program index 2014
*放送日〜タイトルをクリックしてください。
12/04〜12/08 12/11〜12/15 12/18〜12/22 12/25〜12/29
11/06〜11/10 11/13〜11/17 11/20〜11/24 11/27〜12/01
10/02〜10/06 10/09〜10/13 10/16〜10/20 10/23〜10/27 10/30〜11/03
09/04〜09/08 09/11〜09/15 09/18〜09/22 09/25〜09/29
08/07〜08/11 08/14〜08/18 08/21〜08/25 08/28〜09/01
07/03〜07/07 07/10〜07/14 07/17〜07/21 07/24〜07/28 07/31〜08/04
06/05〜06/09 06/12〜06/16 06/19〜06/23 06/26〜06/30
05/01〜05/05 05/08〜05/12 05/15〜05/19 05/22〜05/26 05/29〜06/02
04/03〜04/07 04/10〜04/14 04/17〜04/21 04/24〜04/28
03/06〜03/10 03/13〜03/17 03/20〜03/24 03/27〜03/31
02/06〜02/10 02/13〜02/17 02/20〜02/24 02/27〜03/03
01/02〜01/06 01/09〜01/13 01/16〜01/20 01/23〜01/27 01/30〜02/03

program contents 2014
12月25日〜12月29日
『坂崎音楽堂』
年末恒例の「ビートルズ・スペシャル」

いやいや香港のWingさん。
すごい破壊力でした!!
あんな感じでアルバムを何枚も出してるなんて世界は広い!!

さて今年一年、ありがとうございました。
来年もまた今年以上にがんばりますのでヨロシクお願い致します。
良いお年を☆

12月18日〜12月22日
『坂崎音楽堂』
クリスマスソング・スペシャル

毎年、この時期だけの企画。
まあ年に一回だけなので、この番組でも、やっときますよォ。
達郎さんのクリスマスイブも色々な人がカバーしていてそれぞれ良い感じですね。
さあ、イブの武道館も近いぞォ。

12月11日〜12月15日
ゲスト: 細坪基佳さん

久しぶりに細坪さんにお会いでき、いつもより洋楽の唄を何曲も歌えて楽しかったです。
やはり同期デビューで、ほぼ同年代。
同じような音楽体験をしてきた人とはあっという間に、色々できちゃいますねぇ。
またどこかで、やりましょうね。

12月4日〜12月8日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第96回

チャック・ベリーは改めて聞くと、誰かがカバーして有名になった曲が多くで、そういった意味ではR&Rの元祖だなって再確認しました。
あの50年代に、こんなR&Rが生まれていたなんて、当時は、みんなビックリしたんだろうなぁ。

11月27日〜12月1日
ゲスト: 「野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ」

何かとアルフィーと縁のあるお二人を迎えましたが、歌謡曲を若い方々がバンドでやる、というのが、なかなか面白いと思います。
野佐さんの歌もイイし、菊池さんのギターも初々しくて良いです。
この先、楽しみなバンドユニットです。
応援しよ。

11月20日〜11月24日
『坂番・秋のメール大作戦』

いつもメールをいただいてもあまり紹介できないので思い切って、やってみました。
でも、こうしてまとめて読むぞォ〜って言うと、みんな気合い入れて送ってきてくれるので、こっちも楽しいです。
またぜひ、やりましょうね。

11月13日〜11月17日
ゲスト:SEX MACHINEGUNS

う〜ん、マシンガンズのNEW ALBUMを聞かせていただきましたが、良いですなぁ。
サウンドは、もちろんヘビメタなのですが、アンちゃんの詞が面白い。
こんな楽しいメタルならステージも楽しいに違いないです。
改めて、応援しますよォ。

11月6日〜11月10日
『坂崎音楽堂』
秋の夜長にお薦め!デュエット特集

日本でデュエットと言うと「銀恋」か「三年目の浮気」ですわな。
アメリカでは60才も違うアーティストがスタンダードナンバーか。
やっぱりポピュラー音楽の歴史が違うのかなぁ。
でもあと10年後が楽しみ。
拓郎さんや小田さんやムッシュ、アルフィー等々(笑)。

