« 3月6日(水)のオンエア・リスト♪ | メイン | 3月7日(木)のオンエア・リスト♪ »

国内循環古着プロジェクト

今日のTOKYO“道草”LIFEは、
衣類のリサイクル・リユースにフォーカス☆
「国内循環古着Project」を主催している小泉さんにお話を伺いました。


「リサイクル」という概念が当たり前になっている昨今。
古紙は約60%、アルミ缶は約90%がリサイクル回収されているようですが、
古着はわずか10%。
資源ごみとして古着を回収する自治体も増えてはいるのですが、
日本の古着の約90%がそのまま燃やされている場合が多いのが現状。


その回収された古着の内訳はというと、
古着を一度綿に戻して糸にしての利用が約30%、
工場用雑巾になるものが、およそ20%。
そして、残り50%は中古衣料として海外に輸出されています。
ちなみに中古衣料は日本国内に出回ることは、ほとんどないんだそうですよ。


しかし、その捨てられている古着の中には、
少し汚れているだけで、まだまだ着ることが可能なものや、
なかには一度も着ていないものもあることがしばしば。
そこで、「国内循環古着Project」では、
それらの古着をリユースする取り組みを行っています。


このプロジェクトは、様々な団体と連携していますが、
そのなかには、アウトドア衣料メーカーの「パタゴニア」日本支社も参加しています。
パタゴニアの直営店などに置かれている回収箱に入れられる古着のなかで、
状態がいいものは、国内循環古着Projectでリユースされていますよ。


小泉さんは、
「汚れていない服が大量に捨てられています。
服を買う時にその服が本当に必要なものかどうか判断してもらいたい。
そして購入した際には大切に着ていただくことが大事だと思います。」
とおっしゃっていました。


国内循環古着ProjectのHPはコチラ♪⇒http://www.earth-people.com/furugi.htm

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www2.jfn.co.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/15667