PROGRAM  No.201-021  05/24〜05/29  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第58回 << top

今回も「シ」で始まるアーティスト特集!
(いまだ「シエ」なので「シ」のアーティスト特集はまだまだ続きます)

『ジェリー&ザ・ペースメイカーズ(Gerry & The Pacemakers)』
★1959年、イギリス・リヴァプールで、ジェリー・マースデンが中心になって結成。
最初のグループ名は「ジェリー・マースデン&ザ・マーズ・バーズ」。
すぐに、「ジェリー&ザ・ペースメイカーズ」に改名。
デビュー当時の拠点はリヴァプール。
キャバーン・クラブでギグを行なっていた彼らは、あのブライアン・エプスタインがビートルズに次いでマネージメント契約を交わし、 プロデューサーにジョージ・マーティンを迎え、レコードデビュー!
  ♪恋のテクニック(How Do You Do It?)
   *1963年見事、全英シングルチャートで1位を記録
  ♪ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン(You'll Never Walk Alone)
  *3枚目のシングル曲
   *1963年全英シングルチャート1位(全米では1965年48位を記録)。

『ジェリー・ウォレス(Jerry Wallace)』
★1928年12月15日、アメリカはミズーリ州ギルフォード生まれのカントリー歌手。
1951年にレコードデビュー、1965年〜1980年までの15年間で35曲をカントリーチャートに送り込んでいます。
そんなジェリー・ウォレスが日本で一躍有名になったのが、1970年、チャールズ・ブロンソン出演の男性化粧品のCMソングでした。
  ♪男の世界(Lovers Of The World)
   *1970年オリコンの年間チャートで洋楽ながら20位を記録。
   *この曲はマンダムが彼に頼んで作ってもらったので、アメリカでの発売などはありませんでした。
     また、当初「男の世界」だったタイトルも、再発盤では「マンダム〜男の世界」と      変更となっています。

『シェリー・フェブレー(Shelly Fabares)』
★1944年1月19日、アメリカはカリフォルニア州サンタモニカ生まれ(現在、68歳)。
幼い頃からショービズ界に入り、1955年、11歳で子役として映画初出演。
1958年からスタートしたTVシリーズ『うちのママは世界一』で一躍有名になっています。
  ♪ジョニー・エンジェル(Johnny Angel)
   *ドラマ『うちのママは世界一』の挿入歌
   *1962年全米1位を記録。
   *カーペンターズがカヴァーしたヴァージョンも有名

『ジェリー・ラファティ(Gerry Rafferty)』
★1947年4月16日、スコットランドはペイズリー出身。
1960年代の終わりに、ハンブルバムズというバンドを皮切りに、スティーラーズ・ホイールなどいくつかのバンドを経て、1975年からソロ活動をスタート。
  ♪霧のベイカー街 (ストリート)(Baker Street)
   *1978年リリースの2ndアルバム『シティ・トゥ・シティ』からシングルカット。
   *1978年全米2位(全英3位)を記録。

『ジェリー・リー・ルイス(Jerry Lee Lewis)』
★1935年9月29日、アメリカはルイジアナ州フェリディ生まれの76歳。
幼い頃から地元の聖歌隊で歌い始め、10代で神学校に入学。
黒人音楽のトリコになったジェリー少年は得意のピアノを弾きながら、賛美歌をロカビリー風にアレンジして歌ったりしていましたが、素行不良で退学。
生活のため行きつけの酒場でピアノの弾き語りとして、本格的な音楽活動を開始。
  ♪火の玉ロック(Great Balls Of Fire)
   *1958年全米チャートで4週に渡って2位を記録。