PROGRAM  No.2014-033  08/14〜08/18  ON AIR
←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)第92回 << top

《お知らせ》
先日、募集したメール「アルフィーと私」、本当にたくさんのメールをありがとうございました!
このメールを中心にお送りする「THE ALFEE Happy Birthday Special」企画は8月21日〜8月25日にかけてのOA回でお送りする予定です。
楽しみにお待ちください!

*******************************************

今回は「タ」で始まるアーティストの4回目。
    
  『ダニー・オズモンド(Donny Osmond)』
★1957年12月9日、アメリカはユタ州オグデン生まれ(現在56歳)。 「オズモンド家」の7番目の男の子として6歳の時に兄たちが結成していた「オズモンド・ブラザーズ(のちにオズモンズと改名)」に参加。
当時、レギュラーとして出演していた『アンディ・ウィリアムズ・ショー』で一躍、世界的なアイドルグループになります。
その後、マイケル・ジャクソン率いる「ジャクソン5」と共に、1960年代後半〜70年代はじめにかけて、アイドルグループとしての人気を二分。
グループの中心人物だったダニー・オズモンドとマイケル・ジャクソンはライバル。
ソロ活動も、ダニーがシングルを出せば、マイケルも負けじとリリースするという感じでした。
   ♪ゴー・アウェイ・リトル・ガール(Go Away Little Girl)
    *1971年、3週連続の全米1位。
    *ダニー13歳時の大ヒット曲。

『ダニー&マリー・オズモンド(Donny & Marie Osmond)』
★ジャクソン・ファミリー同様、オズモンド一家もグループ以外に、ダニーだけでなく、ソロ活動を仕掛けています。
★マリーは、「オズモンド・ファミリー」の紅一点。ダニーの2つ年下(現在54歳)、1973年13歳の時ソロデビュー。
74年、兄のダニーと「ダニー&マリー・オズモンド」を結成、次々とヒットを放ちます。
   ♪愛の散歩道(I'm Leaving It (All) Up To You)
    *1974年、全米4位まで上昇。
★このヒットのあと、1976年、ダニー18歳、マリー16歳にTV番組『ダニー&マリー・ショー』もスタート。
その後、2人は「ダニー&マリー」としてアルバムをリリースしたり、ライヴツアーを行なっています。

■「オズモンド・ファミリー」の紹介になりましたので 「タ」の付くアーティストの流れから外れますが・・・

『ジミー・オズモンド(Jimmy Osmond)』
★1963年4月16日生まれ(現在51歳)オズモンド一家の末っ子。
すでに、大成功していた兄貴たちに混じって6歳の時からグループと行動を共にしています。
この、まだまだあどけないジミーに目をつけた日本の広告代理店は、ジミーをメインに兄弟でのTVコマーシャルを制作。
続いて、レコード会社は本国よりも早く歌手デビューをさせています。
  ♪ちっちゃな恋人(My Little Darling)
   *1970年、オリコン2位を記録。
   *日本では売上枚数33.1万枚の大ヒット。
★その後15歳の時、広告代理店を作り、不動産、テレビ制作会社などの実業家として大成功。
あのマイケル・ジャクソンのジャパンツアーも、親日家のジミーが裏で活躍したと言われています。

『ダニエル・ブーン(Daniel Boone)』
★1942年 7月31日、イギリスはバーミンガム生まれのシンガーソングライター(本名はピーター・リー・スターリング)
彼を世界的に有名にしたのは、1972年、本国イギリスからヨーロッパ、アメリカ、そして、遅れること4年、1976年日本でも大ヒットとなった、このシングルでした!
  ♪ビューティフル・サンデー(Beautiful Sunday)
   *1972年、全世界でシングル売上100万枚突破。
★実はこの曲、1972年に日本でも発売はされましたが、全く売れませんでした。
しかし、4年後の1976年、TV番組「おはよう720」のコーナーテーマに使われるや否や大ヒット。オリコン15週のナンバーワンを記録。
売上も、日本だけで200万枚以上と大ヒット。
田中星児さん、トランザム、トッポジージョ、都はるみさん、ザ・ベンチャーズなども「ビューティフル・サンデー」をカバーしました。

『ダニー・オキーフ(Danny O'Keefe)』
★1943年、アメリカ・ワシントン州ウィナッチ生まれのシンガーソングライター。
ソングライターとしては、ジャクソン・ブラウン、レオ・セイヤー、ジュディ・コリンズなどに曲を提供。
中でも有名なのが、アール・クルーへ提供した 「グッド・タイム・チャーリー」。
この曲がシンガーソングライターとしても最大のヒットとなっています。
  ♪グッド・タイム・チャーリー(Good Time Charlie's Got The Blues)
   *ダニー・オキーフのオリジナル。
   *1972年、全米9位を記録。
   *エルヴィス・プレスリーやレオン・ラッセルなどもカバー。

『ダニー・ハザウェイ(Donny Hathaway)』
★1945年10月1日、イリノイ州シカゴ生まれ。
幼い頃から聖歌隊で歌いピアノを学ぶ。大学ではクラシックを勉強、卒業後は作曲、演奏者、ボーカルなどでキャリアを積んで、  1970年、ソウルの名門アトランティックレコードからデビュー。
最初は、同じレーベルのロバータ・フラックとの、数々のデュエットで有名になりました。
   ♪君の友だち(You've Got A Friend)
    *キャロル・キングのカバー。
★圧倒的な実力で、ライヴが素晴らしかったダニー・ハザウェイ。
1979年1月13日、33歳という若さで亡くなっています。

『ダリル・ホール(Daryl Hall)』
★1948年10月11日、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ(現在65歳)1980年代、最も活躍した男性デュオ「ダリル・ホール&ジョン・オーツ」のダリル・ホール。
ホール&オーツ時代も解散後も、そして再結成後もソロアルバムをリリースしています。
  ♪ドリームタイム(Dreamtime)
   *1986年、全米5位まで上昇。