PROGRAM  No.2017-011  03/16〜03/20  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第134回
<< top

今回のSYDFは「ハ」で始まるアーティスト特集の2回目。
ラインナップは・・・

『バーズ(The Byrds)』
★1964年、ロサンゼルスで「ロジャー・マッギン」「ジーン・クラーク」「デヴィッド・クロスビー」が中心に結成。
すぐに、ベーシストの「クリス・ヒルマン」とドラムの「マイケル・クラーク」が参加し5人組としてスタート。
当時、隆盛を極めたフォークミュージックに “ビーチ・ボーイズ”や“ビートルズ”といった人気急上昇のロックを合体。
≪フォーク・ロック・グループ≫のパイオニアとして、1965年、ボブ・ディランが作った曲でデビュー。
 ♪ミスター・タンブリン・マン(Mr.Tambourine Man)
  *1965年・全米ナンバーワン。
  *この曲の演奏にはロジャー・マッギン以外のメンバーは参加していません。
   ロジャー以外の演奏メンバーは1960年代〜70年代中頃までのポップソングを支えた裏方集団:
   レッキング・クルーのハル・ブレイン(Ds)、ジェリー・コール(G)、ラリー・ネクテル(B)でした。
★「ロジャー・マッギン」といえば12弦ギターですが、ビートルズの映画『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!(A Hard Day's Night)』の冒頭で 「ジョージ・ハリスン」が弾くリッケンバッカーの12弦ギターに衝撃を受け、 その頃の生計を支えていた愛用の12弦のアコースティックギターと5弦バンジョーをまとめて売り払い、 ジョージが映画で弾いてたリッケンバッカーのセミアコースティックギターを購入したそうです。

さて、バーズは1965年の1stアルバム『ミスター・タンブリン・マン』に続いて、2枚目のアルバム『ターン・ターン・ターン』を発表。
その中からのシングルも全米ナンバーワンを獲得しました。
 ♪ターン・ターン・ターン(Turn! Turn! Turn!)
  *1965年・全米1位。
★1966年「ジーン・クラーク」の脱退を皮切りに「ロジャー・マッギン」への不満と共に、次々メンバーが脱退。
1969年以降、オリジナルメンバーは「ロジャー・マッギン」1人に。そして1973年グループは解散。

『バッキンガムズ(The Buckinghams)』
★1966年、アメリカ・イリノイ州シカゴで結成された男性5人組のポップロックバンド。
バンド名は、シカゴのランドマーク「バッキンガム・ファウンテン(Buckingham Fountain)」に由来。
⇒バッキンガム・ファウンテン=「バッキンガム噴水」
「バッキンガムズ」のプロデューサーは【シカゴ】の育ての親/ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオ。
彼が最初にプロデュースして、ホーン・セクションをロックに取り入れたグループがこの「バッキンガムズ」。
 ♪カインド・オブ・ア・ドラッグ(Kind Of A Drag)
*1967年・全米1位。   *ホーン・セクションを強調したブラスロックの元祖ともいうべき曲。
★1960年代に活躍した「バッキンガムズ」ですが、今も現役で頑張っています。

『バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)』
★1992年、フロリダ州オーランドで結成された5人組のボーイズグループ。
グループ名は、オーランドで人気のあったフリーマーケット「バックストリート・マーケット」に由来。
1995年のデビュー当初は、本国アメリカでは人気が出ずヨーロッパや日本でのプロモーションに力を入れます。
その後、ヨーロッパ&日本では、すでに発表されていた1stアルバム、2ndアルバムを2枚組にしてリリースすると爆発的な大ヒットを記録。
アメリカでも大ヒットシングルが誕生しました。
 ♪クイット・プレイング・ゲームズ(Quit Playing Games)
*1997年・全米2位を記録。
★1997年のアメリカ盤デビューアルバム『バックストリート・ボーイズ』からの初ヒットシングルに続き、同アルバムからシングルカットされた曲も翌1998年大ヒット。
(ヨーロッパ&アジア圏では、2枚目のアルバムとなる『バックストリーツ・バック』からのシングル曲)
 ♪君が僕を愛するかぎり(As Long As You Love Me)
*1998年・全米4位まで上昇。
★本国アメリカでも大人気になったバックストリート・ボーイズ。
1999年リリースの3rdアルバム『ミレニアム(Millennium)』からの先行シングルは世界的な大ヒット!
 ♪アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ(I Want It That Way)
*1999年・全米シングルチャート6位でしたが、
   ラジオ局にはリクエストが殺到しアダルト・コンテンポラリーチャートでは14週間1位を記録。
  *ヨーロッパをはじめ、世界25ヶ国でシングルチャート1位を獲得。
*この曲が収録されたアルバム『ミレニアム』は全米チャートでも1位を獲得。
   セールスは全米で1300万枚、日本でも150万枚、全世界で3500万枚を越えています。

『バックマン・ターナー・オーヴァードライヴ(Bachman-Turner Overdrive)』
★1972年、カナダ・バンクーバーで結成された男性4人組のロックバンド。
「ゲス・フー」のギタリスト「ランディ・バックマン」がグループ脱退後に作ったグループで、メンバーはランディの弟たち「ロビー」と「ティム・バックマン」+「C.F.ターナー」の4人。
ゲス・フーを踏襲する豪快なカナディアン・ロックのバンド。
1974年発表の3rdアルバム『ノット・フラジャイル(Not Fragile)』から全米ナンバーワンヒットが誕生。
 ♪恋のめまい(You Ain't Seen Nothing Yet)
*1974年・全米1位。
★1980年代にはバンド名を「B.T.O.」と改名して活動しています。