記念すべき10周年YEARに贈るNEW ALBUMは、バンド史上初、全曲打ち込み主体のエレクトロスタイル!
夏へと向けた軽快なポップテューン「Hello Sunshine Hello Future」、2月22日からすでに無料配信が始まっており、 コミカルな歌詞とデジタル サウンドの絶妙なバランスが好評な「Anniversary Song ~10th~」を含む全13曲収録。 1年半ぶりのNEW ALBUMで、味わい深さを増したORANGE RANGE。
ジャンルを超えたモンスターバンドの進化は留まることを知らず。これぞ「NEO POP STANDARD」が完成!

NEW Album
NEO POP STANDARD
2012.4.18
発売予定!


◎【初回限定盤】CD+DVD

▼DVD
  「Hello Sunshine Hello Future」Music Video
「Anniversary Song 〜10th〜」Music Video
「オレンジレンジ10周年緊急記者会見」

[Bonus Movie] How to dance
「Anniversary Song 〜10th〜」
 [Bonus Movie]
Making of 「Anniversary Song 〜10th〜」

▼10周年ロゴステッカー
ORANGE RANGE 10周年
「NEO POP STANDARD」リリース記念!
1110名様にオリジナルグッズが当たるパスワード入り
NEW Album
NEO POP STANDARD
2012.4.18
発売予定!


◎【通常盤】CD-ONLY

>>「ORANGE RANGE 10th ANNIVERSARY」

沖縄の、米軍・嘉手納基地近くの「コザ」在住。
平均年齢・19歳(18〜20歳)。
3MC(High/Mid/Low)という独特のスタイルで、B・G・Drという構成の6人組。重厚なサウンドの壁からはじき出すマシンガン3MC(遊び仲間をバンドに誘っていくうちに、「いつの間にか、MCが3人になっていた」らしい。)そのルックスからは想像出来ない攻撃的なステージは、見た者を圧倒する。
"自分たちが楽しみたい"からライブを演る。かなり、シンプル。だから崩れない。インディーズ時代には、沖縄だけで年間70本のライブを行っていた。ライブで叩き上げてきた、"ライブ・バンド"である。沖縄だろうが、内地(本土)だろうが、彼らのパフォーマンスは変わらないが、この夏は、"SUMMER SONIC03"の他、数多くのライブをこなして、ひとまわりもふたまわりも成長した。常に自然体である事に、何の努力も要しないという時点で、既にそれは才能!?
 彼らの住む、「コザ」という街は、基地前のゲートストリートに米軍相手のライブハウス群が立ち並び、祭りでは、様々なジャンル・スタイルのバンドがイベント・ライブをする。子供の頃からそういうライブを見て、聴いてという環境に育った彼らだからこそ、好きな音楽のジャンルも様々だが、自分たちの創る音楽もジャンルの垣根がない。どんな音楽も、自由自在に吸収し、変貌させる。それがORANGE RANGEという、ジャンルであり、スタイル。
幼稚園・小学校・中学・高校の同級生と、Bass/YOHの弟で後輩のRYOで、現在のメンバー構成となったのは、2001年3月。因みにORANGE RANGEというバンド名は、Guitar/NAOTOの母の命名。
2003年6月4日に、『キリキリマイ』でメジャーデビュー。7月16日発売の2ndシングル『上海ハニー』でブレイク!3rdシングル『ビバ★ロック』で、ひたすらその線を突き進んだかに見えたオレンジレンジだったが、10月22日発売の3rdシングル『ビバ★ロック』(オリコン初登場・3位!)で、ひたすらその線を突き進んだかに見えたORANGE RANGEだったが、11月27日発売の4th シングル『落陽』では、一転、これまでには見せていなかった、ミディアム・スローでピースフルな楽曲をリリースし、世間を驚かせる。その名も全国内になったら彼らの、等身大の「今のキモチ」をストレートに唄う。そして、間髪入れず、1stアルバム『1st CONTACT』をリリース。今のORANGE RANGEの引き出しが、みっしりと詰まった、全16曲の大作。オリコン初登場2位。そして迎えた2004年。初のワンマンツアーも全公演SOLD OUT!2月25日発売の5枚目のシングルの今作は、6人中5人のメンバーがが高校卒業を迎えた時期、曲作り合宿中に作られ、インディーズ時代にリリースされた曲のリメイク。フジテレビ系「ファイアーボーイズ〜め組の大吾〜」の主題歌に抜擢された。
ミディアムテンポのシンプルなアレンジに、人生の岐路に立ち、これから迎えるスタートに希望や不安を膨らませる少年の、等身大の気持ちを綴った歌詞。原型が出来てから、2年が経過し、新たに生まれたこの曲は、”迷いながらも前に進む”というコンセプトそのものに、20歳(RYOを除く5人)になった彼ら、メジャーデビューした年も明け、新たな決意を胸に先に進んで行く彼ら自身の成長ともオーバーラップしてくる。


〜 Discography 〜
NEO POP STANDARD WORLD WORLD WORLD




5th Single ミチシルベ 〜a road home〜 1st Album 1st CONTACT マキシシングル 落陽

マキシシングル ビバ★ロック マキシシングル 上海ハニー


〜 DVD 〜

●個人プロフィール:こちら→
●オフィシャルサイト:http://www.orangerange.com/