10月30日〜11月3日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第95回

そうかぁ、チップマンクスが「ケロケロ声」のオリジナルだったよね。
オール・マイ・ラヴィングは確か小学か中学の時に聞いてインパクトあったなぁ。
チープ・トリックもバラードがNo.1ヒットだったかぁ。
特にアメリカではバラード好きが多いんですかねぇ。

10月23日〜10月27日
『坂崎音楽堂』
「坂崎幸之助のJ-POP SCHOOL 上級編」
大特集

お待たせ致しました!
第3弾です!!
今回もかなりの個人的思い入れの強い選曲でしたが、さて、いかがでしょうか!
日本の音楽の歴史を知る上でも、かなり楽しめると思いますよォ。
僕とかアルフィーのサウンドやコーラスにも、どこか影響を与えてるのが感じられるでしょ。
ぜひポチッ♪を。

10月16日〜10月20日
ゲスト:Sinonさん

キャラと声のギャップが面白かったですが、そんなことより、何と言っても歌がイイ!!
今時の女性ボーカルの中ではとんでもなく低域の声が良いです。
決して押し付けがましくなく、テクニックをひけらかすでもなく、ストレートに胸に来る。
いやー素晴らしいヴォーカリスト登場ですなぁ。

10月9日〜10月13日
『坂崎音楽堂』
コンピレーションアルバム「昭和ドラマ・ヒッツ」特集

星空のディスタンスがドラマの主題歌だったってこと、意外と忘れてますなあ。
特にライブで演奏する時は全く意識したことがないや。
このコンピレーションは昭和ではありますが1980年代ものが多いので、ドラマもあまり見ていないのです。
ドラマ、見ないなあ。

10月2日〜10月6日
ゲスト:爬虫類・両生類専門動物園iZoo
園長の白輪剛史さん

よく知っている白輪さんがゲストでした。
は虫類に関しては当然ですが僕より詳しい園長さんです。
伊豆にある「iZoo」は、一度は行ってみたい動物園なので、その日を楽しみにしてます。
もっともっと番組外でもマニアックな話をしてみたいですねぇ。
勉強になった一日でした。

9月25日〜9月29日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第94回

ダンさんシリーズ(笑)で、なかなか面白かったです。
ダン・フォーゲルバーグさんが亡くなったときはショックだったなぁ。
改めて聞くと、ギターも歌も上手いなあ。
またツアー中にiPodで聞こ。

9月18日〜9月22日
ゲスト: 三浦和人さん

楽しかったですねぇ。
三浦くんもハシャぎすぎたかな?
なんて言ってましたが、なんのなんの。
一緒になって学生気分で演っちまいました。
またどこかで、かぐや姫やりましょう!!

9月11日〜9月15日
坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第93回

ホール&オーツねぇ。
当時そんなには聞かなかったけど、MTVとかで良く流れてました。
S&Gやロギンス&メッシーナはかなり聞きましたが、80年代は自分たちのことで精一杯だったのか、あまり聞く機会はなかったですわ。
マンイーターは大好きだったけど。

9月4日〜9月8日
ゲスト:内田勘太郎さん

さすがカンタロウさんです。
生でセッションさせていただきましたが、ボトルネックのスゴさを実感しました。
ボクの中では、永遠の憧れのブルースギタリスト。
実力、テクニックだけでなくセンスの問題だろうな。
カッコ良すぎです。

8月28日〜9月1日
『坂崎音楽堂』LIVE ALBUMCSNY 1974
大特集

出ましたなあ。
タップリ3枚組なので、かなり聞き応えがあります。
あの頃、これが出ていたらもっともっとラクにコピーできたかなあ。
いやいや、あれはあれで、苦労した分、自分たちのためになったと思ってます。
しかし僕らがデビューした頃にスゴいライブツアーをやっていたのですね。

8月21日〜8月25日
【THE ALFEE Happy Birthday Special】

40年に感謝です。
ホントにみんなには感謝です。
こうして、みんなのメールを見ているとそれぞれのアルフィーがあって、一人一人の顔が浮かんでくるようです。
これから41年目に突入です。
50年に向かって、またスタートします!!
新曲と秋ツアー、よろしく

8月14日〜8月20日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第92回

ジミー・オズモンドが懐かしすぎて笑っちゃいます。
カルピスのCMも思い出したです。
「ホール&オーツ」は正しくは「ダリル・ホール&ジョン・オーツ」と言わなければいけなかったのですね。
知らんかった。
「さくらと一郎」のフルネームは何だったのかなぁ?

