PROGRAM  No.2011-023  6/9〜6/14  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第43回
<< top

今回から「ケ」で始まるアーティストに突入します!
ここまでの道のり、長かったです・・・。

『KC&ザ・サンシャイン・バンド(KC & The Sunshine Band)』
★1973年、米:マイアミで、ハリー・ウェイン・ケイシーが中心となって
  結成したディスコグループ。
♪ゲット・ダウン・トゥナイト(Get Down Tonight)
 *1975年、彼らにとって最初の全米No.1シングル。
♪ザッツ・ザ・ウェイ(That's The Way)
 *1975年、彼らにとって2曲目の全米No.1。
♪プリーズ・ドント・ゴー(Please Don't Go)
*1979年リリース、翌1980年、全米1位をマーク。

『ゲイリー・グリッター(Gary Glitter)』
★イギリス:オクスフォードシャー州生まれ(現在67歳)。
  「グラムロック」の流れを組むアーティストとして1972年にデビュー。
♪ロックン・ロール・パート2(Rock And Roll Part2)
 *1972年、全米7位まで上昇。

『ゲイリー・ニューマン(Gary Numan)』
★イギリス:ロンドン・ハマースミス生まれ(現在53歳)。
  1978年「シンセ・テクノ・ロック・アーティスト」としてソロで活動開始。
♪カーズ(Cars)
 *1979年、全英チャートで1位を獲得。
 *1980年、全米チャートでも9位まで上昇する大ヒット。

『ゲイリー・パケット&ザ・ユニオン・ギャップ
           (Gary Puckett & The Union Gap)』
★1967年、アメリカ:カリフォルニア州サンディエゴで結成された
  男性5人組。
♪ウーマン・ウーマン(Woman,Woman)
 *リリースの翌年1968年、全米4位を記録。
♪ヤング・ガール(Young Girl)
 *1968年、全米2位(3週連続)。

『ゲイリー・ムーア(Gary Moore)』
★1952年 4/4、アイルランドはベルファスト生まれ。
  父親の影響で10歳の時からギターを始める。
  ミュージシャンとしてのスタートは1966年。
  14歳で「ザ・ビート・ボーイズ」というグループに参加。
  その後、いくつかのグループを経て、
  1972年ロンドンでザ・ゲイリー・ムーア・バンドを結成。
  1974年、友人のフィル・リノットに誘われて「シン・リジー」に参加。
  1978年、初のソロアルバム『バック・オン・ザ・ストリーツ』を発表。
♪パリの散歩道(Parisienne Walkways)
 *初のソロアルバム『バック・オン・ザ・ストリーツ』から。
 *1978年、全英チャート最高8位まで上昇。
♪スティル・ゴット・ザ・ブルース(Still Got The Blues)
 *1990年、親交のあったジョージ・ハリソンをはじめ、
   ブルースギタリスト界の巨匠達、アルバート・キングや
   アルバート・コリンズなどがゲスト参加したブルースアルバム
   『スティル・ゴット・ザ・ブルース』
   (全世界で300万枚のセールスを記録)から。
★今年2月6日、休暇先のスペインで、心臓発作で亡くなっています。
  (享年58才)