PROGRAM  No.201-013  03/29〜04/03  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第56回 << top

今回も前回に引き続き「シ」で始まるアーティスト特集!

『G.I.オレンジ(G.I.ORANGE)』
★1980年代半ば、日本のレコード会社が独自の戦略で作ったイギリスのアイドルグループ。
メンバーはカール、マーク、サイモンの【ウィットワース兄弟】と、友だちのギャリー・ホルからなる4人組。
デビューに際して、実業家のウィットワース兄弟の父親がアルバムの制作費を全額出したお坊ちゃんグループです。
  ♪サイキック・マジック(Psychic Magic)
   *1985年の2ndシングル。
     TV『夕やけニャンニャン』のテーマ曲にもなり大ヒット。

『ジェームス・ブラウン(James Brown)』
★1933年、アメリカはサウスカロライナ州バーンウェル生まれ (1928年テネシー州プラスキ生まれという説もあり)
ファンキーで踊れる音楽の第一人者として「ファンクの帝王」と称されています。
  ♪アイ・フィール・グッド(I Got You <I Feel Good>)
   *1965年、全米3位を記録。
  ♪セックス・マシーン(Get Up(I Feel Like Being Like A) Sex Machine)
   *1970年、全米15位まで上昇。
★今から6年前、2006年12月25日に亡くなっています。

『ジェームス・イングラム(James Ingram)』
★1952年2月16日、アメリカはオハイオ州アクロン出身。
1970年代からファンクバンドで活動をスタート。
ロサンゼルスでセッション・ボーカリストをするうちに、クインシー・ジョーンズと出会い、実力を認められ、 1981年、クインシー・ジョーンズのアルバムに参加、「Just Once」がシングルカットされ、ヒット。
  ♪ベイビー・カム・トゥ・ミー(Baby,Come To Me)
    /パティ・オースティン with ジェームス・イングラム
   *1983年「クインシーの秘蔵っ子:パティ・オースティン」の
     アルバムでジェームス・イングラムがデュエットの相手に
     抜擢された曲。
   *全米ナンバーワン・ヒットに。
  ♪サムホエア・アウト・ゼア(Somewhere Out There)
    /リンダ・ロンシュタット with ジェームス・イングラム
   *「ミスター・デュエット」として活躍したジェームス・イングラムが
     1987年に、リンダ・ロンシュタットとデュエットした曲。
     全米2位まで上昇。
   *映画『アメリカ物語』の主題歌で、1988年のグラミー賞で、
     「最優秀楽曲賞(Song of the Year)」を受賞しています。

『シェール(Cher)』
★1946年5月20日、アメリカ・カリフォルニア州エルセントロ生まれ。
18歳の時、歌手のソニー・ボノに見出され、結婚。
「ソニー&シェール」として本格的な音楽活動をスタート。
夫婦デュオとしてだけでなく、ソロでも活動を続けていました。
  ♪悲しきジプシー(Gypsys,Tramps & Thieves)
   *1971年、ソロアーティストとして最初に放った全米ナンバーワン曲。
★1975年、ソニー・ボノと離婚。
翌76年、「オールマン・ブラザーズ・バンド」のグレッグ・オールマンと結婚するもわずか3年で離婚。
1980年代に入ってからは女優としての活動を本格的にスタート。
1987年公開の『月の輝く夜に』ではアカデミー賞の「最優秀主演女優賞」を受賞。
しばらく女優業としての活動が忙しかったシェールですが、1998年、ヨーロッパで先行リリースしたシングルが大ヒット!
  ♪ビリーヴ(Believe)
   *1998年ヨーロッパ各国でナンバーワン。翌99年には本国
     アメリカでも見事1位。
   *2000年度のグラミー賞で「最優秀ダンス録音賞」を受賞。
★シェールは「アカデミー賞」と「グラミー賞」、映画界と音楽界の頂点ともいえる賞を手中にした女性です。

『ジェーン・チャイルド(Jane Child)』
★1969年2月15日、カナダはオンタリオ生まれのシンガーソングライター。
  ♪ドント・ウォナ・フォール・イン・ラヴ(Don't Wanna Fall In Love)
   *1990年、21歳の時に放ったデビュー曲。世界中で大ヒット。
     全米チャートでは3週連続の2位を記録。