PROGRAM  No.2017-009  03/02〜03/06  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第133回
<< top

今回から「ハ」で始まるアーティストに突入!
ラインナップは・・・

『ハイウェイメン(The Highwaymen)』
★1958年、アメリカ・コネチカット州ミドルタウンで結成された大学生5人組。
当時は「キングストン・トリオ」や「ブラザーズ・フォア」と共に、カレッジ・フォーク・グループとして活躍。
様々な国の民謡(フォークソング)を、その国の言語で歌って人気を博していました。
そんな彼らの最初の大ヒットが、19世紀に作られた黒人霊歌 "Michael,Row the boat ashore"。
 ♪漕げよマイケル(Michael)
  *1961年・全米&全英共にナンバーワンに輝いています。
★この「漕げよマイケル」に続くシングルもヒット。
この曲は後に「クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル」や「ビーチ・ボーイズ」などもカバーしています。
 ♪コットン・フィールズ(Cotton Fields)
  *1962年・全米13位まで上昇。
★1964年、グループは解散しています。

『ハイ・ファイヴ(Hi-Five)』
★1990年、テキサス州ウェーコで結成された5人組のR&Bボーカルグループ。
当時はボビー・ブラウン在籍の「ニュー・エディション」に続くティーンコーラスグループとしてデビュー。
1991年、レコード会社の大宣伝のおかげで2ndシングルは全米ナンバーワン!
 ♪アイ・ライク・ザ・ウェイ(I Like The Way)
★活躍の期間は短く1994年に解散しています。

『パイロット(Pilot)』
★1973年、スコットランド・エジンバラで結成された男性3人組(のちに4人組に)。
中心メンバーの2人(デヴィッド・ペイトンとビル・ライオール)は初期「ベイ・シティ・ローラーズ」のメンバー。
そんな彼らが「ベイ・シティ・ローラーズ」に対抗して結成したのが【パイロット】。
1974年リリースの1stアルバム『パイロット』から2枚目にシングルカットされた曲が全英11位、全米では最高5位と大ヒット。
 ♪マジック(Magic)
★イギリスよりも、アメリカでの人気が先行したパイロットでしたが、1975年にリリースした2ndアルバム『セカンド・フライト』からのシングルはイギリスでも大ヒット。
 ♪ジャニュアリー(January)
  *1975年・全英1位(翌1976年・全米チャートでは最高87位という残念な結果でした)
★その後、メンバーの脱退やセールスの伸び悩みなどで2人組となったパイロット。
1977年、4枚目のアルバム『新たなる離陸』(原題"Two's A Crowd")を発表するも解散。

『パーシー・スレッジ(Percy Sledge)』
★1941年11月25日、アメリカ・アラバマ州レイトン生まれの男性ソウルシンガー。
幼い頃、ラジオでカントリーミュージックばかり聴きながら育ち、1960年代に入ってからは看護師をしながら、ソウルグループでボーカルを担当。
地元のラジオDJからの「ソロ歌手としてやった方がいいよ」という勧めで1966年、26歳にしてレコードデビュー。
すると、そのデビュー曲が大ヒット。
 ♪男が女を愛するとき(When A Man Loves A Woman)
  *1966年・全米1位。
★このスーパーヒットでアーティスト活動を続けたパーシー・スレッジですが2015年、肝癌のため亡くなっています(享年73歳)。

『パーシー・フェイス・オーケストラ(Percy Faith & his Orchestra)』
★1908年4月7日、カナダ・トロント生まれ(1976年2月9日、67歳で死去)の作曲家、編曲家、そして、指揮者のパーシー・フェイス。
“イージーリスニング”“ムード音楽”という分野で、自らの楽団を率いて1950年代〜60年代にかけ、数々のアルバム、シングルを発表。
膨大な楽曲の中、世界的な大ヒットとなったのが1959年トロイ・ドナヒューとサンドラ・ディー主演の青春映画『避暑地の出来事(A Summer Place)』の主題歌でした。
 ♪夏の日の恋(The Theme from "A Summer Place")
  *1960年・全米1位(9週連続)
  *グラミー賞「最優秀レコード賞(Record Of The Year)」受賞。