
<付箋にはメッセージが>


私はまさに昨日JFNの番組で、ジョブズ氏の後継者
ティム・クックよるiphone 4Sのラウンチをレポートしました。
その最後にこんなふうにしめくくりました。

「CEOとしてのジョブズ氏がいなくても、
アップルへの期待感やブランド感はゆるぎない。
言わばアメリカを象徴する、ディズニーのような存在になったと
言えるのではないでしょうか。」

その時は
まさか亡くなってしまうなんて思いもよりませんでしたが、
もしかするとウォルト・ディズニーのように、
伝説的な存在になっていくのかもしれませんね。

Applestore_6.jpg
<こんなメッセージも>

ところで私はアップルにはすごく思い入れがあります。
最初に買ったコンピューターは、マッキントッシュLCIII
ニューヨークに移住した直後、でした。
(今でもクローゼットに大事にしまってあります)
それからずーっとマックと共に生きてきました。

今はもうあまり言われなくなりましたが、
90年代ごろには、PC派、マック派、という言い方がありました。

当時はオフィスでも学校でもPC、つまりウィンドウズマシンが主流で、
マックは少数派、
デザイナーやミュージシャン、アーティストなど、
人と違うオリジナルを求める人が、
マックを使っていたんです。最初からデザインや
アートにこだわっていたんですね。

アップルのテレビコマーシャルも。
たくさん作られましたが、
常にカッティングエッジなアーティストの曲が使われていました。

Applestore_7.jpg
<日本語のメッセージも>


彼にはある有名なスピーチがあります。
スタンフォード大学の卒業式のスピーチで、学生たちによびかけたのは。
「ハングリーであれ、愚か者であれ、そして安住するな」

アップル製品には、
そんなジョブズ氏のスピリットとメッセージがこめられていました。

Applestore_8.jpg
<付箋のメッセージで描かれたアップル>

今では誰もがほしがるIPODや IPHONEになりましたが、
自分自身に正直に、今日を思い切り自由に生きる
ジョブズ氏のスピリットとメッセージは、
アップルの商品を通じてこれからも世界に広がって、
私達の生活を便利にしてくれるだけでなく、
私達の気持ちも元気にしてくれる、そう信じたいと思います。

THANK YOU STEVE, REST IN PEACE.


Applestore_10.jpg


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

【Webラジオ】10月6日(木)アメリカ ニューヨーク

★本日の放送内容を音声にてお聴きいただけます。下のボタンをクリック!
  

2011年10月05日

10月5日(水)のフラワーレポーターは、ロサンゼルスに住んで15年、現地でウェディングプランナーをされている岩瀬世征さんです。

%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%81%95%E3%82%93.jpg

HP: www.iz-bridal.com
blog: http://ameblo.jp/iz-bridal


★役に立つ一言
”Love is patient, love is kind.It does not envy, it does not boast, it is not proud.”
愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。
こちらは、聖書からの引用で結婚式でよく使われるんです。


%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%88.jpg

%E3%81%86%E3%81%BF.jpg

%E3%82%88%E3%82%8B.jpg

%E3%81%B4%E3%83%BC%E3%81%AA%E3%81%A4.JPG

2011年09月29日

9/29(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

真木さああああん!!月日がたつのが早すぎる!
ついに真木さん最終回になってしまいました!

ニューヨークもどんどん秋に。。。ちょっと待ってー!という気持ちになりますね。
このレポートで、真木さんの中でニューヨークのイメージが
身近なものになってくれた、というのが一番うれしかったですね!

ニューヨークっていうのは楽しいところなんだなー、
日本ちょっと違うかもしれないけど、
人が夢をおいかけて一生懸命生きているというのは同じなんだなー、
そんなことを少しでも感じてくれたらうれしい!!

でも最後だからといってしんみりするのも真木さんらしくないし、
ニューヨークらしくないので、楽しい話題でしめくくりましょう!

ニューヨークの実りの秋、テレビの新番組が始る季節でもあります。
世界の交差点タイムズスクエアに今いくと、ヒットミュージカルや
新作映画の看板に混じって、テレビの新番組の看板が花ざかり!
timesquare.jpg
newgirl.jpg
Singoff.jpg

NYといえばSEX&THE CITYですよね。

真木さんもはまった、SEX&THE CITYのプロデューサーによる新番組なんかも話題に!
今日はニューヨークから大豊作の秋のテレビをレポート!

特にドラマを中心に紹介したいと思います。
この秋のテレビドラマ、今シーズンの3つの特色は?

1)スチュワーデス対プレイボーイ・バニー:60年代が舞台のレトロなドラマが豊作
2)SEX & THE CITYをしのぐか? ニューヨークを舞台にしたドラマが豊作!
3)アシュトン・クッチャーが豊作!(どういうこと?)


まず

1)スチュワーデス対プレイボーイ・バニー:60年代が舞台のレトロなドラマ
panam.jpg

スチュワーデスが出てくるのは、「PAN AM」
60年代にまだ空の旅が特別だったころ、
一斉を風靡したエアライン、パンアメリカン航空、パンナムを舞台にしたドラマ。
そしてプレイボーイバニーの方は「プレイボーイクラブ」 
playboyclub.jpg

60年代モノといえば、大ヒットしたドラマ「マッドマン」というのがありますが、

この不景気の時代に、強く豊かだった時代のアメリカが懐かしい。。。
というレトロ感覚もあるのです。

2)SEX & THE CITYをしのぐか? ニューヨークが豊作!

この秋から来年にかけてオンエアされる、ニューヨークを舞台にした新番組は
記録破りの23本!

その理由は、もちろんニューヨークという設定やロケ現場が、どこよりも魅力的だから。
でもそれだけではありません。
ニューヨーク市がこうしたドラマの撮影や制作に対して免税措置をとって、
誘致にすごく力を入れているからです。
ロケものでは女刑事が活躍する「UNFORGETTABLE」
そして、スタジオ撮影もので話題なのは「2 BROKE GIRLS」
2Brokgirls.jpg

SEX&THE CITYのプロデューサーによる新しいコメディドラマです。
いったいどんな内容なのかは、番組後半に詳しくお伝えしましょう。
その前に、この秋の豊作テレビ、特色その3)

3)アシュトン・カッチャーが豊作!

もちろん知ってますよね? 超人気若手俳優で
デミ・ムーアの16才年下のハズバンド。
Ashton.jpg

彼が主役のコメディドラマがスタート 
タイトルは、「TWO & A HALF MEN」日本語タイトルは「ハーパーボーイズ」

でも今年のはじめまでは「チャーリーシーンのハーパーボーイズ」だったんです。
そうチャーリー・シーンが、主役。でした。 今年はじめまでは。

ものすごい主役交代劇があったんですねー!!

ここ数年チャーリーの私生活がだんだんおかしくなり、キレた行動や発言続出。
ついに番組をクビになってしまいました。

でもこれだけの人気番組、終了するにはもったいない、というわけで採用されたのが、
アシュトン・クッチャーで、大金持ちだけど、大人になれないピーターパンという役。

しかも、毎回なぜか上半身裸で登場。これが毎週楽しみに。。。
あれ?これは私のような女性視聴者を狙っているのかな? 

クビになったチャーリー・シーンは、おかげでますます注目を集めた上、
キャンセル料として20億円をうけとったばかり。
ちなみにこの春のトークショーツアーでは、収益金の一部を、
日本の震災被災募金に寄付。バッドボーイだけどホントはいい奴なんですね。


さて後半はSEX&THE CITYのプロデューサー Michael Patrick Kingが世に送り出した、
新しいコメディドラマ。

今回もどんなゴージャスでセクシーな番組? と思うと、これがちょっと、いやかなり違う!!
タイトルからして「TWO BROKE GIRLS」BROKEというのは、金欠。
(I CAN’T GO OUT BECAUSE I’M BROKE! 私一文なしで出かけられないわー、みたいに使う)
舞台はニューヨークの若いアーティストやミュージシャン、ヒップスターが住む街、
ブルックリンのウィリアムズバーグ。

主役のガールズふたりは、ウェイトレス。しかもダイナーという
日本で言えば大衆食堂みたいなお店。
そのうちひとりは、 元ビリオネアのパパがウォールストリートの詐欺師で
逮捕されて一文無しになっちゃった、と設定も時代を反映。

要するにビンボーだけどがんばってる女の子たちが主役。
はっきり言って今ニューヨークの若者は基本的にお金持ってません。
なにしろこの大不況時代。
市民の5人に一人が貧困ライン以下で生活していますからね。
ヒップで才能があるアーティスティックな若者は、金欠が当たりまえ。

でも彼らには夢があるんです。
2 BROKE GIRLSも、将来は手作りカップケーキの店をオープンするのが夢。
ちなみに、カップケーキで成功した女性、現実にかなりいます。

お金がなくても、色んなことがうまくいかなくて夢を忘れそうになっても、
一歩立ち止まって、もういちどがんばってみる。
それがニューヨーカーだし、人間ってもんですよね。

お互いに夢を大切にこれからもがんばりましょうね!

bigbangtheory.jpg

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2011年09月22日

9/22(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

ニューヨークは国連総会開催中、マンハッタンは大渋滞中です。

しかも車道だけでなく、舗道も大混雑。。。
1年前に比べ確実に人が増えているのを実感。
さらに自転車道。。。。ニューヨークでは自転車通勤を奨励しているのです。

でも実際は、交差点では信号無視する人と
(ニューヨーカーは青信号を待ちません)
自転車と、なんとかして少しでも進もうという車の3つどもえで、
大変なことになっています。

そんなニューヨーク、確実に季節はうつりかわり、
時代が変わっていくのを感じています。
特にこの秋、911の10周年があったこと、
そして、ワールドトレードセンターに10周年にして、
ついに追悼碑が完成し、先週、911の翌日から一般公開されたことです。

実はこの追悼碑はフラっと行っても入る事はできません。
誰でも、そして無料で入れるのですが、
オンラインで予約しなければならないんですね。

WTC_18.jpg

そしてその予約が始ったのが2ヶ月前、7月11日でしたが、
私はその日の夜に予約試みて、とれたのが今週月曜日19日でした。

今日のレポートはそのワールドトレードセンター、911メモリアルミュージアム、
追悼碑をレポートします。

ワールドトレードセンターというのは7つの高層ビルが集まる
ビルディングコンプレックスで、縦横が200メートル四方くらいの
かなり大きなエリア。
数年前まではただ工事現場だったこの場所、久しぶりに訪れるとびっくりします。
目の前には2013年完成予定の超高層ビルONE WORLD TRADE CENTERが
もう82階まできていて、2006年に再建された
7WORLD TRADE CENTERとともに、
既に新しいダウンタウンの風景ができつつあるんです。


WTC_1.jpg

しかし全体的には、まだ高いフェンスに囲まれた工事現場、
大型クレーンや、コンクリートミキサーがひっきりなしに通っています。
観光バスも通り過ぎて行きます。ここは観光地でもあるんですね。
でも中がどうなっているのかよくわからないし、
メモリアルミュージアムも外からはまったく見えません。

WTC_2.jpg


フェンスには「メモリアルミュージアムはこちら」という矢印がついています。
それに従って進むと、敷地の南のはしの空き地のような場所に、
もうたくさんの人が並んでいました。

WTC_3.jpg

そこでチケットと身分証明書をチェックして、建物の中に入ると、
まるで空港のようなセキュリティチェックポイントがあります。
金属探知期がずらりと並び、爆発物探知犬の姿も見えます。

