program index 2006
*放送日〜タイトルをクリックしてください。
12/07〜12/12 12/14〜12/19 12/21〜12/26 12/28〜01/02
11/02〜11/07 11/09〜11/14 11/16〜11/21 11/23〜11/28 11/30〜12/05
10/05〜10/10 10/12〜10/17 10/19〜10/24 10/26〜10/31
09/07〜09/12 09/14〜09/19 09/21〜09/26 09/28〜10/03
08/03〜08/08 08/10〜08/15 08/17〜08/22 08/24〜08/29 08/31〜09/05
07/06〜07/11 07/13〜07/18 07/20〜07/25 07/27〜08/01
06/01〜06/06 06/08〜06/13 06/15〜06/20 06/22〜06/27 06/29〜07/04
05/04〜05/09 05/11〜05/16 05/18〜05/23 05/25〜05/30
04/06〜04/11 04/13〜04/18 04/20〜04/25 04/27〜05/02
03/02〜03/09 03/09〜03/16 03/16〜03/23 03/23〜03/30 03/30〜04/06
02/02〜02/09 02/09〜02/16 02/16〜02/23 02/23〜03/02
12/29〜01/05 01/05〜01/12 01/12〜01/19 01/19〜01/26 01/26〜02/02

program contents 2006
12月28日〜1月2日
『坂崎音楽堂』
ビートルズをおフランスでやるざんす!

フランス人も、あの頃、ビートルズを認めていたんだなぁと実感しますねぇ。
日本人がカバーする選曲とは違って結構マニアックな曲もありの、演奏もなかなか面白いので、かなり良かった。
フランス語ってのもオモロイ。

12月22日〜12月29日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第39回

とうとう「ハ行」まで来ましたねぇ。
完走したら今度はABC順にやりますか?イロハ順かな?
そりゃまた一緒だろってか(笑)
後半戦に突入ですな。
楽しみ楽しみ。

12月14日〜12月19日
ゲスト:JYONGRI(ジョンリ)さん

いやいや、今どきの子とは言え、スゴいわ。
歌も、音楽的な知識も、考え方も、めちゃくちゃ前向き。
将来が超楽しみであります。
来年は「ジョンリ」ちゃんの年になりそうな気が・・・。

12月7日〜12月12日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第38回

中島さん、長渕はポプコンコンビでしたねぇ。
やっぱり名曲、多いですね。
なぎらさんは、これだけラジオでたっぷりかかることは、あまりないのでは?
さすが坂番!!
ライブでのトークは、そこいらのお笑いさんよりオモロイ!!

11月30日〜12月5日
『坂崎音楽堂』ロッド・スチュワートの
最新アルバムを特集!

さすがにロッドだなぁ。
ロックの名曲アルバムとはいえ選曲も良い。
ハスキーな声ってあこがれますなぁ。
酒、タバコで声をつぶしたくなる気持ちって、わからないでもない。が、もう手遅れだい。

11月23日〜11月28日
『坂崎音楽堂』ハードロック/ヘビメタ界
のミュージシャンによるビートルズの
トリビュート・アルバムを特集!

すごいな こりゃ。さすがビートルズの曲だね。
どんなにハードにしても、原曲の良さをそこなわない。
でも、これだけのメンバーを集めるのは大変だっただろうなぁ。
それだけでも ご立派!!

11月16日〜11月21日
祝!THE ALFEE
New Albumリリース!

とうとう、いや、やっとリリースです。
お待たせ致しました。大自信作です。
これぞ アルフィー!!
今や、伝統芸!!友達にも聞かせてみてね。
たのむぞォ!!

11月9日〜11月14日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第37回

今日は皆様ステキなオジサマ達でしたねぇ。
チャボさんは永遠のギター少年。
イサトさんは職人芸。
五郎さんはやさしい声のカゲキなオジサマ。
3人共、現役でバリバリです!!スゴイ!!

11月2日〜11月7日
『坂崎音楽堂』ショーン・レノンの
ニューアルバムを特集!

