PROGRAM  No.2016-038  09/15〜09/19  ON AIR
坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第125回
<< top

今週は「ナ」で始まるアーティスト特集の2回目。
ラインナップは・・・

『1910フルーツガム・カンパニー(1910 Fruitgum Company)』
★1967年、アメリカ・ニュージャージーで結成されたバブルガム・ポップ・バンド。
バブルガム・ポップは「レモン・パイパーズ」「オハイオ・エクスプレス」「アーチーズ」「モンキーズ」 「オズモンズ」などの活躍で次々とヒット曲が誕生しましたが、その筆頭が「1910フルーツガム・カンパニー」。
 ♪サイモン・セッズ(Simon Says)
  *1968年・全米チャート4位を記録。
 ♪トレイン(The Train)
  *1969年・全米57位(日本では大ヒット!)

『ナザレス(Nazareth)』
★1968年、スコットランドで結成されたハードロックバンド。
デビュー当時「ディープ・パープル」の前座をつとめた際、ロジャー・グローヴァーに実力を認められ、 アルバムをプロデュースしてもらったナザレス。
1975年、エヴァリー・ブラザーズの「ラヴ・ハーツ」をカヴァーしたシングル曲が全米シングルチャート8位を記録する大ヒット!
 ♪ラヴ・ハーツ(Love Hurts)
★結成して今年で48年のナザレス。現在も活動中です。

『ナタリー・コール(Natalie Cole)』
★1950年2月6日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。
偉大なる父親、ナット・キング・コールの娘として子供の頃から歌手として活動。
1975年、本格的なレコードデビュー。
 ♪ジス・ウィル・ビー(This Will Be)
  *1975年・全米6位という大ヒットとなったデビューシングル曲。
  *翌年のグラミー賞で「最優秀新人賞」「最優秀R&B女性歌手賞」を受賞。
★1976年、第5回東京音楽祭のため初来日。
音楽祭のためエントリーしたナンバーで見事グランプリを受賞しました。
 ♪ミスター・メロディ(Mr.Melody)
  *東京音楽祭グランプリに輝いた曲。
  *1976年・全米チャートでは49位。
★1980年代に入ると、ヒットにも恵まれずレコードセールスも大きく落ち込み、 荒れた生活を送るようになり音楽活動も休止状態におちいりますが、 1988年、ブルース・スプリングスティーンの曲をカバーした「ピンク・キャデラック」が全米5位の大ヒットし見事、復活。
1991年、偉大なる父親ナット・キング・コールのカバーアルバム『アンフォゲッタブル』では夢のデュエットも話題になり世界的な大ヒットとなりました。
 ♪アンフォゲッタブル
  *1991年・全米シングルチャートでは14位でしたが、
   アルバムチャートではジャズ・アルバムとして5週連続の1位という異例の大ヒットを記録
  *亡き父が歌った音源とのオーバーダブによる共演。
  *グラミー賞「最優秀楽曲賞」、アルバムが「最優秀アルバム賞」を受賞。
★ナタリー・コールは昨年末(2015年12月31日)心臓疾患などのため65歳という若さで亡くなっています。

『ナット・キング・コール(Nat King Cole)』
★1919年3月17日、アラバマ州モンゴメリー生まれ。1930年代、ピアニストとして音楽活動をスタート。
しかし、天性の艶のある声・ボーカルのうまさを買われて歌手としての活動を本格的に始め、 1950年代以降はジャズからポピュラーミュージックに幅を広げ、テレビなどにも出演し大人気を博しています。
 ♪スターダスト(Stardust)
  *1957年リリース。
 ♪ラヴ(L-O-V-E)(multi-lingual version)
  *1964年の生前、最後の大ヒットとなった曲。
   今回は英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、日本語による
   ≪マルチリンガル・バージョン≫でお送りしました。
★ナット・キング・コールは1966年2月15日、肺ガンのため45歳という若さで亡くなっています。