そんな厳重な警戒のセキュリティチェックポイントをぬけて、
再び外に出ると、
そこは既にワールドトレードセンターの敷地内、
しかも工事現場のまっただ中でした。

WTC_4.jpg

フェンスの間の狭い通路を進みますが、視界に入ってくるのは大型クレーンや
巨大な鉄骨、地下に向かってぽっかり空いた穴など。
工事のノイズに圧倒されながら歩いて行くと、突然視界が開けました。

WTC_5.jpg

そこには秋の青空の下に、広大な緑の公園が広がっていました。

木々の間にはベンチがおかれ、人々がそぞろ歩き、
その雰囲気はごく普通の公園、
都会のオアシスといった雰囲気です。

でも普通ではないことは、すぐにわかります。

WTC_10.jpg

警官の姿がとても多いし、
緑の木々の向う、ちょうどサウスタワーがあった場所は、
たてもののフットプリントがそのまま、
巨大な四角いプールになり、
その四方からは水が滝のように流れ落ちています。
プールの四方は黒い大理石で、そこに犠牲になった方の名前がほりこまれています。

WTC_6.jpg

名前の上に薔薇の花をたむけている人もいらっしゃいました。

WTC_7.jpg

みんな静かにそれをながめたり、写真をとったりしながら過ごしています。

WTC_15.jpg

私もそこで一人黙祷しました。

WTC_14.jpg

サウスタワーの反対側、ノースタワーがあった場所にも、
同じようにプールが作られています。

WTC_8.jpg

その真上には、建設中のONE WORLD TRADE CENTERがそびえています。

WTC_17.jpg

ここに立って、まるで水のカーテンのような滝を見ながらこの水音を聴いていると、
まわりは工事現場なのに、たくさんの人もいるのに、
この水しか見えない、音しか聞こえない、そんな気持ちになっていきます。

WTC_16.jpg

工事現場のまっただなかに現れた、二つの美しい水の慰霊碑は、緑の木々がつくる、
癒しの空間でした。

かつてタワーがあった場所には、建物を一切作らずに
滝の流れ落ちるプールだけにしたのはもちろん、
その周りも含めトータルで広さ16エーカー、
およそ6ヘクタールもの広い敷地をつかった、ゆったりとした空間です。

WTC_12.jpg

もともと商業用地、普通ならより多くの建物を建てたいところを、
犠牲になった方々へのレスペクトということを何よりも優先し、
このような慰霊の空間が作られたことは、とても納得できる、
訪れた人の多くはそうコメントしていました。

そのビジターは、半分はニューヨーカー、中には家族づれ、
小さな子供達をつれた人もいました。

WTC_11.jpg

そして半分は世界中からのツーリスト。
それぞれの思いを胸にここを訪れ、また去っていく、そんな場所でした。

私自身はここを訪れることで、現実から一度切り離され、
10年という時間を巻き戻すことができた気がしました。

どうしても普段は忘れている事を、
ここに来れば思い出す、私たちにとって、とても大切な場所だと感じました。

WTC_13.jpg

そして、この不思議なほどピースフルな空間を後にすると、
そこには再び、現実のニューヨークが広がっていました。

何があっても生活は続いて行く、時間は流れていく。
それもまた大切なことなんですよね。

この911メモリアルミュージアム、
最初にお話したように、オンラインで予約してフリーチケットをとることができます。

アドレスは
http://www.911memorial.org/visitor-passes
ニューヨークに来たらぜひ訪れてみてください。

WTC_9.jpg

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年09月15日

9/15(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

先週もお伝えしたとおり、ニューヨークは911の10周年を迎えました。
厳重なテロ警戒の中、
オバマ大統領も参加して、しめやかに追悼式が行われ、
平和と友情と感謝のメッセージを世界に発信しました。
私たちニューヨーカーとしては、
無事に終わってくれてよかった、というのも本音です。

毎年の事ですが911が終わると、ニューヨークは本格的な秋。
忙しい季節でもあります。
新学年がスタート。
そして、明日までファッションウィークも開催されています。

年に2回のNYコレクション、今回も世界中からファッション関係者が集まって来ています。
このコーナーでも毎回色々なイベント、ファッションショーなども紹介しきましたが。。。
ファッションショーというのは、コンサートやブロードウェイのように
チケットを買って見に行けるものではありません。
あくまでファッション関係者だけが、招待されるもの。
でもここ数年NYでは、一般人にもファッションウィーク参加してもらいましょう!
という催しがあって、これが超人気なんです。

その名も、FASHION’S NIGHT OUT 縮めてFNO
日本語にすると。。「ファッション夜遊び」


どういうことかというと、コレクションが始る前の夜、
ニューヨーク中のブティック、デパート何と1000件が参加して、
特別に夜遅くまでお店をオープン。

しかもオープンしているだけでなく、
デパートのイベントスペースにはファッションセレブが続々登場!
この日しか買えない限定グッズもいっぱい!
もうマンハッタン中をランウェイにしてしまおう! という
まさにファッションの夜遊び、秋祭り!というイベントなんです。

今年は私も夜遊びしてきましたので、今日はその模様をレポート!!


私が足を運んだのは、
世界一の売り場面積を誇る、有名デパートMACY’S
Fashion_1.jpg

ちょうど帰宅時間の6時前、お店のまわりの至るところで、
モデルの卵みたいなきれいなお姐さんたちが、FNOのおそろいのTシャツ姿で、
客寄せ。
Fashion_2.jpg

MACY’sデパートの正面広場に行くと、既に人で埋まっていました。
ファッショニスタはもちろん、私みたいなフツーのニューヨーカーでぎっしり。
Fashion_3.jpg

広場のど真ん中には特設ステージが作られて、
このあと始るジョス・ストーンのフリーライブの準備の真っ最中、
かと思うと反対側から黄色い完成が聞こえるので、人をかきわけて行ってみると。。。
カメラの列の間からかろうじてちらりと見えたのは、
大ヒットテレビシリーズ「AMERICA’s TOP MODEL」の審査員の一人、
ランウィコーチのMISS J ALEXANDERでした!
Fashion_MISS_J.jpg

デパートに入る前からもう盛り上がりっぱなしのファッショニスタたちに話しかけてみました。

ドイツ人のリサさんは「素敵なフェスティバルがあるというので来てみたの、
新しいファッションを見たかったのよ。」
次の男性は「ファッションは素晴らしいもの。
ファッションのフェスティバルをいっしょに祝いたくて来たんだ。」
最後の女性は「ファッションも見たかったけど、ダニエル・ラドクリフにも会いたくて来たの!」
ハリーポッターも来てたんです!
Fashion_4.jpg
Fashion_5.jpg

インタビューしている間にもものすごい数の人が
デパートに吸い込まれて行くのに圧倒されながら、意を決して中へ!
すると正面売り場では、モデルさんも着ていた、
今日しか買えない限定FNOのTシャツが飛ぶように売れています。
その隣ではおねえさんたちが色とりどりの薔薇の花を配っていました。
Fashion_6.jpg

しっかり薔薇の花をゲットして、エスカレーターで2階へ。
Fashion_8.jpg

上がったところにお立ち台がずらりと並び、その上ではポーズをとるモデルさんたちが。。。
Fashion_10.jpg

いきなりファッションショーになってるんです。
生のDJがダンスミュージックをプレイ。
Fashion_11.jpg

VIPのお客さんは片手にシャンペンで雰囲気出しています。
プロも素人も私もいっしょになってシャッターおしまくっていると。。。

フロアの反対側から、また黄色い声が。。。
見るとものすごい数の女子がおしあいへしあいして、
その向うに誰かセレブがいるのはわかるんだけど、まったく見えない! 
なんとカリスマデザイナーのレイチェル・ロイだったそうです!
その後には元デスチャのケリー・ローランドが来てました。

こんな感じでどのデパートもセレブでいっぱい。

限定グッズで話題だったのは、シャネルのマニキュア LE jeans De CHANEL
ブルージーンズのようなブルーのすてきな色のマニキュア$29
そして、ステラ・マッカートニーのチャームブレスレット$165

こちらもものすごい勢いで売れていたという情報が入っています。

このFASHION”S NIGHT OUT
もともとはリーマンショックの後の2009年、
低迷する経済を何とかしよう! とヴォーグの編集長、
アナ・ウィンターの呼びかけで始ったんですが、
これがなかなかニューヨークのローカルビジネスへのいい経済効果になっているもよう。

またビジネスだけでなく、さっきちょっと紹介した限定FNO Tシャツ
この売り上げの40%はエイズ基金に寄付されます。
Fashion_7.jpg

またこのお祭りは、911の直前でした。
街が重—い雰囲気になっているところに、ちょっぴり息抜き、
これも地域の経済のため! とみんながいっしょに数時間の夜遊びを楽しんだ。
そんなイベントでした。

さて後半はせっかくなので、集まったNYのファッショニスタたちに、
この秋のおすすめのトレンドを聞いてみました!

最初にキャッチしたマリアさんは、実はこのデパートのバイヤーさんです。
彼女のおすすめはとにかくメタリック、ゴールド。
それほどギラギラのメタリックではなく、光るサテンのブラウスや、
バッグ、マニキュア、アイシャドーなどのメタリックな色を使うのがおすすめだそうです。

ボヘミアンルックの女の子は、「明るい色使い、スカーフ、そしてもちろんボヘミアンルック」
明るい色使い、たとえばオレンジのスリムパンツや、
ゆったりしたシルエットのカーディガンあたりが人気になりそう。

そして前半にも登場してくれたドイツ人のリサさんのお気に入りはセイラールック。
ブルーのストライプがおすすめだそうです。

他にはカラフルなプリントとプリントをあわせたり、タータンチェックだったり、
この秋は色がポイントになりそうな感じ。

ちょっぴりでもトレンドを取り入ると、気分も上がって元気になれそう。
ファッションも私たちを元気にしてくれるためにあるんです!
みなさんもこの秋のファッション楽しんで下さいね!

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年09月08日

【Webラジオ】9月8日(木)アメリカ ニューヨーク

★本日の放送内容を音声にてお聴きいただけます。下のボタンをクリック!
  