8月7日〜8月11日
『坂崎音楽堂』最新カバーソング大特集

またまたカバーです。
洋邦問わず、相変わらずカバーは流行って(?)おりますね。
しかし、ニール・ヤングのNEW ALBUMは、とんでもない音で
笑っちゃいます。
不思議な人ですなあ。
でも、許せちゃうので、人徳かな(笑)。
好きだなあ。

7月31日〜8月4日
『坂崎音楽堂』
コンピレーションアルバム「旅の唄BEST〜
世界編+日本編」特集

世界編は、まあ世界を旅している感じではありましたが日本編は、やや無理があるかなあ。
演歌だったら、ご当地ソングとか港の歌とかありますが、ちょっと違ってきちゃうしね。
星のフラメンコは旅の唄ではないような…(笑)

7月24日〜7月28日
ゲスト:サンタラ

7年ほど会ってなかったんですね。
月日のたつのは早いモノです。
でもサンタラはさらに成長して良いサウンドになってます。
基本はアメリカのサウンドってな所が大好きだなぁ。
セッションもめっちゃ楽しかったです。
またぜひ☆

7月17日〜7月21日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第91回

いよいよ今週末26日、27日は夏イベです!!
何だか今年は春ツアーも各地で大盛り上がりだったし夏イベもスゴイことになりそうな予感です。
ぜひ、ぜひ皆さんでさいたまスーパーアリーナへ☆
待ってますよォ〜〜!!

7月10日〜7月14日
ゲスト:ギタリスト木村大さん

あの高校生だった木村くんも30過ぎたのですねぇ。
当時は若きギタリストということで注目しておりました。
「LOVE LOVE愛してる」で共演もしましたねぇ。
やっぱりクラシックギターをマジメに練習してきた人です。
上手い!!
勉強になりますなぁ。

7月3日〜7月7日
『坂崎音楽堂』
吉本興業100周年記念アルバム「YEAH♪♪」
特集

芸人さん達の歌は、やっぱりその人のキャラが見える曲が好きだなあ。
しかし吉本興業100年ですか。
すごい歴史ですね。
アルフィーはまだまだ40年。
並べるわけではないですが(笑)
先は長いぞォ〜。

6月26日〜6月30日
ゲスト:1966 QUARTET

4人で、“せ〜の”でリクエストに応じてビートルズを引けるなんて、さすがです。
この4人の女子。
アビーロードスタジオでのレコーディングの話しも楽しかったですね。
若いのに、かなり聞き込んでいるので、いつか本当にライブで共演したいですね。
ディア・ビートルズにもいつか!!

6月19日〜6月23日
THE ALFEE NewAlbum
「Alfee Get Requests!2」大特集 その2

拓郎さんのニューアルバムも同じ6月18日発売です。
しかも僕らと同様にセルフカバーです。
特に打ち合わせをした訳ではないのに、そんなに僕らのことが好きなのかなあ、拓郎さん(笑)
セットで買っていただけるとプロモーターの僕としても嬉しいです。

6月12日〜6月16日
THE ALFEE NewAlbum
「Alfee Get Requests!2」大特集 その1

いよいよ18日リリースです☆みんなオリジナルバージョンが好きなのは重々わかってはおります。
わかっているのですが、それでも聴いてみて下さい。
この新しいバージョンはギターの音も、コーラスもかなり良いです。
是非是非!!

