PROGRAM  No.2013-004  01/24〜01/28  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第67回 << top

今年も「シ」特集、まだまだ続きそうです。

『ジュース・ニュートン(Juice Newton)』
★1952年2月18日、アメリカはニュージャージー州レイクハースト生まれ。
バージニア州バージニアビーチ育ちのポップカントリー・アーティスト。
13歳から歌手活動をスタート。
22才の時、「シルバー・スパー」というバンドを率いてロサンゼルスへ活動の拠点を移す。
アルバム2枚リリース後、グループは解散。
その後、ソロアーティストとして再出発。
  ♪愛は哀しくて(It's A Heartache)
   *1978年にリリースした最初のシングル曲。全米86位。
   *ちなみにこの曲はボニー・タイラーも歌っていますが、
     2人の“競作”として同時期にリリースされています。
     ボニー・タイラー・ヴァージョンは全米3位。
     フランス、スウェーデン、ノルウェー等9ヶ国でナンバーワンを記録。
  ♪クイーン・オブ・ハート(Queen Of Hearts)
    *1981年のアルバム『ジュース/夜明けの天使』から。
    *全米シングルチャート2位まで上昇。
★現在、フルバンドと3人組のアコースティックユニットという2つのスタイルでライヴ活動を行なっています。

『ジュディ・コリンズ(Judy Collins)』
★1939年 5月1日、ワシントン州シアトル生まれ。現在、73歳。
5歳でクラシックピアノを始め、学生時代の教会での演奏を通じ、次第にフォークに目覚めフォークシンガーとしての活動をスタート。
1961年22歳の時、自らエレクトラレコードに売り込み、見事デビュー。
1967年発表のアルバム『ワイルドフラワー』の1曲に、当時、まだ無名だったソングライターのジョニ・ミッチェルの曲を取り上げ、大ヒットを記録。
  ♪青春の光と影(Both Sides Now)
    *1968年全米8位まで上昇。彼女にとって最大のヒットシングル。
★シンガーとして、数々のソングライターとの交流を持ち、その才能を見抜き、アルバムで取り上げるジュディ・コリンズ。
そんな中、恋愛にまで発展した才能あるソングライターの1人、クロスビー・スティルス&ナッシュのスティーヴン・スティルスは、 ジュディ・コリンズをモデルにして「青い瞳のジュディ」を作ったのは有名です。

『シュープリームス(The Supremes)』
★1959年、ミシガン州デトロイトで活動していたザ・プライメッツが1961年、地元のレコード会社「モータウン」と契約。
グループ名をシュープリームスと改名。(ちなみに、正式なグループ名の発音は「スプリームズ」)メンバーはダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、 フローレンス・バラードの3人。
  ♪愛はどこへ行ったの(Where Did Our Love Go)
   *1964年、初の全米ナンバーワン。
★このヒットを皮切りに5作連続となる全米1位を獲得!
  ♪ベイビー・ラヴ(Baby Love)
  ♪ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ(Stop! In The Name Of Love)
★彼女たちの曲は数多くのアーティストたちにカバーされていますが、フィル・コリンズが1982年にカバーし、全米トップテンヒットを記録。
  彼女たちのオリジナルは1966年に全米1位を獲得しています。
  ♪恋はあせらず(You Can't Hurry Love)
★シュープリームスのカバーで有名なのが「You Keep Me Hangin' On」。
ヴァニラ・ファッジがカバーし、1968年に全米6位を記録。
その後もウィルソン・ピケットやジャッキー・デシャノンなどもカバーし、1987年には、キム・ワイルドのカバーバージョンが全米1位となっています。
  ♪恋はおしまい(You Keep Me Hangin' On)
   *1966年、全米1位。
★1967年からはグループ名を「ダイアナ・ロス&シュープリームス」と変更。
しかし、ダイアナ・ロスと2人のバックシンガーという形になったグループは長続きせず、ダイアナ・ロスはソロ歌手になるため、グループを脱退します。
  ♪またいつの日にか(Someday We'll Be Together)
   *ダイアナ・ロス脱退前の最後のシングル。
   *1969年、全米1位。彼女達にとって12曲目のナンバーワン。
★ダイアナ・ロスが脱退した翌年、1970年、新たなリード歌手(ジーン・テレル)を加え、シュープリームスとして活動を再開するも、1977年グループは解散。
その後、何度か再結成され、ツアーなどを行なっています。