program index 2015
*放送日〜タイトルをクリックしてください。
12/03〜12/09 12/10〜12/16 12/17〜12/23 12/24〜12/30
11/05〜11/11 11/12〜11/18 11/19〜11/25 11/26〜12/02
10/01〜10/07 10/08〜10/14 10/15〜10/21 10/22〜10/28 10/29〜11/04
09/03〜09/07 09/10〜09/14 09/17〜09/21 09/24〜09/28
08/06〜08/10 08/13〜08/17 08/20〜08/24 08/27〜08/31
07/02〜07/06 07/09〜07/13 07/16〜07/20 07/23〜07/27 07/30〜08/03
06/04〜06/08 06/11〜06/15 06/18〜06/22 06/25〜06/29
05/07〜05/11 05/14〜05/18 05/21〜05/25 05/28〜06/01
04/02〜04/06 04/09〜04/13 04/16〜04/20 04/23〜04/27 04/30〜05/04
03/05〜03/09 03/12〜03/16 03/19〜03/23 03/26〜03/30
02/05〜02/09 02/12〜02/16 02/19〜02/23 02/26〜03/02
01/01〜01/05 01/08〜01/12 01/15〜01/19 01/22〜01/26 01/29〜02/02

program contents 2015
12月24日〜12月30日
『坂崎音楽堂』
年末恒例のビートルズ・スペシャル

恒例になりました年末のビートルズものです。
ビートルズもデビュー前にずっとライブを行っていたドイツのアーティストものです。
こうして聞いてみると改めてビートルズの演奏力、コーラスワークの素晴らしさがわかりますねぇ。
何となく笑っちゃうカバーが多いですな。

12月17日〜12月23日
THE ALFEE NEW ALBU
『三位一体』大特集

さぁ、5年9ヶ月ぶりのニューアルバム!出ましたよォ。
3人のヴォーカルとコーラスがたっぷり聞くことが出来る自信作です。
ぜひぜひ、お友達にも聞いてもらって下さいね。

12月10日〜12月16日
『坂崎音楽堂』クリスマス・スペシャル

恒例のクリスマススペシャル。そんな時期になりましたなぁ。
耳にタコができる位、言ってますが一年が早い早い。
もう年末、そして正月だぁ。
正月が来たら節分で、ひな祭りで、春ツアーで、秋ツアーがあって、またクリスマスかぁ(笑)。
で、また年が明ける、ときたもんだ。

12月3日〜12月9日
『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第112回

10cc、ファーストアルバムよく聞いたなあ。
何だか、このアルバムだけ10ccのイメージと違うって人もいますが、僕にとっての10ccは、やっぱりファーストですねぇ。
ベテランミュージシャンが余裕でやってる感が楽しいですな。

11月26日〜12月2日
ゲスト:やなわらばーのお二人

毎度、毎度、この二人には癒されます。
ホント、イイ歌声とハーモニー。
そして二人がかもし出す空気感が心地良いです。
また石垣島に行ってヤモリとかカエルを捕まえたいですなぁ。
西表も良いなぁ。
南の島ならどこでもイイか(笑)

11月19日〜11月25日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第111回

知らないアーティストが多かったですが、デル・シャノンの曲は好きだったなぁ。
特に「I Go To Pieces」はピーター&ゴードンで良く聞いていたなあ。
クラプトンの「いとしのレイラ」はもう今やロックのスタンダードナンバーですね。
イントロベスト3に入るくらいの超有名リフですな。

11月12日〜11月18日
ゲスト:ムッシュかまやつさん

番組的には6年半ぶりですかぁ。
お会いする機会も多かったので、そんな感じはしなかったです。
しかし、60才の年の差とはすごいユニット!!
ムッシュだからこそ出来たバンドですね。
16才の竜之介くんと29歳のKenKen。
二人ともスゴいミュージシャンです。

11月5日〜11月11日
『坂崎音楽堂』
もしもビートルズが
あの曲をカヴァーしたら…その2

先週に引き続き「ビートルズ風」。
今週は何と、J-POPをあのメンバーがビートルズ風にアレンジして英語で歌っているのです。
聞きなじみのある楽曲が外国人の手によって、こんなアレンジになるなんて、ご本人もビックリでしょうなあ。

