PROGRAM  No.2015-042  10/15〜10/21  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂崎音楽堂』
レッド・ツェッペリンのトリビュートバンド
「レッド・ツェッパゲイン」特集
<< top

今週は、本家(ジミー・ペイジ)公認の「レッド・ツェッペリン」トリビュート・バンド「レッド・ツェッパゲイン」のアルバム『永遠の響(とわのおと)T』『永遠の響(とわのおと)U』を大特集!
(9月16日リリース レーベル:SONY 品番:SICX-10/SICX-11)

レッド・ツェッパゲインとは・・
1989年、アメリカ・カリフォルニアでボーカル/スワン・モンゴメリー(ロバート・プラント)、ギター/ジミー・サクライ(ジミー・ペイジ)、 ベース/ジム・ウートゥン(ジョン・ポール・ジョーンズ)、ドラム/ジム・カーシー(ジョン・ボーナム)という4人で結成。
彼らの活動の中心はライヴ。 
本国アメリカを中心に、世界各国でライヴを行なっています。
9月には日本でも(EXシアター六本木・大阪クラブクアトロ)で来日公演を行いました。

ちなみに、本家「レッド・ツェッペリン」のジミー・ペイジはギタリスト/ジミー・サクライの演奏をみて(聴いて)大絶賛しているそうです。

『永遠の響(とわのおと)T』からピックアップしたのは・・・
  ♪グッド・タイムズ・バッド・タイムズ
  ♪ロックンロール
  ♪ブラック・ドッグ
  ♪胸いっぱいの愛を
  ♪コミュニケイション・ブレイクダウン

『永遠の響(とわのおと)U』からピックアップしたのは・・・
  ♪移民の歌
  ♪ハートブレイカー
  ♪カリフォルニア
  ♪天国への階段