PROGRAM  No.2017-018  05/04〜05/08  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第137回
<< top

今回は「ハ」で始まるアーティストの5回目!ラインナップは・・・

『バーティ・ヒギンズ(Bertie Higgins)』
★1944年12月8日、アメリカ・フロリダ州生まれ(現在72歳)。
ドイツの詩人:ゲーテの子孫でもあり、子供の頃から芸能界に憧れ12歳の時に腹話術師としてショービズ・デビュー。
その後、音楽と美術を学ぶために大学へ行き、22歳の時[ローマンズ]というバンドのドラマーとして音楽界に進出。
1968年にバンドを脱退しシンガーソングライターに転身。
1980年に自分の失恋体験を元にした曲をレコード会社に持ち込むものの最初は相手にされず。
でも粘り強いプロモーションの結果、翌1981年にこの曲でシングルデビューを果たします。
 ♪キー・ラーゴ(Key Largo)
  *1982年・全米8位まで上昇する大ヒット。
★1982年、日本のレコード会社はアメリカで大ヒットした「キー・ラーゴ」ではなく、アルバムに収められてた「カサブランカ」を日本独自にシングルカット。
それと同時に、同じレコード会社所属の郷ひろみさんにカバーさせることで、相乗効果によりどちらも大ヒット!
 ♪カサブランカ(Casablanca)
  *日本盤のシングルはA面が「カサブランカ」でB面が「キー・ラーゴ」でした。

『パティ・ペイジ(Patti Page)』
★1927年11月8日、オクラホマ州マスコギー生まれ。
1950年代、女性としては最もレコードを売り上げたポップスシンガー。
幼い頃から歌うことが大好きで、18歳の時、地元のラジオ局の15分番組に歌手として出演。
そして1947年20歳の時にレコードデビュー、次々にヒットを放っていきます。
 ♪テネシー・ワルツ(Tennessee Waltz)
  *1950年・全米1位(13週)売上も600万枚以上を記録。
  *日本では江利チエミさんがカバーした「テネシー・ワルツ」も大ヒットしました。
★生涯ステージに立ち続けたパティ・ペイジ。今から4年前、85歳で亡くなっています。

『バディ・ホリー(Buddy Holly)』
★1936年9月7日、テキサス州ラボック生まれ。
音楽好きの家族の影響で高校時代にはバンドを結成、地元に根ざしたカントリーミュージックを演奏。
1955年に、デビューしたばかりのエルヴィス・プレスリーにのめり込みロックンロールの虜に。
そして1957年、バディ・ホリーは[ザ・クリケッツ]としてレコードデビューを飾ります。
 ♪ザットル・ビー・ザ・デイ(That'll Be The Day)/ザ・クリケッツ
  *1957年・全米1位。
  *のちにリンダ・ロンシュタットもカバー。
 ♪イッツ・ソー・イージー(It's So Easy)/ザ・クリケッツ
  *1958年発表のシングル。
  *こちらもリンダ・ロンシュタットがカバー、大ヒットさせています。
 ♪ワーズ・オブ・ラヴ(Words Of Love)/バディ・ホリー
  *1957年リリース。
  *当時ヒットはしませんでしたが後にビートルズがカバーしたことで注目を浴びています。
   ちなみにビートルズは[クオリーメン]時代に、クリケッツ(バディ・ホリー)の楽曲を数多く演奏しています。
 ♪ペギー・スー(Peggy Sue)/バディ・ホリー
  *1957年・全米3位まで上昇。
★このヒットから2年後の1959年 2月3日未明、吹雪の日。
ツアー後の移動で乗ったチャーター機の墜落事故で22年間という短い生涯を閉じています。


***********************************************************************
■5月24日にTHE ALFEE meets The KanLeKeezのNEW SIGLEリリース。
 THE ALFEEの新曲とThe KanLeKeezの新曲が1度に楽しめるシングルとなっています。
 THE ALFEE「あなたに贈る愛の歌」
 The KanLeKeez「エレキな恋人」

■THE ALFEE 31st Summer「Best Hit Alfee2017〜夏フェスタ」開催決定!
 2017年7月29日(土)開場16:30/開演18:00
 2017年7月30日(日)開場15:30/開演17:00
 会場は「横浜アリーナ」
 チケットの発売方法等、詳しくはTHE ALFEEオフィシャルサイトでご確認ください。
 http://www.alfee.com