9/8(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

911から10周年。

もう10年たったなんて信じられない。。でも確実に10年たっているんですよね。

ワールドトレードセンターの跡地では、
今年ついにメモリアルミュージアムがオープン、
(これについては、また改めてレポートしたいと思っていますが)
まだまだ工事現場の状況ですが、
完成すれば104階、NYでもっとも高いビルになる、ONE WORLD TRADE CENTER
(通称フリーダムタワー)も80階まで完成して、夜はライトがまぶしいほどです。

freedom_tower.jpg


でもそんな世間の騒ぎに私たちニューヨーカー、
ちょっぴり置いていかれたような気分にもなっています。
もちろん遺族のみなさんにとっては、愛する人をなくした悲しい記念日。
犠牲になった方、直接知っている人にはいなくても、誰かの親戚、誰かの友達、
どこかでつながっている。
だからニューヨークにとってはとてもプライベートな記念日でもあるんです。

この日をいったいどう迎えればいいのか、ニューヨーカーは今すごく考えている。
何をするかより、どう考えるかの方が大事だったりします。
これからの10年に向けて、いったいどういう日にしたいのか?
そんなことを考えている時ある人に出会いました。

建築デザイナーのソノ・マサユキさん。
彼は実は7年前の2004年、もうすぐオープンする
メモリアルミュージアムよりずっと早くあるコミュニティのためのメモリアル、
慰霊碑をデザインしました。

SI%20911%20Memorial_2_Kirit_sml.jpg
 
(C)Kirit Makita

そのコミュニティというのは、スタッテンアイランドという島、
マンハッタンから、ニューヨークハーバーをはさんだ反対側にあって、
多くの人が通勤フェリーでウォールストリートに通勤していて、
犠牲になりました。
またここは消防士も多く住む島として知られ、
トータルで263人もの人が亡くなっています。

今年の911を前に、ソノさんといっしょにスタッテンアイランドに行ってきました。

今日はソノさんに追悼碑を案内してもらいながら、
この10年、911と、そして遺族と常に向き合ってきたソノさんが、
いったいどういう気持ちで10周年を迎えているのかも、
教えてもらいたいと思います。

ウォールストリートの南の端のフェリーターミナルから、
NYハーバーを渡ること20分、

Statue_of_liberty.jpg

途中、自由の女神の立つリバティアイランドのすぐ横を通って、
スタッテンアイランドに到着。
マンハッタンの摩天楼を見晴らす素晴らしいスポットに、
911の慰霊碑が建っています。

postcards.jpg

すぐ後ろにはマイナーリーグのスタッテンアイランド・ヤンキースの球場があり、
夏の終わりの夜を楽しむ人の歓声にまじって、
港に打ち寄せる波の音や、秋の虫の声も聞こえてくる、
そんな場所で、ソノ・マサユキさんに追悼碑の事をお話してもらいました。

SONO
「メモリアルが建っている場所は、海辺でちょうど正面にかつて
ツインタワーが見えたところが選ばれています。
慰霊碑は基本的にはすごくシンプルにしようというのがありました。
犠牲になった方たちのために一番言いたかったこと、
メッセージは。。。彼らは朝仕事に出かけて
急に返って来れなくなったじゃないですか。
メモリアルというのは戦争の慰霊碑も含めていっぱいありますが、
それとは性質が違う。
日常の中でちゃんとお別れも言えなかった人たちが対象ですから。
僕が最初この敷地に来て思ったのは、当時ここから見えていた
グラウンドゼロのぽっかりあいた上空に、彼らがまだいるような気がしたんです。
だから何というか。。。繋ぎ戻すと言うか。
我々と彼らを繋ぎ戻すシンボルになるものができれば、というのがモチーフです。

Megumi
「こうやって見ていると、白い二つの翼が空に向かって
両手を広げてお迎えしているというか
“お帰り!”って言っているような気がするんですよね。
それって今ソノさんが言ったことなのかな、なんて思いました。」


Postcards2.jpg

SONO
「そうですね、だから国家とか、政治とか、宗教とかという要素は
なくそうと思いました。完全に個人、そして人々の象徴にしたかったんです。
そして最初のコンセプトのスケッチ模型を作る時に、ハガキを2枚使って、
それを島から亡くなった人の人数分に拡大して、その大きさで犠牲の重さを表す。
かつ世界で一番大きなポストカードを作って、みんなあそこに送りまた受け取ろう、
ずっと覚えていよう。そこからデザインが始ったんですね。
で実際に形にする時に大事だったのは、色々な角度から見ると
いつも違うものが見えるようにしよう。角度によって印象が違って、
腕を広げているように見えたり、翼のように見えたり、
人によっては本や日記のページが開いているように見えたり。
船の帆先のように見えたり。。。ということです。

SI%20911%20Memorial_7_Masa_sml.jpg

(C)Masa Sono

で、内部に亡くなられた方々の名前、職業、生年月日と、
その方の横顔の一筆書きのスケッチのようなシンプルなアウトライン、
横顔のシルエットが石で切り抜かれています。
その名前と横顔の間に花を置いたり手紙を置いたりする場所があって、
またそこから太陽の光や夜のイルミネーションの光が入って、
横顔を浮かび上がらせるようになっています。

SI%20911%20Memorial_4_Suisho_sml.jpg

(C)Suisho Mizoguchi

実際にデザインの作業に入った時には、
遺族の方々にアルバムを持って来ていただいて、
いっしょに横顔をスケッチしました。みなさんの許可が出るまで
何度も書き直したりしながらやっていたんですが、
こういう事は僕も経験がなかったので。。。
遺族の方々はとてもエモーショナルです。でもそれも人によって違う。
アルバムを開いたとたんに泣いてしまう人も大勢いましたし。。。
これまでアルバムも見る事ができなかったという人もいらっしゃいました。。。
かと言えば、“あいつはこんな奴だった”なんてジョークを飛ばす人も
いましたしね。」

inside.jpg

遺族たちの思いがこもったメモリアルをいっしょに作り上げてきた
ソノ マサユキさんにとって、
911の10周年に必要なものは「イマジネーション」だといいます。
いったいどんな想像力なのでしょうか。

SONO
「ここで毎年911に地域の人たちと市の人たちとの集会があるんですが、
その時に工事中にお会いした遺族のお子さんが、去年のセレモニーであったら
もう中学生でびっくり! でもそういうことなんですよね。
それだけの時間がたっていて、そうやって前に進んでいる、
そういう意味では10周年というのは意味があるんです。
ニューヨークの人は皆忙しくて、生活に追われて目の前しか見ていないで
走っている状態になってしまっている。そういう時にこういう節目があると、
一歩下がって立ち止まって考える。。。そういうことがないとだめなんです。
要するに集団の記憶ですからね。スタッテンのコミュニティ、ニューヨーク、
そしてアメリカ中の集合的な記憶として埋めて行けるとは思いますけどね。

Masayuki_Sono.jpg
SONO
「フリーダムタワーが大分姿を現れて来て、どんどん高くなっていますよね。
また新しいシンボルになるわけです。あれが建っている理由は、復旧作業をして、
今は車椅子になっている人、癌になって亡くなってしまった人がいたから。
そんな人たちの上に立っているわけですよね。でもそれはもう見えないですよね。
今行ってもただの工事現場です。でもそういう目に見えない部分というのも
ちゃんと見えるような、考える、想像できるような余裕というか、
本当は当然の事なんですが。。。そういう状態に行くべきだとは思います。」

ソノさんと話しているうちに、私の中で少しずつ考えがまとまってきました。
決して忘れてはいけない日なのはもちろん、
911というのは私たちが一歩立ち止まって振り返り、
同時にここから未来を見つめて、
私たちがこの世界を、どんなふうに私たちの子供達に残したいのか、
それを考える日だということです。


inside2.jpg

ニューヨークで、そして日本で
それをいっしょに考える日になれば、
ニューヨーカーとしてこんなにうれしいことはありません。

Photo by
Masayuki Sono, Kirit Makita, Suisho Moriguchi and Megumi Sato
(クレジット表記のあるもの以外)


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年09月05日

9月5日(月)New Yorkから榮枝洋文さんのレポートです

今日はADKアメリカのCFO で株式会社 アサツー ディ・ケイ(ADK)ニューヨークのCFOをされている傍ら 、NYまたアメリカで活躍する、またアメリカンドリームを目指す若者を応援すべく、NPO法人「アメリカンドリーム・ジャパニーズ・ネットワーク(JaNet)」の理事長を引き受けていらっしゃるニューヨークで最も盛り上がっている「時代の人」


janetSem_031.jpg


自称 「ミスタータイムズスクエア」の榮枝洋文さんにアメリカ経済の『今』についてレポートをしていただきました。

(世界一目立ち 世界一賃貸料が高いタイムズビルのビルボードを広告会社として担当!年末の世界が注目する100万人イベントのカウントダウンを仕切っているのは、実は日本人、日本企業なのです。)


アメリカはレイバーデーの連休最後の日で、いわゆる「マーケット」は開いておらず、連休モード。

観光客で賑わっていました。

広告、マーケッターのご視点から、榮枝さん御自身の肌で感じられていることをお話頂きました。

Qさて、日本でも伝えられてますが、ドル安が進むなど、アメリカの経済悪化が心配されています。榮枝さんは、どうご覧になりますか?


心配をすると心配になってしまうんですが、これをチャンスと捉えれば、楽しいことが実際起こっている、或はいろんな教えをもらっていると思えば楽しいと思います。


買い物や、観光客もたくさんきているので、景気が悪くなっていると感じるのがしんどいと思います。


Q先日、アメリカの国債の信用格付けが引き下げられ、日本でも大きく取り上げられました。アメリカの方々は、どのように捉えているんでしょう?


真っ二つにきれば シリアスに捉えて、この先どうなるのか? 
と思うのもありかと思うんですが、70年続いたAAAに変化があるのも、先日地震がきたのも常に世の中にあるんだという教訓を学べたという点で考えれば、ラッキーだったと思います。

Qアメリカ経済がなかなか良い方向に向かっていかない原因は、なんだと思われますか?


うーん、良い方向に向かっていると思いますよ。
この先は二番底というものがやってきて、それから上に向かうであろうという期待感もありますね。


Qアメリカで、今、注目されている産業やビジネスはありますか?


ネット関係という大きな括りで考えれば、沢山の新興企業、産業がなどが生まれてきています。
シリコンバレー関係、東海岸などで盛んな産業などが注目です。


Q榮枝さんは、アメリカで活動する若者を応援するNPO法人「アメリカンドリーム・ジャパニーズ・ネットワーク」の理事長もつとめてらっしゃいますが、このNPO法人では、具体的に、どのような活動をしているのでしょうか?


個人で頑張っていらっしゃる方が多いんですね。
そういう方を支援する場所などが少ないと感じました。
そういった目的で活動しています。

QこのNPO法人を利用される方は、どんな人が多いですか?
アメリカでどんな活動をしようと思ってる方が多いんでしょう?

幅広いですね。
学生、主婦、アーティスト、個人事業主、企業を目指している方、長期滞在で来られている方、様々です。


NYって夢を叶えたいと思ってこられている方が多いんです。
それが事業なのか、ビジネスなのか、就職なのか、パフォーマンスなのか・・・は様々ですが。


それを個人一人で考えていると大変。どうしていいかわからないと思うんです。

そういった時に日本語が使える環境を与えられる場所を提供することで、いろんなネットワークが出来ます。

最近はアジアなどに目を向けている方もいらっしゃいますが、引き続きNYもいろんな事の震源地になると思います。


【榮枝洋文さんプロフィール】


Eda.jpg


神戸生まれ。コロンビア大学でMBA取得。広告マーケティングのグローバル戦略畑
で15年の経験を持つ。世界中が注目する年末カウントダウンのイベントを支援し、毎年10億人が視聴する年末カウントダウンのクライマックスを演出。ベンチャー投資相談から、日本人留学生のキャリア開発コンサルタントまで請け負う。日本広告業協会広報誌コラムニスト、ニューヨーク日本人起業化相互協力の会「一旗会」幹事、NPOJaNet理事長などを兼務。

HP *NYの日本人の夢と希望と勇気と英知と情熱がたくさん集まる場所、それが
JANET会館 janet榮枝理事長のリーダーシップのもとにいよいよオープン!!!
http://japanesenetwork.org/sponsers/fundforhall

2011年09月01日

9/1(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

ニューヨーク先週末珍しくハリケーが襲来
地下鉄が止まったり市内で10万世帯が停電するなど大変でした。
なにしろこのハリケーン・アイリーン、
ヨーロッパ全部すっぽり入るくらいの大きさだったそうで、
アメリカ東海岸全体に大きな被害が出たんですが、
幸い私の近所は無事でした。

そのハリケーンもすぎてニューヨークは夏の終わりのさわやかなお天気

毎年最後の夏を祝うイベントもいっぱい
月曜日からはUSオープンテニス!

