PROGRAM  No.2017-037  09/14〜09/18  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第147回
<< top

「ヒ」で始まるアーティスト2回目となる今回は“ビー・ジーズ”!
とにかくヒット曲が多いので前編・後編と2週続けての大特集です。


『ビージーズ(Bee Gees)』
★英国王室領“マン島”生まれのギブ三兄弟(長男バリーとロビンとモーリスの二卵性双生児)によるグループ。
1958年、父親の仕事の都合でオーストラリア・ブリスベンに移住。
幼い頃から教会の合唱団に所属し、音楽のキャリアをスタート。
1963年、地元のレコード会社からデビューするや否やオーストラリアでは大人気に。
それを知った、ビートルズを発掘したブライアン・エプスタインは、自分の会社の新入社員、ロバート・スティッグウッドを現地オーストラリアに向かわせ、 ワールドデビューの契約を取り付けています。
そして1967年、ギブ三兄弟に、ドラマーとギタリストを加え5人組のグループとしてワールドデビュー。
 ♪ニューヨーク炭鉱の悲劇(New York Mining Disaster 1941)
  *記念すべきメジャーデビュー曲
  *1967年・全米14位を記録。
 ♪マサチューセッツ(Massachusetts)
  *1967年・全米11位、全英初の1位
★この後「ワールド」「ワーズ」「獄中の手紙(I've Gotta Get A Message To You)」等次々にシングルがヒット。
 ♪ジョーク(I Started A Joke)
  *1969年・全米6位。
 ♪若葉のころ(First Of May)
  *1969年・全米37位。
★「若葉のころ」から2年後の1971年、「若葉のころ」も使われた映画『小さな恋のメロディ(Melody)』が公開。
イギリスやアメリカではヒットしなかったものの、日本では爆発的な大ヒットを記録しサントラ盤も大ヒット。
そのサントラ盤に収められたビージーズの曲も日本独自にシングルカットされ大ヒットします。
 ♪メロディ・フェア(Melody Fair)
  *映画の主題歌
  *1971年・日本のシングルチャートで3位を記録(日本でのみのシングルカット)
 ♪イン・ザ・モーニング(In The Morning)
  *映画のオープニングを飾った曲。
  *1971年・日本のチャートで36位(日本でのみのシングルカット)
  *元々、1965年 "Morning Of My Life" というタイトルで録音された曲。
   映画のサントラのため1970年に新たにレコーディング。タイトルも「イン・ザ・モーニング」に変更。
★「若葉のころ」のリリース後、実はギブ三兄弟以外のメンバーが脱退(解雇)、さらにロビン・ギブのソロシンガーへの独立し、 バリーとモーリスの2人になったり…とグループ存続の危機を迎えていました。
しかし、ロビンのソロも上手く行かず、1970年、改めて兄弟3人での再スタート!
その最初のシングルが全米ナンバーワンを記録し、華々しい再出発を飾りました。
 ♪傷心の日々(How Can You Mend A Broken Heart)
  *1971年・初の全米1位を記録。
★この後の「ビー・ジーズ」快進撃は来週に続きます。