いつまでたってもお父さんと比較されて、お父さんの話題が先行して・・・
あまりに偉大な親父を持つと大変だろうな。
でも、しっかりとショーンの世界が表現された良いアルバムです。
映像も見てみよう。。。

10月26日〜10月31日
ゲスト:最強のドラマー
村上“ポンタ”秀一さん

いや〜、すごいわ、ポンタさん。
改めて職人技(芸?)を聞かせていただきましたが、これほどの数のレコーディングに参加しているとは!!
10000枚以上ですヨ!!
一体、何曲になるのでしょう。
ビックリです。

10月19日〜10月24日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第36弾

トワ・エ・モアのようなグループが、今あっても良いんじゃないかな。名曲も多いね。
ナイアガラ・トライアングル。とにかくミュージシャンも、とんでもないラインナップで、さすが大滝さん。
3人ずつの個性も、今 聞き直すと、この頃から変わっていないのだ。

10月12日〜10月17日
『坂崎音楽堂』17年ぶりに
リリースされるサディスティック・
ミカ・バンドのアルバムを特集

これぞ、大人のロックだ!!
やっぱり一流がそろうとスゲエわ。
木村カエラちゃんのヴォーカルも、今までのミカバンドで一番良い。
絶対おすすめです!!

10月5日〜10月10日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第35弾

前半の友・友コンビがあまりにもショッキング。
そして後半のポップスさ。
この番組の幅広さを感じざるをえませんですな。
しかし友川さん、友部さん、すごいわ。

9月28日〜10月3日
『坂崎音楽堂』「ナウなヤングだ!
エレキ歌謡でゴーゴ−ゴー」を特集

いやいやスゲ〜なあ。
何とも言えぬ楽しさ。
当時の歌謡曲のB級さがたまりませんね。
GSの方がまだ音楽的だし、洋楽との差もすごいし。
何とも安っぽいところが、平和で良いなあ。

9月21日〜9月26日
スペシャルゲスト!所ジョージさん

改めてNEW ALBUM"安全第二"を紹介しました。
所本人にも色んな話をしてもらい楽しかったですねぇ。
とにかくミュージシャン"所"の良さがたっぷりのアルバム、聞いてみてネ。

9月14日〜9月19日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第34回

突然のSADFスペシャルでした。
久々に所の熱いトーク、良かったなぁ。
お台場フォーク村でのライブも楽しかったし、また何か一緒にできるとよろしいかと思います。
来週も所だ!!

9月7日〜9月12日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第33回

ディランUかぁ。
西岡さん残念だったな。もっとお話ししたかったとつくづく思います。 寺尾さんのサベージは好きだったなぁ。 もちろんテンプターズは大好きでした。名曲多いね。個性的なメンバーだったし。

8月31日〜9月5日
『坂崎音楽堂』オトナのモテコンピ特集

35才以上かぁ・・・
別に20才以下が聞いてもOKですよ。
80年代が中心だったけど70年代モノ中心の「R45」があってもいいかも。
うちらは「R55」に近いかな。

8月24日〜8月29日
『坂崎音楽堂』
〜こんな企画アルバムがあったんです〜

大丈夫でしたか?寝ていませんか?
番組で子守唄シリーズってどうかと思いましたが、なかなかですね。
さすがリンダですわ。
今度はド派手なシリーズで行ってみましょうか。

8月17日〜8月22日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第32回

改めてチューリップをたっぷり聞いてみましたが、まだまだ聞き足らん。
家に帰って、もう一度CD聞くかな。
シングル以外にも良い曲たくさんありますねぇ。

8月10日〜8月15日
『坂崎音楽堂』所ジョージさんの
最新アルバム『安全第二』大特集!

久々の所の歌。うれしいですねぇ。
面白い歌も好きですが、所のマジメな青春フォークが大好きな坂崎としては、このアルバムはなかなか良いです。
お台場フォーク村も楽しみだなぁ。

8月3日〜8月8日
『坂崎音楽堂』音頭モノのベストアルバム
「日本の夏」特集!

いや〜日本の音!!日本の夏!!日本の文化!!
やっぱり盆踊りだねぇ。
ここんところ全く行ってないけど、夏祭りや盆踊り、なつかしいなぁ。
だからと言って、この音頭はないダロ!!ってなのもありましたネ。

7月27日〜8月1日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第31回

今週のアーティストは、皆さんデビュー時からブレイク。そして、やや悩みの時期がありぃの、その後もっとブレイクと。
皆さん“力”がありますね。
なかなか良いラインナップでしたわ☆

7月20日〜7月25日
ゲスト:ビジュアル系美中年ギターデュオ
“ももかん”

やっと二人そろって来てくれましたねぇ。
オジさんパワーさくれつ!!
でも、ちょっとHなギターはさすが!!
夏のギターサウンドは良いですねぇ。

7月13日〜7月18日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第30回

高石さんはけっこう過激だったのです。アングラフォークの先駆者なのです。
渡さんは、いつ聞いても同じ感動です。居なくなったことが、今だに信じられないですね。
ひょっこりと現れて、いつものように、ひょうひょうと唄ってくれそうな気がします。

7月6日〜7月11日
『坂崎音楽堂』
「GARO BOX」大特集!