今週はおそらく日本ではこの番組でしか紹介されない、
でもニューヨーク地元ではすごい人気のイベントを紹介します。

「ハーレム・デー」

「ハーレム」というのはマンハッタンの北の方、
アップタウンにある地域のこと。
ジャズとかR&B, ヒップホップ好きな人は知ってるでしょう?
あの「アポロシアター」があるのがハーレム。
マイケル・ジャクソンもスティービー・ワンダーも、アポロシアターから生まれて来た。

ブラックミュージックだけでなく、アメリカのあらゆるポピュラー音楽、
ジャズやブルース、R&Bやヒップホップはもちろん、
ロックンロール、そしてそこから派生したロックも、エレクトロもダンスミュージックも全部、
もとをただせばそのルーツは黒人霊歌や労働歌などのブラックミュージック!

ハーレムというのはアメリカのブラックミュージック、
ブラックカルチャーを育てた、「ふるさと」のような場所。

そんな「ふるさと」のような街のお祭りだから、
大都会のニューヨークらしくダイナミックなのに、
何となく故郷の縁日のような懐かしい匂いがしたりする、
そしてもちろん音楽でいっぱいの世界中どこにもない街のフェスティバル、
「ハーレムデー」を今日はレポート。
Harlemday.jpg

まず、ハーレムデーに集まった人たちの声に、ハーレムデーって
どんなフェスティバル?と聞いてみました。

ハーレム在住のMS. Gは、「ハーレムデーは、長い歴史を持つハーレムで、
みんなが集まっていっしょに食べたり、何かを学んだりするフェスティバル」
市内から来ている女の子は「色々な食べ物、ダンスやアクティビティが楽しめる、
すごく大きなイベント」
もうひとりハーレム在住の女性は「コミュニティ、そしてファミリーが集まって、
お互いに助け合いながら楽しむ素晴らしいフェスティバル」

こんなふうにコメントしてくれました。

マンハッタンのアップタウンにあるハーレムは、
セントラルパークの北、広さでいうと東西2.5キロ、南北4キロくらいのエリアに、
ブラックカルチャーがギューっと凝縮されている雰囲気の場所。
ここで20世紀のはじめには、ジャズを中心に
ハーレムルネサンスと呼ばれるほどのブラックチャーが花開きました。
今もその頃の美しい建造物やゴスペル教会などが残る、歴史を感じさせる街並です。
そんな中にジャズクラブがあったり、ストリートバスケのコートがあったり。
スイカ売りの屋台があったり、他にはどこにもないこの街の文化と雰囲気を味わおうと、
世界中からの観光客もたくさん訪れています。
fans.jpg

ハーレムデーには135丁目の東西1.5キロにわたり、
広いストリートの両側に屋台がギッシリ。その屋台も。。。
Soulfood.jpg

フライドチキンやスペアリブなどのソウルフード、レモネード、
Soulfood2.jpg
Lemonade.jpg

アフリカンファッションやお香やオイル、派手派手な帽子、
Africanmama.jpg

ファンキーな柄のTシャツ、雑貨、R&Bやヒップホップのミックステープ、
Funkygramdma.jpg
オリジナルのアート、アクセサリー、
どれもこれもハーレム以外では食べられない、買えないものばかり。
Hair.jpg

そんな屋台の間を、あらゆる肌の色のあらゆる年齢の人々が行き交っている。
それぞれの屋台が大音量でR&Bやヒップホップをがんがんかけているから、
それにあわせて路上で踊り出す人もいっぱい。
レモネード片手に盛り上がっていた女子4人組に話しかけてみました。

「今日はダンスのパフォーマンスをしに来たの。
踊ったのはアクロバットをふんだんにとり入れた
コンテンポラリーなダンスピースで、お客さんがものすごく盛り上がってくれてうれしかったわ」
Dancers.jpg

彼女たちはアップタウン・ダンスアカデミーに通う、アマチュアダンサーなんですね。

こんなふうに歌やダンスを披露するトレーラー式の舞台もいくつか用意されています。

中でも最大のステージは、ニューヨークの超人気ラジオステーション、
R&B専門のKISS FMの舞台。

ハーレムと切っても切れない音楽ですが、
そして音楽と切っても切れないのがラジオ、というわけです。

ステージではちょうど、R&BスターのJOEがパフォーマンス中。
Joe.jpg

ヒット曲「ALL THE THINGS」を歌い出すと、観客は大合唱で盛り上がっていました。

毎年このハーレムデーでコンサートを開いているKISS FMのアソシエートプロデューサー、
KEN SIMMONSさんに聞いてみました。
Kissfm.JPG

「KISS FMは毎年ハーレムデーでイベントを開いているけれど、
今年はキッスの30周年のお祝いも兼ねている。ちょうどステージで
JOEがパフォーマンスしたんだけど、
全身パープルでパープルの蝶ネクタイでドレスアップして、観客を盛り上げてくれたね。
KISS FMはR&Bステーションで、JOEはそのコアアーティストの一人だから、
彼が出てくれて本当にパーフェクトだったと思うよ。」


アメリカのあらゆるポピュラーミュージックのルーツとなったブラックミュージック。
そのふるさとのようなハーレムのお祭りだから、とにかく音楽があふれまくり。
そして音楽と切ってもきれないのがラジオステーション。

メインステージでイベントを行なったKISS FMだけでなく、
ハーレムの小さなコミュニティラジオステーション、WHCRも、ブースを出していました。
WHCR.jpg

DJのTINA DIXONさんをキャッチ

彼女はもう10年もこのステーションでしゃべっていますが、
ハーレムが大好きでついに2年前にひっこしてきました。

「ここは大都会の真ん中なのに、まるで故郷の村のような暖かい雰囲気があるの。
こんな場所は他にはないと思うわ。」


ハーレムの青空に響き渡る、R&B、ソウル、ヒップホップ、そしてラジオ。

今は多くの人で賑わうハーレムですが、実は90年代なかばくらいまでは、
ドラッグなどの犯罪の巣、危険な地域と言われていました。

でもここ10年は、ニューハーレムルネサンスと呼ばれるほど盛り上がっています。
マンハッタンの中でも手頃な家賃で住める場所として再開発され、
安全になったハーレムには、あらゆる人種の人が移り住んで、
新しいコスモポリタンな文化が生まれているんです。

前半に登場してくれたKISS FMのKENさんは、こんなふうに語ってくれました。

「ニューヨークの文化の中心地の一つハーレムは、
今これまでにないほど大きくなって来ている。
たとえばオバマ大統領がレッドルースターという新しいレストランで
資金集めパーティをやったおかげで、全米がハーレムに注目したんだ。
こういう新しいレストラン、ホテルもどんどんてきている。
何年か前にはクリントン元大統領が、ハーレムにヘッドクォーターを構えたことも
象徴的だ。今ハーレムはブラックだけでなく、あらゆる人種国籍の人が集まる、
ユナイテッド・ネイションみたいな場所になっている。
ニューヨークに来たら、ハーレムを見ずして帰るなんてありえないと思うね。」


ブラックカルチャーを育んだ、ふるさとのあったかい雰囲気を残しながら、
世界のあらゆる人種国籍の新しいビレッジとして
未来に向かって変って行くハーレム。

もしニューヨークに来るチャンスがあったら、アップタウン、ハーレムを、
ぜひ訪れてみてください。

Japanese_gospel.jpg

(日本人のゴスペルコーラス隊もパフォーマンスしていました!)

Photo by Romi Uchikawa

Ken Simmons (Kiss-FM) photo by Megumi Sato

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年08月29日

8月29日(月)アメリカ・アリゾナ

今日は、アメリカ・アリゾナ州の街「セドナ」とつなぎます。

セドナといえば、パワー・スポットが数多くある場所としても有名ですが、フラワー・レポーターをつとめていただくのは、そのセドナで、旅行会社を経営されていて、「スピリチュアル・ナビゲーター」もやってらっしゃる「丹羽嘉一(にわ かいち)」さんです!


image%201.JPG


Qまず、セドナが、なぜパワースポットと言われるのか?教えて頂けますか?

80年代の初めにアメリカ人のブライアン・ページさんという霊感師の方が土地のエネルギーがおかしいんじゃないか?と疑問を持って、そこからパワースポットと呼ばれるようになりました。

Q特に、人気のスポットというと、どんなところがありますか?

4大パワースポットが人気です。
パワースポットというのはエネルギーの増幅作用がある場所なんです。
日本の方は良いアンテナを持っているのでわかるんだと思います。


特に日本の女性の方はパワースポットで普通の土地ではないことを体を持って感じるのが強い。
五感以上の感覚、第六感的なものも持っているんです。


Qよく、気温が低いというのもあると思いますが、そういうのは本当なんですか?

人それぞれに感じる人がいます。
気温で感じる人や、ざわつきで感じる人、匂いで感じる人などがいます。

Q4大パワースポットの特徴は?

例えば一番小さいのはエアポートメサ。
世界平和の祈りのためには一番いい場所です。
ここは比較的楽に行けます。


%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%82%B5.jpg

ベルロックは行くのは少し難しいですね。
出会いの祈りの鐘を鳴らす場所です。

出逢いを求めている人が、世界のどこかにいるパートナーに向けて鳴らすベル。
セドナでわくわく!


NH004-Bell%20Rock-e.jpg


ボイントンキャニオンは魂の癒しをする実践、練習をする場所。
アメリカ建国当時にかなりのネイティブアメリカンたちが命を落としているパワースポット。
ここで尊い地球人同胞の魂の癒しの実践を。
このカチナ・ウーマンにはネイティブアメリカンの故郷の青い星、カチナからの神聖なエネルギーが降り注いでいるとされる。岩のてっぺんが女性の顔のように見えるところからこの名前が。


%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3.jpg


カセドラルロック。
ゴールインしたいパートナーと行く場所。
意味は大聖堂という意味。

自然のエネルギーの増幅器の上で手をつなぎ合わせれば共鳴して宇宙に繋がって行きます。


NH009-Cathedral%20Rock%20fr%20Red%20Rock%20Crossing-e.jpg

ちなみに写真も現地と繋がっていますので、待ち受け画面などにしてもいいです。

Q「スピリチュアル・ナビゲーター」としては、どのような活動をされてるんでしょう?

それぞれの方の能力開発のお手伝いをしてます。
人それぞれ持っている能力は違うので、それを感じて開発したりしています。

番組では紹介できませんでしたが、セドナに行った時に、会話に花が咲くような「役に立つ一言」を教えていただけますか?

(役に立つ一言)
Prayer through powerspots can heal Fukushima.
May the benevolent prime minister emerge for the future of Japan.

