PROGRAM  No.2016-042  10/13〜10/17  ON AIR
坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第127回
<< top

今週は「ニ」で始まるアーティスト特集の2回目。
ラインナップは・・・

『ニッケルバック(Nickelback)』
★1995年、マイク(兄)とチャド(弟)の「クルーガー兄弟」を中心にカナダで結成された4人組のロックバンド。
バンド名は、マイクがアルバイトしていた有名なコーヒーショップチェーンのレジでよく言っていた言葉「Here's your Nickel Back!」(5セントのお返しです!)に由来。
1996年、インディーズデビュー、1999年にメジャーデビュー。
2001年メジャー第2弾となるアルバム『シルヴァー・サイド・アップ』からのシングルは本国カナダをはじめ、アメリカでもラジオを中心に大ヒット。初の全米ナンバーワンを記録!!
 ♪ハウ・ユー・リマインド・ミー(How You Remind Me)
  *2001年・全米チャートで4週連続のナンバーワン!
★その後、ライヴを中心にアルバムも次々と大ヒット。
全世界で5,000万枚以上のアルバムセールスを記録しています。

『ニッティ・グリッティ・ダート・バンド(Nitty Gritty Dirt Band)』
★1966年、シンガーでギター&ウォッシュボード奏者の「ジェフ・ハナ」とシンガーソングライターでギタリストの「ブルース・カンケル」 による2人組のジャグバンドとしてカリフォルニア州ロングビーチで結成。その後、 4人の職人的なミュージシャン達が参加して6人組のカントリー系グッド・オールド・アメリカン・ミュージック・バンドとしてデビュー。
彼らの名前が一般的になったのは1970年に発表した通算5枚目のアルバム『アンクル・チャーリーと愛犬テディ(原題"Uncle Charlie and His Dog Teddy")』のヒットから。
このアルバムには、彼らの得意とする伝統的なカントリーやブルーグラスをはじめとする多様なオールドタイミーなアメリカン・ミュージックがぎっしり詰まっていました。
その中からシングルカットされた、ジェリー・ジェフ・ウォーカー作の名曲のカバーが初のヒットシングルに!
 ♪ミスター・ボージャングルズ(Mr.Bojangles)
  *1971年・全米9位まで上昇。
  *アルバム『アンクル・チャーリーと愛犬テディ』には元「モンキーズ」のマイク・ネスミスが
   作った曲や、ケニー・ロギンスがソングライター時代に書いた「プー横町の家」なども収録。
★その後、目まぐるしいメンバー交替を繰り返し人気も下降。
1978年に心機一転、大幅にメンバーも入れ替えバンド名もシンプルに「ダート・バンド(The Dirt Band)」と改名。
翌1979年、リンダ・ロンシュタットをゲストに迎えたシングルは全米13位を記録するヒットとなりました。
 ♪アメリカン・ドリーム(An American Dream)
  *1979年の終わりにダート・バンド名義でリリースされ、翌80年に全米13位まで上昇。
★「ダート・バンド」時代はわずか3年で終了、再び1982年から元の「ニッティ・グリッティ・ダート・バンド」に戻し、 現在もオリジナルメンバーだった2人を中心に4人組として活動を続けています。

『ニュー・エディション(New Edition)』
★1982年、マサチューセッツ州ボストンで結成された5人組のボーイズグループ。
元々、地元の小学校に通っていた男の子達が小遣い稼ぎで始めたグループで、彼らの才能に目をつけたインディーズレーベルを運営する「モーリス・スター」が自分のレーベルから ♪キャンディ・ガールでデビューさせます。
これに目をつけたメジャーレーベルの≪MCA≫が契約をオファー。
この時、彼らを発掘したモーリス・スターをスルーしたものだから大変!
「ニュー・エディションという名前は使わせない!」と怒り心頭のモーリス・スターは裁判で決着をつけようとしますが訴えは却下され、ニュー・エディションは無事メジャーデビュー。
 ♪クール・イット・ナウ(Cool It Now)
  *1984年リリースのメジャー第1弾シングル。
  *リリースの翌年1985年・全米4位まで上昇する大ヒット。
★1986年、リードボーカルの「ボビー・ブラウン」がソロアーティストになるためグループを脱退。
グループ存続が危なくなる中、すでにソロアーティストとして人気のあった「ジョニー・ギル」が加入し再出発。
1988年、当時ジャネット・ジャクソンを手がけて次々にヒットを飛ばしていたプロデューサーチーム『ジミー・ジャム&テリー・ルイス』が全面プロデュースしたアルバム『ハート・ブレイク』をリリース。
その中からの1stシングルは、久々の全米トップテンヒットを記録しています。
 ♪恋でなければ(If It Isn't Love)
★その後、メンバーはそれぞれソロ・プロジェクトを本格的にスタート、グループは解散。
しかし1990年代の終わりに1度目の再結成。2000年代に入って2度目の再結成…と再結成&ツアーを繰り返しています。
『ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック(New Kids On The Block)』
★1984年、マサチューセッツ州ボストンで結成された5人組のボーイズグループ。
何と「ニュー・エディション」で儲け損ねた男、モーリス・スターが「今度こそ白人版のニュー・エディションを作って大儲けしよう!」と目をつけたのが「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック」。
今回は、最初からメジャーのレコード会社と契約して一気に売ろうとしたんですが1986年リリースのデビューアルバム『ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック』は何故か不発。
ショッピングモールなどでのローカルな営業をやりつつ、2ndアルバムのレコーディングに励みます。
1988年、満を持して発表した2ndアルバム『ハンギン・タフ』からの1stシングル♪プリーズ・ドント・ゴー・ガールはラジオでの大量オンエアーもあって全米10位を獲得!
そして当時大人気だった「ティファニー」の全米ツアーの前座をつとめたことで人気爆発。
何と「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック」がメインになり「ティファニー」が前座となる逆転現象も起こったそうです。
 ♪ラヴィング・ユー(I'll Be Loving You)
  *1989年・全米1位。
 ♪ハンギン・タフ(Hangin' Tough)
  *1989年・全米1位。
 ♪ステップ・バイ・ステップ(Step By Step)
  *1990年・全米1位を記録。
★その後、それぞれがソロ・プロジェクトをスタートさせグループは活動停止。
そして、グループ名を「NKOTB」と改め再スタートしたもののアルバムは全く売れずコンサートツアーの途中にメンバーが脱退したりして最悪の状態に。。。
結果、1994年グループは解散。
しかし2000年代に入ってグループは再結成、最近は彼らのあとに登場したボーイズグループ「バックストリート・ボーイズ」とのジョイントツアーを繰り広げています。