PROGRAM  No.2009-040  10/1〜10/7  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂崎音楽堂』ビートルズと関係の深いミュージシャンで
グラフィックデザイナー、クラウス・ブーアマンの
アルバムを特集
<< top

★『坂番700回記念:坂崎さんの私物プレゼント』
当選者は
石川県 やまざきこうじさん
愛知県 yukiさん
岐阜県 春の嵐さん
富山県 ろうむさん
長野県 Naoさん
山口県 ひろみさん
岩手県 さゆりんさん
以上7名のみなさんです。おめでとうございます!
そして本当にたくさんのご応募ありがとうございました。
残念ながら外れてしまった方、また次の機会に挑戦してくださいね。

★ドイツ出身のミュージシャン(ベーシスト)でグラフィックデザイナーのクラウス・ブーアマン。
彼の初リーダーアルバム『ア・サイドマンズ・ジャーニー(A Sideman's Journey) 』を特集しました。

「クラウス・ブーアマン」とは・・・・・
1942年ドイツ生まれ(現在67歳)。(生まれ年に関しては諸説あり)ベーシストでグラフィックデザイナー(画家)。
最初のビートルズ・ファン(マニア)で、ビートルズの初代ベーシスト/スチュワート・サトクリフとは、芸術学校の友人。
デビュー前のビートルズでポールがベースに転向する前、わずかな間、サトクリフの代りにベーシストとして参加したこともある。
グラフィックデザイナーとしてはビートルズの『リヴォルヴァー』や『アンソロジー』のジャケットを手がけている。
ミュージシャンとしては、1960年代マンフレッド・マンのベーシストとして活躍。
その後、ジョン・レノンが作ったプラスティック・オノ・バンドに参加。
また、ジョージやリンゴのソロアルバムにも参加しています。
ポールがビートルズの脱退を宣言をした頃、「ブーアマンが加入してビートルズ再結成となるか!?」という噂も流れました。
ちなみに、彼が参加したアルバムは・・・・
『ジョンの魂』『イマジン』(ジョン・レノン)
『オール・シングス・マスト・パス』『コンサート・フォー・ジョージ』(ジョージ・ハリスン)
『リンゴ』(リンゴ・スター)など・・・。

今回の『ア・サイドマンズ・ジャーニー』にはポール・マッカートニー、リンゴ・スターそして、 キャット・スティーヴィンス改めユスフ・イスラム、ドクター・ジョンや、「デラニー&ボニー」のボニー・・・ といったミュージシャンが参加しています。
現在、日本盤の発売予定はなし。(輸入盤のみ入手可能)
レーベル:Mercury  品番:2706805

★『気になるあの曲』
メキシコ出身の超絶アコギ男女デュオ:ロドリーゴ・イ・カブリエーラの最新アルバム『格闘弦』をピックアップ!
アルバムの原題は『11:11(イレブン・イレブン)』、彼らが敬愛する11組のアーティスト(カルロス・サンタナ、ジミヘン、 アル・ディ・メオラ、パコ・デ・ルシア、ピンク・フロイドなどなど・・・)にインスパイアされた11の作品が収録されています。
レーベル:SONY   品番:SICP−2341