PROGRAM  No.2013-006  02/07〜02/11  ON AIR
写真:坂崎幸之助+桜井 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第68回 << top

第68回目、「シ」で始まるアーティスト特集16回目です。

『ジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)』
★1947年11月20日、アメリカ・カンサス州生まれの現在65歳。
1969年ハードロックバンド、ジェイムズ・ギャングでデビュー。
1971年グループ脱退。
その後、バーンストームというグループを結成。
が、長続きせずソロ活動をしているところ、バーニー・レドンの後釜として1975年、イーグルスに誘われ参加。
(アルバムは『ホテル・カリフォルニア』から参加)
イーグルスではギターだけではなく曲作りにも参加、同時にソロ活動も行ない、1978年にはソロアルバム発表。
  ♪この人生に賭けて(Life's Been Good)  
   *78年のアルバム『ロスからの蒼い風(But Seriously,Folks...)』
     から。全米12位まで上昇。

『ジョー・ジャクソン(Joe Jackson) 』
★1954年8月11日、イギリス・スタッフォードシャー生まれ。現在58歳 
16歳からバーやパブでピアノを弾きながら、大学を卒業。
1979年、A&Mレコードからデビュー。
クラシックをはじめ、ロック、レゲエ、ラテン、ジャズなど様々な音楽の要素を生かし、次々に音楽性の高いアルバムを発表。
  ♪夜の街へ(Steppin' Out)
   *大ヒットした1982年リリースのアルバム『ナイト・アンド・デイ』から。
   *シングルカットされたこの曲は1982年、全米6位まで上昇。
★これまで数々のライヴアルバム、DVDをリリース。
同時に、クラシック、ラテン、ロックといった様々なタイプのアルバムも発表。
昨年はジャズの伝説的なアーティスト/デューク・エリントンのトリビュートアルバム『ザ・デューク』をリリースしています。

『ジョー・テックス(Joe Tex)』
★1933年 8月8日、テキサス州ロジャーズ生まれのR&Bアーティスト。
1950年代半ば地元のタレントコンテストで優勝してニューヨークへ。
10年近くの下積み時代を経て、1960年代半ばから約10年に渡って活躍。
中でも、当時流行り始めたディスコに目をつけた、この曲は大ヒットしました!
  ♪アイ・ガッチャ(I Gotcha)
   *1972年、全米2位を記録。
★この曲の大ヒットから10年後の1982年8月13日、心臓発作のため、49歳という若さで亡くなっています。

『ジョー・コッカー(Joe Cocker)』
★1944年5月20日、イギリス・ヨークシャー州シェフィールド出身。
現在68歳。
ガスの配管の仕事をしながら15歳頃から地元のパブで歌い始める。
当時はヴァンス・アーノルドという芸名でバンド「ザ・アヴェンジャーズ」を率いて活動をしていました。
ソウルフルな歌唱法や独特なライヴパフォーマンスが評判になり、1964年デビューするも全くの不発。
その4年後、1968年に再デビュー。
本国イギリスでは見事1位を獲得!
  ♪ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
       (With A Little Help From My Friends)
   *ビートルズナンバーのカバー
   *1968年の全米チャートでは、残念ながら68位止まり。
     ・・・とはいえ、当時、奇才レオン・ラッセルとタッグを組んでいた
     ジョー・コッカー。翌年1969年の「ウッドストック・フェスティバル」
     でのパフォーマンスで米国をはじめ世界中のロックファンを唸らせました。
  ♪美し過ぎて(You Are So Beautiful)
   *1975年、全米5位を記録。
  ビートルズのアルバムにも参加していたビリー・プレストンの作品。
  ♪愛と青春の旅だち(Up Where We Belong)
         /ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ
   *1982年、リチャード・ギア主演映画『愛と青春の旅立ち』の主題歌。
   *全米シングルチャート1位を獲得。

『ジョージ・ベンソン(George Benson)』
★1943年3月22日、アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグ生まれ。
3歳からプロの道を目指し、20歳から本格的なジャズギタリストとしてのキャリアをスタート。
最初は「第2のウェス・モンゴメリー」ということで正統派のジャズギタリストとして活動、1970年代からは、 当時のフュージョンブームを背景にボーカルも披露するようになりました。
1976年、ワーナーブラザーズに移籍、マイケル・フランクスなどを手がけたトミー・リピューマがプロデュースしたアルバム 『ブリージン』と、その中に収録された「マスカレード」がヒット!
そして、この「マスカレード」のヒットを境にジャズギタリストから、当時大流行のソフト&メロウ路線へと大変身、 アルバム・シングルの大ヒットが続きます。
  ♪ターン・ユア・ラヴ(Turn Your Love Around)
   *リリースの翌年1982年、全米5位まで上昇。

『ジョージ・マイケル(George Michael)』
★1963年6月25日、イギリス・ブシェイ生まれ。現在49歳。
ギリシャ系キプロス人の父親と、ユダヤ系の母親から生まれた彼の本名は「ヨルゴス・キリアコス・パナイオトゥー」。
12歳の時、アンドリュー・リッジリーと出会い、1979年アンドリューやアンドリューの兄たちと「エグゼクティブ」というグループを結成。
複数のレコード会社にデモテープを持ち込むものの全く相手にされず解散。
1981年アンドリューと2人組の「ワム!」を結成。
デビューと同時に次々にヒットを放ちます。

実はソロとしては「ワム!」以上にヒットを放っているジョージ・マイケル。 何と、1987年に発表した1stアルバム『フェイス』は翌年1988年の年間アルバムチャート1位。
シングル「フェイス」も堂々の年間ナンバーワンに輝いています。
  ♪フェイス(Faith)
   *1987年、4週連続全米シングルチャート1位を獲得
★この曲をはじめ、ジョージ・マイケルはソロになってから7曲もの全米No.1を放っています。