« 10月31日(月)のオンエア・リスト♪ | メイン | 年賀状発売開始 »

11月1日(火) ソーシャルニットプロジェクト

東日本大震災から7か月以上の月日が経ちました。
あっという間だったようにも思えますが、まだまだ復興に向けて、被災地の皆さんは頑張っています。
さまざまな形で私たちも支援する方法がありますが、
今日のTOKYO“道草”LIFEでは、
「ソーシャルニットプロジェクト」という取り組みをご紹介。
WWBジャパン 女性のための世界銀行日本支部 代表の奥谷 京子さんにお話を伺いました!


このプロジェクトは、
全国から家庭で眠っている毛糸を集め、その糸の太さ、色を見ながら組み合わせて、
福島原発のある大熊町から避難している会津若松、岩手県宮古市、岩泉町の編み手さん約50名の方々の手により、
世界で1つのニット製品を作っていただき、
それを買い手さんが一口3万円で購入するというものです。


miyako.jpg
岩手県宮古市で第1回目の講習会の様子


sakashita.jpg
実家が津波で流されてしまったという女性


2knit1015.jpg
10月15日に岩手県の岩泉町小本の仮設住宅に住んでいる人を中心とした講習会の様子


knit2.jpg
出来上がった作品


今日ご紹介したソーシャルニットプロジェクトの詳細はコチラ!!→http://www.p-alt.co.jp/asante/pg386.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www2.jfn.co.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/11216