6月5日〜6月9日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第90回

今日は色々なジャンルが聞けました。
中でもタイムズの「so much in love」は好きだなあ。
というか、他のアーティストは
あんまり知らない人達でした。(笑)
みんなと一緒に勉強した今週でした。

5月29日〜6月2日
ゲスト:ブリーフ&トランクス

一年ぶりですかあ。
でも、元気そうで何よりです。 新曲イイですなぁ。 ブリトラの世界、好きです。 ライブもあるそうなので、ぜひ見に行ってあげて下さいね。 アルバムもまた楽しみにしてますゾ。

5月22日〜5月26日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第89回

マーク・ノップラーかあ。
最初聞いた時、なんだか古くさいギターだなぁ、なんて思ったものです。
でも逆にそれが新しかったとも言えますが。
ダイアナ・ロスがそんなにNo.1ヒットがあるとは思わなんだ。
改めてアメリカを代表する女性シンガーであると再認識した坂崎さんでした。

5月15日〜5月19日
『坂崎音楽堂』
コンピレーションアルバム「Light Mellow」特集

Light Mellow」かぁ。
あんまり意味は理解してはおりませんが、聞いていて心地よいシティポップスという感じかな。
80年前後は日本のポップスもシャレている曲が多かったんですなあ。
その頃、我がアルフィーは「ラブレター」とか「無言劇」とか。
う〜ん、シティポップスではないかな。

5月8日〜5月12日>
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第88回

ゾンビーズが良いですなぁ。
グループ名が「ゾンビ」からきたとは知らなかったけど(笑)。
「好きさ好きさ好きさ」はカーナビーツで聞きすぎていて、逆にオリジナルの方が違和感あって、オモろいです。
次からは「タ」ですね。
やっと「タ」行かあ…。

5月1日〜5月5日
ゲスト:井乃頭蓄音団

今回のイノチクのアルバムは良いですよォ。
おすすめです。
サウンドはアメリカンロックで詞がシニカルで、まさに僕好みのバンドです。
ライブもめっちゃ盛り上がることでし ょう。
応援しますよォ〜。

4月24日〜4月28日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第87回

西暦2525年、好きだったなあ。
当時アルバム買っちゃったし。
よく刀根君とハモってた想い出あります。
セルメンは、あの当時の洋楽の香りがします。
よくラジオから流れていたなぁ。
セックスピストルズはあまり聞かなかったわ。
ガチャガチャしていたからかな(笑)

4月17日〜4月21日
『坂崎音楽堂』最新カヴァーソング大特集

あちらの方でもカバーが流行っているのでしょうかね。
やはり70年代あたりの曲が懐かしかったり、名曲だったり「あの頃の曲は、やっぱり良いねぇ〜」とか「最近の曲は、あんまり覚えられないなぁ」
なんてオッサン、オバサン達がグチってるのでしょうか。
確かに名曲は、あの頃は多かった気がします。

4月10日〜4月14日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第86回

スリーディグリーズが日本を中心にヒットしていたなんて初めて知りました。
名曲も多いですよね。
スリードッグナイトは、3人で武道館のライヴを見て、さらに好きになったグループです。
よくコピーもしてたなあ。
またライヴ、やってくれないかねぇ。

4月3日〜4月7日
ゲスト:ポカスカジャン

楽しいなあ。
大好きです。ポカスカジャン。
彼らには、この先、何年も何年も頑張ってほしいです。
「酒のチカラ」は高見沢が作ったアルフィーサウンドで、僕らが歌っても良さそうな曲です。
またアルフィーネタを作って笑かして下さい。
ライブも見たいなあ。

3月27日〜3月31日
『坂崎音楽堂』
ポール・マッカートニーの長男ジェイムズ・マッカートニーの
新譜をご紹介

親の七光りと言っても親がビートルズってどうなの?
あまりにもハードルが高すぎてある意味、かわいそうですよねぇ。
どうしても比べられちゃうし。
でもジェイムズ君はアコースティックなサウンドでなかなか良い感じです。
ポールの柔らかい部分を受け継いでるようです。
良いねぇ。

3月20日〜3月24日
ゲスト:小原 礼さん

ザ・ルネッサンスという大人のユニット。
屋敷豪太氏との、なんとヴォーカルグループなのだ。
本職はベーシストとドラマーの2人なのに達者ですなぁ。
歌も上手いし、曲も良いです。
小原さん達の世代のミュージシャンってスゴすぎ。
また、どこかで御一緒したいですね。

