PROGRAM  No.2016-031  07/28〜08/01  ON AIR
坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第123回
<< top

今回は「ト」で始まるアーティストの11回目。
「ト」の最終回となった今回のラインナップは・・・

『トロッグス(The Troggs)』
★1964年、英国はハンプシャー州アンドーバーで結成された男性4人組。
「キンクス」の育ての親/ラリー・ペイジが手がけたグループ。
彼らの代表曲は、大リーグなどでおなじみのナンバー。
 ♪恋はワイルド・シング(Wild Thing)
  *1966年、2週連続の全米1位(全英チャートでは2位)
  *ジミ・ヘンドリックスやジェフ・ベックもカバーしてる曲。
   1989年公開の映画『メジャーリーグ』で、ロスのロックバンド「X(エックス)」がカバーし、
   再び注目を集めました。
『トンプソン・ツインズ(Thompson Twins)』
★1977年、イギリス・シェフィールドで結成したバンド。
デビュー当初は7人編成でしたが、バンド内での不和のため1983年からは男性2人、女性1人からなる3人組で再出発。
サウンドも、当時流行していたシンセポップをベースに、“ヘタウマで けだるい”という、当時流行った独特なボーカル法で次々にヒット曲を放ちます。
♪ホールド・ミー・ナウ(Hold Me Now)
  *1984年・全米3位を記録。
  *1986年、男性メンバーが1人抜け2人組になりましたが1993年グループの解散を発表。

『ドン・ヘンリー(Don Henley)』
★1947年7月22日、アメリカ・テキサス州グリマー生まれ。
リンダ・ロンシュタットのバックバンドを経て、1971年グレン・フライと共に「イーグルス」を結成。
ソロアーティストとしての本格的な活動は、1982年の(最初の)「イーグルス解散」発表後にスタート。
 ♪ジョニーの青春(Johnny Can't Read)
  *ソロとしての記念すべき第1弾シングル
  *1982年・全米42位。
 ♪ダーティ・ラウンドリィ(Dirty Laundry)
  *ソロ第1弾アルバム『アイ・キャント・スタンド・スティル』からの2ndシングル。
  *1983年・全米3位まで上昇。
★1984年、2枚目となるソロアルバム『ビルディング・ザ・パーフェクト・ビースト』を発表。
ここからのシングルは、印象的なビデオ(少年が曲に合わせてドラムを叩き続けるモノ)がMTVを中心に大量にオンエアーされたこともあって大ヒット!
 ♪ボーイズ・オブ・サマー(The Boys Of Summer)
  *1984年秋リリース、翌1985年、全米シングルチャート5位まで上昇。
  *グラミー賞「最優秀男性ロック歌手賞」を受賞
★1989年、3枚目となるソロアルバム『エンド・オブ・ジ・イノセンス』を発表。
 ♪エンド・オブ・ジ・イノセンス(The End Of The Innocence)
  *1989年・全米8位。
  *アルバム『『エンド・オブ・ジ・イノセンス』はグラミー賞「最優秀男性ロック歌手賞」受賞。
★その後、2000年4枚目のソロアルバム『インサイド・ジョブ』、昨年2015年にはミック・ジャガーやドリー・パートンなど豪華なアーティストたちが参加したアルバム、 『カス・カウンティ』をリリース。

『ドン・マクリーン(Don McLean)』
★1945年10月2日生まれ、ニューヨーク州ニューロッシェル出身のシンガーソングライター。
10代の頃、フォークミュージックのトリコになり、ギターを手に曲作りをスタート。
1970年、アルバム『タペストリー』(アルバムチャート 111位)でデビュー。
翌1971年に発表した2ndアルバム『アメリカン・パイ』は大ヒット!
 ♪アメリカン・パイ(American Pie)
  *1972年、アルバム・シングル共に全米1位を獲得。
  *この曲は8分30秒あるのですが、当時、シングル(ドーナツ盤)になった時、
   A面「アメリカン・パイ(パートT)」B面「アメリカン・パイ(パートU)」として発売。