PROGRAM  No.2017-042  10/19〜10/23  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第149回
<< top

今回は「ヒ」で始まるアーティストの4回目。ラインナップは・・・

『ビースティ・ボーイズ(Beastie Boys)』
★ニューヨーク・ブルックリンで結成されたハードコア・パンクバンドだった男性3人組の【ザ・ヤング&ザ・ユースレス】が、 当時流行し始めたラップ/ヒップホップとパンクロックを融合させたバンドに変身。
1981年にバンド名を【ビースティ・ボーイズ】と改名。
1984年、最先端のラップ/ヒップホップ・レーベル『デフ・ジャム』と契約。
そして1986年に発表したデビューアルバム『ライセンス・トゥ・イル』は、パンクとヒップホップという斬新なアイデアが功を奏し、見事全米アルバムチャート1位を獲得。
売上もアメリカだけで1000万枚以上という驚異的なセールスを記録。
“ヒップホップ・アルバムとしては初めて全米1位となった作品”となっています。
 ♪ファイト・フォー・ユア・ライト(Fight For Your Right)
  *大ヒットアルバム『ライセンス・トゥ・イル』からの1stシングル
  *1987年に全米シングルチャートでは7位まで上昇。

『ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel)』
★1950年2月13日、イギリス・サリー州ウォーキング生まれ(67歳)。
1967年、パブリックスクールの仲間だった「マイク・ラザフォード」や「トニー・バンクス」などと共にプログレッシブ・ロック・バンド【ジェネシス】を結成。
(フィル・コリンズは1971年の3rdアルバムから参加)
【ジェネシス】のリードボーカリストとして、派手なメイク、奇抜なファッション、演劇的な要素を取り入れたライヴパフォーマンスで注目を浴びたピーター・ガブリエルですが、 1975年、4枚目のアルバムを最後に【ジェネシス】を脱退し音楽活動も休止。
そして、1977年ソロ活動をスタート。
フィル・コリンズがリーダーとなって、次第にポップになる【ジェネシス】とは対照的に、 よりプログレッシブに、最新のシンセサイザーをベースに民俗音楽を独自の解釈で取り入れたソロアルバムを1977年から1982年までの間に4枚発表。
 ♪ショック・ザ・モンキー(Shock The Monkey)
  *アルバム『ピーターガブリエル IV(Security)』からのシングル。
  *リリースされた翌1983年・全米29位まで上昇、
   ソロとして最初のヒットシングルとなりました。
★アルバム『ピーターガブリエル IV(Security)』発表から4年後の1986年、これまでとは違うポップな楽曲揃いのアルバム『So』を発表。
 ♪スレッジハンマー(Sledgehammer)
  *アルバム『So』からのシングル曲。
  *ユニークなプロモーション・ビデオも話題になり、かつて在籍していた
   ジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を蹴落として1986年・全米1位を獲得。
  *アルバム『So』は、本国イギリスのアルバムチャート1位、全米でも2位を記録。
 ♪ドント・ギヴ・アップ(Don't Give Up) with ケイト・ブッシュ
  *こちらもアルバム『So』からのシングル曲。
  *1987年・全米72位。全英では9位まで上昇。
  *ちなみに…のちに、ピーター・ガブリエルはインタビューで
   「最初この曲はドリー・パートンにデュエットを依頼したが断られケイト・ブッシュになった。
   まあ、今ではその方が良かったかなと思ってる」と語っているそうです。

『ピーター・セテラ(Peter Cetera)』
★1944年9月13日、アメリカ・イリノイ州シカゴ出身(73歳)。ご存じ【シカゴ】のベース&ボーカリスト。
1967年【シカゴ】の前身のバンド【ザ・ビッグ・シング】に加入。
1969年バンド名を【シカゴ】としてデビュー。次々にアルバム・シングルと大ヒットを連発。
特に「素直になれなくて」の大ヒットで、「ブラスロックのシカゴ」から「バラードのシカゴ」へと大変身。
グループとして、一時期 低迷したものの大復活。
1985年「バラードのシカゴ」を牽引していた「ピーター・セテラ」は脱退、ソロアーティストとして独立を表明。
翌1986年アルバム『ソリテュード〜ソリティア(Solitude/Solitaire)』発表。
 ♪グローリー・オブ・ラヴ(Glory Of Love)
  *1986年・全米1位を獲得。
  *映画『ベスト・キッド2(The Karate Kid part 2)』の主題歌。
 ♪ネクスト・タイム(The Next Time I Fall) with エイミー・グラント
  *同じくアルバム『ソリテュード〜ソリティア』からのシングル曲。
  *1986年・全米1位を獲得。
★映画『ベスト・キッド2(The Karate Kid part 2)』の主題歌が大ヒットしたことでピーター・セテラの元には次々と映画界からの依頼があったそうです。
そんな中から1987年、日本からも依頼が舞い込み、主題歌を担当しています。
 ♪ステイ・ウィズ・ミー(Stay With Me)
  *映画『竹取物語』の主題歌。
  *曲を作ったのはボビー・コールドウェル。