PROGRAM  No.2016-026  06/23〜06/27  ON AIR
←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』
第120回
<< top

今回は「ト」で始まるアーティスト特集の8回目。
ラインナップは・・・・
『トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ(Tom Petty & The Heartbreakers)』
★1976年、トム・ペティ(1950年10月20日生まれ)を中心にロサンゼルスで結成された5人組のロックバンド。
元々、17歳の時、トム・ペティが作ったグループ「マッドクラッチ」のメンバーで結成されたのがこの「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」。
デビュー当初はなかなか認められなかったものの「ニルス・ロフグレン」の全英ツアーのオープニングアクトで、最初はイギリスで火がつき、それが飛び火して全米でも1978年デビュー作が55位。
続く2ndアルバムが23位。そして3rdアルバム『破壊』が最高2位を記録。
 ♪危険な噂(Don't Do Me Like That)
  *アルバム『破壊』からのシングル曲。1980年、全米10位を記録。
★1986年「ボブ・ディラン」のバックバンドとして活動し、それがキッカケとなって1988年トム・ペティは、ボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」に参加。
その縁で1989年、トム・ペティは、ジェフ・リンをプロデューサーに迎えて初のソロアルバム『フル・ムーン・フィーヴァー』を発表。
 ♪フリー・フォーリン(Free Fallin')/トム・ペティ
  *1990年、全米7位。ジェフ・リンとトム・ペティの共作。

『ドメニコ・モドゥーニョ(Domenico Modugno)』
★1928年 1月9日生まれ、イタリア・マーレ出身の歌手。
1958年のサンレモ音楽祭で歌った「Nel blu dipinto di blu」(意味は「青く塗られた青の中」)はのちに「ボラーレ(Volare)」という曲名で、ヨーロッパはもとよりアメリカ・日本でも大ヒット。
 ♪ボラーレ(Volare)
  *1958年、全米1位。
   翌年発表されたグラミー賞では最優秀レコード賞・最優秀楽曲賞のダブル受賞。

『ドラマティックス(The Dramatics)』
★1962年、アメリカ・ミシガン州デトロイトで結成された男性5人組のソウルグループ。
元々のグループ名は「ダイナミックス」。
1967年、地元のインディレーベルとの契約をきっかけに「ドラマティックス」と改名。
そして1971年、メンフィスのソウルの名門レーベル≪スタックス≫と契約。
メジャー第1弾「Whatcha See Is Whatcha Get」が全米9位という大ヒットに!
そして1972年にリリースされた曲は、彼らにとって最大のシングルヒットとなりました。
 ♪イン・ザ・レイン(In The Rain)
  *1972年、全米5位。

『トランプス(The Trammps)』
★1960年代半ば「ヴォルケーノス(The Volcanos)」として活動をスタート。
元々は、フィラデルフィア・ソウルのスタジオミュージシャン集団≪MFSB≫のメンバーたちが結成。
ボーカル入りのバンドとして再スタートした「トランプス」は世の中の大ディスコブームに乗って『サタデーナイト・フィーバー』のサントラ盤に収録され、見事シングルが大ヒット。
 ♪ディスコ・インフェルノ(Disco Inferno)
  *1978年、全米11位を記録。
 ♪トランプス・ディスコのテーマ(Trammps Disco Theme)
  *1975年にリリース。
   日本では1981年に始まった『なるほど!ザ・ワールド』に使われたことでお馴染。

『ドリス・デイ(Doris Day)』
★1922年 4月3日生まれ、アメリカ・オハイオ州シンシナティ出身の女優で歌手のドリス・デイ。
ドイツ出身の父親が音楽教師だったこともあって、幼い頃から歌や踊りをはじめ、18歳の時に有名なジャズバンド≪レス・ブラウン楽団≫の専属歌手として音楽活動をスタート。
その後、女優としてデビューし、俳優としても歌手としても大成功。
中でも、1956年アルフレッド・ヒッチコック監督の『知りすぎていた男』のヒロインとして、劇中で歌った曲が大ヒット。
アカデミー賞の最優秀歌曲賞にもなっています。
 ♪ケ・セラ・セラ(What Will Be,Will Be(Que Sera,Sera))
  *1956年、全米2位まで上昇。