« 4月6日(月)は南フランス・プロヴァンス在住のフラワーレポーター、橋本恵美子さんからの報告です! | メイン | 4月8日(水)は、タイ・バンコクに19年間お住まいのフラワーレポーター、神田裕子さんからの報告です! »

4月7日(火)は、メキシコの首都メキシコシティーに在住20年!植田正美レポーターからの報告です!

■メキシコシティーの春は・・・

雨季に入るまで、まだ1~2ヶ月あるのでお天気は毎日とてもいいですよ!
メキシコシティーは今頃の時期が1年で1番気温が高くなります。
最近の新聞でも「気温が毎日上昇中」とありました。とはいっても、
日本のように湿度は高くないので気温が多少上がっても日陰に入るととても過ごしやすいです。
ただ、メキシコは海抜2250メートルの高原なので夜や朝は冷え込み、
寝る時には毛布を手放せません・・・

CIMG0800.JPG

☆メキシコで春の訪れを感じるお花と言えばジャカランダの薄紫の花。
メキシコではハカランダと呼ばれています。

CIMG0807.JPG

この時期は風もよく吹くので悪評高いメキシコの大気汚染も吹き飛ばされて、
遠くの山々が驚くほどキレイに見えます。
凧揚げを楽しむメキシコ人も2月頃からよく見かけます!

CIMG0806.JPG 

■春に一大イベントが間近!!今年のセマナサンタ(聖週間)。
聖週間は4月9、10、11、12日。メキシコは祝日、学校もその週と翌週の2週間は春休みです。

セマナサンタ(聖週間)はカトリックのキリスト教において、最もよく知られた伝統行事の一つ。
この期間中は、キリストのエルサレムでの受難を再現する為に信者達がキリストや十字架、棺などの山車を担いで、街中を練り歩きます。
メキシコ市内のはずれにある丘をゴルゴダの丘に見立てて、9日(木)は毎年十字架に貼り付けられた
イエスを再現するイベントが行われたり、地方ではイエスのお棺に見立てたものを村人らが運ぶ所を再現した行進が行われるのですが、皆が練り歩く道に色のついた木のチップを砕いたものを使ってきれいな花などの絵を描く行事もあります。
この時期はカトリックの人は肉類を食べることは禁じられており、魚を食べます。