PROGRAM  No.2015-031  07/30〜08/03  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第105回 << top

今回のSYDFは「テ」で始まるアーティストの8回目。
ラインナップは・・・

『テイラー・デイン(Taylor Dayne)』
★1962年3月7日、アメリカ・ニューヨーク州ボールドウィン生まれのダンスポップ系シンガーソングライター。
本名:レスリー・ワンダーマン。
高校卒業後、地元のロックバンドで歌ってたところ、25歳の時にレコード会社のスカウトマンの目に留まり、1年の準備期間を経て1988年、26歳にしてデビュー。
元々は、ロック系のシンガーでしたが当時の世界的なダンスミュージックブームに乗ってダンスナンバーでデビュー。
  ♪テル・イット・トゥ・マイ・ハート(Tell It To My Heart)
   *オーストラリア・オランダ・ドイツ・スイスで1位
     イギリスで3位、本国アメリカでも7位を記録し大ヒット。
   *この曲も収められたデビューアルバム『Tell It To My Heart』
     からは、他にも4曲がシングルカットされ大ヒット。
★翌1989年リリースの2ndアルバム『キャント・ファイト・フェイト』からも、4曲のシングル全てが大ヒット。
  ♪愛に帰りたい(Love Will Lead You Back)
   *アルバム『キャント・ファイト・フェイト』からのシングル。
   *1990年、初の全米1位を獲得。

『ディール(The Deele)』
★1981年、オハイオ州シンシナティで結成された6人組のR&Bグループ。
1983年にアルバム『ストリート・ビート』でデビュー。
1stアルバムからのシングル「ボディ・トーク」は全米R&Bチャートでは3位。
しかし、2ndアルバムは残念ながら不発。
そして1987年に発表された3rdアルバム『アイズ・オブ・ア・ストレンジャー』からシングルヒットが誕生。
  ♪トゥ・オケージョンズ(Two Occasions)
   *1988年、R&Bチャートでは4位、全米シングルチャートでは10位。
   *2ndボーカルとしてビブラートのかかった
     優しい歌声を聴かせてくれるのが、後にプロデューサーとして
     数々の大ヒットを連発するベイビーフェイス。

『ティル・チューズディ('Til Tuesday)』
★1983年、マサチューセッツ州ボストンで結成された女性1人、男性3人からなる4人組のロックグループ。
紅一点でボーカルのエイミー・マンは名門バークリー音楽大学に入学するも中退。
ヤング・スネイクスというパンクロックバンドを結成し、そのグループ解散後、大学時代の仲間と作ったグループが「ティル・チューズディ」。
地元ボストンでのバンドコンテストで見事、優勝し、1985年シングル「愛のヴォイセズ」でレコード・デビュー。
  ♪愛のヴォイセズ(Voices Carry)
   *1985年、全米8位まで上昇。
   *MTVビデオミュージックアワードで最優秀新人賞を獲得
★翌1986年に2ndアルバム『ウェルカム・ホーム』を、1988年に3rdアルバム『エヴリシングス・ディファレント・ナウ』を発表。
しかしヒットに恵まれず1989年解散。
ボーカルだったエイミー・マンは、すぐにソロ活動をスタートさせますが、グループ時代の所属レコード会社との契約問題が原因で約4年間、アルバムを発表出来ない状態に。
そして1993年、やっとソロアルバム『ホワットエヴァー』を発売。
その後、映画界から注目を集め数々のサントラ盤に参加。
1997年、俳優ショーン・ペン(元マドンナの夫)の実の兄であり、シンガーソングライターのマイケル・ペンと結婚。
そんな彼女の映画関係の仕事の中から、ビートルズ・ファンにはおなじみの映画『アイ・アム・サム』からエイミー・マンとマイケル・ペンとのデュエットを。
  ♪トゥ・オブ・アス(Two Of Us) /エイミー・マン&マイケル・ペン

『ディーン・マーティン(Dean Martin)』
★1917年 6月7日、オハイオ州スティーベンヴィル生まれ。
イタリア系アメリカ人で本名はディノ・ポール・クロセッティ。
高校中退後、禁酒法時代のヤミ酒場をはじめ、ボクサー、バーの用心棒や、違法ルーレットのカジノディーラー等々、危ない仕事の数々をこなします。
そして1940年代初頭、クラブまわりをしていた楽団の専属歌手に。
その時、本名のディノ・クロセッティから、ディノ・マルティーニに変え、さらに、バンドリーダーからの助言を元に「ディーン・マーティン」に改名。
1946年、クラブ歌手として活動中ニューヨークで当時、無名だったコメディアン「ジェリー・ルイス」と知り合い即興のコンビとしてクラブに出演。
これが映画関係者の目に留まり、映画『底抜けシリーズ』(1949-1956)が大当たり。
  ♪想い出はかくの如く(Memories Are Made Of This)
   *1955年、全米チャートで6週連続のナンバーワン獲得。
★1956年、ジェリー・ルイスとコンビを解消した後、同じくイタリア系アメリカ人のフランク・シナトラに誘われ「シナトラ一家」に参加。
サミー・デイヴィス・ジュニアなどと共に、映画・ステージ等で大活躍。
そんな中、彼のコンサートなどでの登場テーマ曲となった曲が、1964年、見事全米ナンバーワンに輝きました。
  ♪誰かが誰かを愛してる(Everybody Loves Somebody)
   *日本では「団しん也さん」のモノマネでもおなじみ。
★晩年は長年の不摂生がたたって体調を壊したディーン・マーティン。
1995年12月25日、肺ガンに併発した肺気腫により亡くなっています。享年78歳でした。