日本語訳:パワースポットを通じた祈りが福島を癒します。日本の未来のために光る仕事をする首相が出現しますように。


2011年08月25日

8/25(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

ニューヨークは夏の終わりのさわやかなお天気
そんな中実は昨日ニューヨークで地震があったんです。

アメリカには日本のような震度の基準がないんですが、
ニューヨークでは多分1とか2くらいの揺れだったと思います。

小さな地震にもかかわらず、その反応は大きなものでした。
今朝の新聞は1面トップの大ニュースになりました。
ニューヨークでは地震はかなり珍しいものなので、
みんな本当にびっくりしたんですね。
NYC_earthquake_1.jpg
NYC_earthquake_2.jpg

私もNY生活20年で初めて経験した揺れ。。。

高層ビルでは退避したところもたくさんありました。

実はこの地震、アメリカ東海岸のかなり広い範囲で揺れを感じていて、
マグニチュードは5.8。
これほどの規模の地震がNYで起ったのは67年ぶりだそうです。

生まれて初めて地震を経験した人もたくさんいるニューヨーカー、
いったいどんな反応をしたのか、
またニューヨーカーはいったいどんな災害対策をしているのか、
今日はそれをレポートします。

地震が起きたのは8月23日午後1時51分、遅いランチタイムの時刻
アメリカ東海岸の広い範囲で地震を感じました。
マグニチュードは5.8

震源はバージニア州。何百キロも離れたニューヨークをはじめ、
12の州にわたる広い範囲で揺れを感じたのは、
アメリカ東海岸の地質が固い岩盤のため、
地震の波が伝わりやすいからだと説明されていました。
NYC_earthquake_3.jpg

震源に近いバージニア州では、教会のレンガがくずれたり、
スーパーマーケットの棚が倒れて商品が床に散乱するなどの写真が
ネットに出ていました。
すぐお隣のワシントンDCでは震度3か④程度のゆれだったそうです。
NYC_earthquake_virginia.jpg


でもNYではかなり状況は違っていました。
地震から一日たった今日のランチタイムにインタビューしたニューヨーカーの
半分以上から、こんな答が帰ってきました。

きのうの地震、感じました? という質問に、
多くの人が、ぜんぜん気付かなかった、と答えました。
ランチタイムで外でショッピングしたりしていたしね。

いつも車と人がひっきりなしに行き交うマンハッタンのストリートに居た人は、
ほとんど気付かなかったんです。

ちょうどランチを終えたビジネスウーマン3人組は

「7階のオフィスにいた時、あら、何か揺れてるような気がするわ、と思ったけれど、まさか地震とは思わなかった。
後になって同僚に聞いてわかったのよ。
80年代にも一度地震を経験しているけれど、その時の方がこわかったわ。」

「ストリートでショッピングしていて全然気付かなかった。
近くのビルからぞろぞろ人が出て来たけれど、まるでピンと来なくて、
後でオフィスに戻ってわかったのよ。」

地上に近いところにいた人とは正反対の反応だったのが、
上層階にいたニューヨーカーたち。
ミッドタウンやウォールストリートのビルでは大事をとって、
全員退避させたところも少なくありませんでした。
NYC_earthquake_4.jpg

パニックに陥った人も結構いたもようで、
今朝の新聞にはセントラルパークで結婚式の真っ最中の花嫁さんが、
携帯を握りしめて走っている写真が大きくでていました。 

そして、こんな反応をした人もいました。

「私はビルから人が出て来るのを見て、テロの爆弾騒ぎだと思ったわ。」

そう、揺れが爆弾テロだと思って震え上がった人も結構いたんです。
911の10周年まであと数週間、という今、
なんとなく落ち着かない気分になっているニューヨーカーも少なくありません。

とにかく、いた場所、人のよってまったく違う反応だったわけですが、
ニューヨークってこうした自然災害に対して、
どのくらい対策しているんでしょうか?

911を経験し、間もなく10周年を迎えるNY。
テロの恐怖を味わったニューヨーカーですが、
ここ数年、世界を襲う自然災害をまのあたりにして、
考え方が少し変ったかもしれません。

ある女性は
テロも怖いけれど、今や自然災害が何より一番怖い、と言っていました。

ではニューヨークは地震などの自然災害に対する備えはあるんでしょうか?

今朝のモーニングショーでは、水やファーストエードキット、食料はもちろん、
重要な書類なども入れたバックパック「go-bag」を準備するように
呼びかけていました。
携帯電話が使えなくなった時のための、小さなラジオも必需品、と言っていました。
NYC_earthquake_5.jpg

でも街で話しかけたニューヨーカーは、誰一人そういう準備していませんでした。

その中でも多かった反応は、
「ニューヨークは自然災害にはまったく無防備だと思う、
でも今度の地震で、私もgo-bagを用意しなくちゃと思うようになった」というもの。

正直言って、私も同じ気持ちになりました。

実際日本の震災で、NYでは地震や津波の恐ろしさを
初めて知った人が少なくありません。
ニューヨークで起ったらいったいどうする? 
という論争する科学者もいます。
だから今回、小規模でもそれが現実になったわけで、
ニューヨークでもテロ対策だけでなく、
自然災害への対策が今後大きな課題になっていくことは間違いないと思います。


そんな話をしている間にも、巨大ハリケーン「アイリーン」が
珍しくNY直撃コースを進んでいて、
今週末は大嵐になる、というニュースも流れています。


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2011年08月18日

8/18(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

日本はお盆でしたね。

ニューヨークは「お盆」とは縁のない街、
でも今年は違いました。

震災から初めてのお盆、
在住日本人が集まって、キャンドルをともして黙祷。

ニューヨークにいるから何もできない、
でも何かしたいというたくさんの日本人が、アメリカ人をまきこんで、
募金活動、チャリティコンサートなどをやってきました。

その様子を、被災地の人にも知ってほしい! と写真やビデオにおさめたり、
アメリカ人からのメッセージをもらって、
個人で被災地にデリバリーした日本人もたくさんいます。

今日ご紹介したいのはそんなたくさんの日本人の中のひとり、
フォトグラファーの佐々カンナさん。
カンナさんは、3月から4月にかけて、私たちJPGIRLSの募金活動なども含め、
ニューヨーク中のストリートの募金活動の様子をカメラにおさめ、
5月に被災地にボランティアに行った時に、それを携えていきました。

でもただ持って行った訳ではないんですね。
音楽もいっしょに、プロモーショビデオみたいにして持っていきました。

しかもその音楽を作ったのは、スウェーデンに住むアフリカ人アーティスト 
“マン”
しかもしかも!「日本語」でラップしている、日本への応援歌なんです!!

今日はその草の根の応援歌をオンエアしながら、
ニューヨーク、そしてスウェーデン、国境を越えた友情と、
日本への思いを届けたいと思います。

Timessquare.jpg
© Ko Tsuchiya/ Go Nakamura

ニューヨーク在住の佐々カンナさんは最近、映像クリエーターの夫のHIROAKIさん、
そして同じフォトグラファーNAKAMURA GOさん、YUKOさんと4人で、
ブルックリンのギャラリー「Art Space graphite」(http://www.graphiteny.com/about/)で
写真展を開きました。
3月から5月にかけて、震災被災地でボランティアした際に
撮影した写真を集めたものです。


大阪出身のCANNAさんは、16年前の阪神大震災の時は15才でしたが、
いちはやく一人でバックパックをしょってボランティアに出かけたそうです。
でも今回は遠いニューヨーク、そう簡単にはいきませんでした。

「最初の二日間はUstreamで延々映像をかじりついて見ている状態で、
もうこんなことでは何もできないと思ったので、主人を巻き込んで
13日に募金活動を路上で始めたんですけど、
その時にはもうたくさんの日本人が、募金活動を個人で
そのお金をどこに持って行けばいいのかもわからず、
それでも何かしなきゃという感じで。
お茶碗ひとつで道に立って泣きながら募金活動している学生の女の子とか。
何かしたい、みんなで力をあわせて。本当に遠いところにいますけれど、
思いを届けたい、というのをすごく感じました。」

写真をとるだけでなく、CANNAさんは被災地に向かう準備をはじめました。

「物資をその時はまだたくさん集めていた時期だったので、
何か物資を持っていかなければいけない、と思った時に、
スーツケースに入れて持って行ける物ってすごく限られているんですよね。
本当にどうしようかな。何が一番ほしいものなのかな、とわからなかった時に、
たまたまマンの曲に出会って。それもYOUTUBE,
リンクが多分FACEBOOKだったと思うんですけれど、
何か本当にクリックして流れていた曲を聴いていた時に、
“これだ! これを持って行こう! 
この曲にニューヨーク中の支援活動を、自分がとっている写真や、
いろんな人の写真をつなげて、
ただただ応援しているだけの写真を並べる。
それでもこれはいい物資になるんじゃないか。
本当に人の気持ちを届けることができるんじゃないか、と思いました。


それは”MAN“という名前のアーティストの日本語で歌うラップの曲でした。

いったいMANって何ものなのか? なぜ日本語がしゃべるのか? 
まったくわからないまま、何度も歌詞を聞き直して
「やはりこの曲を持っていこう」と確信したCANNAさんは
、思い切ってYOUTUBEを通じて”MAN“にコンタクトします。
実はMANは日本の名古屋に2年間留学していたことがあり、
名古屋弁が堪能!
ニューヨークとスウェーデン、大阪弁と名古屋弁のやりとりで、
彼の驚くべき経歴があきらかになります。

MAN_1.jpg

「彼自身はアフリカで生まれて、家族でポルトガルまで難民として逃げて、
その後最終的にスウェーデンの今のご両親にひきとられて、
白人社会で黒人1人で、やっぱり人種差別にものすごくあって、
本当につらい時が続いて。
ある日、はっと気づいたら線路の上にマン自身が立っていて。
“もうこんなオレのクソ人生やめにしてやる!”と思って。。。
本当にそう思ったのに、気がついたら、
まるで身体があやつり人形にあやつられるように、
ゆっくりゆっくりと線路の中から逃げ出そうと、
身体が無意識に動いたそうで、
でも結局肘が引っかかってしまってものすごい大けがをしたそうなんですけど。
その時に彼は、大きい声で、
“オレ行きているんだ! オレは生きる事を自分で選んだんだ!“って
すごく思って叫んだそうなんですね。
その気持ちがあるからこそ、今日本のつらい気持ちを持っている人にも、
何か自分が経験した事の中から出て来る言葉で、伝えられる言葉がないかな、
と思って作ったんだと思うんですね。

よみがえれ、という漢字は二つあるんですけれど、
ひとつは、命が蘇る、もうひとつは、更に生きると書いて蘇る、
マンは更に生きるという文字を選んで、この曲を作ってくれました。」

MAN_2.jpg

スウェーデン在住のアフリカ人アーティスト「MAN」が日本語でラップする「甦れ」
ニューヨーク在住のフォトグラファー、佐々カンナさんは、
この曲をニューヨーカーの支援活動のもようのコラージュしたビデオにして、
被災地に持っていきました。

Hinanjo.jpg
©CANNA SASA

もちろんビデオはあくまで「物資」
カンナさんと夫のヒロユキさんは2週間の間、
沿岸地域をまわりドロだしから物資の運送まであらゆる活動にかかわりました。
それでもなかなか被災した人たちにビデオを見せる決心がつかなかった時、
カンナさんはある事を思いつきました。

「アメリカにはハグという文化があるんです。
おじいちゃんおばあちゃんはハグなんて、みんな知らないんですけれど。
突然目の前に私が立って、おばあちゃんに
“ニューヨークから来たんですけどハグしていいですか?”と言うと、
だいたい皆さん、“何だねそれは知らんねー”と言われるですけれど、
“こうやって”って言って背中に手を回して、
“アメリカではこう挨拶をするんですよ”とハグをすると、
“あー、テレビで見た事あるー”と突然顔がぱーっと明るくなって、
さっきまでは知らない人だったのに、
ものすごく心が打ち解けたりとか、“あの日こうでね”と
突然話してくれたりとか、ハグって不思議なパワーがあったので、
見て頂く前にはもう避難所になっている小学校だったら、
すべての教室ノックして。全部の方にハグさせていただいてから、
ニューヨークからハグしたい人たちの気持ちを預かって来たので、
見ていただいていいですか? という形で見て頂きました。

Joei_1.jpg
Joei_2.jpg
©CANNA SASA

CANNAさん気持ち、そして私達ニューヨーカーの気持ちが
MANの歌を通じて伝わったことを、私も信じたいと思います。

ところでこのMAN、実は今日本にいます。

カンナさんが活動に参加したボランティア団体のスタッフがこの曲に感激して、
日本に招待することになり、9月いっぱい全国をまわっているようです。
あなたの近くで噂を聞いたらぜひ会いにいってあげてください。

まだ正式なサイトなどはないのですが、
お問い合わせ先は
テックスエージェンシー:03.3423.6730 


そしてMANの「甦れ」をもういちど聞きたいというひと、
YOUTUBEのリンクは
http://www.youtube.com/watch?v=bUJxTfR534w

このフェースブックのページではマンやカンナさんの活動が見られます。
https://www.facebook.com/pages/Song-for-Japan-Man-Yomigaere-%E3%83%9E%E3%83%B3-%E7%94%A6%E3%82%8C-NY/207899729237480

写真展をコラボしたGo Nakamuraさんのサイトには貴重な写真がアップされています。
http://photogoraphy.blogspot.com/

ビデオには私たちJPGIRLSも映っているので見てね!
アマゾンでで購入すると、売り上げが被災地に寄付されるようにもなったそうなので、
そちらもアドレスのせておきます。
http://www.amazon.co.jp/Song-Japan-YOMIGAERE-%E3%80%8C%E7%94%A6%E3%82%8C-%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E6%AD%8C/dp/B005DVVHSA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1311561089&sr=8-1

ぜひチェックしてくださいね!

gallery.jpg
©Go Nakamura

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2011年08月11日

8/11(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!