10月29日〜11月4日
『坂崎音楽堂』
もしもビートルズが
あの曲をカヴァーしたら…

いやいや、ビートルズものは尽きませんなぁ。
年末・年始じゃないけど、たまにはこんな企画もよろしいんじゃないかと。
しかし、アレンジだけでビートルズ風になってしまう。
それだけ世界中に浸透してるんですな。
僕らも、何曲もそんな感じの曲がありますもんね。

10月22日〜10月28日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第110回

そっかあ、デュアン・エディさんのギターに影響されてるんですね。
60年代のエレキの神様達は。
やっぱり先駆者はエライなあ。
僕はチェット・アトキンスとかジャンゴ・ラインハルトはコピーしようとしたものの聞くだけにしました(笑)。
スゴすぎ。

10月15日〜10月21日
『坂崎音楽堂』
レッド・ツェッペリンのトリビュートバンド
「レッド・ツェッパゲイン」特集

やはり、いるんですなあ。
こういう人達が外国にも。
逆に言えば当然っちゃあ当然か。
日本人がやってる方が珍しいかもね。
ジミー・サクライ氏の完コピギター、高見沢にも教えてあげよ。
「ディア・ビートルズ」も負けないように頑張るよォ。

10月8日〜10月14日
『坂番洋楽テータファイル
(略してSYDF)』第109回

「デ」ばかりでしたね。
「デ」はまだまだ続くかな。
洋楽を食わず嫌いだったというリスナーからのメールもありましたが一緒にお勉強して行きましょう。
曲紹介だけでなく、軽〜い解説もお楽しみ下さい。

10月1日〜10月7日
『坂崎音楽堂』
ハロウィンをテーマにしたコンピレーションアルバムをご紹介

ハロウィンねぇ...
あんまりピンとこないなぁ。
どうも仮装したりとかもよくわからないけど、まあ、みんなでにぎやかに楽しむことも経済効果として良いと思います。
日本人だからハロウィン〜クリスマス〜正月〜節分〜ひなまつり、ってなのは、ありですな。

9月24日〜9月28日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第108回

「テ」の付くアーティスト、続いております。
このあたりの人達の曲は全く聴いていなかったなぁ。
ラジオとかでは、たまーに流れているのを聴いたくらいかな。

さあ、秋ツアーももうすぐ。
楽しみにしていて下さいね。
がんばりますよォ!!

9月17日〜9月21日
『坂崎音楽堂』
ハリウッド・ヴァンパイアーズのデビューアルバムを特集

夢のあるアルバムですねぇ。
アリス・クーパーさんにジョニー・デップが声をかけて実現したのでしょうか。 違っていたらスミマセン。 でもロック好きのジョニー・デップさんが、憧れのアーティストを集めて、こんなステキなアルバムを作ってしまっただけでも、大成功ですねぇ。

9月10日〜9月14日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第107回

デヴィッドさんが今回でやっと終了しましたね。
ビートルズの「ビ」まではまだまだ長い道のりです。 のんびり行きましょうかね。 みんなで一緒に洋楽をお勉強しましょう。

9月3日〜9月7日
『坂崎音楽堂』
コンピレーションアルバム「アルファレコード」

何となくだった「アルファ」が、このアルバムではっきりとした気がします。
村井さんが、この日本の音楽業界に残した足跡は大きいですね。
良いアーティストだらけでCDもぜひ聞いてみてほしい一枚であります。
アルファの回し者ではありませんぞ。
ライブも行きたいなぁ。

8月27日〜8月31日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第106回

今回はデヴィッドさんで攻めてみました(笑)。
デヴィッドさんはミュージシャンでも、かなりいらっしゃいます。
マニアックな人で好きな人はリンドレーさん、グリスマンさん、ブロムバーグさん、他。
さあ次に出てくるデヴィッドさんは誰かなぁ?

8月20日〜8月24日
ゲスト:アコギGROOVEの
石井完治さん

カンちゃんとは久しぶりにお会いできて楽しかったです。
相変わらずのギター漫談な人でしたねぇ。
「ももかん」も「アコギGROOVE」もとてもステキなユニットです。
ぜひライブも見てほしいと思います。
また今度、飛び入りなんかでご一緒しましょう!!

