PROGRAM  No.2017-036  09/07〜09/11  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第146回
<< top

今回は「ハ」で始まるアーティスト14回目、そして「ヒ」で始まるアーティストに突入です。
ラインナップは・・・

『ハンク・ウィリアムズ(Hank Williams)』
★カントリー音楽史上最も重要なアーティストの一人と言われているハンク・ウィリアムズ。
1923年9月17日、アメリカ・アラバマ生まれ。1953年1月1日に29歳という若さで亡くなっています。
短い活動期間でしたがヒット曲はたくさんあり、カントリーチャートでは11曲も1位を獲得、40曲近いトップテンヒットを放っています。
 ♪ジャンバラヤ(Jambalaya)
  *1952年・全米20位(カントリーチャートでは1位)
  *カーペンターズのカヴァーでもおなじみの曲

『ハンソン(Hanson)』
★1992年、オクラホマ州で「アイザック」「テイラー」「ザック」というハンソン3兄弟が結成した“ティーン・ポップロック・トリオ”。
結成当時の年齢は長男アイザックが12歳、テイラー9歳、ザック7歳。
結成から5年後の1997年にメジャーデビュー。
第1弾シングルはアメリカをはじめ世界27ヶ国でナンバーワンを獲得!
 ♪キラメキ☆MMMBop
  *この時、アイザック 17歳、テイラー 14歳、ザック 12歳でした。

『PMドーン(PM DAWN)』
★1988年、ニュージャージーで「アトレル」と「ジャレット」のコーズ兄弟が結成した“ダンスラップ・デュオ”。
インディーズでの活動を経て1991年にアルバム『トゥルー』を発表。
(アルバムタイトルの原題は“Of the Heart,of the Soul and of the Cross:The Utopian Experience”) このアルバムから【スパンダー・バレエ】の大ヒット「トゥルー」をサンプリングしたシングルが大ヒット!
 ♪トゥルー(Set Adrift On Memory Bliss)
  *1991年・全米1位を記録。
  *Set Adrift On Memory Blissの意味は「至福の思い出にさまよい続ける」

『B・J・トーマス(B.J.Thomas)』
★1942年8月7日、オクラホマ州ヒューゴ出身のポップカントリーシンガー。本名「ビリー・ジョー・トーマス」。
10代の頃は聖歌隊に参加。その後【ザ・トライアンフス】というグループに加入。
1966年に【B・J・トーマスとザ・トライアンフス】として、カントリー界のレジェンド「ハンク・ウィリアムズ」の名曲の1つ「泣きたいほどの淋しさだ (I'm So Lonesome I Could Cry)」をカバーし全米8位を獲得。
そんな「B・J・トーマス」を世界的に有名にしたのが、1969年に発表された映画『明日に向かって撃て!』の主題歌。
 ♪雨にぬれても(Raindrops Keep Fallin' On My Head)
  *1970年に全米1位を記録。
★70年代には次々にヒットを放った「B・J・トーマス」、1975年には2曲目となる全米ナンバーワンが生まれています。
 ♪心にひびく愛の歌(Another Somebody Done Somebody Wrong Song)
  *グラミー賞の「最優秀カントリーソング賞」を受賞しています。

『ピーター&ゴードン(Peter & Gordon)』
★1963年、イギリス・ロンドン、ウエストミンスター・スクールで出会った「ピーター・アッシャー」と「ゴードン・ウォーラー」が結成した男性デュオ。
翌1964年にリリースしたデビューシングルは、当時「ピーター・アッシャー」の妹(女優のジェーン・アッシャー)が、 付き合っていた「ポール・マッカートニー」にソングライティングを依頼。(名義は“レノン&マッカートニー”)。
 ♪愛なき世界(A World Without Love)
  *1964年・全米&全英1位。
★翌1965年にヒットした曲は、「悲しき街角」などの大ヒットで有名なシンガーソングライター「デル・シャノン」が作った曲。
 ♪アイ・ゴー・トゥ・ピーセス(I Go To Pieces)
  *1965年・全米9位を記録。(本国イギリスではあまりヒットしなかったそうです)
★1968年、グループを解散した【ピーター&ゴードン】。
ピーター・アッシャーは「ジェイムス・テイラー」や「リンダ・ロッシュタット」などのマネージャー、プロデューサーとして大成功。
ゴードン・ウォーラーはソロ活動を続けましたが成功には至りませんでした。
2005年、ボランティアのため2人は【ピーター&ゴードン】として37年ぶりに再結成。イベントやツアーを行なっています。
その後、2009年「ゴードン・ウォーラー」は64歳という若さで亡くなっています。