PROGRAM  No.2016-047  11/17〜11/21  ON AIR
坂崎幸之助 ←クリック 『坂崎音楽堂』
ジェリー・ベックリー(アメリカ)の最新ソロアルバム
<< top

今週は≪アメリカ≫のジェリー・ベックリーの最新ソロアルバム『カルーセル(Carousel)』を特集!

ですが、その前に≪アメリカ≫とは?
ちょっと簡単にご紹介。

ジェリー・ベックリー(1952年9/12生)デューイ・バネル(1952年1/19生)
ダン・ピーク(1950年11/1-2011 年7/24)の3人で結成されたバンド。
彼らの父親全員がロンドンに駐留したアメリカ軍人。
その関係で、3人はロンドンのアメリカンスクールの仲間でした。
バンド名は全員がアメリカ人ということで、あえて≪アメリカ≫。
そして1971年「名前のない馬(A Horse With No Name)」でデビュー。
この曲は世界中で大ヒット(全米チャートでもNo.1)
ちなみに、この曲はデューイ・バネルが作った曲。

最初はこの「名前のない馬」の大ヒットもあってデューイ・バネルの作品がシングルとして注目を集めましたが1975年発表、通算5枚目のアルバム 『Hearts』からのシングル「金色の髪の少女」も全米チャートNo.1を獲得。
この「金色の髪の少女」を作ったのがジェリー・ベックリーです。
 ♪金色の髪の少女 (Sister Golden Hair)/アメリカ

ということで、このジェリー・ベックリーの最新ソロアルバム『カルーセル(Carousel)』。
※カルーセルはフランス語で「メリーゴーラウンド(回転木馬)」のこと。
ジェリーによるソロアルバムは95年の来日直後にリリースされた『VAN GO GAN』以来。
実際は00年に『VAN GO GAN』のリミックス・アルバム『GO MAN GO』を出し、 『HORIZONTAL FALL』(06年)、『UNFORTUNATE CASINO』(10年)とリリースしていますが日本ではリリースされていなかったので、 なんと日本リリースは今回21年ぶり!のソロアルバムとなります。

 ♪ Tokyo
 ♪ Nature's Way ※スピリットのカバー(1971年)
 ♪ Minutes Count
 ♪ Don't Let The Sun Catch You Crying ※ジェリー&ザ・ペースメイカーズのカバー(1964年)
 ♪ Lifeline
 ♪ Widows Weeds
 ♪ No Way I'm Gonna Lose You
 ♪ Once A Distant Heart
 ♪ To Each And Everyone ※ジェリー・ラファティのカバー(1971)
 ♪ Fly ※コーラスにビーチボーイズファミリーのジェフリー・フォスケット参加
 ♪ Serious
 ♪ Carousel

★今回ご紹介しませんでしたが日本盤のみボーナストラックが1曲「All My Life」が収録されています。