8月13日〜8月17日
『坂崎音楽堂』
オールスター夏の大音楽祭

みんな、よくやりますなあ。
やっぱり向こうのミュージシャン達も先輩にあこがれて志を持ったんだろうなあ。
完コピをする人もいれば自分をしっかりと出してカバーする人もいて、なかなか楽しいシリーズです。
日本人アーティストでもやってみたいです。
まずは拓郎さんだな。

8月6日〜8月10日
『坂崎音楽堂』
アメリカの未発表音源集
「ロスト&ファウンド」特集

ブレない2組ですなぁ。 ギルバート・オサリバンはどうしてもデビュー時のノスタルジックな衣装が思い出されますな。
アメリカは特にブレなくて、ほどんど2000年代の曲も70年代に出ていてもおかしくないような曲で、とても気に入りました。
ダン・ピークさんが脱退し亡くなられたのが残念でなりませんね。

7月30日〜8月3日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第105回

ディーン・マーチンはちょっと古過ぎるし、他の人達はあんまり馴染みがなかったSYDFでした。
勉強になるなぁ、このコーナー。
団しん也さんに久々にお会いしたくなりました。

7月23日〜7月27日
ゲスト:黒沢秀樹さん

L⇔R時代は、しゃべったことなかったけど、伊藤銀次さんとのユニット「アンクル・ジャム」で初めてお会いしましたねぇ。
でも、その時もあんまりしゃべらなかったけど、今回キチンと話せてセッションもできて、改めて黒沢くんの音楽性の広さを感じることができました。
僕らから見ると若いけど、こういう世代の人との交流は楽しいっスね。

7月16日〜7月20日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第104回

T・レックス、改めて聞くとギターもサウンドも軽いんですねぇ。
当時はもっともっとハードだと思ってた。
でもマーク・ボランの存在感はすごかったですね。
高見沢少年が憧れたのもわかる気がします。
(ライブ見るまでは。笑)

7月9日〜7月13日
『坂崎音楽堂』
松本隆作詞活動45周年
トリビュートアルバムをご紹介

あの伝説のバンド「はっぴいえんど」の新曲も入った松本さん45周年のトリビュートアルバム。
あ〜ぁ、つくづく大滝さんがいてくれたらなぁ〜って思ってしまうます。
でもサウンドは正に、あの「はっぴいえんど」で嬉しかったです。
松本さんのドラム、茂さんのギター、細野さんのヴォーカル。
ライブも行きたいなぁ。

7月2日〜7月6日
『坂崎音楽堂』
“My Favorite Things”だけを
18曲集めたCDをご紹介

一曲だけでアルバムって出来ちゃうのですね。
しかも18曲!!
というか、18パターン。
まあ、歌ものやら、色々な楽器アレンジなので1曲とはいえ飽きないで聞けるのです。
「サウンド・オブ・ミュージック」のLP、ウチにあったけど、あれ、誰が買ったのかなあ…。

6月25日〜6月29日
ゲスト:松尾一彦さん

いや〜久々ですなあ。
デビューが同じ1974年の元ジャネットの松尾ぉ〜。 オフコースに入った時はびっくりしたなあ。 でも、こうしてちゃんと話をしたのは始めてなのです。 こうして昔話をしてると色々と思い出しますねぇ。 一度、我々のライブにも是非!! 高見沢も桜井もがんばってるぞ☆

6月18日〜6月22日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第103回

改めてディープ・パープルを、 と言った感じですが、こうして聞いてみると、メンバーが、こんなにも代わってるバンドも珍しいですなぁ。
それもメインのヴォーカリストや ギタリストですから、ウチで言えば高見沢や桜井がメンバーチェンジして他の人が入る、ってな感じですよね。
ありえねえ(笑)。

6月11日〜6月15日
ゲスト:鈴木康博さん

何度となくヤスさんとはご一緒させていただいてますが、いつも優しく接していただいて感謝です☆
今日のセッション曲「Here There and Everywhere」も良かったですねぇ。
オフコース時代のお話しも気軽にして下さって、とても楽しかったです。
ニューアルバム良いですよォ。
是非是非。