からりと暑いニューヨークの夏の1日

タイムズスクエアは観光客であふれ返ってました。

今週も色々な事がありました。
株価の乱高下などでニューヨーカーの気持ちも上がったり下がったり。。。

ところで気分をアップしたい時にニューヨーカーは何をする?

お答え:高いところにのぼる!

これホントです。

マンハッタンといえば摩天楼、高いところには事欠かない。。。
観光名所も高いところが多い。。。
有名なのは、ニューヨークで一番高いビル、地上102階のエンパイアステートビル
背が高いだけじゃない。1933年建造アールデコ建築の美しい高層ビルなんですね。
Top_1A.jpg

ライトアップされた夜景は、まるでスクエアカットのダイアモンドのようです。

が、ここの86階の展望台に上るだけで2時間待ちは当たり前。。。
地元の人は行かないし、ツーリストも忙しいから2時間も並べない。。。。

そんなに待ちたくない、というあなたに?
マンハッタンの眺望360度の素晴らしいビュースポットを今日は2つもご紹介!
今日は真夏のマンハッタンから、暑気払い観光スペシャル!


ツーリストであふれる真夏のニューヨーク。
メンフィスから来たという家族連れに話かけてみました。

ニューヨーク3度目というお父さん、
「ニューヨークがすごいのは、1日24時間、何かが起っていること。
夜中の2時でもディナーができるし、
朝早起きしてバッテリーパークやセントラルパークも楽しめる。
そして、ニューヨーク初めてというお母さんは、
テレビでしか見たことがない自由の女神やタイムズスクエアに行くのが
すごく楽しみ!」 と言っていました。

彼らをキャッチしたのは、マンハッタンを見渡す地上70階の展望台、
ロックフェラーセンターのトップ・オブ・ザ・ロック。
Top_2.jpg
Top_3.jpg

ロックフェラーセンターというのは、ビジネスの中心地。
マンハッタン5番街に面する、超高層ビルの集合体で、
3大ネットワークのNBCテレビをはじめ、世界の巨大企業が軒をつらねている。

ニューヨークでいちばん有名な巨大クリスマスツリーが立つのは、
このロックフェラーセンターの広場。

そして、その広場の真ん前のGEビルの屋上、地上70階にあるのが、
大展望台、TOP OF THE ROCKです。

実はこの展望台、最初にオープンしたのは1930年代。歴史が古いのですが、
1986年から2004年まで閉鎖されていました。
そして2005年に、高速エレベーターを設置してリオープンしてからは、
超人気の新名所になったんです。

実は私も今回行くのが初めてで、けっこうわくわくしてしまいました。

入り口はビジネス街のどまんなか。
早足で通り過ぎるビジネスマン、ウーマンをかきわけて入って行こうとすると、
ちょうど夏休みの子供達が、おそろいのTシャツを着て、観光バスから降りてきました。

彼らといっしょに中に入ります。
入り口でチケット購入。19ドル、日本円で1500円? 買ってエレベーターへ。
Top_5.jpg

混んでるわりには列はスムーズに進み、待っている間には
ロックフェラーセンターの歴史のビデオなんかも見てから、エレベーターに乗り込みます。
高速エレベーターであっというまに70階に到着!
屋上に出ると、うわーすごい!!!
Top_7.jpg

北はセントラルパークの広大な緑が、見渡す限り広がり、
南はダウンタウンまで、摩天楼の森。 
左はイーストリバー、右はハドソンリバー、
そして目の前にはあの、エンパイアステートビルがすぐそこに見えています。
まさに絶景!

まわりのツーリストもみんなはしゃぎながら写真をとりまくっています。
Top_4.jpg

私もたくさん撮影。。ところで、今回行ってみて思ったんですけど、
とにかく初めてのニューヨーク旅行の最初にこのTOP OF THE ROCKにのぼって、
マンハッタンを上から見て、気分を上げて、
それから色々な場所に出かけるというツーリストが結構多かったんですよね。

カナダのケベックから来たという、大学生の女の子4人組も、
そんなツーリストの一人でした。
Top_6.jpg

フランス語なまりの英語で、ちょっと恥ずかしそうに答えてくれました。
ニューヨークは初めて、とすごく興奮していましたね。
「今日ニューヨークに到着したばかり、これからタイムズスクエアでショッピングして、
チャイナタウンに行って、明日はまたタイムズスクエアでショッピング!
とにかくショッピング!」 というのがさすが女子!

マンハッタンの絶景が楽しめる、ロックフェラーセンターのTOP OF THE ROCK
ニューヨークに来たらぜひトライしてみてください!

そういえば、彼女たち、クラブにも行きたいって言ってました。
そう、ニューヨークといえばクラブです!
後半は、クラブで、そして屋上で、マンハッタンの素晴らしい夜景が楽しめる
しかも、リーズナブルな値段! という、超穴場スポットをご紹介!

場所はマンハッタンで今一番アツイ夜遊びスポット、ミートパッキングエリア。
ここがまたすごい!

ビジネス街のロックフェラーセンターとはまったく違って、
おしゃれなブティックやレストラン、クラブばかりが並び、
週末の夜となればおしゃれに気合いが入りまくった若者であふれかえる場所。
もうあのSEX&THE CITYそのものーという感じのスポットです。

ここに去年にできたばかりの新しいブティックホテルがスタンダードホテル。
セレブ御用達。
この前はロビーでビヨンセの妹ソランジュを目撃!

ゲストルームも相当ゴージャスですが、今回は屋上にフォーカス。

ここの最上階にはブンブンルームというクラブとLEBAIN(ルベイン)という
ラウンジがあるんですが、クラブはインビテーションオンリーだったり、
ちょっと敷居が高いので、おすすめはラウンジの方。

ホテルとは別の入り口からはいって、エレベーターで一気に最上階へ。
エレベーターをおりてびっくり!
DJのプレイするダンスミュージックとお酒を楽しむおしゃれなクラウドの向うは、
天井から床までガラス張り
ハドソン川の素晴らしい夜景が!
窓際に座ると、まるでマンハッタンの空の上に浮かんでいるような気持ちに。。。

さらにここはラウンジなのに、バーのとなりに小さな室内プールもあって、
自動販売機で水着も販売しています。
酔っぱらっておっこちる人もたまにいるらしいんですが、
スタッフのモデルのようなお姉さんがバスタオルを持って待ってるから大丈夫。

さらにこの上にはオープンエアーのルーフトップラウンジもあり、
デッキチェアの上でのんびりくつろげます。
さらにジャグジがいくつもおいてあって、みんなそこにつかって大はしゃぎ。

夏の夜を楽しむには最高のスポット。
こんなにゴージャスなのに、入場料もないし、
お酒1杯(1000〜2000円)だけで楽しめちゃう!

そして私がここで一番驚いたのが、トイレ。
クラブだからほとんど真っ暗な個室に入ってみてびっくり。
ここも天井から足下までガラス張りで、外(ニューヨークの街)が丸見え!
外からは見えないようになってるんでしょうけど。。。かなりぶっとびます。

スタンダードホテルのルベイン。行くときはぜひおしゃれして出かけてみてね。

Top_8.jpg


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年08月04日

8/4(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

この1週間もホントにいろいろありました。。。

が私たちニューヨークに住む日本人、
そしてヤンキースファンにとっての大事件は、
伊良部投手の訃報。。。。

Picture%201.jpg


未だに信じられない気持ち。。。本当に悲しい。

ニューヨークでの伊良部投手は、私たち日本人ニューヨーカーにとって、
ヤンキースにやってきた最初の日本人でしたからね!

90年代半ば、まだ日本人メジャーリーガーが珍しかった頃にやってきた。
ヤンキースは強くなりはじめた頃で、今ほどのスーパースター軍団ではかった。

それだけに、ニューヨークの一般人、残念ながら
伊良部選手のこと覚えていない人の方が多いんです。
でも、ベースボールファンには強烈な印象を残したピッチャーでもありました。
西の野茂、東は伊良部だ! というノリだったんですよね。

そんなベースボールファンたちも、今回たくさんネットに書き込みしていました。
彼らがいったい何を思ったのかも含め、
今日はニューヨークの伊良部投手の追悼レポートをお届けしたいと思います。

伊良部投手。。。
今だからこそ、ニューヨークでは日本人メジャーリーガーといえば、
松井かイチローという認識があるけれど、
伊良部投手がヤンキースにいた90年代の半ばというのは、
今とはまったく違う時代だった、というところから、
始めなければいけないと思います。

西海岸ではトルネードの野茂さんが大きな注目を集めていて、
ニューヨークにも誰か日本人が来てくれたらいいな、とファンが思っていた頃に、
やってきたのが伊良部投手。

すごい豪速球を投げるというこことで、伊良部選手はたいへんな注目を集め、
実際スタートはアメリカのファンを「おっ!」と言わせて、
それを見ていて私も鼻が高かった?のを覚えています。

入団2年目の98年には13勝をあげて、チームはワールドシリーズに進出。
伊良部投手はプレイオフのロ-テーションには入っていなかったけれど、
ワールドチャンピオンになった瞬間、
チームメートといっしょにグラウンドに飛び出してきた伊良部選手の、
まるで子供みたいにうれしそうな笑顔は忘れられません。

けっこう活躍もしたけれど、なかなか安定せず、
当時の名物オーナー、ジョージ・スタインブレナーに、
「太ったヒキガエル」と言われたこともありました。
これはニューヨークはもちろん、ESPNなどの全国メディアで報道されて、
「あれはひどかったね」と今でも語りぐさになっています。

アメリカの記事には、「大きな期待とプレッシャーに応えられなかった。」
「見かけによらず優しく繊細な性格だった」
「常に苦しんでいて、見ていて痛々しかった」などと書かれていました。

