PROGRAM  No.2007-028  7/12〜7/17  ON AIR
写真:坂崎幸之助 ←クリック 『坂崎音楽堂』2枚組のチャリティアルバム
『メイク・サム・ノイズ:キャンペーン・トゥ・セイヴ・ダルフール』を特集しました。
<< top

今回は、人権団体「アムネスティ・インターナショナル」のチャリティアルバムとなっているジョン・レノンの名曲・代表曲のカヴァーアルバム2枚組 『メイク・サム・ノイズ:キャンペーン・トゥ・セイヴ・ダルフール』を特集しました。

ちなみに、このアルバムタイトルはアメリカ、カナダ、イギリス以外の国での名前。
アメリカ、カナダ、イギリスでのアルバムタイトルは『インスタント・カーマ:キャンペーン・トゥセイヴ・ダルフール』となっています。

そして、タイトルの中の「ダルフール」とは・・・・・
スーダンの西部地区ダルフールのこと。
2003年、スーダン政府がダルフールの人々を差別し、土地や天然資源をめぐる民族間の紛争から市民を保護する義務を果たしていないということで、 ダルフールの武装勢力がスーダン政府に対する武装闘争を開始。
これに対してスーダン政府はジャンジャウィドという民兵組織を支援し、ダルフールの住民を攻撃。
それによって、ダルフールの住民は2005年までに28万人以上が亡くなっています。
そんなダルフールの深刻な人道危機を世界に伝えようというのが、このアルバムのサブタイトルにもなってる<キャンペーン・トゥ・セイヴ・ダルフール>。

オノ・ヨーコさんがジョン・レノンの楽曲から得た印税を寄付し、アムネスティの音楽を通したチャリティ・キャンペーン 「メイク・サム・ノイズ」の活動の一環として作成されたアルバムで、売り上げによる収益の一部がダルフール聞きに関する国際キャンペーンに寄付されます。

そして、このチャリティ・アルバムに参加しているミュージシャンはU2、R.E.M.、グリーン・デイ、クリスティーナ・アギレラ、 レニー・クラヴィッツ、ブラック・アイド・ピーズ、アヴリル・ラヴィーン・・・・などなどビッグ・ネームたち。

この活動に興味を持たれた方、またビッグ・アーティストによるジョン・レノンのカヴァーに興味を持たれた方はぜひ、この2枚組のアルバムをお手にとってみてくださいね。