PROGRAM  No.2009-049  12/3〜12/9  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂番洋楽データファイル
(略してSYDF)』第20回
<< top

前回の「エルトン・ジョン」大特集に続いてお送りしたのは・・・・

「ELO (エレクトリック・ライト・オーケストラ)」
★ロックバンドながら、チェロ2名、バイオリン1名のストリングス楽器担当が参加するユニークな編成。
弦楽三重奏の要素をロックに取り入れた独特のサウンドで一躍注目を浴びました。

 ♪ロール・オーヴァー・ベートーベン
   ※チャック・ベリーの名曲をカヴァー。
     ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調作品67をイントロに使用。
 ♪テレフォン・ライン
   ※オーケストラサウンドに加えシンセサイザーを多用し、よりポップ
     なサウンドとなった70年代後期の代表的なヒットシングル。
 ♪ドント・ブリング・ミー・ダウン 
          (1979年の大ヒットアルバム『ディスカバリー』収録)
 ♪トワイライト (1981年のアルバム『タイム』収録)


「エンゲルベルト・フンパーディンク」
★キング・オブ・ロマンスとして60年代〜70年代にかけ女性を中心に人気を集めました!

 ♪リリース・ミー (1967年の大ヒット)
   ※イギリスのチャートでは56週連続チャートインという大記録を
     樹立!
 ♪ラスト・ワルツ (1967年の大ヒット)


「エンヤ」
★88年リリースのデビューアルバム『ウォーターマーク』は全世界で1100万枚以上のセールスを記録。
98年にリリースされた初のベストアルバム『ペイント・ザ・スカイ〜ザ・ベスト・オブ・エンヤ』は日本で200万枚、全世界で1200万枚以上のセールスを記録!
今年12月2日には『オールタイム・ベスト』がリリースされたばかりです。

 ♪オリノコ・フロウ(89年の大ヒット)
 ♪オンリー・タイム(2001年の大ヒット)


「エンリケ・イグレシアス」
★世界的なシンガー、フリオ・イグレシアスの次男。
最初はスペイン語で歌いラテンの世界での活躍だったが次第に英語でもアルバムを制作。
西城秀樹さんがカヴァーしたこの曲は世界的な大ヒットとなりました。

 ♪バイラモス (リズム・オブ・ラヴ) (1999年)

・・・・ということで、「エ」で始まるアーティストは今回で終了!
次回のSYDFは、いよいよ(やっと?)「オ」で始まるアーティストに突入です!