3月13日〜3月17日
『坂崎音楽堂』
デヴィド・クロスビー20年ぶりのNewAlbum特集

20年ぶりですか。
まぁ、クロスビーのソロアルバムは以前より眠くなってしまう感じなのですが、今回のアルバムは、ちょっとポップになったかな。
でもその眠たくなってしまう感がデヴィッド・クロスビーなのです。
どうしてもG.ナッシュの声が聞きたくなってしまいますなぁ。
帰ったら、クロスビー&ナッシュを聞こうっと!(笑)

3月6日〜3月10日
ゲスト:chayさん

“まいまい”さんで知っている人も多いと思いますが、今年のDear BEATLESに来てくれるchayちゃんでした。
こんなにギターがしっかりしているのは思わなかったなあ。
ひとつの目標に向かって練習することの大切さを知っている子ですなぁ。
なかなか好感が持てます。
今後、応援して行きますよォ。
しゃべりもちゃんとしているので、ラジオとか、やれば良いのにね。

2月27日〜3月3日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第85回

今日はBLACK系の方々が多かったですなぁ。
アルバムとか、あまり買ってなかったから、勉強になりました。 やっぱり、自分の苦手というか、スッポリ抜けていた部分があるので、この番組でみんなと一緒に学んでおります。

2月20日〜2月24日
『坂崎音楽堂』
エリック・クラプトンによるチャリティイベントの
LIVE ALBUMを特集

クラプトンと言えば、クリスティーズのオークションで、この「クロスロード・センター」に寄付するためにギターをたくさん売りに出したのがインパクトあったなあ。
一台、落札したかったけど、みんな、とんでもない値段だったですわ...
高見沢も半分くらい売っちゃいなさいよ(笑)
断捨離、断捨離!!

2月13日〜2月17日
ゲスト:ダイスケさん

若いのにギターも大好きで先々が楽しみなアーティストですぞ。
唄もなかなか良い。
当然ですが。
僕がギターや洋楽の話をすると目がキラキラしていて好感持てますなあ。
また、どこかでご一緒しましょう。

2月6日〜2月10日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第84回

しかしまぁ、色々なエディションが出てくるものですなあ。
でもフォークルに関しては、もうないでしょう。さすがに(笑)。
今回のこのアルバムのオマケが何といってもスゴイのです。
あと67年のビデオ映像なんてかなりレアですね。
さすがフォークル☆

1月30日〜2月3日
大瀧詠一さん追悼特別企画

かけたい曲や話したい想い出話が多すぎて一回じゃ足りませんなあ。
また機会があれば大瀧モノ、やりましょう。 しかし、本当に残念でなりません。 大瀧さんの残してくれた歌や音源、これからも、みんなを楽しませてくれることでしょう。
改めて、合掌。

1月23日〜1月27日
『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第83回

スティングがシングル盤でNo.1をそんなに獲得していないのが意外でした。
アルバムアーティストなんですね。
ステッペンウルフの「ワイルドで行こう」は高校の頃、 みんなで歌ったなツッパリ仲間がバンド組んでいて、お手伝いしたのを想い出すなぁ。

1月16日〜1月20日
『坂崎音楽堂』
「エキスプレス・レーベル45周年アニバーサリー・
ベリー・ベスト・アルバム」大特集

東芝エキスプレスレーベルですが、何と言っても日本一のアーティスト数を誇るレーベルだったと思います。
フォーク、ロックからニューミュージックまでたくさんいたなあ。
よく聴いたなあ。
74年デビュー組も印象的で、想い出しますねぇ。
だまだ貴重な音源があることでしょう。
出しましょう、出しましょう。

1月09日〜1月13日
『坂崎音楽堂』
3週連続企画の最後!「ビートルズ・スペシャル」

ビートルズもの第3弾でした。
日本のアーティストによるカバーでしたが、選曲にそれぞれの個性が表われていて、 なかなか楽しいですな。
尽きることの無いビートルズもの。
助かります!!

1月2日〜1月6日
『坂崎音楽堂』
年末年始恒例「ビートルズ・スペシャル」その2

2014年、明けました。
今年も坂番、アルフィー、坂崎、よろしくお願い致します。
今年は年男でもあるし、デビュー40周年ということもあるし特別な年になると思います。
でもツアー等は、いつも通りやりますよォ。
何卒よろしくです!!

page top