6月4日〜6月8日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第102回

個性的な3人でしたね。
ティナ・ターナーさんは10年ほど活動していない時期があったんですね。 マイク&ティナ・ターナーからすぐにソロになったと思ってた。 イギリスのアーティストの仲間が力を合わせてティナのソロをサポートしてたなんて感動的ですね。
ディック・リーさん、何となく覚えていたなあ。

5月28日〜6月1日
『坂崎音楽堂』コンピレーションアルバム
「気になる洋楽TV CM HITS
COLLECTION」特集

意外とCMに使われてる曲って、曲は知っていても「何のCMだったっけ?」てな感じで思い出せないものもあったりしますね。
それにしても、最近のCM曲でも何十年か前の曲が多いですなぁ。
なじんでいる分、その方が良いのかもね。

5月21日〜5月25日
【1000回目の坂番】
〜1000回記念特別企画〜
THE ALFEE3人揃い踏み!

ついに1000回です!!
これも聞いて下さった皆様がいてくれたお陰です。
次は2000回に向けてですか?
こりゃハードルが高いですぞ。
がんばりまぁす。
リスナーのみなさんもこの番組が続く限りお付き合い下さいね。
今後もヨロシクです!!
桜井と高見沢にも感謝です。

5月14日〜5月18日
【999回目の坂番】
〜1000回記念特別企画〜
THE ALFEE3人揃い踏み!

久しぶりに、坂番に3人そろいました!!
相変わらずのおバカな3人ですがクロストークの面白さをお楽しみください。
しかしまぁ、よくもこんなに出たとこ勝負でフリートークができますなあ。
我ながらアルフィーさんは最強です。

5月7日〜5月11日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第101回

「テ」の付くアーティストはまだまだ続きそうだなぁ。
今日も ほとんどマトモに聞いたことはないアーティストでしたがディキシーチックスの女子のギタリストのテクニックがすごかったですね。
フィドルやバンジョーを弾く女子が日本でもいればカッコイイのになあ。

4月30日〜5月4日
ゲスト:いちむじん

6年ほど前に会って以来でしたなぁ。
あの頃は、まだ20代中盤の新人さんでしたが、6年の月日は2人を大人にしました(笑)。
オリジナルを作ったり、海外でライブをしたり。
とても良い成長をしていると思います。
さあ、これからが大ブレイクだぞォ。

4月23日〜4月27日
『坂崎音楽堂』
2015年春・究極の最新カバーソング大会

世界中がカバーブームですね。
まんまカバーする忠実ものか、全くアレンジして聞かせる個性ものか。
どちらが好きですか?
僕は基本的には忠実ものかな。
そういえば下北沢の駅のそばに忠実屋ってあったなあ。
(関係ない)

4月16日〜4月20日
ゲスト:高田漣さん

お父さんが「高田渡」だなんてどんな生活を送ってきたんだろう、なんて想像してしまうんだなあ。
改めて渡さんの素晴らしさや人間性を感じさせてくれた漣くんでした。
5月のライブも楽しみにしております。 
しかし、良いギター弾くなあ、漣くん。

4月9日〜4月13日
ゲスト:ブリーフ&トランクス

ニューアルバム良いですなあ。
ますます伊藤君の天才ぶりが発揮されてます。
サウンドメイキングもかなり好みで、ギターやコーラスが良いです。
テーマや詞が、また面白いですよォ。
細根君のお花屋さんも頑張ってるようです。
細根パートのハーモニーがまたイイ。

4月2日〜4月6日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第100回

ディオンヌ・ワーウィックさんは改めて聞きましたがプロデューサーや作曲者によって歌い方も表現方法も違っていて…
素晴らしいシンガーだと再確認させていただきました。
我ながら勉強になる坂番であります。
ライブCD、良いですよォ。
ヨロシクです!!

3月26日〜3月30日
ゲスト:タブレット純さん

先週はネタをやってもらう時間がなかったので今週はタップリと。
しかし、それよりもあの「青春の記憶」を歌ってくれる人に初めて会った。
こんなにくわしいとはさすがに思わなかったなあ。
ぜひ次はライブでセッションしましょう!!

