2007.04.01 onair
SMOOTH STYLEへようこそ! welcome! 金子奈緒です。
この番組ではNYの情報をたっぷり交えながら、SMOOTH MUSICをおかけしていくプログラムです。


『ビヤリーズ』・・・という食べ物、何だか知ってますか?
ベーグルに似たパン系の食べ物で、ユダヤ移民によって19世紀にニューヨークにやってきたという『ビリヤーズ』!
19世紀というだけあって、全米最古の『ビヤリーズ』を作るパン屋さんがニューヨークに存在します。
お店の名前は、コッサーズ・ビヤリーズ(Kossor's Bialys)。
創業は1936年のお店はかなり殺風景で、いかにも老舗風。 場所はロウアーイースト、Grand St.沿い、Essex St.とNorfork St.の間。 ちなみに3軒隣はNY No1のドーナツ屋さん、ドーナツ・プラントの本店。
コッサーズではビヤリーズだけでなくベーグルも売っていて、ベスト・ベーグルに選ばれたこともあるんだそう。 (ってゆうか、ベストベーグルなんて賞もあるんですね!さすが、NY!)
ビヤリーズとベーグル,似ているのですが、違いをご紹介します。
(1)ビヤリーズには真ん中に穴がない!
(2)生地にモルトや糖分がない
(3)ベーグルよりもイースト菌が多い
(4)ベーグルは焼く前に生地を一回ボイルするけど、ビヤリーズではボイルせずにそのまま焼いて作る
・・・などの違いが!
ベーグルと食べ比べてみると、ビヤリーズの方がかなりあっさりしていて、あまり味気がない感じ・・・。
古代のパンってこんな感じかもっていうお味がします。値段はビヤリーズが60セント、ベーグルが75セントです。