PROGRAM  No.2014-029  07/17〜07/21  ON AIR
←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第91回 << top

今週は「タ」で始まるアーティスト特集の3回目。
ラインナップは・・・・

『ダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield) 』
★1939年4月16日、イギリス・ロンドン生まれのブルーアイドソウルシンガー。
1960年、2人の兄(ディオンとティムフィールド)と一緒に「ザ・スプリングフィールズ」を結成。
1963年、ソロ歌手に転向。
  ♪二人だけのデート(I Only Want To Be With You)
   *デビュー・シングル。1964年に全米12位を記録。
  ♪この胸のときめきを(You Don't Have To Say You Love Ne)
   *1966年、全米4位まで上昇。
★1970年代に入って、ドラッグ、アルコール依存症など、公私共にトラブルが続き、長期間に渡ってスランプにおちいりましたが1986年に“救世主”登場! 敬愛していた「ペット・ショップ・ボーイズ」が熱烈なラブコールを送り共演が実現。
  ♪とどかぬ想い(What Have I Done To Deserve This?)
     /ペット・ショップ・ボーイズ&ダスティ・スプリングフィールド
   *1988年、全米2位を記録。
★この「とどかぬ想い」の大ヒットで、見事復活したダスティ・スプリングフィールド。
1999年 3月2日、わずか59歳という若さで亡くなっています。

『タコ(Taco)』
★1955年7月21日、オランダ人の両親の元、インドネシア・ジャカルタで誕生。
本名は、タコ・オカース
ドイツを拠点に音楽活動をスタート。
1982年、当時流行のディスコとテクノを合体、それに大昔のスタンダードやジャズの要素を融合させたサウンドで一躍、有名に。
  ♪踊るリッツの夜(Puttin' On The Ritz)
   *1983年、全米4位まで上昇。
   *この曲はスタンダードジャズ界の伝説の作曲家アーヴィン・バーリンの代表曲で1929年に作られ
     多くのアーティストたちがカバーしています。

『ダズ・バンド(DAZZ BAND)』
★1977年、オハイオ州クリーブランドで結成されたファンクダンスバンド。
1980年、モータウンレコードからメジャーデビュー。 グループ名の「ダズ(DAZZ)」は、「ダンサブル・ジャズ(Danceable Jazz)=踊れるジャズを意味する造語)」からきているそうです。
  ♪レット・イット・ホイップ(Let It Whip)
   *1982年、全米5位。
   *グラミー賞「最優秀R&Bボーカルグループ賞」を受賞
★今も、世界中のライヴハウスを中心に活動中。日本にも、ここ数年、何度もやって来ています。

『タートルズ(The Turtles)』 ★1963年、ロサンゼルスで結成された男性5人組。
  ♪ハッピー・トゥゲザー(Happy Together)
   *1967年、3週連続で全米1位を記録。
★1970年に解散。

『ダニー&ザ・ジュニアーズ(Danny & The Juniors)』
★1955年、ペンシルバニア州フィラデルフィアで結成された4人組の白人ドゥーワップグループ。
  ♪踊りに行こうよ(At The Hop)
   *1958年、7週連続で全米1位を記録。
   *デビュー曲にして、いきなりの全米ナンバーワンとなった
     この曲は「オールディーズの定番」の1曲となっています。

『ダニエル・パウター(Daniel Powter)』
★1971年 2月25日、カナダはブリティッシュ・コロンビア州ヴァーノン生まれのシンガーソングライター。
幼い頃から音楽活動をはじめ、バンクーバーを拠点に活動。
2005年、ヨーロッパでデビュー。
  ♪バッド・デイ〜ついてない日の応援歌
   *ヨーロッパ各国で大ヒット。
   *2006年、全米1位(5週連続)