PROGRAM  No.201-009  03/01〜03/06  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第55回 << top

「シ」で始まるアーティスト特集!
今回は、ジェイムス・テイラー大特集でお送りしました。

『ジェイムス・テイラー(James Taylor)』
★1948年3月12日、米・マサチューセッツ州ボストン生まれ。
ノースキャロライナ州チャペルヒルで育ったジェイムス・テイラー。
幼なじみのダニー・コーチマーと一緒に「フライング・マシーン」というバンドを結成。
1968年にイギリスへ渡り、ビートルズが設立したばかりのアップル・レコードの第1号アーティストとして契約、 アルバム『ジェイムス・テイラー(邦題/心の旅)』を発表。
  ♪思い出のキャロライナ(Carolina In My Mind)
   *プロデューサーのピーター・アッシャーに頼まれ、
     隣のスタジオで『ホワイトアルバム』の録音中だった
     ポール・マッカートニーがベースで特別参加しています。
   *この曲は、後にワーナーに移籍し1976年にリリースした
     『グレイテストヒッツ』用に再レコーディングされました。

★デビューアルバム『心の旅』は不発だったジェイムス・テイラーは1969年にアメリカへ戻りワーナーブラザーズと契約。
翌1970年、移籍第1弾となるアルバム『スウィート・ベイビー・ジェイムス』を発表。
  ♪ファイア&レイン(Fire And Rain)
   *1970年、全米3位を記録する大ヒット。

★1971年、キャロル・キングのアルバム『タペストリー』に参加、ほぼ同時にレコーディングしていた自分のアルバム 『マッド・スライド・スリム』にも、キャロル・キングが作った「君の友だち」をカバー収録しています。
  ♪君の友だち(You've Got A Friend)
   *1971年に全米ナンバーワン。

★1972年、「うつろな愛」を大ヒットさせ、名実共に絶好調だったカーリー・サイモンと結婚。
  ♪愛のモッキンバード(Mockingbird) /Carly Simon duet with James Taylor
  *1974年、全米5位まで上昇。

★ジェイムス・テイラーとカーリー・サイモンの結婚生活は1983年、結婚から11年目にしてピリオドが打たれています。
★デビュー当時はフォークソングを中心としたアコースティックな作品が多かったJTですが、次第に、ロック、ソウル、 ジャズといった幅広いジャンルの音楽をレコーディング。
シンガーソングライターでありながら、自分の好きな音楽をJT流にカバーして披露しています。
  ♪君の愛に包まれて(How Sweet It Is)
   *マーヴィン・ゲイが1965年にヒットさせたことでもおなじみの曲
   *1975年全米5位を記録。
   *サックスでデヴィッド・サンボーンが、コーラスにカーリー・サイモンが参加。

★この「君の愛に包まれて(How Sweet It Is) 」も収められた1975年のアルバム『ゴリラ』から、 デヴィッド・クロスビーとグラハム・ナッシュがコーラスで参加した曲もシングルカットされています。
  ♪メキシコ(Mexico)
   *1975年、全米49位まで上昇。

★最後は、アート・ガーファンクルのアルバムから・・・
  ♪ワンダフル・ワールド((What A)Wonderful World)
    /アート・ガーファンクルwithジェイムス・テイラー&ポール・サイモン
   *1978年全米17位を記録。