いや〜、出ましたねぇ。とうとう。
この時を待ってた人も多いのでは?
オリジナル8枚とレア音源、レア映像ですゾ。
あのガロの動く姿。そしてライブ音源。ぜひ聞いてみて欲しいなぁ。
30年前のグループだぞ。こりゃすごい。

6月29日〜7月4日
『坂崎音楽堂』
ロックの名曲をレゲエでカバー!!

夏といえばレゲエか?Easyだなぁ。
でも、冬には合わないし、このユルイ感じが夏なんです。
アルフィーでやってないジャンルはレゲエとラップとハワイアン位かな。
今度やってみっか・・・・

6月22日〜6月27日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第29回

タイガースは良い曲が多かったと改めて思いました。
すぎやまこういちさん、スゴイですねぇ。
カメラのコレクターとしても世界的に有名なのです。
ライカなどは集めておらず、シブイ(誰も気にもしないような)のを集めてるのです。
才能のある人は違いますネ。

6月15日〜6月20日
『坂崎音楽堂』
ポール・サイモン・スペシャル!

久々のポール・サイモンのオリジナルアルバムですねぇ。
ブライアン・イーノのサウンドが、かなり「サプライズ」だったのですが、やはり、年相応のポール・サイモンの詩の世界やギターが聞けたので嬉しかったです。
今度はもっとシンプルなギターサウンドが聞きたいゾ!!

6月8日〜6月13日
ゲスト:kayokoさん

久々のかよこでした。
今回はニューヨーカーのJaymayちゃんとの仲良しアルバムで、なかなか良いです。
ライブではデュエットもするらしいので、まだまだ、この二人の先々が楽しみです。
がんばれ〜〜。

6月1日〜6月6日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第28回

これまた個性的な3グループでした。
根本要とは、またどこかでセッションしよう!!
草野君はゆっくり話してみたいですな。
スパイダースは別格!!すごすぎです。

5月25日〜5月30日
『坂崎音楽堂スペシャル』
筒美京平の世界 その2

こりゃまたレアな音源で、改めて筒美さんの幅の広さを感じさせられました。
怪物くんからズーニーブーまでかぁ。
危険なリンゴも、初恋のメロディーも、やっぱり良いですね。

5月18日〜5月23日
『坂崎音楽堂スペシャル』
筒美京平の世界 その1

もう、何も言うことはありませんし、僕が何だかんだ言ったところで、どーにもなりません。
この方は、もうスゴすぎです。
あの曲、この曲、あんな曲。京平さんだらけですね。
違いなく日本一のコンポーザーでしょう。尊敬!!

5月11日〜5月16日>
『坂崎音楽堂』「笑ケース」特集パート4

やっと完結いたしました。(笑)
「笑ケース」うまくできた曲や、ハズしてしまった曲やら、理解に苦しむ曲など、バラエティーに富んでいてオモしろかったですね。
これはコミックソングじゃあねえだろ!ってのもあったなぁ。

5月4日〜5月9日
『坂崎音楽堂』「笑ケース」特集パート3

今回もCD一枚だけでした (笑)面白いなぁ。
でも毎日は聞かない方がいいかも。
所とまた何かやってみたくなりました。
夏あたり、どうかな?

4月27日〜5月2日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第27回

鈴木さん、鈴木さん。
音楽業界でも、やっぱり多いですねぇ。
でも不思議と、名字だけのイメージはあまりなくてフルネームの印象が強いんですね。
あっ、この人も鈴木さんかぁって感じでした。
茂さんもヤスさんも、やはり素晴らしい。

4月20日〜4月25日
ゲスト:うたまろ

いいよ いいよ。これからも応援して行きますんで、ぜひブレイクを!!
しかし、若いよねぇ。我々のデビューと同年代と思うと不思議な気持ちです。
がんばれ!!

