PROGRAM  No.2011-044  11/3〜11/8  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第51回
<< top

今回も「サ」で始まるアーティスト特集です!

『サウザー・ヒルマン・フューレイ・バンド(Souther,Hillman,Furay Band)』
★1973年、アメリカ・ロサンゼルスで結成されたカントリーロックバンド。
  メンバーは「もう一人のイーグルス」と称されたJ.D.サウザー、
  元バーズのクリス・ヒルマン、元バッファロー・スプリングフィールドの
  リッチー・フューレイ・・・・・この3人を中心としたグループ。
 ♪素晴らしき恋(Fallin' In Love)
  *1stアルバム『サウザー・ヒルマン・フューレイ・バンド』から
    1974年、全米27位まで上昇。
★1975年に2ndアルバム『トラブル・イン・パラダイス』をリリース、
  これを最後にグループは自然消滅。

『サミー・ディヴィス・ジュニア(Sammy Davis,Jr.)』
★1925年、ニューヨークのハーレム生まれ。
  幼い頃から音楽、楽器、ダンスのレッスンを受け3歳で初舞台を経験。
  歌やタップダンス、巧みな話術でエンターテイナーとして
  全米で大人気。
  歌手としては1950年代半ばから数々のヒットを放っています。
 ♪陽気なキャンディ・マン(The Candy Man)
  *1972年、全米ナンバーワン。
 ♪ミスター・ボージャングルズ(Mr.Bojangles)
  *1972年に録音された曲。
    元々はジェリー・ジェフ・ウォーカーが作ったもの。
    ニルソンやニッティ・グリティ・ダート・バンドなどの
    カヴァーが有名。
★1990年、カリフォルニア州ビバリーヒルズの自宅で喉頭ガンのため
  亡くなっています。(享年64歳)

『サム&デイヴ(Sam & Dave)』
★1961年、フロリダ州マイアミで結成された、
  サミュエル・デイヴィッド・ムーアとデイヴ・プレイターによる
  ソウルデュオ。
  1964年、ソウルの名門アトランティックレコード移籍後、
  多数のヒットを放つ。
 ♪ソウル・マン(Soul Man)
  *1967年、全米R&Bチャートでは当然の1位。
    ポップチャートでも3週連続の2位を記録。
★1971年に解散するも、何度も再結成を繰り返す。
  が、1988年デイヴ・プレイターが亡くなって、コンビ復活が
  出来なくなりました。
  ちなみに、今年のフジロックにサム・ムーアが出演、
  「ホールド・オン」「ソウル・マン」などを披露しました。

『サミー・ヘイガー(Sammy Hagar)』
★1970年代、モントローズのリードシンガーとして活躍。
  70年代の終わりから80年代中頃までソロ活動。
1985年、デイヴ・リー・ロスが抜けたヴァン・ヘイレンにボーカリスト
  として参加。
  1996年、ヴァン・ヘイレン脱退。
  2004年に再び、ヴァン・ヘイレン復帰。
  2006年、またまたヴァン・ヘイレン脱退。
  2007年にはジョー・サトリアーニやマイケル・アンソニーと共に
【チキンフット】というグループを結成。
♪キャント・ドライヴ・55(I can't Drive 55)
*84年、ヴァン・ヘイレン参加直前のヒット曲

『サム・クック(Sam Cooke)』
★1931年、ミシシッピ州生まれ。
  19歳の時にゴスペルグループに参加。
 端正なルックスとずば抜けた歌唱力で一躍ゴスペル界のアイドルに。
1957年、ソロ歌手としてR&Bに転向。
♪ユー・センド・ミー(You Send Me)
*1957年、3週連続の全米1位を記録。
♪ワンダフル・ワールド(Wonderful World)
*1960年、全米チャート12位まで上昇。
(坂番的にはアート・ガーファンクルのカヴァーヴァージョンで
      お馴染みの曲)
♪キューピッド(Cupid)
*1961年、全米17位。
★1964年12月11日、ロサンゼルスのサウスセントラル地区にある
モーテルの管理人(女性)に射殺され、
わずか33年間という人生にピリオドを打ちました。