3月19日〜3月23日
ゲスト:タブレット純さん

会いたかったんだなぁ。
この人。
最近、一番気に入っている芸人(?)さんでしたから。
歌は上手いしマニアックだし楽しみにしておりました。
今回はレコード自慢とラジオをやっていることを忘れたような二人の世界でしたなあ。
また来週。

3月12日〜3月16日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第99回

今回の方々は、さすがにあんまり聞かなかったなぁ。
TLCさんは、そんなに世界でヒットしたのですね。
95年あたりは、あんまり洋楽聞かなかったのかなぁ。
ラブラブ愛してるで、人の曲ばかり演奏していたからかな?
なんちって。

3月5日〜3月9日
ゲスト:青木隆治さん

初めての青木くんでした。
今回はアルバムをひっさげての登場だったのでものまねは、
あんまりやってもらわなかったのですが次回はぜひ!
しかし星空のディスタンスのカバーはとても良いです。
(アレンジは)原曲に忠実で、歌は青木くんになってるし、ハモも上手かったです。
良い良い。

2月26日〜3月2日
ゲスト:ポカスカジャン

またしてもポカスカジャンの登場。
今回もコーラスやらギターやらで、ネタの話よりもマジメに音楽の話をしました。
彼らの音楽に対する真摯な姿勢(ネタに対してもですが、笑)
大好きですよ。

2月19日〜2月23日
ゲスト:FRIED PRIDE

いや〜スゴイわ。
この歌とこのギター。
ホンモノですなあ。
まぁ二人ともキャリアも実力もあるので、そりゃ強力なユニットになります。
ライブもきっとスゴイんでしょうね。
上手くセッションも出来て良かった。ホッ!!

2月12日〜2月16日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第98回

今回の方々は、さすがにあんまり聞かなかったなぁ。
TLCさんは、そんなに世界でヒットしたのですね。
95年あたりは、あんまり洋楽聞かなかったのかなぁ。
ラブラブ愛してるで、人の曲ばかり演奏していたからかな?
なんちって。

2月5日〜2月9日
ゲスト:杉 真理さん

いつも二人で楽しく音楽の話で盛り上がる杉さん。
今回も楽しかったなあ。
ビートルズで、いつもハモってくださって感謝です。
3/8のディアービートルズもまた盛り上がりますよォ。
みなさんのお越しをお待ちしとります。
杉さんとのコラボの「THIS IS POP」も聞いてみて下さいね。

1月29日〜2月2日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第97回

う〜ん、今回は一枚もレコードを聴いたことのないアーティストばかりでした。
何となく聴いたことのある曲はあるのですが・・・。
我ながら勉強になりますなあ、
この番組は。

1月22日〜1月26日
ゲスト:ギタリストの朴葵姫(パク・キュヒ)さん

同じような楽器でも全く違うアプローチや学び方をしてきた人とのお話は面白いですなあ。
クラシックギターの人は特に不思議な気がします。
キュヒちゃんは、なかなかキュートでもあり、テクニックもあり、魅力的な子でした。

1月15日〜1月19日
『坂崎音楽堂』
最新カヴァーアルバム特集

ドゥービーのセルフカバーを聞いて、改めてトム・ジョンストンさんとパット・シモンズさんのギターサウンド時代のドゥービーが好きなんだ、と思ったです。
あのスピード感とハーモニー。
初期のドゥービー、いいなあ。
カバーアルバムも相変わらず
多いけど、みんな色々と考えていますなぁ。

1月8日〜1月12日
『坂崎音楽堂』
ポール・マッカートニーのトリビュートアルバム特集

いや〜さすがポールだわ。
メンバーもすごい人達だね。
でもアレンジを含めてオリジナルに近いのが多いってのは、演奏やアレンジも曲の一部なんだなぁ、と再確認しました。
ポールはやっぱりミュージシャンなんですねぇ。

1月1日〜1月5日
『坂崎音楽堂』
年始恒例の「ビートルズ・スペシャル」

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申しあげます。
今年は1月から桜井の還暦ライブもあるし色々と楽しみです。
坂番もさらに楽しくやって行きたいと思ってます。
よろしゅうに☆

page top