PROGRAM  No.2014-004  01/23〜01/27  ON AIR
←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第83回 << top

83回目となるSYDF(「ス」の8回目)、今回のラインナップは・・・

『スティング(Sting)』 ★1951年10月2日、イギリス・ウォールズエンド出身(62歳)本名/ゴードン・マシュー・トーマス・サムナー。
1977年「ポリス」を結成。(ポリス時代の活躍は「ホ」のときに改めて…)
本格的なソロ活動をはじめたのは「ポリス」が活動停止した翌年の1985年、 ソロデビューアルバム『ブルー・タートルの夢(The Dream of the Blue Turtles) 』を発表。
ブランフォード・マルサリスやケニー・カークランドなど、当時の若手で、テクニック抜群のジャズアーティスト達がレコーディングに起用されました。
   ♪セット・ゼム・フリー(If You Love Somebody Set Them Free)
    *アルバム『ブルー・タートルの夢』からの1stシングル
    *1985年、全米3位まで上昇。
★その後、レコーディングメンバー達とのライヴアルバムをリリース。
そして、1987年、オリジナルアルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』をリリース。
   ♪ウィル・ビー・トゥゲザー(We'll Be Together)
    *1987年、全米7位を記録。
   ♪イングリッシュマン・イン・ニューヨーク(Englishman In New York)
    *1988年、全米84位。
★坂崎さんも言っていましたが、ものすごくヒットしたイメージがあるのに、チャート的には、1位を獲得していないスティング・・・。
1993年末に、ブライアン・アダムスとロッド・スチュワートとコラボした映画『三銃士』の主題歌は(スティング名義では唯一の)全米1位に輝いています。
   ♪オール・フォー・ラヴ(All For Love)/Bryan Adams with Rod Stewart and Sting
★ソロデビューした時は、ジャズとロックを融合させてたスティングですが、ここ数年はクラシック音楽に傾倒し、本格的なクラシックアルバムをリリース。
ポリス時代からソロアーティストとしてのヒット曲をクラシック・アレンジしたオーケストラによるセルフカバーアルバムなどもリリースしています。

『ステッペンウルフ(Steppenwolf)』
★1967年、アメリカ・ロサンゼルスで結成された5人組のロックバンド。
グループ名は「ヘルマン・ヘッセ」の小説『荒野のおおかみ』から由来。
1968年にレコードデビュー。デビューアルバムからの3rdシングルが映画『イージー・ライダー』で使われ、世界的なヒットとなりました。
   ♪ワイルドで行こう(Born To Be Wild)
    *1968年、全米2位まで上昇。
★何度も「活動停止」と「再活動」を繰り返しつつも、現在はオールディーズショーなどに出演し活動を続けています。

『ストーリーズ(Stories)』
★1972年、ニューヨークで結成された男性4人組。活動期間はわずか1年。(1973年には解散)
そんな彼らの、唯一の大ヒットが解散寸前に誕生。
   ♪ブラザー・ルイ(Brother Louis)
    *イギリスのソウルグループ「ホット・チョコレート」の曲をカバー。
    *1973年、全米1位。

『ストレイ・キャッツ(Stray Cats)』 ★1979年、ニューヨークで結成された3人組。
「ブライアン・セッツァー」を中心に、ネオロカビリースタイルのロックを展開。結成当初は、 「イロモノ的」な扱いでヒットにも恵まれませんでしたが、デビューから苦節3年。イギリスから火がつき、その後ヨーロッパ、 それから本国アメリカでも大ブレイク!となりました。
   ♪ロック・タウンは恋の街(Rock This Town)
    *アメリカでの最初のシングル曲
    *1982年、全米9位を記録。
★アメリカでの1stアルバムとなった『ビルト・フォー・スピード(Built For Speed) 』は全米アルバムチャートで15週連続2位!(1982年) 15週もヒットしつつ、なぜ1位が獲得できなかったのか?それは、あのマイケル・ジャクソンのモンスターアルバム『スリラー』が1位を独走したためでした。
   ♪ストレイ・キャットすとらっと(Stray Cat Strut)
    *1983年、全米3位まで上昇。
    *この曲の邦題、今は「気取りやキャット」となっています。