PROGRAM  No.2014-032  08/07〜08/11  ON AIR
←クリック 『坂崎音楽堂』最新カバーソング大特集 << top

《お知らせ》
先日、募集したメール「アルフィーと私」、本当にたくさんのメールをありがとうございました!
このメールを中心にお送りする「THE ALFEE Happy Birthday Special」企画は8月21日〜8月25日にかけてのOA回でお送りする予定です。
楽しみにお待ちください!

*******************************************

今回は、最新カバー大特集と題し、ここ最近リリースされた洋楽アーティストの楽曲をピックアップしてみました。

♪ A Place With No Name/マイケル・ジャクソン
★1972年、「アメリカ」が全米ナンバーワンに送り込んだデビュー曲「名前のない馬」のカバー。
マイケル・ジャクソンの未発表曲を集めたNEW ALBUM『エスケイプ』に収められています。
マイケルのバージョンは、メロディはそのままで、歌詞が変えられています。

♪ニューヨークの想い(New York State Of Mind)/レオン・ラッセル
★ビリー・ジョエルの代表曲をカバー。
シンガーソングライターとしては、ビリー・ジョエルの大先輩ともいうべきレオン・ラッセル(72)が最新作『ライフ・ジャーニー』でカバー!

♪アフリカ/エリック・ベネイ
★ソウル・アーティスト、エリック・ベネイの最新カバーアルバム『フロム・E・トゥ・ユー(Vo.1)』から。
オリジナルは1983年に全米ナンバーワンとなったTOTOの曲。

♪ホワット・メイク・ユー・ビューティフル/ダーティ・ループス
★スウェーデンの実力派新人グループの「ダーティ・ループス」(3人組で編成はボーカル&キーボード、ベース、ドラムス) 彼らが最新作『カバーズ・EP』でカバーしたのは世界的に大ヒットした「ワン・ダイレクション」の曲。

♪オン・ザ・ロード・アゲイン/ニール・ヤング
★ニール・ヤングの最新カバーアルバム『ア・レター・ホーム』からウィリー・ネルソンの曲を。
このアルバム、元々はアナログ盤でのみの発売でしたが、世界中のニール・ヤング・ファンからのリクエストに答えてCDでもリリース。
このアルバム最大の売りは、プロデューサーでもあるジャック・ホワイトがナッシュビルに所有するスタジオでレコーディングされた…ということ。
そのスタジオの中にあるブースがすごい!
電話ボックスとほぼ同じ大きさの1947年産の歴史的レコーディングブース。
昔、観光地に置かれたもので、レコーディングした音源がその場でアナログ盤としてカッティングできる!
ということで、ニール・ヤングも、このブースでレコーディングしそのままアナログ盤にカッティング。
それをCDにしたので、音はスゴイ!超〜悪い!でも、これが“味”!このアルバムからもう1曲
♪マイ・ホームタウン/ニール・ヤング
★ブルース・スプリングスティーンのカバーです。

♪ダウン・バイ・ザ・リヴァー/プスンブーツ
★ノラ・ジョーンズがサーシャ・ダブリンとキャサリン・ホッパーの女性ミュージシャン3人で結成した「プスンブーツ」。(PUSS N BOOTS=意味は「長靴を履いた猫」) 彼女たちのデビューアルバム『ノー・フールズ、ノー・ファン』からニール・ヤングの曲のカバーを。