また、ESPNのコラムでは1997年の目の覚めるような投球ゲームを振り返って、
「伊良部は忘れられない一夜を残してくれた」と書いています

それに対するファンの書き込みも感慨深いものがあります。
「彼は調子がいい時はホントによかった」「あの試合は本当によかった。。
思わず球場の外で売っていた彼のユニフォームを買ってしまったほどだ。
ブートレグ(偽物)だったけどね。」
「あんなにいじめられて気の毒だった。REST IN PEACE」
また、「一番攻撃してさわぎたてていたのはメディアなのに、
今度は手のひらを返したように彼をたたえているなんて偽善的だ」というのも。

Picture%203.jpg


はっきり言って、ミスをしたり不調の選手ボロクソに攻撃し、
ファンも同調したり反論したりしていっしょに大騒ぎするのは
アメリカのスポーツ産業の一部。
ラジオのトークショー、スポーツバー含め、
アメリカのプロスポーツは「見る」だけではなく
「トークのネタ」と言ってもいいくらい。
“これだけの年俸をもらっているのだから活躍するのは当たり前。
ダメなら攻撃されるのは当たり前」というのは日本でも同じですよね。

でもNYのメディアやファンの厳しさは日本人の想像を絶するものが。。。
あのスーパースターのA-RODでさえ、
メディアの攻撃にたえられず、セラピストに通っていたほど。
地方のファンからは「ニューヨークの選手は気の毒だ」という声が
あがるほどなんです。

一方アメリカのファンの間には、日本人メジャーリーガーが
過大に評価されすぎている、その責任はメディアにある、という声もあります。
他のネットの書き込みにこんなのがありました。

「高額契約した日本人選手が来るたびに大げさに騒ぎ立てているが、
本当に期待に応えられたのはイチローだけ。
最初からみんながそれを分かっていれば、
伊良部もそれほど期待もされなかったし、こんなに非難もされなかっただろうに。」

そして私が一番気になったのはこれでした。

「外国人メジャーリーガーが直面する肉体的、精神的な試練について
もっと考えて欲しい。
伊良部の日本にいた頃の記録を見ると驚くはすだ。
彼はニューヨークのような世界で最も過酷なマーケットでは
本領を発揮できなかったのだ。」

これはポイントついているかもしれません。

90年代からアメリカにやってきた多くの日本人メジャーリーガー。
でもなぜイチロー以外の日本人選手は
どうして期待されたほどうまくいっていないのか?

アメリカのファンもその理由を考えるようになってきています。
そしてその理由に大きくこの二つがあげられています。

ひとつはほとんどの日本人メジャー選手は日本でのデビューから10年たっている、
つまりキャリアのプライムに達しているか、
それを過ぎてからメジャーにやってくるため。

もうひとつは、日本とは大きく違う環境への適応の難しさが、
本領発揮をさまたげているというもの。

日本に住む人には、1人でアメリカにやってきて体を張ってがんばっている日本人が、どれほど苦労しているものなのか、想像をするのは難しいと思いますが、
ホントにキツイ。特に「言葉の壁」は、思っているよりずっとキツイです。
そして食べ物やその他の環境の問題。
中でも大きいのはアメリカのメディアの厳しさとも言われています。

Picture%204.jpg


しかし、こういった認識が一般的になったのはイチローや松井秀喜選手以降、
日本人がたくさんやって来るようになってからなんですよね。

アジア人はどちらかというと無口でおとなしく、
言葉の壁もあってなかなか他の選手とうちとけないで孤独になりがち、
という傾向も理解されるようになってきた。

でも、伊良部が在籍していた90年代はまだ日本人の数も少なく、
ファンの理解もなかったからもっと難しかったと思います。

ちなみにメディアの扱いの難しさをよーくわかっているアメリカのスポーツ界は、
高校、大学時代から選手たちへの教育を欠かしません。
有望選手はアマチュアの頃から記者会見で質問されるのに慣れているし、
メディアが書く事と真実が必ずしも一致しないことも教えられる。
選手の心の健康を守るのはもちろん、そうする事が選手のパフォーマンスに直結し、
高額の契約金に見合う活躍をしてくれるだろうというビジネス的な計算もあるんです。

実際、松井秀喜選手が比較的ニューヨークメディアにうまく対応していたのも、
高校時代からメディアの目にさらされ、
巨人という全国区の球団のスターだったからだろうとも言われています。
イチロー選手は、アメリカメディアにはほとんど対応しないそうですね。

岡島投手はレッドソックス移籍1年後のインタビューで確か、
「英語がうまくなろうとも思わないし、チームメートとつきあおうとも思わない。
自分は野球をしにきたのだから」と言いきっていましたが、
その強靭な精神にびっくりしました。

でも誰もが強い精神力を持っているわけではないし、
A-RODのようにメジャー始って以来の天才バッターと言われながらも、
セラピストに通った時期もあるのです。

こうした問題が認識されているのなら、
それに対する対策も必要なんじゃないでしょうか。
セラピストもいいかもしれないし、
ただアメリカの実態と日本人特有の傾向をわかった人が、
話を聞いてあげるだけでもずいぶん違うのではないでしょうか。
「心のケア」が必要なのはメジャーリーガーも同じだと思います。

伊良部選手がこうした問題にどう対応していたかは、
今となってはもうわかりませんが、パイオニアとして本当に大変だったと思います。

伊良部投手、最後は悲しい別れになってしまいましたが、
私たちに素晴らしい喜びを与えてくれたことに変わりはありません。
THANK YOU SO MUCH AND REST IN PEACE.

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年07月28日

7/28(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

ゲイウェディング解禁!

先月ゲイパレードの時にお伝えした通り、
ニューヨーク州はアメリカで6つめの同性婚OKの州になりました。
その条例が施行された27日(日)シティホールのチャペルでは数百組が結婚式をあげる、
結婚ラッシュとなりました。州外からのカップルも多く、新たな時代の幕開けを感じました。
Gaywedding2011.jpg

その同じ週末、日本から宮本亜門さんがやってきました!

彼はもちろんウェディングではなく。。。。お芝居の上演のため。

宮本亜門演出の「金閣寺(英語タイトル:The Temple of The Golden Pavilion)」が
リンカーンセンターフェスティバルで上演されました(7/21-24)。
海外でも知られる三島由紀夫の原作を舞台化、
(彼が芸術監督も務める神奈川芸術劇場のこけらおとしで公演された作品)
Temple.jpg

リンカーンセンターフェスティバルは、世界中から演劇やダンスなど
最高パフォーミングアーツだけを集めて毎年夏開催される、ニューヨークを代表する芸術祭。
亜門氏は2002年にも「太平洋序曲」で招待された。
同じ「太平洋序曲」ではブロードウェイ公演(2004−05)も。
今回は三島作品を引っさげてのニューヨーク再チャレンジ。
これまで2回とも見ていますが。。。今度のは本当によかった!

久々のニューヨーク公演を目前に、会場のローズホールで、
亜門氏と3人の主演男優(森田剛、高岡蒼甫、大東俊介)による記者会見、
この模様をテレビで見た方も多いのでは?

テレビではカットされてしまった? 亜門さんのとても興味深いインタビュー
今日はお届けします。

ここでちょっと物語について紹介しておきましょう。
「金閣寺」は1950年に実際に起こった「金閣寺放火事件」を題材にしています。
主人公の溝口は16才、お寺の息子ですが、吃音がコンプレックスになって
友達もできず孤独で、将来への夢も持てない少年。
そんな彼が、お父さんにいつも聞かされていたのが京都にある
「金閣寺」の信じられないほどの美しさ。
お父さんが亡くなった後は、「金閣」のある京都鹿苑寺に奉公に上がるのですが、
あこがれの「金閣」は溝口に乗り移ったかのように、
溝口のあらゆる行動をコントロールして破滅に導いて行く。
その呪縛から逃れて自分を変えるために、溝口は金閣を燃やしてしまうという物語です。

宮本亜門さんの記者会見で、いくつか聞きたかった質問をぶつけてみました。
まず「金閣寺」でアメリカ人にいちばん伝えたいメッセージは何ですか?

Amon_sml.jpg
photo by Romi Uchikawa


「ソンドハイムの「太平洋序曲」は、日本という舞台設定で
アメリカ人が作った作品だったんですが、今度は(日本人の原作ということで)
今までにないある緊張がありますね。三島の作品を歌舞伎、
能という古典芸能のオブラートをかぶっていない実験的なやり方で、
このキャストで上演することで、「現代の日本人」というものを見せたいんです。
それもニューヨークのアバンギャルドな人達や前衛的な人達に、
ぜひフェスティバルで見て欲しい。今までの作品とは違う反応があると思っています。
特にニューヨークのブロードウェイスタイルとはまったく違う作品を、
あえてこのキャストとスタッフでやりたかったという思いがあります。」

そのキャストというのは、主演3人の他に中越典子、高橋長英、岡本麗、瑳川哲朗などの
トップ俳優の他、大駱駝艦、山川冬樹など個性的なパフォーマーが独特の
亜門ワールドを繰り広げました。

では亜門氏が見せたい「現代の日本人」とは何でしょうか?

「やっぱり海外に来て、ニューヨークもそうだけど、皆さん日本の事をとてもよく知っているし、
日本好きの人はたくさんいらっしゃるんだけど。日本の文化や精神とか日本人の
“もがき”とか、そういうところがなかなかわかってもらえていないんですよね。
それがいつも海外で仕事してフラストレーションがたまるところなんで、「金閣寺」で
三島由紀夫が描く青年の、日本人の悩みだとか生き方とか、
生きることについての思いとか、そういう「気持ちの奥」みたいなものを
ちゃんと伝えたいと思ってるんですね。それは同じ人間なんだから絶対伝わると思っています。」


戦中戦後を舞台にしたこの作品のどこが、
「現代の日本人」を見せる事にどうつながるのでしょうか?

「今日本は、あの地震があって大きく変わり始めているのか、それとも変わらないのか、
大きなパラダイムシフトにかかっている時期と思っているんです。
「金閣寺」の舞台は戦中ですが、京都が爆撃でやられるかもしれない、という時に、
主役の溝口は「これが最後や、金閣燃えるんや」。
溝口は金閣寺が燃えることで自分が再生できると思ったんですね。
僕はそこがたった今の日本と重なっているような気がしているんです。
今の若い人達、もちろん僕もそう感じているけれど、
今の日本じゃない新たな日本に生まれ変わるのか? 
また自分自身の中でも新しく生まれ変われるのか、変われないのか? 
原発も含めて、大きな時代の変わり目に来ている。
それと溝口の悩みとか、彼がギリギリまで追い込まれている事も、
重なっているような気がするんですよね。
作品のテーマは「生きる」ということ。「それでも生きるのか」「どうやって生きるのか」というのが
深いところにあるので、今この時期にこの作品をニューヨークという街でやることで、
世界中から集まった色々な方達に見せられるのがうれしいと思います。」

亜門さんのメッセージがこもったこのお芝居、どんな反響があったのでしょうか?