4月13日〜4月18日
坂番まる10年スペシャルパート2

番組を10年続けることも、それはそれで大変だと思いますが、それもこれもリスナーの皆さんやスタッフがいるからこそ、できることなのです。
これからの10年に向けてもっともっと精進だ!!
よろしくお願い致します。

4月6日〜4月11日
坂番まる10年スペシャルパート1

あっと言う間の10年。
でもたっぷりやった10年。
ゲストのリストを見るだけでも、大した番組だと改めて思います。
でもアルフィー3人が全く変わってないのも再発見!!

3月30日〜4月06日
ゲスト:植村花菜さん

シングルもアルバムも良いですよ。
デビュー1年の彼女ですが、これからが楽しみですなぁ。
マイ・トゥルースも唄ってくれてありがとう!!

3月23日〜3月30日
『坂崎音楽堂』「笑ケース」特集パート2

いやいや楽しいですね。
笑いにも、大笑いや、ニヤニヤ笑いやふくみ笑い、色々ですが、このCDはそのすべてに当てはまるです。
健康にも良いでっせぇ。免疫力アップ!!

3月16日〜3月23日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第26回

二郎さんの曲をたくさん聞いてみました(笑)。
シューベルツ時代も名曲が多いですね。
杉さん、鈴木さんも改めて良いと感じました。

3月9日〜3月16日
ゲスト:RIDE on BABY

良いですねぇ。
久々に骨のある新人登場。
人の音楽をたくさん聞いて、それがオリジナルに反映されているバンドって少ないからねぇ。
そういうい意味では、将来が楽しみです。
このアルバムも良い◎

3月2日〜3月9日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第25回

またまたシュガーベイブの「SONGS」が出ましたねぇ。
今度はボーナストラックがすごい!!
音もさらに良くなってるようですね。
75年の演奏と思うと、やはりシュガーベイブは、ヌケてますわ。
ライブも見たかったなあ。

2月23日〜3月2日
『坂崎音楽堂』「笑ケース」特集パート1

出た出た〜!!(実は出ていた)6枚組だって。聞きごたえがありますねぇ。
60年代の歌は特に面白いものが多そう。また、第2弾、第3弾をお楽しみに!!

2月16日〜2月23日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第24回

「歌舞伎町の女王」は改めて良い曲ですねぇ。
ジャガーズとジャックスの対比も面白かった。ジャックスのあの暗さはなかなか真似できないぞォ。
早川義夫さん おそるべし!

2月9日〜2月16日
『坂崎音楽堂』いま甦るコミック・ソング
の元祖バートン・クレーン特集!

いや〜びっくり。昭和6年(1931年)にこんなレコードが出ていたとは。
しかも歌の内容は現代にも通用する、酒と女と金ばかり。
いいねぇ、いいねぇ。日本の歴史は、まだまだ深いぞ。

2月2日〜2月9日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第23回

そういや佐野元春は沢田さんにも曲を提供したりしてたんですね。
サムエルも まだまだがんばってほしいグループです。
ポップな歌でヒット曲出してもらいたいなぁ。

1月26日〜2月02日
『坂崎音楽堂』
エキゾチック・ビートルズその3

またまた出ました!!
一体どんな人達が歌ってるんでしょう?ってな感じですね。
動物モノが相変わらずオモロイ。
英語以外の歌ものもスゴイなぁ〜。

1月19日〜1月26日
『坂崎音楽堂』〜復活!
エレックレコード・スペシャル〜

まちにまったエレックの大量復刻です。
こうして改めて聞いてみると、まあ、面白いレコード会社でしたね。やはり、拓郎さん、泉谷さん、古井戸 等のフォーク系は良いです。じゃ他は?ってか。
みなさんの判断におまかせします(笑)

1月12日〜1月19日
『坂番アーティストデータファイル
(略してSADF)』第22回

この番組ならではですね。
さださんからミカバンドですから。哲夫さんも良い曲、良い声。「さんま焼けたか」は業界内でも人気のある歌ですねぇ。
ちなみに、さださんの曲は、昔高見沢の部屋でよく聴きました。

1月5日〜1月12日
坂番 the 総集編 パートU

先週の続きですがオモロイ、オモロイ。
それにしても、一番がんばったのは渡辺ディレクター。
誰かダンナを見つけて!!合言葉は、まずは友達から!!

12月29日〜1月5日
坂番 the 総集編 パートT

年末・年始の総集編。とうとうこの番組でもやってみました。
が!!!これが なかなか。良いですねぇ。
続けて聞いてみると、ジャンルを超えた、すんばらしい番組だ!!
自我自賛。

page top