PROGRAM  No.2016-028  07/07〜07/11  ON AIR
坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第121回
<< top

今週は「ト」で始まるアーティスト特集の9回目。
ラインナップは・・・

『トラヴェリング・ウィルベリーズ(Traveling Wilburys)』
★1988年「ジョージ・ハリスン」が「ロイ・オービソン」「ジェフ・リン」と一緒に食事した時、すでに 全米No.1となっていた「セット・オン・ユー」を含むアルバム 『クラウド・ナイン』から次のシングルカット用の12インチのEP盤のB面に「新曲が必要になった」という話になったそうです。
そこで3人はジョージの新曲のレコーディングのために「ボブ・ディラン」のスタジオを予約。
そしてジョージは「トム・ペティ」に預けてあったギターを取りに行きつつトムもレコーディングに誘い、その勢いで「ボブ・ディラン」にも話を持ちかけ5人で新曲を録音することに。
すると、あまりの出来の良さに「この曲をシングルのB面にするのはもったいない」ということになり、レコード会社からも“このメンバーでアルバムはどうでしょう?”と言われ、 5人は約10日間、寝食共にレコーディング!
メンバー各々のレコード会社事情や遊び心もあって5人「ウィルベリー兄弟」ということで実名を伏せ、「トラヴェリング・ウィルベリーズ」という覆面バンドとしてデビュー。
 ♪ハンドル・ウィズ・ケア(Handle With Care)
  *元々はジョージのシングルB面のために作り始めたものの、トラヴェリング・ウィルベリーズのデビューシングルになった曲。
  *1988年・全米45位とシングルチャートでは今一つでしたが、アルバム『トラヴェリング・ウィルベリーズ Vol.1』は全米アルバムチャート最高3位を記録。

★デビューまもない1988年12月6日にロイ・オービソンが急死、グループの存続も危うくなります。
しかし1989年のグラミー賞ではデビューアルバムが認められ「最優秀ロック・グループ賞」を受賞。
実はデビュータイミングで、ほぼアルバム2枚分のレコーディングが行なわれたそうですが、ロイ・オービソンの急死と、さらにボブ・ディランが作品の完成度に納得しなかったこともあり、 『トラヴェリング・ウィルベリーズ Vol.2』の発売は中止。
そこで4人は新たにレコーディング、1990年アルバム『トラヴェリング・ウィルベリーズ Vol.3』を発表。
 ♪シーズ・マイ・ベイビー(She's My Baby)
  *1990年、シングルチャートにはチャートインならず。
   アルバムは、全米11位を記録。この曲にはゲイリー・ムーアがギターで参加。

『トリニ・ロペス(Trini Lopez)』
★1937年5月15日、テキサス州ダラス生まれのポップフォーク歌手でギタリスト。
15歳の時から、地元のラテンクラブで歌い始め、1958年デビュー。
しかし、ヒットには恵まれずクラブ周りに明け暮れます。
その努力が認められ1963年メジャーレコード会社から再デビュー。
メジャー第1弾シングルはピーター・ボール&マリーが1962年にヒットさせた曲のカバーでした。
 ♪天使のハンマー(If I Had A Hammer)
  *1963年・全米3位。
★歌手・俳優・ギタリストとしても活躍し、1967年にギブソンで「トリニ・ロペス・モデル」(ES-335がベース)を発売するも当時は不人気で、わずか6年で生産中止。
しかし近年「オアシス」のノエル・ギャラガーや「フー・ファイターズ」のデイヴ・グロールなどが使って、人気も急上昇とか。

『ドリー・パートン(Dolly Parton)』
★1946年1月19日、テネシー生まれ(現在70歳)
シンガーソングライター、女優、作家など様々な肩書を持つカントリーミュージック界の第一人者の一人。
子供の頃、ラジオ番組の子役としてデビュー。8歳でギターを手に。
13歳にして、地元のレコード会社から数枚のシングルを発表。
18歳の時ナッシュビルで本格的な芸能活動をスタート。最初は作曲家として商業的な成功を収めます。
その成功のおかげもあって、1960年代中頃からはシンガーソングライターとしてカントリーチャートをにぎわせますが1970年代に入ってはポップチャートでも注目を集めていきます。
 ♪ジョリーン(Jolene)
  *作詞作曲はドリー・パートン。1974年・全米60位。カントリーチャートでは1位。
  *1976年にオリビア・ニュートン・ジョンがカバーしヒットさせました。
 ♪オールウェイズ・ラヴ・ユー(I Will Always Love You)
  *1992年・全米1位を獲得したホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」
   実はドリー・パートンが作詞・作曲、1982年に発表した曲のカバー。
   (1982年・全米53位。カントリーチャートでは1位)
 ♪愛のほほえみ(Here You Come Again)
  *ドリー・パートン自身の大ヒット曲となりました。
   1978年・全米3位を記録、カントリーチャートでは1位。
 ♪9 to 5
  *1980年の終わりにリリースされ、翌1981年彼女にとって初の全米1位を獲得。
   もちろんカントリーチャートでは堂々の1位。
 ♪アイランド・イン・ザ・ストリーム(Islands In The Stream)
        /ケニー・ロジャース&ドリー・パートン>
  *ドリーと同じくカントリー界の第一人者の一人「ケニー・ロジャース」とのデュエット曲。
  *1983年・全米1位を記録。カントリーチャートは当然1位。
  *この曲はバリー、モーリス&ロビンのギブ兄弟の作品。