まず始る前、ニューヨーカーのお客さんとはホールに入って、席について、
そこでみんなステージを見てぎくっ! としていました。
既に幕が開いている。。。まるで高校の教室のように、
黒板があって、天井に蛍光灯があって、というセッティングのステージなんですが、
もう俳優さんがスタンバっているんですね。
そして、突然物語が始ってしまうんです。

主人公の孤独な溝口をせせら笑うかのように、
大駱駝館の舞踏ダンサーが踊り回り、
彼の感情をコントロールする「金閣」は、「人間」の姿をして現れる。
(その役にホーメイ歌手の山川冬樹さん。アンドロジナスな雰囲気で異彩を放っていました。)
またセットも、歌舞伎の黒子のような役割の人が何人も常に舞台にいて、
お話の展開とともにものすごいスピードでセットが変り、
最後の炎とともに金閣寺が燃え上がるシーンにつないでいきます。

とくにこのセットに関して、専門家からは賛否両論でした。
ニューヨークタイムスは「派手なだけ」と辛辣にこきおろし、
一方でシアターマニアのレビューは「金閣が燃える部分だけで一見の価値あり」と正反対。
これもニューヨークらしいところです。
Times.jpg

Theatermania.jpg

私の感想を言うと、
ひとくちで言って、日本の古典芸術の文脈を残しながら、ものすごく前衛的で、
しかもスパイダーマンに代表されるようなブロードウェイ的に華やかで
わかりやすい部分もちゃんとある、
色々な時代のさまざまなモノが混在する、という部分はすごく日本的な感じがしました。
ある意味混沌とした舞台が、移り変わりの早い混乱した時代や、
人々の心の不安を表現している気もしました。

専門誌「バックステージ」では
「混沌」をこれだけの美しい芝居におとしこむことができるよい例、と書いていましたがまさに同感。

何といってもアメリカ人の観客が口々に言っていたのは、
主役の溝口(森田剛さん)が素晴らしかった。
吃音というコンプレックスをかかえてまったく自分に自信が持てず、
たったひとり孤独で、未来への希望もなく、他人を恨んだり傷つけてしまうという
その苦しみや悩みが痛いくらい伝わって来た、ということ。

それを見ながら、震災で苦しんでいる日本を感じた、という人ももちろんいました。
溝口が金閣寺に火を放った時に、
つい先日ノルウェーで起ったテロ事件を連想した、という人も。
孤独な青年の心の闇が生んだ悲劇が、世界中で繰り返されている、
それを思ってつらかった、という人もいました。


でも苦しみ抜いた最後に溝口は生きることを選ぶんです。
日本だけでなく、ニューヨークを含め世界中に大きな時代の波が来ている今、
多くの人が、何があっても「生きて行く」方法はあるんだ、
という希望を感じたのではないかと思います。


佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers


2011年07月21日

7/21(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

なでしこジャパン、素晴らしいゲームでしたね。
大きな国際試合負けて、これほど悔しがっていないアメリカ人を見たのも初めて
悲劇に見舞われて必死にがんばるなでしこジャパンに感動。
でもアメリカは既に、2012年のロンドンオリンピックで
この借りを返すと宣言してますからね! 楽しみです!


ところであのゲームと前後して、
なでしこジャパンに負けないくらい素敵な日本人女性が
ニューヨークにやってきました!

蒼井そらさん!
Sora_Aoi_sml.jpg
女優でタレントで、なんと中国では
ツイッターのフォロワーが300万人を超えた!

今年も開催された、ニューヨークで唯一、日本の最新映画が見れる映画祭、
ジャパンカッツ・ムービーフェスティバルのゲストで招待されました。
そらさんは「スリーポイント」という映画にご出演、
これがまたいい映画!

この夏もニューヨークからやっちゃう、ジャパニーズムービーレビュー!
そして、
蒼井そらさんの素顔が見えるインタビューもお届けします!

まず、今年もJAPAN SOCIETYで開催された、
ジャパンカッツ・ムービーフェスティバルは、
今年は明日22日までの3週間に、新作邦画32本 、
『手塚治虫のブッダ』
三池崇史監督の『忍たま乱太郎(にんたまらんたろう)』は
日本に先駆けて世界初公開国外でも圧倒的の『GANTZ』などが上映されて、
多くがソールドアウトになりました。

そして、問題の作品、「スリーポイント」もソールドアウト!
山本政志監督は「闇のカーニバル」などの作品で知られる、インディーズの鬼才!
主役は、山本監督の「聴かれた女」にも出演した蒼井そらさんです。


まずニューヨークについて聞いてみました。

「プライベートで2〜3回来ているので、3〜4回目くらいですかね。
ニューヨーク好きですね。もう住みたいです。
元気になると言うか、前に進める感じがするというか、背中を押されるというか。
何を見るわけでもなく、いるだけでパワーをもらえる、とういか
パワースポットという感じがするんです。
セントラルパークに行った時に、馬がいた!というのにびっくりして、
リスとかいる!と思って。すごい最先端なところなのに、
動物がいるんだ、みたいな。リスとか野生なんだ!と思ったりとか。」

実はニューヨークって人も動物なんですよね、とふると、

「わかります、なんかすごく野生な感じがしまでよね」
という返事が返ってきました。

実は映画「スリーポイント」もとても野性的で、そして不思議な映画です。
ThreePoints1.jpg

3つのストーリーが1つの映画になっているんですが、
一つ一つがまったく関係ないし、作り方の手法もまったく違っていて、
え?どうなってるの? と思いつつも引き込まれてしまう。

最初は京都のラッパーたちが主役で、ほとんど即興劇みたいなスタイル。
ThreePoints2.jpg

2つめは沖縄が舞台のドキュメンタリーで、
素手でカニをとるターザンみたいな人や、
アメリカ軍の若い兵士、そして山本監督自身も登場。
tecchan.jpg

これがまた行き当たりばったりの、やたらナマっぽい映像で面白い!
最後の東京のストーリーが蒼井そらさんのドラマで、
現実と虚構の区別がつかなくなってしまうような内容。
これはちゃんと脚本があるけれど、
そらさんの役、主人公のサキというのは多重人格的な性格で、
とても難しそうな役なんですが。。。

「そうですね、多重人格でもなくて、つきあった男の人にあわせていく
という役なんですが、私の頭の中ではパニックだったりしたんですけど。
監督に“これどういう感じなんですかね?”という話をしても、
“あまり考えないで、思ったようにやればいいんだよ”という監督なんで、
そうやっているうちに、出来上がったかなという感じなんですよね。」

最終的にこういう映画になるとわかっていたんですか?

「思ってなかったですね。
監督から“沖縄篇にへんなのがあって、カニとか取ってるから”、と言われて、
どういう事だろう、と思ってたら、沖縄篇に監督が出て来た時にびっくりして、
あ、この隣にいる人があのポスターの人かと思って、
ああ、なんて言う話してるんだろう?大丈夫かな? 
と思いながら見てたら笑いが止まらなくて。
監督いったい何してるんだろう?と思いながら。
スリーポイントとしてどうつながっていくのかとか、
最初なかば不安で見ていたんですけど、監督らしいな、と思う事とか、
監督って幅広いなというか、ドキュメンタリーもこういうふうに作るし、
台本がほとんどないという京都編もああやって自然にできるというか、
人間の色が見えるような作品に仕上がるんだなと思った時に、
すごいなとすごく感じましたね。」


そらさんが言うとおり、バラバラなようで見終わってみると
ちゃんと一貫したメッセージを感じさせるのは、さすがの一言!

ちなみにお客さんはのほとんどは中国系アメリカ人男子、 そして日本人男子、
みんな間違いなく、蒼井そらさん目当てで来ていましたが、
沖縄シーンで意外な日本が見られて面白かったという声も多かったんです。
ThreePoints5.jpg


ところでこの「スリーポイント」の撮影で、そらさんが「もうやめて監督!」と
叫びたかったシーンがあったそうです。

「全部ゲリラ撮影で、大変でした.山本監督は
ゲリラ撮影の監督みたいに言われているので。
スクランブル交差点でのゲリラ撮影は一番大変だったんですけれど、
芝居をしながら歩いて来て、立ち止まって、
車が目の前を通ったらどうしようと思いながら、
“でも今は私はサキ”とおもいながら演じているのがすごく大変で。
もういつカットかかるの? もう信号赤だよ、ねえ見てます? みたいな。
さらには、もういいじゃないですか、もう撮れましたよね? みたいになって、
もうホントここから私を引き上げさせてください!というぐらい、
もうホントにパニックで、キーってなってたんですけど。
やっぱり映像で見た時一番いいシーンだなと思ったんですよ。
もうそれを見たとき泣いちゃって。監督ありがとうございます、
とすごく思いましたね。」


ほとんど台本なし、または台本があってもゲリラ撮影、
低予算のインディーズだけど、作り手、出演者の熱や
気合いがガンガンくる野性的な映画!

そして主演の蒼井そらさんも、 自然体でわが道を行く、かわいさと
野性をあわせもった素敵な女性、

「スリーポイント」は眠っていた野性が目覚める
(ギターウルフの時もそんな話しましたね)見終わった後、すごく元気になれる、
そして生きていくことにたいして、前向きな気持ちになれる、
素敵な映画、おすすめします!

Sora_Aoi2.jpg

佐藤めぐみ   ジャーナリスト、プロデューサー ニューヨーク在住、J-POPからベースボールまで、 日本文化がアメリカでどう受けいられているかを中心にレポートするジャーナリスト、 アメリカのJ-POPファンのためのイベント 「SAMURAI BEAT RADIO(サムライビートレイディオ)」をプロデュース。 BLOG:http://ameblo.jp/meguminyFlowers

2011年07月14日

7/14(木)はアメリカ・ニューヨーク在住のフラワーレポータ、佐藤めぐみさんからの報告です!

なでしこジャパン、ワールドカップ決勝進出!!

日本のみなさんは寝不足? うれしい寝不足ですね!
こちら午後スポーツケーブルのESPNで、アメリカ対フランスの準決勝に続いて生中継。

感動的な勝利。
アナウンサーは、「大災害に見舞われた日本で、計画停電などで練習もままならなかった
日本チームが勝ち取った歴史的な勝利!」と言っていました。

そしてついに、次はアメリカと決勝。

今日はこのなでしこチームの快挙、ニューヨーク、そして世界ではどう報道されているのか、
そしてワールドカップトロフィーをかけて戦うアメリカチームとはどんなチームなのか? 
今日はニューヨークから緊急サッカーレポートをお送りします。
まず日本のゲームを、世界のメディアがどう報道したのかをお伝えしましょう。

SPORTS ILLUSTRATEDのオフィシャルウェブサイト
Worldcup2011_3.jpg

「日本の優れたスキルと、パワフルなスウェーデンの戦いは、
前半エラーで得点されたSAWAの勝ち越しゴールと、
初めての先発となったKAWASUMIの、素晴しいだめおしゴールで決まった。

スウェーデンは女子サッカーのパワーハウス。
ほとんどの観客はスウェーデンが勝つと思っていたが、
アジアの新しいパワーの前に敗退。
その日本の選手たちにとって、これはただのトーナメントではなかった。
3/11の大災害に見舞われた日本に、
ハッピーなストーリーを送りたいという気持ちでいっぱいだったのだ。
そして彼らはその思いを果たしたのである!」

さらに、ドイツ戦の前にはコーチとチームがいっしょに被災地の写真を見て、
「勝利への決意」を新たにしたこと、

また試合後「世界のみなさん、日本をサポートしてくれてありがとう」と
書かれた旗を広げ、感謝のメッセージを送ったことも報道していました。


さて続いていきましょう。
HONG KONGに本拠地のあるEURO SPORTS.COMの記事見出しは、
「STYLISH JAPAN SAUNTER INTO FINAL!!」
worldcup2011_2.jpg
日本語にすると、「洗練されたチーム・ジャパンは、優雅に決勝進出」

優雅に、ですよ!

その内容は、
「ドイツ戦で開催国をびっくりさせたジャパンは、
ふたたびその