PROGRAM  No.2015-038  09/17〜09/21  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂崎音楽堂』
ハリウッド・ヴァンパイアーズのデビューアルバムを特集
<< top

今回はアリス・クーパー、ジョニー・デップ、「エアロスミス」のジョー・ペリーらが中心となって結成したスーパーグループ「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」のデビューアルバム 『ハリウッド・ヴァンパイアーズ』を特集。
(9月11日全世界同時発売 レーベル:ユニバーサル 品番:UICY-15428)


参加ミュージシャンは・・・
ポール・マッカートニー、ジョー・ウォルシュ、「ガンズ」のスラッシュ、 「フー・ファイターズ」のデイヴ・グロール、ザック・スターキー(リンゴ・スターの息子)、 「AC/DC」のブライアン・ジョンソン、オリアンティなどなど・・!
彼らもHollywood Vampiresのメンバーという位置づけ。

≪ハリウッド・ヴァンパイアーズ≫とは・・・
元々、1969年、ロスのクラブ「レインボー・バー&グリル」の2階のバーに、夜な夜な集まるロックスター達(その中心人物のアリス・クーパーをはじめ、 ジョン・レノン、ハリー・ニルソン、キース・ムーン、「ドアーズ」のジム・モリソン、ジミ・ヘンドリックスなど)・・・による「飲み仲間集団」を称したもの。

そんな楽しい仲間達、一緒に飲んで笑って演奏できる環境を3年前、アリス・クーパーが親友のジョニー・デップとよみがえらせました。
その第1弾となるのが今回リリースされたアルバム『ハリウッド・ヴァンパイアーズ』。

このアルバムには、オリジナル楽曲と共に、70年代のオリジナル「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」へのトリビュートを込めロック・クラシックスのカバーが収録されています。
(オリジナル楽曲3曲、カバー曲11曲、日本盤ボーナストラックとしてザ・フーのカバー1曲の計15曲収録)

今回番組内でピックアップした曲は・・・
  ♪ザ・ラスト・ヴァンパイア
   *ナレーションはドラキュラ役者でおなじみ、
     今は亡きクリストファー・リーが担当。
  ♪レイズ・ザ・デッド
   *ボーカルはアリス・クーパー。ギターはジョニー・デップ。
  ♪マイ・ジェネレーション(ザ・フーのカバー)
   *リードボーカル/アリス・クーパー。ギター/ジョニー・デップ。
     ドラム/ザック・スターキー(リンゴの息子で現在ザ・フーの
     ドラムを担当)
  ♪胸いっぱいの愛を(レッド・ツェッペリンのカバー)
   *リードボーカル/ブライアン・ジョンソン(AC/DC)&
     アリス・クーパー。
     ギター/ジョー・ウォルシュ&ジョニー・デップ&オリアンティ。
     ドラム/ザック・スターキー。
  ♪ファイヴ・トゥ・ワン/ブレイク・オン・スルー(ザ・ドアーズのカバー)
   *リードボーカル/アリス・クーパー。
     ギター/ロビー・クリーガー(ドアーズ)
  ♪ワン/ジャンプ・イントゥ・ザ・ファイアー(ハリー・ニルソンのカバー)
   *リードボーカル/アリス・クーパー&
             ペリー・ファレル(ジェーンズ・アディクション)
     ドラム/デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)
  ♪カム・アンド・ゲット・イット(バッドフィンガーのカバー)
   *リードボーカル/ポール・マッカートニー&アリス・クーパー。
     ギター/ジョー・ペリー(エアロスミス)&ジョニー・デップ。
     ピアノ&ベース/ポール・マッカートニー
  ♪コールド・ターキー(冷たい七面鳥)(ジョン・レノンのカバー)
   *リードボーカル/アリス・クーパー。
     ギター/ジョー・ペリー(エアロスミス)&ジョニー・デップ。
  ♪スクールズ・アウト/アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール パート2
      (アリス・クーパーのカバー+ピンクフロイドのカバー)
   *リードボーカル/アリス・クーパー。